アクセス解析

最近のコメント

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

ラルク

2012年5月14日 (月)

ラルクライブ@日産スタジアム(5/12)

実はこの私、5月12日(土)の
L'Arc~en~CielワールドツアーFINAL
@日産スタジアム

参戦して来ましたヽ(´▽`)/
Dsc_03671814303704
しかしこの私、今年の2月に
「東京事変」の解散ライブ@横アリに
参戦したばかり。

年に2回も遠征して費用は?とか、
年に2回も主婦が(一応)1泊2日とはいえ家を空けていいのか?
とか悩みもしましたが、
費用はいつものように私が働いていた時の貯金から出し、
まぁ、事変は解散ライブだったし(と自分に言い聞かせ)
ラルクもワールドツアー終わったら、
またしばらくソロ活動して、
L'Arcとしてのライブはないかもしれないから

(その予感は見事に的中のようで、
このワールドツアーが終わったら、
hydeとtetsuyaはソロ活動始動ですね。)
<行ける時に行く!
いつ自分に何があるかわからないし、
行かないで後悔するよりも
行って後悔した方がいい!>

(ま、行って後悔することなんてないんですけどね
(;´▽`A``)

と決意し、家族の了承も得てまたもや1泊2日のライブ参戦!
家族にはいつも感謝です。

宿泊は2月の事変ライブ@横アリと同じ
「新横浜プリンスホテル」
しかーし、午後3時半ごろチェックインしに行ったら、
チェックインする人の列がものすごかった!!!
Σ(゚д゚;)
チェックインするまで40分近くかかったもの
Σ( ̄ロ ̄lll)

<ヤバイ!グッズ買えないー(;´Д`A ```>
<待ち合わせしているラル友さんに会う時間がないっ!>

とかなり焦り、ホテルから会場の日産スタジアムまで
競歩並みの早歩きで行きましたとも!
もうグッズ会場も探せなかったので、
グッズはライブ後に買う!と決めましたが。
開演までにラル友さんに会う!と焦りまくり。
結果、会えてよかった!!!
(でも、もっとお話ししたかったなぁ。)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

で、ここから、肝心のライブレポ。
「いばらの涙」で始まり、
最近の曲、アルバム曲を中心、
時々HONEYやドラハイ等の定番曲という
セトリでした。

ちょっと音響が悪いかな?
というのはありましたが、
メンバーも楽しそうだったし、
観客もノリノリで楽しいライブでした。

とりわけhydeのMCが面白かった!
最初のMCでは
「帰ってきましたー!ジャパーンー!
あれ?ジャパンでいいの?ヨコハマ?
(テっちゃんに確認?して)じゃあジャパーンね。」
と海外公演から凱旋して、日本に帰って来て嬉しい様子が
伝わってきました

(*゚ー゚*)

あとは中盤に「REVELATION」のドラムに合わせて、
メンバーが後方のサブステージに移動。
この時メンバーがかなり間近で見えたので大興奮!!!

サブステージでは、「metropolis」と「REVELATION」演奏。

あとkenちゃんMCは、
「海外では蟹、エビばっかりでもう常に膨満感だった。」
とか、「実はズボンが肛門くらい破れてんねん。」
あとはここに書けない下ネタも(;´▽`A``

ユッキーは相変わらずMCはなかったけれど、
アンコール前の「READY STEADY GO」の
ドラムソロが凄かった!

その後アンコール。
アルバム曲「未来世界」」は
hydeの生歌で聴くとさらに味わいある!
「XXX」はとにかくhydeが艶っぽくて萌えまくりでした(*^.^*)

・・・と思ったら
次の「NEXUS 4」でhyde思いっきり出だし間違えてた!!!

その後のhydeMC
「みんな『hydeが間違えてた』ってブログやmixiに書かないでね。」
hydeゴメンナサイ。書いちゃいましたw
あとは「こんなにたくさん来てくれてありがとう。
後ろのスタンド席は小さいhydeが更に小さく見えるだろうけど。」

ってhyde自分で「小さい」言ったっΣ(゚д゚;)
観客微笑ましく笑っていましたけどね。

ラスト曲は「BLESS」でした。
で、最後はteちゃん恒例のバナナ&ロリポップ投げタイムで終わり。

あ、そうだ!グッズ買わなくちゃ!と思ってグッズ売り場を探したら
またもやグッズを買う人たちの長蛇の列Σ(゚д゚;)
hydeプロデュースの「土居八製菓のマシュマロ」は
私の二人前で売り切れΣ(゚д゚;)
でも、それ以外は欲しいグッズが買えて満足!
Dsc_0365
ゲットしたグッズ達です。

ま、欲を言えばもっとレア曲聴きたかった
という思いもありはしましたが、
(「虹」が聴きたかったなぁ。゜゜(´□`。)°゜。)
アリーナ席Cブロックの前方という良席で
銀テープもゲット出来て、

メンバーを間近で見ることが出来たし、
メンバーも観客もすっごく盛り上がって
とても楽しいライブでした(*^-^)

2012年2月10日 (金)

BUTTERFLY

L'Arc~en~Cielの4年3か月ぶりとなるニューアルバム
「BUTTERFLY
61baaposrl_sl500_aa300_
タイトルのBUTTERFLY繋がり
でCMで木村カエラさんを
起用したりと
相変わらずラルクの大胆な発想には
驚かされます(・∀・)

で、4年3ヶ月ぶりの
アルバムをひととおり
聴いた感想。

実は事前に
11曲収録でそのうち
7曲はシングル曲。
って知った時は
少なからずガッカリしました・・・orz

いや、最近のラルクのシングル曲は
皆好きだけど、
アルバム買って、新しい曲を聴く楽しみが
少なくなるーーーー(ノд・。)

3曲しか新しい曲がないなんてー
・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

でも、BUTTERFLYを聴いた時、
そんなガッカリ感は吹っ飛んでしまいました。
確かに11曲収録は短いっ!
でも、それは1曲1曲のクオリティが高いから
そう感じたんだなー
って思いましたよ。

今までに聴いていたシングル曲の良さを改めて再確認。
そしてこのアルバムでの新発見は、
まず、hydeのボーカルがすっごくいい!
曲ごとに歌い方も歌に込めたhydeの声も違う!
そして、yukihiro曲がかっこよすぎる!
(shade of season と
DRINK IT DOWN )
あと私は個人的にken曲が好きなのですが、
ken曲が今度のアルバムでは、
変化した感じがしました。

最後に収録された曲「未来世界」
初めて聴いたときは
「ラルクじゃないみたい。」
と思ったけれど、
ラルクじゃない曲を生み出せるのがラルクの良さ
なんだよなーと改めて彼らの才能の深さに感激。

私が買った完全生産限定盤は、
P'UNK~EN~CIEL
(ラルクのメンバーがパートチェンジして作った
もうひとつのラルク)
としてのアルバム付きです。
こちらも想像以上にクオリティが高いです!

今年はワールドツアーを控えているL'Arc~en~Ciel。
ファンの贔屓目じゃなく、
ラルクは日本が世界に誇れるバンド
だと私は思っています。

2012年1月31日 (火)

「THE hyDE」

私が有名人で一番敬愛しているL'Arc~en~Cielの
hyde氏の自叙伝

「THE hyDE」
発売日より1日遅れて昨日、アマゾンから届きました。

51gk11fkegl_sl500_aa300_

まず、手にした感想。
<ハードカバーで
何だかすごく高級感がある!>

内容は、アルファベットのAからZまで
それぞれ章を付けて、
HYDEの生い立ちから彼の価値観、死生観、
L'Arc~en~Ciel、VAMPSに対する考え、
そして音楽を創るという事についての思い等、
HYDEの全てが詰まった正に
「自叙伝」でした。


以下、ネタバレもあります!

HYDE、いやラルクのメンバー皆さんが
今まで公にはプロフィールを明かしていませんでしたが、
このネット社会、色んな噂がまことしやかに流れてきます。
特にHYDE位のアーチストだと、どこまでが噂なの?
みたいな事がたくさんネットに書かれていましたね。
有名な噂では・・・
「HYDEの身長は156cm」とか
「HYDEの本名は『土井八郎』」
とか(笑)

ちなみにこの本では両方否定して、真実を書いていましたよ。
身長は161cm。
本名は寶井秀人。

苗字、すっごくカッコいいですよね!

でも、本名や身長だけじゃない。
HYDEが音楽を創る苦悩とか、
世の中に対する見方とか、
色々と考えさせられることが書いてありました。

気になったのは「D」の章、死生観。
HYDEも周りの人の死を経験したり、
自身が子供の頃に死に掛けた経験があるからか、
「死」についての恐怖心があまりないような事が
書いてありました。
いつ死んでも悔いはないような発言も・・・。
これを読んだ時は、かなり複雑でしたね。

本には「もちろん自分で死ぬ事はない」とあって
少し安心はしたけれど、
もしも、HYDEがこの世から消えてしまったら・・・。
とか考えたくもないし、考えられないから。
あと、HYDEは
「もし、自分が何かの形で死んでも絶対に後追いはしないで。
俺が死んでも音楽は生き続けるから。」

と強調するように書いていたのも凄く心に残っています。
HYDEはこのこともファンに凄く伝えたくて、
この本を出す理由の一つはこれを伝えたいからなのかな?

とまで思ってしまいました。

あと衝撃的だったのは、「L」のラルクに関する章。
ラルクというバンドへの思い。
メンバーへの思いがHYDE自身か
ら伝えられたのは嬉しかったです。
でも、辛い時期もあったんですね。
実際に辞めようとした時期もあったなんて。
でも、その辛い時期をメンバーと共に乗り越える事が出来たから、
今のL'Arc~en~Cielがあるんですよね。

そう思いながら、
去年の20周年ラニバを想い出したら、
あの時のライブにどれだけの想いが込められていたか

思って、涙が出そうになりました。

あと、「P」の友達の章のところで、
HYDEに友達と書かれた人達が
本当にうらやましいなーってニヤニヤしたりしました。

ところでこの本を読むにあたって、
実は<書かれていたらちょっと嫌かも?>
と思ったのが、HYDEの家族の事。

HYDEの本には 「家族については書かないし、
これからも書かない。」
とあって、
かなりホッとしました
(;´▽`A``

文章以外にもカラー写真も載っていて、
HYDEファンなら是非!
と思える本
だと私は思います。

ただ、今現在amazonを見ると、
もう定価では売っていなくて
(今からまた増版するかも知れませんが)
定価よりかなり高値で出品している人が多くて、
ちょっとがっかり・・・。
そういうやり方はきっとHYDE自身も望んでいないと思う。
これもHYDEの人気故ですかね
(;;;´Д`)

2011年12月27日 (火)

hydeとHYDE

ラルクがついにアルバム発売を発表しましたね!
「BUTTERFLY」
キターーーーー!!!!!
と思って、アルバム収録曲を見てみると・・・

11曲中、7曲がシングル化、
或いはカップリング等で音源化されてるやんっ!

これってシングル集?
実は「ray」と「ark」が出た時みたいに
もう一枚オリジナルアルバム出る?
とか思ったけど、やっぱり今回はこの1枚なのね・・・。

いや、アルバム出るのはうれしいんです!
うれしいんですけど、本音は
もっと新しい曲聴きたかったなという想いが強いです。
でも、この4年の間に、これだけシングル出しているんだから、
一枚のアルバムにしたらこうなるんだろうな
(;;;´Д`)

で、ラルクニューアルバム発売のニュースと同じ日に
HYDEの自叙伝発売発表。

さらに複雑化する私の脳内
(;´Д`A ```

ちなみにHYDEとhydeは同一人物だけど、
HYDEはソロやvampsの時の名義。
hydeは、L’Arc~en~Cielのボーカルとしての名義。
違うんですよね。

もちろん、どっちの「ハイド」も私は大好きだし、
ずっとずっとファンでいたい。
いや、ファンでいます。

だけど、例えば究極の選択として、
「vamps」と「L’Arc~en~Ciel」のどちらかひとつを選べといわれたら、
やっぱり「L’Arc~en~Ciel」が好きなんですよね。
私は。

ハイドはvampsとL’Arc~en~Ciel両方大切だと思うし、
そうであって欲しい。
でも、時々ネットとかで
「ハイドは『vamps』の時は自分の好きな事が出来て、とても楽しそう。」
とかのファンの意見を見聞きすると、
何か不安になっちゃうんですよね。

<また、ソロ活動の為に
L’Arc~en~Cielの活動が休止したらどうしよう?>

って。゜゜(´□`。)°゜。
まぁ、ラルクはハイド以外にも皆ソロ活動も頑張っていて、
それがさらにL’Arc~en~Cielの楽曲創りにも活かされているって事も
分かっているんですけどね。

vampsもすごくカッコいいんですが、
L’Arc~en~Cielというバンドは、
メンバー全員が曲を創る事が出来て、
それこそ虹の色の様に、
出す曲毎に全然カラーが違うのが
最大の魅力
だと私は思うんですよ。
例えば、今年出した3枚のシングルも
同じバンドが出した曲とは思えない位に
3曲とも全然違って、全部いいし

(金子みすず風w)

hydeの艶やかなボーカル、
tetsuyaの流れるような高度なベース、
kenのクールなギター、
ストイックでパワフルなyukihiroのドラム。
この4人がひとつでも欠けたら、ラルクじゃなくなっちゃう。
この4人のメンバーが最高なんです!

(もっとメンバーを褒める言葉がたくさんあるけど、
語彙が少ない私には上手く見付からないよ(涙)

・・・と長々と書いてしまいましたが、
私が言いたいのは、
ラルクはこれからもラルクのペースでいいから
(なに?この上から目線w)
どうか10年後も30thラニバをやって欲しいのです。
ずっとずっとラルクが続いていってほしいのです。

で、なんだかんだと言いながら今からAmazonにて
New Album
『BUTTERFLY』 の予約をするのです。
・・・と思ってアマゾンのページに行ったら、
まだ予約受け付けてない・・・orz
今回はken曲少ない気がするのは気のせい?
実はラルクの曲の中で、
ken作曲の曲がダントツに好きな私です
(;´▽`A``

 

2011年11月13日 (日)

『CHASE』

L'Arc~en~Ciel大好きな私です。
ラルクは今年20周年ということで、
ラニバも行ったし、現在はツアーの真っ最中ですね!

今年5月末に私も参戦した20th L’Anniversary の
LIVEDVDが12月28日に発売されると知って、
今からワクワクですヽ(´▽`)/
本当は20th L’Anniversary LIVE -Complete Box
が欲しいけど、お値段がぁぁぁ。*((艸д・。`*)゜*。

あと、今年はシングルもたくさん出しますね!
「GOOD LUCK MY WAY」
「X X X」
に続き12月に発売される新曲
「CHASE」
ワイルド7という映画の主題歌だそうです。
この新曲、期間限定1週間だけyoutubeでPVが配信されています。
http://www.larc-en-ciel.com/jp/information/20th/

何度も動画観たけど、メチャクチャカッコイイっ!!!
ラルクのPVにしてはシンプルだけど、そこがいい!

hydeの横揺れで踊りながら歌うところかっこいい!

ラルクは、本当にメンバーみんながそれぞれの個性で曲を創るので、
出す曲全部が新鮮なんですよ!

「GOOD LUCK MY WAY」は爽快な感じ。
「X X X」は妖艶な感じ。
この「CHASE」は、
とにかく「かっこいい」に尽きます!

結成20年にして、この引き出しの多さ!
本当にスゴイバンドですよ(*゚ー゚*)
多分、一生、ラルクファンでいられる自信がある私です
(・∀・)

欲を言えば、ラルクは来年はワールドツアーもあって、
超多忙だと思うけれど、
早くニューアルバムが出ないかなぁ?

2011年5月31日 (火)

20th L'Anniversary Live 29日

昨日の記事で
「20th L'Anniversary Live」
の初日レポを書きましたが、
今日は2日目の29日についての感想を書きます。

2日目の29日は初日よりも雨が激しかったので、
私は早めに会場入りしました。
会場は「味の素スタジアム」だったのですが、
最寄の駅である飛田給駅は普段は特急は止まらない駅らしいのですが、
ラニバがあった28、29日は
京王線が準特急の臨時便を出すほど
Σ(゚д゚;)

ラルクの影響力のスゴさに改めてビックリ!
私が乗った電車はほとんどラニバに参戦するであろう
ラルクファンらしき方々ばかり乗っていました。

本当に29日は大雨で会場内もカオスな感じ
Σ(゚д゚lll)

891


29日は私はアリーナ席だったので、
もろに豪雨を浴びた状態でした
(;´▽`A``

もちろん雨合羽着けていましたが。

でも、ラルクメンバーが登場すると
豪雨もなんのその!
hydeは前日と同じように髪にエクステをつけて
相変わらずの美しさでしたが、
その日の衣装はなんと
上半身裸の上にジャケット着てるだけ
Σ(゚д゚;)
hydeさん、えろすですよー。
そのお姿は直視出来ないくらいでした

(照れてしまって(*´Д`*))

その日は情報どおり、
全盛期の98年から現在までの曲を熱唱!
ほとんどシングル曲でしたね。
1曲目は「READY STEADY GO」で
最初から会場を盛り上げてくれました!
最初はロックな激しい曲が続いたのですが、
途中で「叙情詩」になった時は
hydeのアカペラが会場全体に響き渡り、
それはもう鳥肌ものでした。

その後アンコールの前の休憩の後のhydeのMCで、
「L’Arc-en-Cielはたくさんの人がかかわって、
すごく大きな船になったと思ってるんですけど。
何度も暗礁に乗り上げては、
メンバーやスタッフが一生懸命努力して乗り越えてきました。
やめて行った人もいたし、
いなくなった人もいました。
今まで出会った人も、出会わなかった人も……
遠くからの思いは伝わっているので。
こんなに愛想の悪いバンドってないと思うけど、
来てくれて本当にありがとう」


一言一言をかみ締めるように言葉にしていたのが
ひしひしと伝わりました(涙)

一言で「20周年」と言っても今までには、
メンバーの交代とか活動休止、
信頼してた大切なスタッフさんの死など
本当に苦労もたくさんあったことでしょう。
きっと解散の危機もあったと思います。
それだけに20周年を迎えられた事に
ラルクのメンバーは本当に
嬉しさと感謝を抑え切れない感じがしました。

hydeだけでなく、リーダーのtetuyaもギターのkenも
本当にいい笑顔でMCも盛り上がったし、
ドラムのユッキーは寡黙な人だけど、
時々見せるお茶目な仕草ひとつひとつに
会場が沸きあがりました(*゚▽゚)ノ

そのMCの後の曲は「forbidden lover」
歌っているhydeの顔がスクリーンに映し出されましたが
その目には涙が・・・。
もう私も胸が苦しいくらいに熱くなりました。
「MY HEART DRAWS A DREAM」では、
「夢を描くよ」という歌詞の部分で
約5万人の観客が大合唱で、もうここで私も涙が
( ´;ω;`)

ラストの曲は「BLESS」でしたが、
その前に会場に虹が出たんですっ!
あの虹は忘れられません。

そして最後の最後でスクリーンに今後の活動発表がっ!
「20th L'Anniversary Tour」の開催と
「2012年ワールドツアー」の開催!!!
想像以上にスゴイ発表に会場の歓喜の渦は凄かった!
あちこちで抱き合って喜び合っているファンがたくさんいました。

L’Arc~en~Cielというバンドはどんどん成長して、
名実共に日本が誇るバンドなんだと実感。

彼らの「成人式」の場に立ち会えた事、
私にとっても一生の思い出になりました。

今、思えばあのどしゃ降りの雨も
忘れられない思い出です(*゚▽゚)ノ

2011年5月30日 (月)

20th L'Anniversary Live 28日

実はこの私、去った週末になんと!
ラルクの20周年記念ライブに参戦して来ました
ヽ(´▽`)/

20th L'Anniversary Live110528_233201
チケットは即完売だったし、
私は会場の都心から
離れた地方住まいなので、
半ば参戦を諦めていたのですが、
ネットのお友達の御好意によって、
何と2日間も
参戦する事が出来たんです
(*゚▽゚)
本当にそのお友達には感謝しています!

家族の了解も得て、
行く事が決まったら、
改めて、ライブ参戦の予習しました
(;´▽`A``
一日目の28日は、
1stアルバム『DUNE』~『HEART』の楽曲を中心
初期時代の楽曲を演奏すると情報を得ていたので、
参戦するまでの1週間はずっと
『DUNE』~『HEART』のアルバムばっかり
家で聴いていました。

改めて初期曲を聴くと、すっごくハマりますね。

しかし、このライブが行われる28、29日は
東京地方は大雨の予報がっ
Σ( ̄ロ ̄lll)
台風も近付いていたし、
「ま、まさか延期や中止になったりしないよね
((((;゚Д゚)))))))」

ともう気が気でなりませんでした。

何とか当日会場入りは出来たのですが、
ご覧のとおりのお天気(^^ゞ

888


でも予定通り行われて本当によかった!
28日は私はバックスタンド席でしたが、
全体を見渡せていい席でした。

3年ぶりのラルクライブ。
彼らが登場した時の会場の歓声は
もう本当に凄かったです!

登場の仕方も二人づつに分かれて後ろから
リムジンで登場Σ(゚□゚
ラルク4人皆さん、変わらずにかっこいいっ!

特に私が大好きなhydeさんは、
エクステをつけて登場。
もう、かっこいいを通り越して、
「美し過ぎ」です!
艶っぽくて、
いや、もう言葉では表せないーー!!!

お天気悪いのに、ラルク皆さん絶好調で、
3年ぶりのライブ初日とは思えないくらい。
hydeはMCで
「あー、この雨も演出だからね。
最後は晴れて虹が出るから(笑)」って。

初日は情報どおり初期のレア曲ばかりの構成
hydeもMCで、
「今日はマニアックな曲ばかりやるけどみんな知ってる?
予習して来た?
ここにはマニアが5万人集まっているという事ですね。」
とにやり。
曲も予習して来たとおり初期のレア曲がたくさん!
私が聴きたかった
「I’m so happy」「ガラス玉」
演奏してくれて嬉しかった!

ラルク初期曲って、私の印象では
ダーク、幻想的、刹那的
そんな曲が多い感じなんです。
hydeもMCで
「あの頃は後ろ向きな曲ばかりで
自分でもびっくりする(笑)」

って言ってました(;・∀・)
私は好きなんですけどね。

hydeだけじゃなく、kenやtetsuyaもノリノリで
MCが楽しかったです。
ユッキーはMCはなかったけれど、
すごくかっこよかったですよ。

あと、このライブはL’Arc~en~Cielの
記念すべき20周年ライブというだけでなく、
ライブの収益を全て震災の被災地に義援金として
送るという意義あるライブでもあるんです。
そのくだりではhydeも真面目な顔で
「メンバーみんなで話し合って決めました。」
と言い、
間接的な表現で被災地の事に触れ、
「希望を持って進もう。
止まない雨はない。」

と被災地への方々に向けていると
思えるメッセージに深く感動しました。
このhydeの言葉が先の震災で辛い思いをしている
方々に届きますように。

そして感動的なMCの後のラストは
私が一番好きな曲の「虹」

演出も凝っていたし、何よりメンバーが変わらず魅力的で
L’Arc~en~Cielの素晴らしさを
再確認出来るライブでした。

2日目も参戦したのですが、
2日目の感想については、
また次に書きます
(;´▽`A``

2010年8月 1日 (日)

BEAST VAMPS

王子の熱は昨夜ぐらいからやっと落ち着きました。
ホッとした私は、ようやく先日届いたCDを聴きました。

HYDEがK,A,Zと組んでいるユニット
VAMPSのニューアルバム
BEAST(DVD付)【初回限定生産:デジパック仕様】
です!
5180mzfqoyl_sl500_aa300_
1stアルバムが
ファーストなのに、
かなり良かったので、
それを超えられるかな?
と思っていましたが・・・

超クオリティ高過ぎるっ!!!
まだ昨日から聴いたばかりですが、
捨て曲がない!
しかも、音楽の幅が広がってる!

1曲目は、どっかで聞いた事ある?!
と思っていたら、
超「エヴァ」っぽい!
で、1曲目から2曲目の流れが
かっこよすぎ!

それとは対照的に12曲目からラストの
「MY FIRST LAST」への流れは、
今までにない感じでこれまた神秘的です。

個人的に好きな1曲って挙げづらいなー。
だってどれもいいんですもん。

「MEMORIES」はラルクでも歌って欲しい曲だし、
「REVOLUTION」は、
聴いてるだけで足が勝手にリズムとっちゃう。
これ、Liveで聴きたいなー!
あと、「PIANO DUET 」と
「MY FIRST LAST」は、
歌詞が「死」をテーマにしてる歌ですね。
HYDEって、ソロの時から、
「死」をイメージした曲とかPVが多い気がする・・・。

DVDも最高です!
1曲目のHYDEはエロ過ぎてドキドキ・・・。
2曲目のHYDEはかわい過ぎてドキドキ・・・。
3曲目の「REVOLUTION」のPVは、
すっごく斬新でおもしろい!
で、4曲目のHYDEにうっとり・・・。
HYDEはやっぱり、私のネ申だ!

前作の「VAMPS」の持つ、
妖しく激しいロック色はそのままに、
ラルクらしい曲もあり、
HYDEソロ時代っぽい曲もあり、
ソロよりもラルクが好き!っていう人も、
ラルクはあまり聴かないけど、ロック好きという人にも

お勧めしたいアルバムですっ!!!

HYDEは、本当に進化しつづけてるなぁー。

2009年6月13日 (土)

VAMPS(初回限定盤)(DVD付)

私が心から敬愛するHYDEK.A.Z(Oblivion Dust)
からなる注目のユニット、
「VAMPS」
その「VAMPS」の1stアルバムをGETしました!!!
「VAMPS(初回限定盤)」

51ewetyijzl_sl500_aa240_
本当に「HYDE」を敬愛する私。
でも、ソロの「HYDE」も
大好きだけど、

「L'Arc~en~Ciel」
の中のhydeの方が
どっちかと言えば好きなので、
早くL'Arc~en~Cielの活動を再開してほしい!
と思っていました。

でも、この「VAMPS」のアルバム、
今で2,3回通して聴いていますが、
かなりクオリティ高いです!

私は、もともとHYDEの創り出す、
幻想的で刹那的な世界観がたまらなく好きなのですが、
それとはまた別に、「HYDE」は思いっきり
「ロック」をしたいんですよね。
ソロアルバムの「666」とかを聴いていても
そう感じましたが、
この「VAMPS」のアルバムを聴いて、
改めて感じた気がします。

そしてソロの時とは違って、
「VAMPS」ではK.A.Zという
素晴らしい「相棒」がいる事で、
ソロよりも何だかノビノビと音楽を楽しんでいる
という感じも伝わってきました。

まぁ、このアルバムは「ライブ」に繋げる為の
アルバムだとHYDEも雑誌で語っていましたしね。

収録されている13曲もバランスがいいです。
本当にライブで思いっきり弾けられるような曲もたくさんあるし、
かと思えば、
「EVANESCENT」とか
(私はこの曲が一番好きかな?)
叙情的な曲、バラードもあるし、
VARIETYに富んでいて、
ファンなら、聴き飽きることはまずない!
と思うアルバムですね!

あと、ユニット名の「VAMPS」
吸血鬼の「VAMPIRE」に由来しているそうで、
アルバムの曲の中にも
「バンパイヤ」の気持ちを歌った曲もあるんですよ!

そして、初回限定盤にはDVDが付いていて、
VAMPS名義で出したシングル曲のPVが全部入っているんです!
私が好きな「EVANESCENT」もしっかり入っています!

「LOVE ADDICT」のPVは本当にロックだし、
「EVANESCENT」のPVのHYDEは、
美しすぎて、切なすぎて胸が痛い
・・・・と思ったら、
DVDの最後に収録されている曲
「TROUBLE」
この曲は少し前の洋楽のカバー曲なのですが、
もう「ヤバイ!」です!
HYDEもK.A.Zも心から楽しんでいる感じで
大人のお伽話みたいなステキなPVです!
「TROUBLE」もアルバムに入っていたらよかったのになー。

あー!アルバム聴いてたら「VAMPS」の
ライブに行きたくなってきたよー!

2009年4月21日 (火)

HYDE(初回生産限定盤)

先月、発売された「HYDE」のベストアルバム
「HYDE(初回生産限定盤)(DVD付)」

51ipewf4bnl_ss400_発売された日に
購入したのですが、
実はじっくり聴いたのは、昨日でした。
ずっと、心身の状態が思わしくなくて・・・。

一番好きなアーチストのCDは、
ベストなコンディションで聴きたい!

という妙なこだわり(?)があって
(;´▽`A``

このCDは、HYDEがソロ名義で出したCDの
「ベスト盤」です。
それにプラスして、初回版はDVD付。

ちょっと、しばらくHYDEの曲を聴いていなかったのですが、
やっぱり、
「HYDEが好きだーーー!!!」
と心の中で叫ばずにはいられませんでした。

今までHYDE名義のアルバムは3枚出てて、
1stの「ROENTGEN」は、幻想的な感じ。
2stの「666」は、バリバリのロック。
3stの「FAITH」は、
「666」のロックティストの流れなんだけど、
テーマが一環していて、
(神とか平和とか。)
それぞれに私は好きなんだけど、
(でも、一番好きなのは「ROENTGEN」かな?)

ベスト盤なだけあって、全部聴いたことある曲ばかりだけど、
最後の「GLAMOROUS SKY」は、
映画「NANA」の主題歌として、
元は中島美嘉に提供した曲なのですが、
ようやくHYDEの歌として、収録されているのが
嬉しかったですね。

で、DVDの方ですが、
ほとんど、過去に観た事のあるPVであるにも関わらず、
DVDを観ながら、改めてHYDEの創る
「世界観」に引き込まれ、
「金縛り状態」でした。
観ながら自然に涙が流れていました・・・。

私がHYDEを好きなのは、
まぁ、ルックスも、もちろんですが、
彼の創り出す音楽の世界観に惹かれるのです。

美しく、幻想的で、
そしてどこか、刹那的で・・・。

あー
うまく言葉では表せない・・・・。

私がここまで好きになったアーチストは
他にいません。
好きという言葉では片付けられないくらい、
私にとっては、
「神」
に近い存在かも・・・。
(ちと、あぶない・・・?)

最近、ちょっと自分自身の生きる意味とか
なんか分からなくなって来たりもしたけど、
ここまで夢中になれるアーチストがいるって
幸せなことなんですよね。

あ!そういえば、もうすぐ

 「VAMPS」

のアルバムも出るんだ!

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム