アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

音楽

2013年5月25日 (土)

SEKAI NO OWARI

アラフォーなのに、とにかく
日本のバンドが大好きな私です
(;´▽`A``

L'Arc~en~Cielの大ファンなのは、
言わずもがなですが
(実際、何回もひとりでライブに行っていきました
(;´▽`A``)

他にも「ASIAN KUNG-FU GENERATION」
解散したけど「東京事変」も全部CD持っているし、
ライブにも行きました。

若手のバンドにもどんどん気になるバンドが出てきて、
年末にライブに行った「THE BACK HORN
最近話題の「ONE OK ROCK」
「サカナクション」等々。

そんな私が最近毎日聴いているのが
「SEKAI NO OWARI」
何かのきっかけで代表作の
「スターライトパレード」聴いたときは、
感動で涙が出ました。
美しく繊細な旋律に切ない歌詞。
もう私の心のど真ん中に来ましたね。

これがスターライトパレードのPV


ボーカルのFukaseくんの繊細過ぎるボーカルに
Saoriちゃんのピアノの旋律が美し過ぎる。

もう「SEKAI NO OWARI(以下、略してセカオワ)」の
アルバムも買いました。
ENTERTAINMENT
全曲を聴くと、ちょっと「戦争」とか「死」とか
重いテーマも歌っていて、
合わない曲も何曲かはありましたが
(;´▽`A``
多分、そういうところが
「セカオワ=中二病バンドだよねぇ」
って一部から揶揄されているんだろうなぁ
(;´Д`A ```

だけどFukaseくんのボーカルやSaoriちゃんのピアノは
本当にツボです。

そして、彼らの新曲「RPG」
「アニメくれよんしんちゃん」の映画のエンディング曲としても、
結構巷でも聴く機会が多いのでは?
私初聞きで、もうこの曲が大好きなりました。
今まで聴いてきたセカオワの曲のイメージとは違って、
とても前向きになれる爽やかな曲です。
PVがまたものすごくいいんだなぁー
(*゚ー゚*)

「SEKAI NO OWARI「RPG」」

 

2012年12月24日 (月)

クリスマスイヴの夜には

フジファブリックの志村正彦さんが
29歳の若さで急逝して
今日で3年になります。

亡くなったというニュースを聞いてから、
フジファブリックの、
志村さんの音楽を聴くようになった私。
志村さんが創る音楽は風景が見えてくるように抒情的で、
そして独創的で不思議な曲ばかり。

もっと早く志村さんの音楽に出会っていればよかったな。
一度でもいいからライブで志村さんの歌を聴きたかったな。

だけど彼が創った音楽は
いつまでもファンの心の中で生き続けるんだ。
12月24日はクリスマスイヴで、そして
フジファブリックの曲を聴いて、
志村正彦というミュージシャンを偲ぶ日。

フジファブリック「銀河」
個性的で不思議な曲だけど、
今の季節にピッタリで大好きな曲の一つです。

2012年12月23日 (日)

THE BACK HORN 「KYO-MEIツアー」~リヴスコール~

クリスマスイブイブの23日でしたが、
この私、何とまたもや
ライブにぼっち参戦して来ました。

「THE BACK HORN」
というロックバンドのライブです。
Dsc_0899

実はこの私、数か月位前に偶然Youtubeで
THE BACK HORN(以下、バクホンと略。)の
曲を聴いて、初聴きで惚れ込んでしまったのです。

ちなみにその時聴いた曲は
「美しい名前。」

それから、バクホンの曲を探して聴くようになって、
「なんて荒々しくてそして力強いロックなんだ!
歌詞も凄く深いっ!」

って感銘を受けたのです。

で、こっちのライブハウスでライブをするって知って、
もう気が付けばチケット取っていました(;´▽`A``

で、今日のライブの感想。

ライブハウスなだけあって、
ステージと観客の距離が近いっ
Σ(゚д゚;)

うっかり前の方に立っていたら、
2曲目の盛り上がる曲
「たしかニューアルバムから『シリウス』」
の時に観客の盛り上がりにスイッチが入って、
ボーっとしていた私は思わず押しつぶされそうになりますた
(;´Д`A ```

しかし、間近で見るボーカルの山田さんはカッコいい!
目チカラ強過ぎる!

本当に力強いボーカルで
3曲目くらいでもう山田さん汗だく状態。
このバクホンは、本当に
「生きること」について力強く歌っていて、
聴いているこっちも
「あぁ、生きなくちゃ。今を生きよう!」
と思わせてくれるバンドです。

youtubeのPVとか観ていたら、
眼光鋭いイメージのある山田さんですが、
MCの時はメンバーと一緒にとっても楽しそうでした。

このバンドはリーダーがドラムの人なんですね(松田さん)
松田さんのトーク、色々感動しました。

もう終始、熱過ぎるライブでしたが、
特に私が好きな曲
「空、星、海の夜」
「世界中に花束を」
を歌ってくれた時は思わず涙が・・・。

しかし、私ったらアラフォーのくせして、
周りと一緒にノッちゃったものだから、
すでに足腰が痛いっす
(;´Д`A ```


今日演奏した「声」
「コバルトブルー」
コバルドブルーの時の盛り上がりは
最高潮だったなぁ。

山田さんのボーカルは本当に力強くて、
目ヂカラがハンパなくて、
観客達に
「みんな、今をしっかり生きよう!」
って歌を通して伝えてくれました。

 

2012年12月13日 (木)

ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2012 「ランドマーク」@YouTube

今日、ASIAN KUNG-FU GENERATION
(以下、アジカン)の
ランドマークツアー@東京公演を堪能しました
ヽ(´▽`)/

YouTubeで・・・(;´▽`A``

今年のアジカンのツアーは
私の住んでいる県ではなかったので、
残念だけど今回は諦めていたんです。

そしたら、今日12月13日の東京公演を
映画館で上映するって言うじゃないですか
Σ(゚д゚;)

やったーーー!!!
と思ったけれど、今日の私何か風邪気味。
映画館とかちょっとヤバいかな?
と思ったら、
なんと今日の公演はネットでも生配信するとの情報
∑(゚∇゚|||)

http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/AKG/1213/

もう嬉しくて、夕ご飯の準備をいつもより早めにして
開演の7時にはPCの前でスタンバイ!

ASIAN KUNG-FU GENERATION offciai YouTube
ここで今夜の東京公演をまるまる堪能出来ました
ヽ(´▽`)/

他に、USTREAMでも生配信していたみたいです。
実況コメントでは
「YouTubeは重くてなかなか入れないからUSTREAMで観ます。」
という人もいました。
でも私はYouTube Officialの方でも十分楽しめました。

ゴッチ、水玉シャツがキュートだったぁ(*゚ー゚*)
セトリも最高で、
最初はニューアルバム「ランドマーク」を中心に構成。
中盤は、君という花→それでは、また明日→アフターダーク
という私個人的に神構成っ!!!

ゴッチのMCは、やはり去年の震災の事、
震災の復興が進まずに辛い思いをしている人がたくさんいること、
そして、日本の未来の事・・・。
ゴッチのTwitterを読んでいたら納得の内容なんですが、
かなり深い事を話していました。

そのMCの後はゴッチが被災地を訪れて感じたことを歌にした
レールロード。
何かすごく感動というか、胸が震えました。
その流れで、
ノーネーム→.踵で愛を打ち鳴らせ→バイシクルレース
というこれまた神構成。

一旦、下がってアンコール。
youtubeでは右端に観ている人達の実況コメントが
次から次へと流れていて、
特に「リライト」と「ソラニン」を歌ってほしい!
という人たちがいっぱいでした。

「リライト」と「ソラニン」人気あるなぁ。
私もこの2曲は大好きですけどね
(;´▽`A``

で、アンコールは何とダブルアンコール!
マーチングバンド
(進研ゼミ高校講座のCMの歌)
そして、待望のリライト(多分、アジカンでも一番の人気曲)
ループ&ループ(この曲もアジカンファンには大人気)
そして、ニューアルバム「ランドマーク」のラストに収録されている
アネモネの咲く春に

そして2回目のアンコールでは、
コーラスで参加の岩崎愛さん
東京ライフという曲を歌い、
再びアジカンメンバーで
転がる岩、君に朝が降る
本当にラストに
新曲、今を生きて
で約2時間半の素晴らしいライブを締めくくりました。

本当に最高で心が震えたライブでした(*゚▽゚)ノ
今も「ランドマーク」をipodで聴いて余韻に浸っています。

ただ家の中で私一人PCの前で歌ったり、
拍手したり、時々
キャーー!!!
って叫んだりしちゃたので、
家族はともかく、
猫のシマは相当ビックリしていたようで
ずーーーっと私の傍にいて、
私を不思議そうに見ていました
(;´▽`A``
シマ、「ママがひとりで変になってるΣ(゚д゚;)」
って顔でずっと私を見ていたなぁ。
Σ(゚д゚lll)

ASIAN KUNG-FU GENERATION 『踵で愛を打ち鳴らせ』

2012年12月 6日 (木)

[(an imitation) blood orange](初回限定盤)(DVD付)

先週、ミスチルの2年ぶりのアルバムが発売されたので、
発売日にゲットしました。
[(an imitation) blood orange](初回限定盤)(DVD付)
51sv39mpml_sl500_aa300_
L'Arc~en~Ciel、椎名林檎、アジカン好きな私ですが、
ミスチルもよく聴きます。

もう90年代からずっと。
アルバムもだいたい持っていますね。
ただ一時期、ミスチルがとても暗い曲を出していた時期があって、
その時は少しだけ離れていましたが、
「IT'S A WONDERFUL WORLD」
辺りから再度聴くようになりました。

最近では、「SUPERMARKET FANTASY」
私の中でミスチルのアルバムの頂点でしたね
(;´▽`A``

で、このニューアルバム、
初聴きで、もう
「ほとんど聞いたことのある曲ばかりだ!」
ドラマの主題歌やCMのタイアップの曲がほとんどですね。
耳慣れて、耳に優しい曲ばかりですが、
目新しさや、新たな発見は今回はなかったかなぁ
(;´▽`A``

全曲、外れ曲はないんだけど、
これだっ!という曲は・・・どうだろう?
1曲目の「hypnosis」 から
2曲目の「Marshmallow day 」への流れは
とても好きですね(*^-^)

ただ「くせ」がない分、
ミスチルをあまり聴かない人にも
お勧め出来るアルバムですね。

あと、夜に「Happy Song 」を聴いたら、
何か不思議な気分になります。
「Happy Song 」は今年、ほぼ毎朝聴いているので
(;´▽`A``
(「めざましテレビのテーマ曲だから。)

2012年9月15日 (土)

ランドマーク

私が好きなロックバンド
ASIAN KUNG-FU GENERATION
(長いので以下、アジカンと記載します。)
の2年ぶりのニューアルバムを先日ゲットしました!
ランドマーク
51fvi3f79l_sl500_aa300_

初聴きで
「これはスゴイ!
最高のアルバムの予感!」

ってワクワクしました(・∀・)
1曲目の「All right part2 」から
これぞアジカンのロックだっ!
って聴いていて胸が高鳴り、
中盤の「大洋航路 」からラストの曲の
「アネモネの咲く春に」まで
一気に心がノックアウトされた感じ。
一曲一曲のクオリティが素晴らしいです!!!
メロディはロックでポップで時にメロゥで
全部聴き心地がいい。
だけど、歌詞をよく歌詞カードで読むと、
決して明るいテーマを歌ってはいないんですよね。

昨年の大震災。そして震災後の日本を憂いた言葉を
音楽という形でゴッチは魂から叫んでいる。

そう感じました。
ゴッチ(アジカンのフロントマンの後藤正文氏)は、
常日頃からTwitterで今の日本の現状・・・
原発問題やなかなか進まない震災復興等
有名人だとなかなか言えない様な事も
自分の言葉でしっかりと呟いています。
きっとゴッチには今の日本の状況について、
色んな想いがあると思う。
今回のアルバムは、そんなやり切れない現状を
思いっきり音楽としてロックとして昇華しています。

歌詞もただ叫んでいるんじゃなく、
言葉遊びを入れたり、
ラストの「アネモネの咲く春に」は
切なくて文学的です。
私が個人的に好きな曲はしいて1曲あげるなら、
「それでは、また明日」
何度でも繰り返して聴いていたいです。

現実はToo lateな事も多い。
でも、まだまだAll rightなんだ!

アルバム「ランドマーク」は
そう聴く人に訴えかけている気がします。

あと初回生産限定盤にはDVDで
2012.02.23日本武道館ライブでの曲が数曲入っており
髪が変な感じに長くなったゴッチの愉快なMCも楽しめます
(・∀・)

2012年2月29日 (水)

ライブシネマ 「東京事変 Live Tour2012 Domestique Bon Voyage」

本日、閏日に解散する
「東京事変」
ラストライブを映画館で観てきました。
ライブシネマ
「東京事変 Live Tour2012 Domestique Bon Voyage」

120225_140102

映画館でライブビューイングに
参戦するのは、
実は全く初めてだったので、
色々と分からないことも多かったけれど、
とりあえず
「ボンボヤ手旗」を持っていったら、
映画館内では6割以上が
手旗持参していました。

今日は会場の東京は朝から雪だったので、
劇場中継の映像とか音声は大丈夫かなぁって
心配だったのですが、
最初から最後まで綺麗に観ることが出来ました。

周りのお客さんも手拍子する人もいれば、
手旗を振る人とか様々で、私は邪魔にならない程度に
手旗を振って観ていました。

映画館だから生歌ではないけれど、
でも、アリーナ参戦の時は見えなかった
林檎嬢の表情がよく見えて感無量!
1曲目の「生きる」で私、もう涙が・・・。
直接には、事変のメンバーはそこにいないんだけど、
曲が終わるごとにみんな拍手して、

まさに武道館にいる気分でした。

林檎嬢の衣装、時々肩紐がずり落ちてハラハラしたのは
私だけじゃないはず
(lll゚Д゚)

あとアンコールで、横アリでは聴けなかった
「丸の内サディスティック」が聴けたー
ヽ(´▽`)/
あと、ラストだからか?
横アリではなかったメンバーのMCも少しありました。
最後の曲(透明人間)の前に
キーボードのわっちが
「あと1曲で終わりだけど、僕達の音楽はこれからも
みんなの心の中に残るから、みんなの心に育まれるから。
それでも聴きたくなったら・・・・
椎名さんに電話して(笑)」

みたいなMC。

そしたら林檎嬢が電話するジェスチャーして可愛かった
(*゚ー゚*)

ドラムの刃田としちゃんは、
カメラを持って来てて、
曲の合間にメンバーや会場を撮っていました。
としちゃん、好きだからそんな仕草にも涙
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

それから終盤ではメンバー達が
前列のお客さん達と握手する場面もあって、
ちょっとうらやましかったな。

最後の曲「透明人間」の時、
林檎嬢の瞳が潤んでいた気がしたけれど、
それでも林檎嬢は最後まで涙をみせずに
素敵な歌を全国に届けてくれました。

林檎嬢だけじゃない。
事変はメンバー皆さんはとても個性的で、
でもとても素晴らしい楽曲を作り出した。
ロックでもあるけれど、
ひとつのジャンルに括ることの出来ない
彼らはとても多面的で圧倒的なパフォーマンス力を持つ
「音楽集団」です。

あー、今日で「東京事変」解散かぁ・・・。
ライブが湿っぽくなくて
最後まで華やかで楽しかったので、
まだ「解散」って気がしません。

きっとこれからも私は
「東京事変」の曲を聴き続けて、
この「ボンボヤライブ」の事も日常の中で、
何度も思い出すんだろうな。

merci!
up,up and away!!!

2012年2月16日 (木)

東京事変live tour 2012 Domestique Bon Voyage

私の大好きなバンド「東京事変」が解散発表をして1ヶ月。
事変としてのラストライブとなる
東京事変live tour 2012 Domestique Bon Voyage
の抽選にラッキーにも当選した私
(*゚▽゚)ノ
昨日の横浜アリーナ公演に参戦してきました!
本当はラストの武道館を狙っていたけど、
武道館は落選(ノ_-。)
120215_181002
横アリでのライブ参戦は初めて。
入場するのに、
ものすごく時間が掛かりました
Σ(゚д゚;)
やはり解散ライブだからか、
ライブグッズはすぐに売り切れ。

ライブの時に振る「事変手旗」と
「オフィシャルブック」のみ買えました。
120215_221601

私の席は西スタンドのかなり後方。
ステージからは遠くて、
林檎嬢の表情がよく見えなかったー
(;;;´Д`)

スクリーンでもあまり林檎や
メンバーを映していなかったし。
途中、モノクロで林檎やメンバーを映したり、
最後当たりは林檎嬢もスクリーンで映していましたけどね。
あと、メンバーが超ノリノリで演奏していたのは
後方スタンドでもよく分かりましたよ。

以下、感想やセトリのネタバレも書くので、
今から大阪、武道館へ行く方は注意してくださいね!!!

最初は「生きる」(アルバム「スポーツ」収録)
林檎の声が神がかってて、鳥肌ものでした!

そしてステージが明るくなり「新しい文明開化」
「今夜はから騒ぎ」
多分、その頃何かが降ってきたのですが、
後でそれが「事変お札」だと気付いた
(;´▽`A``
アリーナ前方のお客さんたちは、
結構ゲット出来たんじゃないかな?
ステージは華やかになり、
バックにはオーケストラも?!
その華やかな状態で「OSCA」
PVのダンスだった。
華やかだし、全体的にノレた感じ。
その後「スポーツ」収録曲の
 「FOUL」「シーズンサヨナラ」
「大発見」収録の「海底に巣食う男」
そして、ラストアルバムの
「color bars」から
まずわっち(伊澤さんのあだなw)の
「怪ホラーダスト」
としちゃん(刃田さん)の
「ほんとのところ」
男性メンバーボーカルの曲2曲。
わっちはノリノリだったし、
何か叫んでた?
それ以上にとしちゃんの曲のインパクトが!
「たぬきが死んだらー♪カラスが死んだらー♪」
とかメッチャシュールな歌なんですよ
(;;;´Д`)
でも、としちゃんのこの歌が今も頭から離れないよぉ
「うちのねこが鷹にー♪」
実は林檎以外のメンバーでは、としちゃんが好きな私
(*゚ー゚*)

その時の林檎はアフロ頭で
ドラム叩いていましたΣ(゚д゚;)
でもドラムを叩く林檎もかっこよかったな

「color bars」コーナーが終わったら、
CMでもお馴染みの
「能動的3分間」
この歌大好き!

そして、以前シングル化した「修羅場」
やっぱりシングル曲は観客のノリも一層あがりますね。

「絶体絶命」の歌の後かな。一旦林檎が下がって、
男性メンバー4人が真っ赤な衣装で
「アイスクリームのうた」
という、可愛い歌を歌っていましたw
どこかで聴いたことある歌だけど何の歌だろ?
そして、林檎は真紅の素敵なドレスで登場。
遠くの席からでも林檎の魅力は十分わかりました

(あれ?その前だったかな?)
「女の子は誰でも」は、
紅白歌合戦の時みたいにジャズ風でオケ仕様。
そして懐かしの「教育(1stアルバム)」から
「御祭り騒ぎ」
(どこかのライブレポを読んだら、
ここら辺で林檎の赤い衣装がポロリ寸前だったそうな
私は気付かなかった、惜しいっ(;´▽`A``)
そして「天国へようこそ」の英語ver。
「color bars」の曲「タイムカプセル」。
この歌もとても好き。
その後「電波通信」
そして
「閃光少女」この歌も大好き!
歌詞がとってもいい(・∀・)!!

途中でまた衣装を変えていましたね。
そして、「スポーツ」から「勝ち戦」
シングル曲「キラーチューン」
この曲も会場一体がノリノリ。
そしたらもう「最後の曲です。」
早いーΣ(゚д゚;)
最後の曲(アンコール前)は
「空が鳴ってる」

もちろんその後はアンコール。
メンバー皆さん、マドロスさんの衣装。
事変の最初の曲と言ってもいい
「群青日和」
多分、この時が一番会場の盛り上がりが
最高潮だった気がする。

次に歌った曲は私は知らない曲だったけど、
「青春の瞬き」といって
栗山千明さんに提供した曲でした。
そして本当に最後に
「透明人間」
この歌は可愛くて明るい曲調なんだけど、
何故か私目から涙が・・・。

事変への思いを込めて旗を振って、
本当にあっという間の約2時間半でした
(ρ_;)

あと、曲を可能な限り演奏したからか、
林檎やメンバーのMCがなかったのが、
私はちょっと物足りなかったかな?

全体的に明るく華やかな演出で、
「本当にこれで解散なの?」

って思ったくらい。

本当に今月の29日が終わったら、
この5人一緒のライブは見られないと思うと、
色々と複雑な気持ちです。

でも、皆さん本当に楽しそうに歌って演奏して、
多分、事変メンバーにとって、
これが一番いい形の終わり方なんでしょうね。

ライブのタイトル「Bon Voyage」
「よい旅を」という意味。
このツアーを最後に事変メンバー5人、
其々の道へと旅立っていくのですね。

2012年1月11日 (水)

東京事変解散・・・。

昨夜遅くなってから飛び込んできた衝撃のニュース。

<東京事変解散>

「え?うそでしょ・・・。」
心のどこかで、この日が来る予感があったのですが、
(昨年のアルバム「大発見」のインタビュー辺りで、
全て出し尽くしたみたいな事言っていたような?)
現実として突き付けられると、
予想以上にショックを受けている自分がいます。

東京事変は、初期から聴いていました。
もともとは、「椎名林檎」ファンで、
ソロの1thアルバム「無罪モラトリアム」
以来からのファンなのですが、
2004年に林檎嬢がこのバンドを結成した時から、
ソロ→事変へと自然に聴くように。

私個人では、
2thアルバムの「大人」がスッゴクハマってしまい、
5年前には、初めて事変のライブも行きました。
「“DOMESTIC!” Just can't help it.」

かっこよかったな。
はじめは林檎嬢が好きで事変を聴いていたのが、
ライブで他のメンバーのかっこよさに直に触れて、
もう「東京事変」は私にとって
欠かせないバンドのひとつになりました。

5年前のライブを思い出し、
今、あらためて「大人」の
アルバム聴いてしんみりしちゃっています。

解散後も皆、音楽は続けますよね?!
林檎嬢はまたソロに戻るんだろうな。
絶対に林檎嬢は音楽辞めないよね???!!!!

師匠は、色んなアーチストのプロディースの仕事あるし、
伊澤さん、浮雲さん、刃田さんは?
皆さんそれぞれに活動の場があると思いますが、
やはり5人が作り出す音楽が好きです。

あー、「新しい文明開化」のPV観て、
「事変、素敵だなー。みんな色んな面があるなー。」
って思っていたのに、
今年最初のショックなニュースでした。

でも、彼らが創った音楽は永遠に不滅なのだ。

2011年12月26日 (月)

あれから2年経ったけど・・・。

フジファブリックというバンドの
ボーカル兼ギター担当だった
志村正彦さんが遠い世界へ旅立って、
もう2年が経ったんですね。

志村さん急逝の報はネットで知った私。
実はその訃報を知るまで
フジファブリックという
バンドの存在も知らなかった。

でも、youtubeで彼らの楽曲の動画を見聞きしたら、
私の心のど真ん中に響いて来た。

そしてクリスマスの夜だというのに、
パソコンの前でひとりで泣いた。
とても素敵な日本語で歌詞を紡ぎ、
ちょっと変わったメロディーに乗せて
歌っている志村さんは瞳がとても美しい青年で、
こんなに美しくて、音楽の才能がある若い人が
29歳でこの世からいなくなってしまった事が
とても悲しくてたまらなかった。

でも志村さんの創り出した曲は全部個性的で素敵で、
それから私は、フジファブリックのCD、DVD
志村さんの出した本まで全部買いました。

趣きのある曲ばかりで、
こんな曲を創れる人なんて
きっと彼以外にはいないだろう。

クリスマスの夜は2日続けて、
フジファブリックのLiveDVDを観ていました。

フロントマンである志村さんを失った
フジファブリックだけど、
今は残されたメンバーで再始動して
CD発売にツアーもしています。
何か凄いですよね。
フジファブリックは志村正彦さんが創ったバンドで、
今までは曲もほとんどが志村さんが創っていたのに、
メンバーさん達は志村さんの遺志をしっかりと継いだ事が
私は素直にうれしいです。

でも、「志村正彦」の事は私はこれから
何年経っても忘れないだろうし、
忘れたくない。
これからも私は彼の曲を聴き続けます。

ちなみに今聞いている曲は「銀河」
これもスゴイ個性的な曲ですよね。
<UFOの軌道に乗ってあなたと逃避行。
夜空の果てまで向かおう。>

志村さんは自分で書いた歌詞のように
UFOの軌道に乗って夜空の果てに行ったのかな?
なんて事もふと思っちゃいます。
001

 

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム