アクセス解析

最近のコメント

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

ペット

2013年9月23日 (月)

猫のシャンプー

猫を飼っている方々はどれくらいの頻度で
猫ちゃんのシャンプーをしているのでしょうか?

猫って綺麗好きな動物で自分で毛づくろいしますよね。

そして、猫ってたいがいは

お風呂が大っ嫌いですよね
(;´Д`A ```

猫にしてみれば、シャンプーされることは
「自分のにおいが変な液体や泡で消されるーーー。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。」
って思うんでしょうね(;´▽`A``

うちの愛猫シマ(3歳 ♂)も、猫らしくシャンプーがだいっきらいです
(;´Д`A ```

猫に関する本の中には
「猫は自分で毛づくろいをしてきれいにするので、
シャンプーは必要ない。」と書いている本もありますが、
短毛種は2,3ヶ月に1回程度のシャンプーがいいと書いている本も多く、

またうちのシマちゃんは早朝は家のベランダや庭をお散歩するので、
(本当は文字通りの『箱入り猫』にさせたかったけど、
一度、網戸を開けて外の空気を吸ってしまったら、
何が何でも網戸を開けて一日1回はベランダに出ないと
非常に怒ってずーーーッと鳴くのです(;´Д`A ```)

家族三人が揃う時を見計らって、
2,3ヶ月に1回はシャンプーしています
(;´▽`A``

何故、家族三人が揃う時かというと、
シャンプーで洗う係、
シマが逃げないように体を支える係、
タオルやドライヤーで乾かす係
・・・と必要な訳です。

うちはパパさんが洗う係、王子が支える係、
私が乾かす係です(;´▽`A``

シャワーでびしょ濡れになった猫って
なんであんなに不安気なんでしょう
(;´Д`A ```
最初は恐怖からかいつもどこかに隠れて、
それを追いかけて、まぁ、元のもふもふ感が出るくらいまで
私は気長に乾かしています(;´▽`A``

シマ、お疲れ様。
自慢のもふもふがさらにキレイになったよ(°∀°)b

疲れて寝てしまったシマ(あ、昼はいつも寝てるかw)

May be tomorrow~pinguのつれづれ日記

2013年9月13日 (金)

いつまでたっても甘えん坊

今日は愛描、シマの事です。
シマは2010年10月16日に私が偶然道で出会って保護し、
そのまま家族になりました。
当時生後1か月半~生後2か月位と獣医さんに言われたので、
今はもう3歳になっているかと思います。

2010年の時のシマ。
728

まだ仔猫で本当にかわゆいー(●´ω`●)ゞ

そして3歳になったシマ。

Dsc_1760 Dsc_1654

順調に成長し、デブっています
(;´▽`A``

でも、成長しても未だに甘えん坊で
ずっと私にくっついて来ます。

例えば私が台所にいると、シンクに登ったり、
私が洗濯物を干すと、いつの間にか傍にくっついているし、
私が昼寝をしていると、
「ニャーニャー!」と遊びを催促するし、
私が夜寝る時は私の足元で寝るし(;´▽`A``

ひとりでいるのは不安なのかな?
ずっと私の傍にいたいのかな(*^.^*)
(え?それは自意識過剰?)
でも、さすがに今朝、私が洗濯をしょうと洗濯機を開けたら、
洗濯機の中に入っちゃったのは駄目だよー(;´Д`)ノ
洗濯物がシマの毛だらけになるし、
何より、間違って洗濯機をまわしちゃったら大変
Σ(゚д゚;)

でも、なんだかんだ言っても本当に可愛くて、
私にとって、もうかけがえのない存在です。

猫は人間より早く年を取るって分かっているけれど、
ずっとずっとシマといっしょにいたいなぁ。

2013年8月28日 (水)

仔猫のわさびちゃん

皆さん、「仔猫のわさびちゃん」って知っていますか?
Twitter上でとても人気者の仔猫ちゃんです。
Twitterはこちらです→https://twitter.com/jessiepon
Twitterで11万人以上の方々にフォローされ、
ネットで「わさびちゃん」と検索すると、
約4,900,000件もヒットする、とても愛され仔猫ちゃんです。

O0480047212639051550
(Twitter主様の画像から転載させていただきました。
画像をお借りして申し訳ありません。)

このわさびちゃんは元々は野良猫ちゃんだったようです。
今年の6月2日にカラスに襲われ、瀕死の状態でいる所を
Twitter主である飼い主様に助けられたのだそうです。

私もふとしたことから「わさびちゃん」をTwitterで知り、
「わさびちゃん」の近況を毎日見ていました。
カラスに襲われたときに口と顎を大怪我して、
自力ではなかなか食べられずに
飼い主様がカテーテルで食事を与え、
とっても献身的に育てていました。
保護された時は小さく痛々しかったのに、
日に日に大きくなるのを見るのが私の密かな癒しでした。

しかし、とっても悲しい事に「わさびちゃん」が
昨日、亡くなってしまったと飼い主様のTwitterで知りました。

飼い主様のTwitterを読むと、前日に嘔吐して危険な状態になり、
緊急入院をしたものの、残念ながら旅立ってしまったそうです。
ネット上でしか見たことのない仔猫ちゃんですが、
頑張って生きていこうとするその必死な愛らしさに魅かれていたので、
とてもショックを受けました。

しかし、6月上旬に保護してから我が子の様に
慈しんで育ててきた飼い主様の悲しみはどれほどのものかと思うと、
本当に胸が痛くて、
昨日からずっと「わさびちゃん」と飼い主様の事を考えてしまっています。
今日、Twitterを覗くと、わさびちゃんの訃報を知ったフォロワーの方々
本当に大勢の方々が「わさびちゃん」の早すぎる死を悼み、
お悔みの言葉を呟いていました。

小さい体で懸命に生きた「わさびちゃん」と
無償の愛でわさびちゃんのお世話をし続け、
その成長を見守ってきた飼い主様の献身。

その強い絆が多くの人々の心に響いたのだと思います。

まだまだ小さいのに亡くなってしまった事はとても悲しいけれど、
この「わさびちゃん」はカラスに襲われた時に
亡くなっていた運命だったかも知れなかった。
それをとても優しい飼い主様に助けられて、
たくさんの愛情に包まれながら旅立って行けたことが
せめてもの、そしてとても大きな救いだと思います。

そして「わさびちゃん」を追悼する呟きにたくさん書いてあったのですが、
「わさびちゃん」の存在を知った方々が人間以外の命の尊さ、
小さい命を守ることについて改めて考えた方が本当に多かった事を読み、
「わさびちゃん」は短い生涯ながらも、
色んな人間に大切な事を気付かせてくれた天使の様な仔猫ちゃんだなって
心から思いました。

わさびちゃん、ありがとう。
あなたを知ることが出来て本当によかった。

棄てられた仔猫の多くはカラスに襲われて命を落とすことが多々あるという
厳しい現実も「わさびちゃん」は教えてくれました。
人間以外の動物、ペットにも命があり、感情がある。
一度飼ったら最期まで責任を持って面倒を見ないといけない。

私も猫好きで3年前に運命的な出会いで道でウロウロしている仔猫を拾い、
今は大切な家族です。
その仔猫はもうすぐ3歳になり、ノンビリ暮らしています。
だけど、いつお別れが来るか分からない。
今は考えたくないけれど、いつ何が起きても後悔しないように
愛描、シマちゃんとの生活を大切にしたいと改めて思いました。

Dsc_1616
シマ、大好き。大切な私の家族。

2013年8月24日 (土)

猫のお留守番

さて、先日息子の所属している吹奏楽部の演奏を聴きに
2泊3日の日程で福岡に行って来た私達家族ですが、
うちにはもうひとり(もう一匹?)家族がいます。

そう、猫のシマちゃん(雄、もうすぐ3歳)です。
Dsc_16541378559789
ペットを飼っている方々は
ご家族で旅行の時、
またはお仕事の出張で家を留守にする時に
<ペットを留守番>させることに対して
色々悩んでいる方も多いと思います。

私はシマを家族に迎える際に
「猫に関する本」を何冊も読み漁り、
<家族が家を何日か空ける時はペットの猫はどうすればいいか?>
という事を色々と調べました。

知人やペットホテルまたは動物病院に預ける
というのが一番いい方法みたいですが、
猫は環境の変化をとても嫌う動物ということ、
猫は昼間は寝てばかりいるので、
2泊までなら留守番させても大丈夫。
(ただし、フードと水はたっぷり置いておく)

というのを読んだし、
過去にも2泊の旅行をしたときに
その方法で留守番させたら、
帰宅した時は
「どこ行っていたのーーー゚゚(´O`)°゚」
とものすごく鳴かれましたが、
健康状態も問題なかったです。

しかし、今年の夏はもの凄い猛暑
( ̄Д ̄;;
さすがに2泊の留守番は不安になったので、
ペット預かりもしてくれる掛かりつけの動物病院に
電話して相談したところ、
「預かるのはもちろんいいですが、
ここ(病院)で預かる場合はずっとケージの中ですよ。
2泊までならお家の中をクーラーを付けたままにして
エサと水の用意がしっかりできていれば大丈夫でしょう。」

とのアドバイスが。

そう、ペットホテルや動物病院で預かってもらう場合には
ずっとケージの中に閉じ込められたままなんですよね
(;´Д`A ```
まぁ、ペットホテルによってはそうじゃないところも
あるのかも知れませんが・・・。

色々と私なりに考えて、結局預けることはせずに
家のクーラーを日中の熱くなる時間帯に稼動するように
タイマーにして、お水を台所やお風呂場などあちこちに置いて
フードも二皿に山盛りにして、後ろ髪引かれる思いで
家を2泊空けました。

で、帰ってきたら・・・・
はじめは警戒していたシマ(涙)
私達が帰ってきた!と分かったら、
「にゃーーー!にゃーー!にゃーーー!!」
シマひとりぼっちにさせられた事に対して怒っていました
。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

でも、クーラーのタイマーもちゃんと時間通りに稼動して、
ご飯もしっかり食べて、
健康状態も問題なく、ホッとしました
(;´▽`A``

帰って来てしばらくは、
寂しい思いをさせられた不安と怒りをぶつけて来たシマですが、
もう今は何事も無く、家でいつものようにのびのび暮らしています
(・∀・)

シマを家族に迎えてからは、今のところは
2泊以上の旅行はしていませんが、
これからもし、3泊以上家を空けることがあったら、
その時はペットホテルか動物病院に預けなくては。
Dsc_1655
ノビノビし過ぎてスゴイ寝相のシマちゃん
(;´▽`A``

 

2013年1月31日 (木)

私にとってのシマ

前の記事では、愛猫シマの事で
お騒がせしました
。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
今日はもうワクチン接種部位の腫れも
気にならなくなりました
(;´▽`A``

シマは相変わらず、お家の中で
気ままに暮らしています。

お腹がすいたら
<ご飯ないよー!>
といった感じで鳴き、
ベランダに出たくなったら
<外に出たいよー!>
といった感じで鳴き、
家族に構ってもらいたい時は、
猫用のオモチャをわざわざ目の前まで持って来て
<遊んでー!>
っていう目をしてきます
(;´▽`A``
シマはちょっとビビりで
おっちょこちょいなところもあり、
棚の上に登った後で、
自力で降りられなくなったことも・・・(;´▽`A``

その時の写真(;´Д`A ```
Dsc_0894

2010年10月のとある日に保護して、
<家族>として毎日一緒に過ごすようになって、
もともと<猫好き>だった私が、
<さらにバカが付くくらいな猫好き>
になってしまいました
(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

ぶっちゃけ、
<シマがいない生活なんて、
もう考えられない。゜゜(´□`。)°゜。>

と思ってしまう位に好きなのです
(;´Д`A ```

でも、最近は猫の寿命も延びているとはいえ、
やはり人間の寿命よりと比べれば、
猫の寿命は短い・・・。

猫を家族として迎え入れると決めた時に
<もしも・・・の時が来ても、
自分たちでしっかり看取る!>

と覚悟を決めて飼ったのですが、
やはり、今はそんなことは考えたくないですね。

でも、人間だって
<必ず明日が来る>
という保障はないわけだし・・・。

悪い事を考える暇があったら、
その分、シマとの触れ合う時間をたくさん作ろう!
(まぁ、あんまり構いすぎると猫は嫌がりますけどね
(;´▽`A``)
だけど、シマの身体の異変にはすぐに気付ける
飼い主にならなくちゃね。

Dsc_0992
カメラを向けるとむすっとした顔をするシマ。

2013年1月29日 (火)

ワクチン接種の副作用?

昨日、愛猫シマにワクチン接種をさせた事について
ここに書きました。
接種した昨日は事前に
<副作用止め>の薬を飲ませたこともあり、
接種後も元気で遊び、
食欲もいつもどおりにあったので、
安心していたのですが・・・。

今日の夕方になって、王子が
「ねぇ、シマ見て。
ワクチンうったところが赤くなってない?」

と心配そうに私に言ってきた。
「え?」
と思いシマを見て見ると、

確かにワクチンを接種した部位が赤く少し腫れてる
(lll゚Д゚)

ちなみにこんな感じ。
Dsc_0988
シマ、よほど痒かったのか、
自分でかきむしった???
Σ(゚д゚;)

何だか私の心臓がどきどきした。
でも、当のシマはいつものように
<ベランダ出せ~!>
「にゃー!」を連発し、
いつもどおり少しの時間だけど、
ベランダの空気を吸って動き回り、
いつものように家族にじゃれつき、
いつものようにごはんもたくさん食べてる。

少しネットで「猫 ワクチン 副作用」で検索したら、
色々出てきた。
毎年、これを検索しては、
毎年不安になる私(;´Д`A ```

このサイトが解かりやすいです。
「猫のワクチン接種」
このサイトで<ワクチンの副作用>をみると、
「注射部位の軽度の腫脹」ってあるけど、
シマの場合はそれなのかなぁ?

実はワクチン接種を受けた動物病院は、
明日の水曜日はお休みなんですよね・・・。
だから余計に気をもんじゃってしまう。

とりあえず、今晩と明日、シマに異変がないか、
いつも以上に注意深く見てみる事にします。

ワクチン接種部位の腫れに気付いた後のシマ。
いつものように王子の勉強椅子で毛づくろいをしたりして、
元気ではあるのですが
(;´▽`A``

Dsc_0989

Dsc_0990

2013年1月28日 (月)

猫のワクチン接種

今日は愛描シマにワクチン接種を受けさせる為に
動物病院に行って来ました。

久しぶりにキャリーケースに入れてのお出かけ。
もちろん、シマはいつもは出さない
<怖いよー!どこ連れて行くのー!>
という感じの悲痛な鳴き声で鳴いていました
(´・ω・`)

実はシマ、ワクチン接種は過去2回
(去年と一昨年)
接種後の夜にぐったりしたことがあったんです。

(でも翌日からは何事も無かったかの様に
元気になった。)
「シマ、ワクチンの副作用かな?」
ってすごく気になっていたので、
今回はそのことも獣医さんに相談。
そしたら、獣医さんに
「うちで診ている猫ちゃん達には
やはりシマちゃんのような
『副作用』のような症状が出る猫もいます。
中には年々、副作用が酷くなる猫もいるんです。
心配なら、<副作用止めのお薬>飲ませますか?」

と言われました。

念の為、「副作用止めの薬」を飲ませました。
猫にもワクチンの副作用の薬があるんだー
ってちょっとビックリ。

ちなみにシマはフェロバックス3という、
3種混合
(猫ウイルス性鼻気管炎・猫カリシウイルス感染症・
猫汎白血球減少症混合)

のワクチンを毎年接種しています。

その後、今日一日はじーっとシマの様子を観察してきましたが、
<副作用止め>の薬の効き目なのか、
去年と一昨年みたいなぐったりした感じがなくて、
ホッとしています
(;´▽`A``

あと、ワクチン接種の時は年に一回の
<健康診断>も受けました。
血液、便から異常は見られなかったので
よかったぁ!

あと、体重も去年は5,7kg(!)だったけれど、
今年は5,3kgとほんのちょっとだけスマートになって、
ちょっとウラヤマシイ
(;´▽`A``

だけど、獣医さんから
「シマちゃんは大柄な猫ちゃんだからねー。
体重も5,3kgあっても『肥満』とは言えないけれど、
それでも、ちょっと太り気味ですね。」

と言われちゃいました
(;´Д`A ```
シマ、一緒にもっと(?)スマートになろーねー。
(切実な飼い主(;´Д`A ```)
あと、獣医さんから
「シマちゃんはおとなしくて素直な猫ちゃんね。」
って言われて嬉しかったです
(*゚ー゚*)
家では構ってチャンで時々暴走しますけどねー
( ´艸`)

Dsc_0984924481200

2013年1月18日 (金)

猫とお昼寝

昨日はお友達と会って、
「今日の私、ちょっとリア充?」
って思ったのもつかの間、

今日は寒くて、だらっだら過ごしちゃいました
(;´Д`A ```
愛猫のシマと一緒にお昼寝。
Dsc_0952

昼間は寝て過ごしているシマ
(;´▽`A``
でも、家族が揃うといつの間にか
家族の真ん中にいます。

<あそぼーよー♪>
っていう目で家族を見つめるシマ。
シマはとっても、甘えん坊で構ってチャンな男の子
(*^m^)

言葉は通じなくても、
一緒に生活していると
気持ちは通じるものですね
(*゚▽゚)ノ

2012年10月16日 (火)

家族になって2年目の記念日

10月16日は愛猫、シマと出会って、
家族になった2年目の記念日です。

2年前の夕方、買い物帰りに
まだ生後1ヶ月半〜2か月のシマに出会いました。

家の前の車も通る狭い道をテクテクしていたシマ。
はじめは夕方だったこともあって、
私も気付けないくらいの小ささでした。

だけど、通りすがりの子供が
「あ、ネコだ!」と声を上げた先を見たら、
暗くなっている景色と同化した黒い仔猫がいたんです。
「あっ!このままだとこの仔猫、車に魅かれる!」
と、とっさに思った私は、
車が入ってこない場所まで
その黒い仔猫を移動させたら、
私に懐いて家にまで着いて来ちゃった!
その2年前の仔猫がシマです
(;´▽`A``

最初は飼い主がいるかも?と思って、
近所のスーパーとか動物病院に
「迷子の仔猫を保護しています。」
というポスターを貼ったけれど、
結局、飼い主はおらず、
私達の家族になったシマ。

後から知ったことですが、
シマは私に拾われる前に少なくとも2回は
別の家庭に拾われては、また捨てられたらしいんです

王子が友達にシマの話をしたら、
王子の通う学校内でも、ちょっとした話題になり、
王子の当時のクラスメートの女子と
一学年下の生徒が其々違う時期にシマを拾って、
家で飼おうとしたが、家族に反対されて、
2回捨てられて、テクテクしていた所に
出会ったのが私だったらしいです。

仔猫の時は、とってもヤンチャな男の子だったのに、
成猫になるにつれて、
どんどんビビり屋で臆病な性格になってしまったシマ
Σ(゚д゚;)
去勢手術後は、まるまると太ったシマ。

朝と夜中は遊んで食べて、昼間はぐっすり眠って、
まぁ、元気に2歳を過ぎました(o^-^o)
Dsc_0748
本当に寝てばっかり(;´▽`A``
・・・というか起きている時は、
なかなか写真を撮らせてくれない・・・orz

・・・という事で、
10月16日は、私にとって忘れられない記念日になりました。
Dsc_0760
シマは食べられないけれど、
「ネコ型ケーキ(チョコケーキだけど)」
新しい家族との出会いの日を懐かしみつつ
家族でお祝いしました(*゚▽゚)ノ

シマはペットだけど、
子どもみたいでもあり、
癒し癒される相棒の様でもあり、
もともと猫好きだった私がもっと
猫大好きになりました
(*^ー゚)b

これからも元気でいてね。シマ。

2012年10月 8日 (月)

迷子になったシマ

最近、夜は涼しくて秋だなぁって感じているpinguです。
そう思っているのは私だけではないようで、
愛猫、シマも夜になるとしきりにベランダに出たがります。
シマは、ほぼ完全な「家猫」なのですが、
私が洗濯物を干したり、取り込んだりする時は、
私がベランダの窓を開けていると一緒に外に出て、
外の空気を吸ってシマなりに満喫している様です
(゚ー゚)

最近は家族の誰かが見張りながら?
一日のうちに数分くらいは
シマをベランダに出してあげているのですが、
(出さないとシマがすごくストレスに感じるらしい
(;;;´Д`)ゝ)
一昨日、家族が少し目を離した隙に
シマの姿が忽然と消えた!
Σ( ̄ロ ̄lll)

家族皆青ざめて、
すぐにシマを捜索したのですが、
まぁ10分位で見つかりました
(A;´・ω・)アセアセ

家のすぐ近くでシマはうずくまって、
今まで聞いたことのない鳴き声で
助けを求めている様でした。

「ナァーオ、ナァーオ!」

って゚゚(´O`)°゚
もうシマを見つけた時の安堵感といったら!

シマは2年前に家の前で迷子になっている所を拾った仔です。
当時は約生後1ヶ月半~2か月の仔猫で、
母猫とはぐれたところを王子が通う小学校の生徒達が
見つけて拾ったものの、
その生徒の親から「元いたところに戻して来なさい。」
2、3軒よそ様の家庭でたらい回しにされた後に
偶然私と運命の出会い(笑)をした猫です。

仔猫の時に拾って結局は私が「家猫」にしたから、
野生で生きていくすべを知らず育ちました。

これからも絶対に迷子にならないとは言い切れないので、
首輪の裏に名前を書くとか何か対策考えなくちゃ
(;;;´Д`)ゝ

私もシマのいない生活は考えられないし、
シマも、もう「野生猫」としては
多分生きていけないでしょう。

Dsc_0741

Dsc_0736

猫並みに好奇心はいっぱいだけど、
猫としては、かなり怖がりでビビり屋さんなシマちゃん。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム