アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

メンタルヘルス

2013年8月27日 (火)

親の心の病について

私が好きな女性歌手のひとり宇多田ヒカルさんの
母親で昭和の一時代を築いた藤圭子さん。
その藤圭子さんが急逝されたことは
死後5日経ってもずっとテレビで放映されています。
藤圭子さんと言う歌手は私の母親が好きだったので、
ヒカルさんがデビューした後で
「15歳で鮮烈なデビューをした宇多田ヒカルさんの
お母さんは昭和の歌姫だったんだ!」
って母娘二代に渡って才能ある歌姫になったことは
当時、びっくりした記憶があります。

その藤圭子さんの訃報。
報道では飛び降り自殺となっています。
そして昨日、宇多田ヒカルさんが公式サイトで
自身の母親である藤さんはヒカルさんが幼い頃から
心の病で家族共々苦しんでいた事を
公表しましたね。

そして、
「病気の性質上本人の意志で治療を受けることは非常に難しく、
家族としてどうしたらいいのか、何が彼女のために一番良いのか、ずっと悩んでいました」

と治療に繋げられなかった苦悩。
「症状の悪化とともに、家族も含め人間に対する不信感は増す一方で、
現実と妄想の区別が曖昧になり、
彼女は自身の感情や行動のコントロールを失っていきました」

とどんどんと病状が悪化し、妄想が酷くなっていったことなどを
克明に記していました。
そして、ヒカルさん達家族に攻撃的な言動をとっていたとも・・・。

私も同列に書くのもおこがましいのですが、
私が小さい時から実母が精神の病で、
藤さんと同じように
<現実と妄想の区別が付かなく、突然攻撃的になる。>
病状で、それなのに
<自分が世界で一番正しいと信じ込み受診を頑なに拒む。>
ので、治療も出来ずに父と共にずっと苦しんできたので、
何だか私も他人事に思えませんでした。

藤さんは治療を拒んでいた様だし、
宇多田さんのコメントでも病名は書かれていませんので、
私の母と同じ病気かは分かりませんが、
私の母は私が小学生の時に数回だけ精神科を受診した時は
今でいう<統合失調症>でした。
でも、父が無理矢理受診させたものの、
「私は病気なんかじゃない。(精神科の)薬には
毒が入っている!」

と薬も飲まず、治療は中断してそれっきりです。

しかし、病状は悪化する一方で、
私が中学生の時に私を養育する事さえ出来なくなり、
それ以降、私は大学に入るまで親戚の家で生活しました。
母は少しでも自分が気に入らない事があると、
「死んでやる!皆、私が死んだ方がいいんでしょう!」
と喚き、父も私もすぐに「死んでやる」を口にする母に翻弄され続け
苦しんできました。

まだ子供だった私に対しても、
「お母さんの言う事聞かないと、お母さん死ぬからね。」
と今思うと脅しとしか思えない暴言ばかり吐き、
いつしか私は他人の顔色をビクビクしながら伺うようになりました。

そんな母は未だに何かあると
「早く死にたい。」とばかり言いますが、
父を家から追い出し、自分勝手に生きています。
私も父も
「母は心の病だから仕方ない。」
と諦めつつも、
やっぱり、母が正常な思考に戻って欲しい。
母の意思で心の病の治療を受けて欲しいと
願わずにはいられません。

母は自殺念慮を持っているので、
私は電話がなると、ふと
「母に何かあったのではないか?」
といつも一瞬、身構えてしまいます。

そんな時に聞いた藤圭子さんの訃報と
明かされた長年の心の病。
亡くなられた藤さん、本当にお気の毒だけど、
こういう形で母親を失ったヒカルさんの胸中を思うと、
私も昨日からずっと胸が痛いです。
似た境遇のヒカルさんを勝手に自分と同一視しているのかも知れません。
(ヒカルさんのファンがもしこれを見ていたらすみません。)

自分の親が自ら命を絶ったら、
遺された家族、特に遺された子供は
きっと一生抱えきれない重荷を背負うと思います。
だから、どんなに苦しくても絶対に自らの命を絶ってはいけない。

心の病を抱える母親を持ちながら、
私自身も13歳の子を持つ母親でもあります。
自分の子供には絶対にそんな重荷は負わせたくないし、
子どもの心を不安定にさせる事だけはしたくない。
その一心で私は母の病状を気に掛けながらも
自分自身の今を生きています。

宇多田ヒカルさんのコメントが発表された昨日、
ネットでその反応を少し見たのですが、
ほとんどはヒカルさんに心から同情していました。
でも中にはほんの一部ですが、
「母親が病気なのに一緒に住めなかったのか?」とか
「傍で介護すればよかったのに。」という
本当に少数ですがそういう意見も見受けられました。
そう言える人はきっと家庭環境に恵まれているのだと思います。
少なくとも、<親が心の病で現在も苦しんでいる人>
絶対にそんなこと思えないと思うのです。

妄想が酷く攻撃的な病状を持つ精神疾患者の対応は
とても難しく、家族もその対応にずっと頭を抱えています。
一緒に居ても、理不尽な事で攻撃され、
お互いに傷つけ合い、共倒れになることも有り得ます。

だから、私と母、父もそれぞれ距離を置きながら生活しています。
これから先はどうなるか分かりませんが・・・。
本当に自身が心の病という病識がなく、
治療に結び付けられない患者はどうすればいいのでしょうか?
自傷、他傷の恐れがないと強制的に入院もさせられないし。

この問題で悩んでいる家族は少なからずいると思うのです。

何だかダラダラと長くなりましたが、
時間はかかると思いますが、
宇多田ヒカルさんの心の痛みが少しでも
軽くなることを心から願うばかりです。
そして、心の病に苦しむ患者さんとその家族に
希望がありますように。

2012年6月20日 (水)

新しいカウンセラー

今日は心療内科の受診日でした。
私のブログを見ている方は
「この人、別にメンタル病んでいないのでは?」
と思われる方もいるでしょう。

まぁ、最近お気楽な事も書いていますからね
(;´▽`A``
でも、とりあえず「気分障害」
という鬱状態がずっと続く疾患は未だ抱えており、
仕事を辞めて、少しは良くなったけれど、
未だに身体の病気の事とか、
実母の事とかで急に不安定になるので、
まだ月に一度の外来は必要みたいです。

それから、この心療内科で
仕事をしている時から
カウンセリングを受けているのですが、
私がとても信頼していたカウンセラーの先生が
身体を壊して長期休養に入ったため、
先月から代理のカウンセラーの先生と
お話しています。

私はとても人見知りなので、
先月は新しいカウンセラーの先生に
まだ心を開けませんでした。

しかも、新しい先生ということで、
私の生育歴をまた一からお話することになって
かなり精神的に疲れました
(;;;´Д`)
でも、今日は2回目という事で
だいぶ私も慣れて来たみたいです。
新しいカウンセラーの先生は、
私より少し若い女性で
同性同士という事もあって、
話しやすい面もありますね。

話は少し変わりますが、
実は最近、非常にだるさを感じている私。
日中は猫とずっとゴロゴロしてかなり自己嫌悪
(;;;´Д`)

特に今週は台風やら大雨やらで、
気圧の変化で頭痛や首の痛み、
顎関節痛の悪化と余計にきつい・・・。

ドクターとも話をして、
今の私はかなり
自律神経が乱れているみたいです。
夜に眠れなくて、その分日中ボーっとして・・・。
本当にうちの猫みたいに昼夜逆転しちゃっているので、
生活リズムを見直さないとなぁ・・・。

2012年4月13日 (金)

憂鬱な気分の一日

先ほどの記事にも書きましたが、
今日の午前中は
大学病院の外来に行ってきたので、
午後は心身共にクタクタでした(´Д⊂グスン

大学病院を受診すると、
過去に入院した時の記憶が蘇って、
精神的にかなり疲れてしまう私・・・。

外来での結果は良かったのに、
すぐ鬱な気持ちに支配される自分が
嫌になります。
そして極めつけが天気の悪さ。
急に雨が降ったりとそんな天気の時は
頭痛や肩こりも起きるし、
精神的にも最悪です。
そんな状態が一体何年、
いや何十年続いているでしょう。

王子の為にも無理してでも明るくしようと思っても、
空回り・・・。

自分の弱さ、惨めさにただ情けなるばかり。
とりあえず、王子の話の聞き役にまわったり、
愛猫のシマを撫でたり、
昨日、プレゼントでもらった
「いきものがかり」のCDを聴いて、
ボーカル聖恵ちゃんの声に元気をもらおうとしています。

「気分障害」(うつ状態)もちなので、
こういう事はよくあるのですが、
今日は特に酷かった・・・。
家族も理解はしてくれているけれど、
家族に申し訳ないな。

せっかく昨日素敵なお誕生日のお祝いしてくれたのに・・・。

きっと今夜ぐっすり眠ったら、
今日よりは元気になれる、
そう信じよう。
王子、シマ、
すぐに元気がなくなるママでゴメンね。

2012年4月 4日 (水)

カウンセラーの先生

私が月に1回受けているカウンセリングの先生が、
「体調不良」で数か月お休みすると、
受診している心療内科で聞きました。

正直、かなりショックです。
私はこのカウンセラーの先生には、
どんな悩みも相談出来ました。
そして、その都度適切なアドバイスを頂いて来ました。

このカウンセラーの先生には、
私がまだ仕事をしていた時・・・もう4年も前になりますが、
癌の手術を受けて、その後に鬱が酷くなって
「休職」した時からお世話になっていました。

4年前の今頃、本当は癌の手術が終わって、
病気休暇も終わり仕事に復職する間近に
心身共に最悪の状態になっていた時に
「貴方、今、復職できる状態じゃないですよ。
『休職』を強くお勧めします。」

とアドバイスを下さったのも
この先生でした。
あの時カウンセラーの先生に出会わなかったら、
私きっと無理して、病気を更に悪化させていたかも・・・。

その後も私の病気の事から、
家庭の悩み、自分自身の性格の悩みまで
先生は何でも聞いてくださって、
私との相性もとても良い先生でした。
評判の良い先生だから、
色んなクリニックで掛け持ちしたり、
講演会も行っていて、
それで過労で体調を崩されたのかも知れないとのこと。
何か月か療養したらまた復帰なさると聞いたので、
私はこの先生が元気に戻られるのを待とうと思います。

診察するドクターは別にいらして、
お薬はそのドクターから処方していただいているのですが、
カウンセラーの先生がじっくり聞いて下さるのに対して、
ドクターはものすごくサバサバしていて・・・
いや、ドクターも良い先生だし、信頼しているのですが、
特に今日はあのカウンセラーの先生に色々とお話したいことがあったのにな。

でも、先生は明らかにオーバーワークだった様なので、
私も焦らずに待とう。

思えば、カウンセラーという職業ってとっても大変なお仕事だと思う。
カウンセリングを受ける人々は皆、悩みや問題を抱えていて、
そういう方々のお話を聞いて、特にはその人にあったアドバイスをする・・・。
精神的に大変なお仕事だと思います。
中には手におえない患者さんもいるかも知れないし、
相当精神を消耗すると思う・・・。

今の日本にはもっともっとカウンセラーが必要だと思うけれど、
カウンセラー自身の心身の健康管理も必要ですよね。

そういえば、今日心療内科のドクターから
「自立支援医療制度」の申請を薦められました。
自立支援医療制度の事は知っていたけれど、私は
「私の症状だときっと軽くて該当しないんだろうな。」
って最初から思っていたので、
「え?私、申請してもいいんですか?」
と逆に聞き返したら
「貴方の場合は『気分障害(うつ状態)』なので、
該当しますよ。」

とのこと。

2012年1月24日 (火)

得体の知れない不安

つい2~3時間位前までは、
テンション高くて、
ツイッターとかmixiにたくさんつぶやいていたのに、

突然、得体の知れない不安感に襲われた。
特に何かあった訳ではない。
突然嵐の様に訪れる漠然とした不安。

私自身がいつか消えてしまうような不安。
(形あるものは皆いつか消えてしまうけれど)
私にとって、かけがえのない大切な存在と
引き離されてしまうような不安。
なんか自分でも自分がよく分からないんだけど・・・。

もうすぐ、癌の定期検診がある。
少なからず「再々発」の不安も
無意識のうちにあるんだろう。

先月、私がよく拝見していたブログ主の方が
長い癌との闘いの果てに旅立たれた事実を
知ったことも影響があるのかも知れない。
私はその方にお会いしたこともないし、
結局、最後までブログにコメントも出来なかったけれど、
その方は「闘病生活の苦しみ」を文面では全く見せず、
素晴らしい生き方をしていた。
もしかしたら、その方はご自分の「命の期限」を
悟っていたのかも知れない・・・。

もしも、私に「命の期限」を告知されたら、
正常でいられるだろうか?
きっとここに情けない事ばかり書くだろう。

生きている限り、いつか命は終わるのに、
人はどうして、こうも
「命の終わり」を恐れるのだろう?

それ以外にも・・・
何だか精神的に不安定。
家族の為にもいつも元気でいたいのに・・・。

不安感が強くなると、動悸までしてくる。
とりあえず、今の現状は「幸せ」なんだから、
私は私の中の弱さや闇と闘うのみ。

2011年11月10日 (木)

人生の目標って?

昨日は雨の中、カウンセリングに行きました。
元々、予約日でもあったので。

仕事を辞めてから、
最大のストレス源は減ったはずなのに、
まだまだ「心療内科」に通い続けている私です。

話はちょっと反れるけれど、先日こんな夢を見ました。
<私が仕事をしていた時の同期の人達が、
仕事人として、どんどん立派に成長していくのを見て、
何とも言えない焦りを感じてしまう>

という夢。
でもこれは夢だけど、
私の心の奥底に秘めている気持ちそのもの。

仕事は(というより、仕事内での人間関係の方?)
苦手で朝いつも出勤するのが憂鬱だったのに、
仕事で頑張っているハキハキしている同僚を見ると、
自分がいかに能力なしのダメ人間かを
見せ付けられる思いがしていました。

すごく矛盾して、屈折した気持ちだって
自分でも分かっていたんですが・・・。

病気がきっかけで仕事を退職して早や2年半。
普段はもう仕事の事など考えたりもしないのに、
いまだに何度も夢には出てくる。

その事をカウンセラーの先生に話したら
「あなたはまだ本心では、『専業主婦』としての
自分の生き方に迷いとかがありますね。」

と見透かされちゃいました(;´Д`A ```

いや、今の「専業主婦」の環境は全然不満じゃないんです。
逆に世の大人は働いていて、
子ども達は学校で勉強頑張っているのに、

私だけ昼間も猫と遊んだりしてなんか申し訳ない・・・。
という気持ちが強くって(´・ω・`)

専業主婦としての仕事(家事)をきちんとこなせていたら
そんな引け目も感じないんでしょうけれど、
身体のだるさから(これも言い訳ですね)
家事も中途半端で(元々掃除が苦手)
ダメダメ状態(ノ_-。)

カウンセラーの先生には、
「自分自身を必要以上に卑下しないで、
出来る範囲の事をやればいいんですよ。」

って言われているんですが。

あとカウンセラーの先生に
「人生の目標みたいなものがありますか?」
と聞かれたけれど、
私はあまり先の事は考えられず、ただ
王子が無事に一人前の大人に成長する事を
見届けること。
それだけ。

何だか王子に依存している人生だなぁ。
あと、シマ(愛猫)との暮らし。

カウンセラーの先生には、
「子どもさんの成長を見届ける。
これも大きな『人生の目標』です。
でも、あなた自身の生きがいとか趣味とか
これから見つけてみませんか?」

って言われました。

うーん、確かに。
今のままじゃ、将来王子が自立して家から出るような事があったら、
私、完全に抜け殻状態になっちゃうな
(;;;´Д`)ゝ
残りの人生(ってオーバーですねw)、
カウンセラーの先生が仰ったとおり、
自分自身がもっと生き生き出来るように、
他人と比較して自分を卑下したりしないで、
自分自身を好きになりながら、
もっと人生の楽しい事を探してみたい。

ちょっと時間は掛かるかも知れないけれど。


2011年10月12日 (水)

カウンセリング

今日は、心療内科受診の日で、
同時にカウンセリングもありました。

先日の母からの電話でまた、
私の精神状態がガタッと落ちたので、
カウンセラーの先生に母との事、
今の私の気持ち等をを色々と聞いてもらいました。

ここには書いてしまったけれど、
リアルでは実の母のそういう負の面は
なかなか言えないもの。
私の旦那さんにも言えないし、
言葉にした途端、自分が泣いてしまいそうで・・・。

その点、カウンセラーの先生は、
私のどんな話もしっかりと聞いてくれます。
以前から母の事は相談して、
カウンセラーの先生も母の状態について、
「お母さんが何らかの精神疾患を抱えている事は、
ほぼ間違いないとは思います。
『パーソナリティ障害』だとは思いますが、
ご本人が受診しない限り、
きちんと診断は出来ないんですよ。」

と言われました。

まぁ、そのとおりですよね。
かと言って母が受診する事はあり得ない。
だって、自分がすべて正しいと思っているから。

カウンセラーの先生からもドクターからも
「お母さんのお年になったら、なかなか
(パーソナリティ障害と思える歪んだ思考、言動)
変えられないと思います。
もう、出来るだけあなたが距離を置いて、
最低限の関わりを持つしかないでしょうね。」

と両者とも同じ意見でした。

実の親と距離を置いて、あまり関わらないようにする・・・。
健全な家庭で育った方々から見るとそれこそ
<薄情で親不孝な行為>
に思われると思います。
私もそう思っています。
だけど、パーソナリティ障害の人と付き合うのは本当に大変なんです。
(しかも母はいくつかの障害を併発している様子)
私だって、内心は仲良くしたい。
でも、私の些細な言動が母の心の地雷を踏み、
母の思い込み、妄想が際限なく広がり、
憎まれてしまう・・・。
酷い時は私の家族(夫や王子)まで憎しみの対象となってしまう。
深入りした付き合いはこれからも出来ないと思います。
多分、完全に割り切って距離を置くことは出来ずに、
これからも私の心の中では葛藤が続くと思いますが、
きっとこれも私に与えられた「試練」なんでしょうね。

でも、ドクターとカウンセラーの先生に色々と話して、
私の心も少し楽になった気がします。

2011年10月 5日 (水)

ちょっと鬱気味

この私、身体も満身創痍ですが、
精神的にも
「気分変調性障害」
を持っています。
まぁ、簡単に言えば軽度のうつ状態
社会人になって仕事をして、
「社会不適応」になってから、
この病気になったけれど、
仕事を辞めても、完全には治りません。
だいぶ良くはなったと思いますが・・・。

ただ、こんな季節の変わり目とか、
ちょっとしたきっかけで「再燃」しちゃいます。
必要以上に自分を責めたり、
倦怠感が酷くて何も出来なくなったり、
急に泣きたくなったりとか・・・。

今日の私は特に元気がなかった様で、
学校から帰ってきた王子に
思いっきり心配されてしまいました。
しかも、王子は「内罰的な私」に似て、
<お母さんが元気がないのは、
僕が何かしたからかな?>

って思っちゃうみたい。
だから、自分で「あ、私、鬱かも?」
と気付いたらまず王子に
「お母さんは最近元気がない様に見えるかも知れないけど、
決して王子のせいじゃないからね。」

と最初に言っておきます。

可愛い息子がいて、
癒してくれる猫がいて、
何で私、元気なくなるんだろう?

でも、理由は何となく気付いている。
心の奥底に潜む不安が私に襲い掛かるんだ。

何だか、メチャクチャネガティブな事書いてスミマセン
m(_ _)m
たぶん、何か些細なきっかけでまた元気になると思います。

2011年10月 2日 (日)

眠れぬ夜の不安

実は元々、「昼夜逆転生活」を過ごしている私ですが、最近は今までにも増して、
夜に眠れなくなって困っています( ; ; )

夜にひとりで起きていると、
考えなくていい「マイナス思考」が、
私の心に巣くってしまう。

心身の調子が思わしくなくて、
外での仕事はもちろん、家事すらロクに出来ない私に、生きてる価値はあるの?」

なんて、自分でもバカだなぁ~と呆れてしまう事を考えてしまうんです(涙)

生きてる価値」なんて考えても、簡単には答えが出ない事を考えて悶々としてしまうのが、
私の悪い癖なんです( ; ; )

最近は、あまりマイナス思考な事は、
考えなくなったはずなのになぁ~。
季節の変わり目と、体調が思わしくない事で、
また、マイナス思考が復活したのかな?
ちなみに体調不良は、前から持っている
「首と肩の痛み」と、
最近内科で診断された「逆流性食道炎」。
薬は服用しているけれど、「胸やけと吐き気」が酷くって、
そんな体調だから、心も弱くなっているのかな?

情けないなぁ。私。
王子の母親なのに…。
シマの母親がわりなのに…。
ふと、「私、何で生きてるんだろう?」
って思ってしまう事もあるけれど、
王子の母親という事。
シマの母親がわりという事。
生きてる理由なんて、それだけで充分なんだ!

どんなに情けない自分でも、そんな自分をこれ以上卑下しないで生きていくんだ、私!

2011年6月23日 (木)

久しぶりにカウンセリング

昨日の水曜日は久しぶりに
「カウンセリング」
を受けに行きました。
本当は1ヶ月前に予約していたのですが、
予約の日に体調を崩してしまい行けなくなったので、
実に2ヶ月ぶりのカウンセリングでした。

まぁ、私も仕事をしていた時や
ガンが発覚した時と比べると
今の精神状態はかなり安定はしているのですが、
根っこの「マイナス思考」
相変わらずだし、
今のカウンセラーの先生はとてもいい先生なので、
今も受け続けています。
それに心に溜めていたものを
カウンセリングで吐き出すとかなり楽になるし。

精神状態は安定しているものの、
癌の摘出手術を受けてから、後遺症で
ホットフラッシュが起きて、
暑さにめっきり弱くなり、汗が止まらなくなったり、
そういう辛さはあるので、最近の暑さは心身共に
かなり堪えます(´;ω;`)

カウンセラーの先生は男性ですが、
そういう悩みも真剣に聞いてくれます。

あと、私の悩みの根本でもある実母との関係についても
ずっと気に掛けて下さっています。
今は実母とは深入りせずにしていますが・・・。

あと、今の私は常に「癌の再々発の不安」も抱えていて、
その事もしっかりと聞いて下さってアドバイスしてもらっています。
私が「正直、再々発がとても不安だけど、
息子がせめて成人するまでは絶対に元気でいたいです!」

と先生に話すと、
「そういう強い気持ちを持っていると、
身体にもいい影響を与えるので、
息子さんへのその気持ちはとてもいいことですね。」

とおっしゃって下さいました。

王子はまだ小学5年生。
今から中学進学、高校受験とか色んな試練もあるだろうし、
その時に常に支えになれるように
私はまだまだ元気でいなくちゃ!

ってその気持ちをずっと持ち続けていれば、
きっと大丈夫だよね。

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム