アクセス解析

最近のコメント

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

旅行・地域

2013年8月23日 (金)

2泊3日福岡の旅

先週の金曜から日曜日までの2泊3日。
息子の中学校が九州吹奏楽コンクールに出場する為に
私達夫婦は福岡に行って来ました。
そして、鹿児島に住む私の父とも合流して
3人でコンクールを聴く以外は福岡市内を観光しました。

(私の旦那は義理の父との旅行疲れただろうな(;´▽`A``)

まず、金曜日は午後の便で福岡へ。
先週の金曜日はお盆の時期なので
空港もとても混雑していました。

福岡に付いたのはもう日が暮れかかった夕方。
その日は福岡市天神にある大丸店内の
しゃぶしゃぶ店で本当に何十年ぶりのしゃぶしゃぶ!
Dsc_1688
すっごくおいしかったぁぁぁぁーーーヽ(´▽`)/

お肉がもうお口の中でとろけそうでした
(*゚▽゚)ノ

翌日は朝はベイサイドプレイス博多埠頭内を散歩。
Dsc_1689368339485

しかし、あまりの暑さにすぐに引き上げて、
福岡市博物館へ行きました
(;´▽`A``
Dsc_1696
実は観光したら、時間が許す限りその土地の
博物館や美術館を見たいくらい
博物館好きな私
(;´▽`A``

今の時期は「インカ帝国展-マチュピチュ『発見』」100年-」
を開催していました。
Dsc_16971545317019
インカ帝国、その文明って結構謎にみちていますよね。
15世紀ごろに出来た高度な文明。
インカの人々が作った土器や織物はとても見事でした。
そんな素晴らしい文明があっけなくスペインによって滅ぼされるのです・・・。

でも、「インカ帝国展」を見たことによって、
あの時代の歴史や文明をもっと勉強したいと思いましたね。

そして、次は歩いて福岡タワーへ。
Dsc_17031653440206
実は私は何回か福岡に来たことがあり、
福岡タワーを訪れるのも何回目かな?

でも昔来た時はいなかったゆるキャラがいたーー
Σ(゚д゚;)

Dsc_17181862066055
本当は展望台まで上りたかったけれど、
コンクールがはじまる時間が迫っていたので、
そこでお昼ご飯を頂いて、
九州吹奏楽コンクールが行われる
福岡サンパレスホールへ。

王子が所属する吹奏楽部は午後の部の演奏だったので、
午後2時45分開演に間に合わせていくと、
もう開演前なのに入り繰り付近は長蛇の列
Σ(゚д゚;)
九州各県の中学校から来るので、
その保護者、関係者の方々でいっぱいでした。

結果は前回の日記に書いたとおりでしたが、
私の父は頑張っている中学生達の演奏に感動しきりでした。

今回は私の父は孫である息子と行動できませんでしたが、
(息子は完全に部活内での団体行動なので・・・)
コンクール会場で少しだけ私の父と息子が話をすることが出来たので
よかったです。

頑張っている自分の孫と孫が所属している吹奏楽部が
本当に勉強と両立させながら練習を頑張っている事に
父は本当に誇らしい様です。

来年は舞台で演奏する孫を見るんだ!
って今から楽しみな父なのでした。

2013年2月26日 (火)

上野動物園

東京旅行記を続けて書いていますが、
締めくくりはここの思い出を。
上野動物園

上野動物園は今までも何回か行っているのですが、
前回行った時は残念ながらパンダを見られなかったので、
「今度こそパンダを見たいっ!」
っていう思いもありました。

まず入園して最初に目に入ったのが、
キリンさん。
Dsc_1123_2

シマウマも優しげな雰囲気。
Dsc_11341670025063

サイ、カバ、カンガルーを見て、
園内のモノレールに乗って反対側へ。

ゾウさんだ!
Dsc_1151_2

ホッキョクグマのところにはたくさんの人だかり。
Dsc_1149

トラはずっとウロウロと落ち着かない様子。
Dsc_1164

そして一番微笑ましかった?のはゴリラ。
なんと!毛布を掛けて眠っていました
Σ(゚д゚;)
じ、自分で掛けたのか???

Dsc_1170

で、肝心のジャイアントパンダですが、
やっと会えましたーーー!
(◎´∀`)ノ

現在、上野動物園には
メスのシンシンとオスのリーリーがいます。
(共に2005年生まれだそうです。)
まずメスのシンシン。
Dsc_1155
お食事中(*゚ー゚*)
笹の葉を食べている仕草が愛くるしいー(*´ェ`*)
一方オスのリーリーは・・・?

Dsc_1157
お昼寝中でしたー(;´▽`A``

上野動物園のパンダといえば、
去年、待望の赤ちゃんが誕生したものの、
残念なことに
産まれて僅か6日で亡くなってしまいました。
あの時はニュースを聞いて悲しくなりましたね。
パンダの飼育ってとても大変なんですね。
パンダ自身が世間の期待にプレッシャーを感じるのかどうかは
分からないけれど、
これからマスコミも過剰に騒がずに
メスのシンシンはもちろん、オスのリーリーも
これから先ものんびりまったり過ごしてほしいです。

私はもういい歳した大人ですが、
動物園に行くと、
我を忘れてはしゃいでしまって、
完全に童心に帰ります
(;´▽`A``

王子も今回の東京旅行で
「上野動物園が一番楽しかった(*゚▽゚)ノ」
って言っていました(o^-^o)
家族で素敵な思い出がまたひとつ増えました。

またいつか行きたいなぁ。

2013年2月25日 (月)

岡本太郎記念館

昨日の記事で2泊3日の日程で
家族で東京旅行したことを書きました。
前回は「東京スカイツリー」の事を書いたので、
今日は別の観光地の事を書きます。

本当はサザエさんの作者の
「長谷川町子美術館」に行く予定でしたが、
休館だったので、急遽ここへ行くことに。
岡本太郎記念館
Dsc_1105

Dsc_10861874008944

岡本太郎といえば
「芸術は爆発だ!」の人で
大阪万博の「太陽の塔」の作者
という知識くらいしかありませんでしたが、
記念館の中の絵やオブジェ等の展示物は皆、
斬新で鮮やかで魅力的でした
(*゚▽゚)ノ

記念館の中は珍しく
<写真撮影可>
だったので、
私、写真撮りまくっちゃいました。

Dsc_1094

Dsc_1100

Dsc_1099
あ、岡本太郎さんだ!
Dsc_1098576664403

岡本太郎が使用した筆や絵具も展示されていました。
Dsc_1097

岡本太郎の生い立ちを調べると、
彼は一人っ子で、
お母さんはとても奔放な人だったようです。

(生い立ちだけなら私と似てるなぁ。
私も岡本太郎の100分の1でもいいから
芸術の才能があったらなぁ(;´▽`A``)
ご両親も共に芸術家だったそうで、
その家庭環境も影響してか、
岡本太郎の作品は既存の常識にとらわれない
とても斬新なものばかりです。

「岡本太郎」という素晴らしい芸術家と
彼の斬新な作品の事を
改めて知るとてもいい機会でした。

それから、「岡本太郎記念館」は
南青山にあるのですが、
私、実は初めて南青山に行ったんです。
南青山って何て上品でオシャレな場所なのー
Σ(゚д゚;)

2013年2月24日 (日)

東京スカイツリー

実はこの土日、家族でちょっと
東京まで遊びに行きました
(*゚▽゚)ノ

実はパパさんが金曜日に東京出張だったので、
夕方から私と王子も合流したのです。

で、土曜日の23日にずっと行きたかった
念願の東京スカイツリーへ行って来ました
(*゚▽゚)ノ

首が悪い私は見上げたら首が痛くなる位
とっても高かったです
(;´▽`A``

お天気もよかったので、キレイに写真に撮れました。
Dsc_10601195083330

事前にスカイツリーに着いてネットで調べたら、
土日の昼間はとっても混雑するようなので、
午前中で行って来ました。
でも午前9時位に着いたにも関わらず、
すでに人がいっぱい
Σ(゚д゚;)
当日券を買うのに20分位並びました。

でも午後過ぎたら、当日券買うのに1時間くらいは並んだかも
(;´Д`A ```

展望台まで上るエレベーターの内部がとってもオシャレ!
Dsc_1073
プラネタリウムみたーい(◎´∀`)ノ

エレベーターは超高速であっという間に展望台。
私達が行った土曜日の東京はいいお天気だったので、
とってもきれいに東京の景色を見ることが出来ました!

Dsc_1064

Dsc_1065

今まで東京タワーとか都庁の展望台に行った時も
こんなにきれいに見ることが出来なかったけれど、
お天気が良くて本当に良かった!

あと、展望台には「ガラス床」があったんです。
床の一部がガラス張りになっており、
真下を眺められるんですが、
高所恐怖症の人はガクブルかも
Σ(゚д゚lll)
Dsc_1071
こんな感じでした。

ソラマチの中もたっくさんのお店や水族館とかもあって、
時間が合ったら一日中居たいくらいでした。

 

スカイツリー、何か本当にオシャレできれいでした。
今度は一日中いたいなぁー。

2012年8月19日 (日)

とある城址の主たち

昨日の事ですが、
家族で、とある城跡に行って来ました。
一応、世界遺産にも登録されている城跡です。

Dsc_0651980783550
(住んでいる地域を特定されたくないので、
城跡の名前は伏せます。
でも分かる人には分かるかな?
分かっても内密になっ!)

あぁ、ここに遥か昔はお城があったんだなぁ。
なんていにしえに思いを馳せていると、
そこに可愛らしい主たちが!
Dsc_0654
見えますかねー?
二匹の猫ちゃんです(*゚ー゚*)
城跡を散策していたら、
結構たくさんの猫ちゃん達に出会いました。

一番人懐こかった猫ちゃん。
Dsc_06701226622773

Dsc_0673
本当に人馴れしている猫さんで、
頭どころか肉球まで触らせて頂きました
(゚▽゚*)

めんこかったなぁ。
きっと、この城跡を守っているのかも?!

もう会う事はない猫ちゃん達かも知れないけれど、
ずっと元気でいてほしいな。

我が家にもシマという愛猫がいるけれど、
外で思いがけずに猫ちゃんに遭ったら、
たまらなく幸せな気持ちになるのです
(*´ェ`*)

2012年8月 5日 (日)

鹿児島旅行記@2012(指宿&維新ふるさと館編)

えーと、前々回の記事に
「鹿児島旅行記@2012」
をアップしましたが、
実はあれ、まだ未完成ですた
(;´▽`A``
今年の鹿児島旅行は、
私は初めて
「指宿の砂風呂」
を体験っ!!!
今回砂風呂体験した場所は
砂むし会館 「砂楽(さらく)」
というところです。
皆様、ご存知だと思いますが、
砂風呂ってこんな感じです。
4u80zy3u6zcpk0
私砂風呂に入る前は、
<暑そうだし、
砂まみれになってどんなんだろう?>

ってちょっとビクビクしていましたが、
実際に入ってみると・・・
<なに?!このポカポカ感っ!
全身の血行が良くなった感じ(゚▽゚*)>

本当に身体に良い感じですよ。
出来れば月に一度は来たいくらいでした
(^-^;

そして鹿児島最終日は
「維新ふるさと館」へ。
Dsc_0565
鹿児島は廃藩置県前は「薩摩藩」といって、
幕末史に名を連ねる多くの偉人を輩出しています。
代表的な人物はやっぱり
西郷隆盛
王子、西郷どんと記念撮影しました(゚ー゚)
Dsc_0562

そして、もうひとり薩摩が産んだ幕末の偉人で
忘れてはならないのが
大久保利通
西郷さんと大久保さんとの3ショット。
Dsc_0561

西郷隆盛と大久保利通。
二人はかつては「盟友」で倒幕、明治維新に
大きな貢献をしました。

しかし明治に入ってから、二人は対立して、
日本最後の内戦「西南戦争」にて
西郷隆盛は戦死。
そして大久保利通も不平士族によって暗殺されます。

一時期は同じ志を持った同志だったのになぁ・・・。

鹿児島人の父は(私も3/4は鹿児島の血が入っています。)
「大久保利通は大嫌いだ!」
と言っていたので、王子がその理由を聞くと
「大久保は西郷隆盛にお世話になったのに、
最後は政治から失脚させ戦争で殺しているからなぁ。」
とのこと。

ちなみに鹿児島のマスコットキャラはほとんどが
西郷隆盛(時々篤姫)
で、
大久保さんは地元でもあんまり人気ないみたい
(;;;´Д`)
篤姫も大河効果もあってあちこちにポスターが貼られていました。
篤姫も芯が強く、
一本気で素敵な女性だったようですね。

最後に西郷隆盛の銅像も見てきました。
Dsc_05721157096369
ものすごく大きかった!!!
西郷隆盛は、明治政府を失脚した後は故郷の鹿児島に帰って、
のんびりと農業等をしていたそうです。
きっと晩年はのんびりと暮らしたかったんだと思います。
でも、当時の「カリスマ」を周囲の人々は、
西郷隆盛を再び担ぎ上げ、結局
「西南戦争」が起きてしまった・・・。

この旅で改めて西郷隆盛という人物が
どんなに心も大きくて、
周囲に尊敬されていたかが分かりました。

西郷隆盛はじめ、
たくさんの偉人を生み出した鹿児島。
私も<薩摩女>の血が流れているし、
薩摩は、とてもいいところです。

桜島の火山灰はキツイけどなー
(;;;´Д`)

2012年8月 1日 (水)

鹿児島旅行記@2012(知覧編)

さて、夏休みのこの時期は
私の父が住む
鹿児島へ家族旅行をするのが
ここ数年の我が家の恒例になっています。
でも昨年は王子一人で行ったので、
今年は家族三人で鹿児島へ行きました。

旅行日程は先週の7月27日~29日の
二泊三日。

鹿児島というと、いつも
鹿児島市内や霧島へ行くのが恒例でしたが、
今年は知覧と指宿へ足を運びました。
・・・と言っても実際は車での移動ですが。
って当たり前か(;´▽`A``

まず知覧という地域についておさらい。
・・・と言っても私の拙い知識よりも手っ取り早く
この知覧観光サイトをお読みくださいませ
(;´▽`A``

まず私が驚いたのが、
知覧武家屋敷
さすが、薩摩の小京都!
薩摩は幕末、明治という時代の激動期に
名だたる偉人達を輩出したところですからね。
その藩主の島津家も有名ですよね。

Dsc_0511

Dsc_0510

Dsc_05071720091909
武家屋敷のお庭も素敵だったし、
武士の鎧兜とか、
歴史オタにはハァハァものでした
(*´Д`*)
日本にまだ「武士」がいた時代の
息吹を感じたりして。

でも暑かったけど
(;;;´Д`)

あと、知覧という地域は「お茶」も有名なんです。
「知覧茶」飲んでみたけれど
甘くて美味しかったです
(゚▽゚*)

そして、知覧で忘れてはいけないのが
知覧特攻平和会館
特攻隊って知っている方多いと思いますが、
正式名称は「特別攻撃隊」と言います。
特別攻撃隊(特攻隊)は太平洋戦争末期の
日本の陸海軍あげての大規模な作戦として
組織的に実施した戦死を前提とする様々な部隊作戦である。
航空機、艦戦、兵器などによる体当たりや
自爆等の戦法をとるため乗員が生還する可能性は皆無であった。

(wikipediaより抜粋)
死ににいく戦いに行ったんです。
まだわずか20歳前後の若者達が・・・。
知覧特攻平和会館には、
若き特攻隊員達の写真や遺品、
そして愛する家族に宛てた
「遺書」が展示されていました。

何名もの方々の「遺書」を目にした時は
もう胸が痛くて哀しくて辛くて・・・。
彼らはどんな気持ちで家族へ
「最期の手紙」を書いたのだろう?
想像するだけで息が詰まりそうです。

「お国の為に立派に戦ってきます。」
そういう言葉が多かったけれど、
彼らの本音はきっと
お母さん、お父さん、兄弟姉妹に
また会いたい気持ちで
いっぱいだったのではないでしょうか?

そんな当たり前の本音も書けずに、
散っていった若者達。
彼らの魂が安らかでありますように。
そして戦争など決して起こしてはいけない。
ここに来たらきっと誰しもそう願うと思います。

Dsc_0525

2012年6月25日 (月)

思い出の場所

去った週末、金、土、日の事ですが、
私達家族が2004年〜2006年の
3年間過ごした場所に
6年ぶりに行ってきました。

主人が金曜日にその地に出張だったのですが、
主人の仕事が終わるのに合わせて、
私と王子が金曜日の夕方から合流する形で。

6年ぶりのあの場所は、
新しく開通した道もあったけれど、
ほとんど変わっていなかったなぁ。
本当に懐かしかった(*゚▽゚)ノ

あの頃は王子はまだ保育園、幼稚園児で、
私も大病する前で仕事もしていたし、
色々あったけれど、
でもとっても楽しかった(*^-^)
そんな思い出がたくさん詰まった場所。

王子も懐かしい思い出がたくさんあるみたいで、
「第2の故郷」なんて自分で言っているし
(;´▽`A``

そして私は、在職中に一番お世話になった
元上司にも6年ぶりに再会しました。

仕事を超えて色々と気に掛けて下さった優しくて素敵な方。
ずっと会いたかったけれど、ずっとご無沙汰していて
元上司の方も再会をとても喜んで下さいました。

海がとてもキレイな場所。
また行きたいな。

ちなみにシマはまたお留守番(;´Д`A ```
私達が無事に帰宅したらまた
「さみしかったよー!」と言わんばかりに
ずーっと私達の傍を離れませんでした。

本当はシマも連れて行きたかったけれど、
猫は旅行とか嫌がるらしいから・・・。
本とかに「猫は2泊3日までは留守番できます。」
と書いてあったので、
家族での旅行は2泊3日が限度
(;´▽`A``
シマ、ゴメンね。

本当に海の綺麗な場所です。
Dsc_0444

 

2012年2月21日 (火)

東京旅行記@2012

先日、川崎市にある
「藤子・F・不二雄ミュージアム」
に行った事を書きましたが、
その翌日は、家族で
浅草を観光しました
(ちょうどさっき報ステで『浅草特集』やってて
なんてタイムリー!って思った。)

私、東京に行ったら観光したい場所が
まず「東京タワー」と「浅草」なんです
(・∀・)

浅草って古き良き江戸情緒
っていうんですかね?
歴史も感じるし、何だか趣きがあって好きです。

とりあえず、浅草と言えば「雷門」

120219_114201

日曜日だったので、
観光客がたくさん
Σ(゚д゚;)
仲見世も観光客がたくさんでした。

色々なお店を見て回りたかったけど、
迷子になりそうだったので断念。

120219_115701


本堂の近く。

お昼御飯は浅草のお店で
「牛筋煮込み」
120219_132601
120219_130501

あと「東京スカイツリー」
遠くからですが見てきました!

120219_135101


さすがに高くて、
上を見るだけで、
頸椎が弱い私は
首が痛くなっちゃいました
(;´Д`A ```
スカイツリー、
5月22日にオープンなんですね。
きっとオープン当初は観光客でいっぱいかな?

2012年2月20日 (月)

藤子・F・不二雄ミュージアム

実は去った週末に家族で
「藤子・F・不二雄ミュージアム」
に行ってきました(*゚▽゚)ノ
実は王子は「藤子F先生作品」が大好き!
(特にドラえもん(゚ー゚))
このミュージアムが出来たと知った時からずっと
「行きたいね!」
と言っていたんです。

このミュージアムは完全予約制。
事前にローソンでチケットを購入する必要があります。
でも予約制のおかげでじっくり楽しめました。

まず、最寄の駅から藤子・F・不二雄ミュージアムまで
先生が描いたキャラがペイントされた
カワイイ直行バスが出ています。

120218_1800010001

ミュージアムに着くとまず
藤本先生所縁の展示物がたくさん!
先生が実際に使ったペンやパイプ。
そして先生が実際に使っていた書斎も展示されていました。

あと「ドラえもん」には時々恐竜物のお話が出てきますが、
藤本先生ご自身が恐竜にとても興味を持ち、
世界中の遺跡巡りの旅にも行かれていたそうです。

藤本先生の年表も壁に書かれていたんですが、
先生はどらえもんを描いている最中に
62歳で亡くなられたそうです。
(病死です。)
まさに大好きな漫画、
ドラえもん達に捧げた生涯だったのですね。
そんな事を思っていたら、思わず涙が・・・(ρ_;)

あと、藤本先生は家族もとても大切にしていた様で、
3人の娘さんたちに先生が手作りのクリスマスカードを
作っていたそうです。
「先生のにちようび」というコーナーに、
ご家族とのたくさんの思い出が溢れていました。

ここもかなり、うるっと来ちゃいます(ρ_;)

あとはこのミュージアムでのみ観ることの出来る
ミニシアター。
どらえもん、パーマン等先生のキャラがたくさん
登場していました(*゚▽゚)ノ

そして、ミュージアムの外には、
たくさんのオブジェ!

120218_171701

120218_172101

しかし、唯一にして
最大の心残りがっ!

「きれいなジャイアン」の
オブジェを観る時間がなかった
Σ( ̄ロ ̄lll)

その代りといってはなんですが、
グッズコーナーでこんなの買っちゃいました。
120220_1910010001
ジャイアンの歌が入ったCD・・・
じゃなくて、

中はチョコだそうです。
勿体無くてまだ食べてない
Σ(゚д゚;)

そして王子の部屋に飾る為に買ったこれ。
「きこりの泉」

120220_175501

2時間以上いたはずなんですが
アッという間に過ぎてしまいました。

夢に溢れて楽しかったなぁ。
「きれいなジャイアン」を
観るためにもまた行きたいっ!

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム