アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

アニメ・コミック

2013年7月 7日 (日)

モジャ公と息子の死生観

我が王子はドラえもんの作者の
「藤子F不二雄先生」の作品が大好きです。

最近はもう<マニア>の域にまで達しており、
メジャーな「ドラえもん」「オバQ」以外に
「モジャ公」という作品を読んでいました。
0b6e2d46

(部活の忙しい合間をぬって(;´▽`A``)
で、王子に「お母さん、この『モジャ公』って漫画スゴイよ!
読んでみて、感想聞かせて。」

と言われて読んでみたら・・・

すげー、ブラックーーーΣ( ̄ロ ̄lll)

ドラえもんとかオバQを想像して読んだら
あまりのブラックさにぶっ飛びました
Σ(゚д゚;)
ストーリーは、一言で言えば
<宇宙人のモジャ公、地球人でちょっとのび太似の少年空夫、
そしてロボットのドンモの3人が宇宙に家出してさまざまな冒険をするストーリー。>

なんですが、その宇宙での冒険が全て命懸け!

しかも、一番びっくりしたのが、
「自殺集団」というストーリー。
<モジャ公、空夫、ドンモは「誰も死なない星」フェニックス星を訪れた。
特殊な放射線によって、全住民が不老不死となったフェニックス星は、
生き疲れた生ける屍のような人ばかり。
この星で、オットーと名乗る詐欺師と会った三人は、彼に習って「自殺屋」に挑戦した。
自殺する振りで同情を引いて金をせびる手口だが、
誰も死なない星では人が死ぬのは珍しいイベント。
オットーのプロデュースにより、
三人の自殺はフェニックス星をあげての一大イベントになってしまう。>

うちの子がこんな内容の漫画を読むなんて!
ってビックリしましたが、最後は3人とも助かり、
フェニックス星から命からがら脱出できるのですが・・・。

王子に「これ読んでどう思った?」って聞いたら、
「これって藤子F不二雄先生の社会風刺でしょ?」との答え。

私も、<不老不死のなれの果て>とか
<人間を含む生き物はいつかは死ぬからこそ、
人生を大切に出来るんだ>とか
<他人の死を『究極のスリルと娯楽』として見る大衆心理の愚かさ>

とかそういうものを感じましたけどね。

そして、王子ももう中学生なんだし、こういう本音も聞いてみたいなと思い、
「王子はさ、『自殺』ってどう思う?」
って恐る恐る聞いてみたんです。
そしたら王子の答えは
「自殺は一番愚かな事だと思うよ。
いつかは死ぬのに何で自分から死ぬの?」

その答えを聞いて、正直ほっとしました。

実は私の母(王子にとっては祖母になる)がずーーと
「自殺願望」を持ち続けており、

何十回、何百回と「死にたい、もう死んでやる!」って
言い続けている人なので、
(え?今でも元気ですが・・・。)
その母の血が王子にも多少なりとも流れているので、
隔世遺伝の様な感じで、
王子も母の様な考えを持ったらどうしよう?
ってずっと危惧していたんです。

今のところは大丈夫のようでホッとしました。
親としては子どもに先立たれるのが人生で一番辛い。
それが自殺ならなおの事・・・。

今の生きづらい世の中、色んな事情で
自ら命を絶つ人が後を絶ちません。
私はそういう方々については何か言える立場ではないし、
鬱等の「心の病気」がそういう決断をさせてしまうことも分かります。
そして遺された家族はどんなにかつらいかということも。

これから先、王子は人生で色んな困難に直面するでしょう。
でも、今の気持ちをずっと持ち続けて欲しいと
母としては切に願うばかりなのです。

ちなみにモジャ公ってこんなカワイイキャラなのに、
ブラックで、そして生き物の欲について突き抜けて描いているんですよー
Σ(゚д゚;)

E383a2e382b8e383a3e585ac5564c

2013年2月15日 (金)

秘密結社 鷹の爪 NEO

小6の王子と私二人ですっごくハマってるアニメがあります。
「秘密結社 鷹の爪」
Pic_new_kv_w624
世界征服を目論む「悪の秘密結社」なんですけど、
見た通り、愛らしく脱力なキャラ達の
いわばドタバタコメディなんですがね
(;´▽`A``

今シリーズはweb配信と
テレビでも毎週金曜日の午後6時20分から
Eテレで放送していたんです。

で、そのテレビ版
「秘密結社 鷹の爪 NEO」がとうとう今夜
最終回だったんですがね、
えぇ、本当に最高に面白かったです
( ´艸`)

しかも、番組の最後に重大発表があるって
Twitterで知ったので、見ていると、
<4月から続編開始!>
Σ(゚□゚(゚□゚*)

王子と大喜びしてしまいました
(;´▽`A``

王子はまぁともかく、
アラフォー主婦の私まで夢中にさせてしまう脱力コメディ
「秘密結社 鷹の爪」
バカバカしいって言えばそうなんですが、
観た後に悩みなんて忘れるくらい笑える
(一応私はw)
楽しいアニメです。

ちなみに昨日は戦闘主任の吉田君の誕生日だったので、
吉田君のTwitterに
「お誕生日おめでとうございます」って
ラブコール送っちゃいましたよ。えぇ
Σ(;・∀・)

昨日24歳になった吉田君
F0161704_13552281

まぁ、こういうアニメで親子で笑えるって幸せですよねー。

正義の味方のDXファイターが鷹の爪団に対して
ツンデレ過ぎるー
そして、博士、可愛いよ、博士ー!

2012年11月 2日 (金)

新世紀エヴァンゲリオン (13) 【プレミアム限定版】

だいぶ前に予約していたコミックを
今日入手しました!
新世紀エヴァンゲリオン (13)
【プレミアム限定版】

Dsc_0807

さすがプレミアム限定版!!!
限定版のみに付いてくる特典
扉絵画集や3Dカード、
描きおろしポストカード6枚組
にもう大興奮
(≧∇≦)

3Dカードはレイとアスカの2ショットで
立体感はもちろん高級感あり。
Dsc_0808

ポストカードも素敵っ!
Dsc_0811
これは6枚のうちの1枚ですが、
ミサトさんのセクシー過ぎる絵なんて
これ、王子に見せられないっ
(〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.
って思ったよー(;´▽`A``

あ、肝心のコミックですが、
もう12巻からだいぶ間が空いたので、
ちょっとエヴァの世界に浸かるのに時間がかかってしまった
(;´Д`A ```
ネタバレになるので、
内容はあんまり書けませんが、
一応は旧劇場版の内容を踏まえつつ、
貞本コミックは
旧劇場版の内容を少し変えて来ています。

読み終わった私の感想は・・・
・量産機が怖すぎるー((((;゚Д゚)))))))
・シンジくん、やるじゃんっ!
・えーっ!ここで13巻終わりかよっ!

また14巻までおあずけですか?

でも、これで今月17日公開の
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
への熱が一気に加速してきたーーーー!!!
新劇場版Qの特報予告画像が
ピアノ曲だけが流れる意味不明な予告
だったけれど、
最新版の予告画像を観たら、
なんだかワクワクしてきたぞー!
カヲルくんに早く会いたいぞー!

これが噂の意味不明予告画像。

2012年8月23日 (木)

秘密結社 鷹の爪

一瞬タイトルだけ見ると物騒な名前ですが、
現在毎週金曜日の夕方に
Eテレのビットワールドという
番組内で放映されているアニメです( ´艸`)
秘密結社鷹の爪 NEO
8377785

公式サイトや画像の作画を見てもお分かりのとおり、
タイトルとは裏腹の非常にバカバカしくて
(あ、いい意味で(;´▽`A``)
ゆるーーーいアニメです(*^-^)

まぁ、ストーリーは<世界征服>を目論む?
悪の秘密結社「鷹の爪団」と正義のヒーロー(?)
デラックスファイターとの毎回バカバカしいw
闘いを繰り広げて、最後はお約束で
「鷹の爪団」がデラックスファイターにやっつけられてしまう・・・

という感じ。

でも、「悪の秘密結社」で「世界征服じゃー!」とか
言っている割に実は登場人物で一番の常識人な総統。
Img_982735_20171335_1
戦闘主任だけど、めんどくさがりでなおかつ
故郷の島根を愛する吉田君。
20120624075508

あとは熊なのに天才科学者のレオナルド博士とか、
Dcfcd4de4097e168c4d1b7371092e725
幼児なのにスゴイ超能力を持つ菩薩峠クンとか、
まぁ、リアルに考えたらあり得ない登場人物だらけ
(・∀・)

でも、そこがいいんです。
リアルでは有り得ないけれど、
ゆるーくて楽しい仲間達が集う秘密結社の面々が
イチイチ笑えますw

そして、<正義の味方>なくせに
登場人物の中で一番俗物で
「実はこいつが一番やな奴じゃないの?」
的なデラックスファイター。

このアニメは本当にテーマとかは特になくて、
観ててゆるーく、でも笑いのツボに見事にヒットして
(あー、でも笑いのツボは人それぞれなので、
観る人によっては、なにこれ?的になるかも
(;;;´Д`))
王子と私、母子していつもこれ観て笑っています
( ´艸`)

あと、主要キャラクターの吉田君は
何気に「島根県の観光キャラクター」になっていて、
意外にも島根県に貢献しているようですよ
(・∀・)

2012年8月13日 (月)

僕の母さんがこんなにオタクな訳がない?

アラフォーなのに、アニオタな私です
(;´▽`A``

いや、子供の頃は家庭環境が厳しくて、
テレビをあまり観られなかったし、
大人になってからは仕事が忙しくて、
それどころじゃなかったりだったんですよー
ヾ(;´Д`A
だけど、少し時間の余裕が出てきた私は
何故か急にエヴァとかのアニメにハマり、

今は「魔法少女まどか☆マギカ」
の大ファン。
少し前にはブログにもあつーく語ってます
魔法少女まどか☆マギカ:ストーリー感想<ネタばれ有り>
89844a56
作画の愛らしさ、魔法少女のキャラクター、
そしてそれらにそぐわぬ重厚過ぎるストーリー展開に
惚れ込んでしまった
(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

全巻DVDもゲットしたし、
ついにはこんなものまで
Σ( ̄ロ ̄lll)
Dsc_0620
見てのとおり、魔法少女達のフィギュア。
もうね、自分でもイタイって言うのは分かってます
ι(´Д`υ)
王子にもドン引きされて、
「僕が(まどマギ)好きだって思われたら恥ずかしいから、
友達が来る部屋には置かないでー。」

って言われちゃったし、

旦那は、もうただ苦笑のみ
(;;;´Д`)ゝ

でも、このフィギュア、かなり精巧なんですよー。
魔法少女達それぞれの個性がよく表れているし、
表情、衣装、ついにはそれぞれの武器に至るまで、
こまかーく出来ています
(゚▽゚*)

配置にも私なりに考えた・・・つもり。
ストーリーの人間関係を踏まえて、
さやかと杏子、まどかとほむらは
それぞれ隣同士にしたり。
(あ、ここでもマミさん、ぼっちだ
( ̄Д ̄;;)
シマに荒らされないように、
ケースにまで入れちゃった
(;´▽`A``
なんで、ここまでハマったんだろう?
自分でもイタイよーヾ(*゚A`)ノ

物語では、わずか14、15歳の少女達が
理不尽な闘いを強いられながらも、
自分にとっての大切なものの為に
必死に闘うところとかがいいんだよなー。

10月には劇場版も公開されるけれど、
私が住む地域の映画館では上映されなーい
(´Д⊂グスン
いいもん!11月には
エヴァンゲリヲンQが劇場公開されるから!
じ、実はエヴァのレイとアスカのフィギュアも
持っているんだなー私
(;;;´Д`)ゝ

2012年6月 1日 (金)

魔法少女まどか☆マギカ:ストーリー感想<ネタばれ有り>

少し前に「魔法少女まどか☆マギカ」
について、熱く書いてしまいましたが、
まだ書き足りない私(;´▽`A``
いい歳して本当に今
メチャクチャハマっているんです!

あのホンワカした可愛らしい作画と
重厚なストーリーの融合。

どちらかひとつが欠けていたら、
私はこんなにハマらなかったかも。
ストーリーが重く考えさせられる内容の上に
画がグロテスクだったらハマらなかったと思うし。

Other_012
こんなに可愛い作画なのに!
内容は従来の子供向け魔法少女ものとは
完全に違い、分類するとすれば、
ダークファンタジー、セカイ系という感じかな?
結構、エヴァと比較される事もあるみたいです。
そういえば、私ってエヴァも大好き
(;´▽`A``

ストーリーのおおまかなあらすじは、
中学生の少女達が、正体不明の小動物
「キュウべぇ」に
「なんでも願いをひとつだけ叶えてあげる。
だから魔法少女になってよ!」
と魔法少女になることを依頼され
ある少女は自分の命を繋ぐ為、
ある少女は愛する人の為に、
願い事をして<魔法少女>になる。
しかし、それは<恐ろしい魔女と闘う使命を課される>
ことであった・・・。

そしてキュウべぇには、とある目的があり・・・
というもの。

また、登場する5人の魔法少女皆どこか共感出来たり、
愛着湧いたりするんです。

例えば巴マミ。
Img_593933_22750383_0
前にも書いたけれど、魔女との闘いもエレガントで、
(魔法少女になった時の衣装は、
マミさんの衣装が一番好き!
さすがにコスプレは出来ないけど(;´▽`A``)
強がりだけど実は孤独を隠して生きてきたところとか、
幸せを感じた次の瞬間に悲劇が襲うとか、
好きになっちゃう要素があり過ぎる。

マミさんのガンアクションカッコいいよー!
変身シーンもエレガントで可愛いよー!

例え、『中二病』と言われようが、
ぼっちと言われようがそこも魅力的ですっ!

でも、他のキャラも魅力的。
美樹さやか。
Snapshot20110115140252
活発な面と一途に恋する面を持つ複雑なキャラ。
思い込みが激しくて、理想が高過ぎて、
段々精神崩壊して暗黒面に墜ちていく。
その過程をみるのはとてもつらかったですね。

妬みや嫉妬など人間の「負」の部分を背負い込むキャラですが、
人間には、誰にもそういう感情があると思うので、
ある意味、さやかは一番人間らしい子かも。

そして、さやかと共にストーリー中盤のキーとなるキャラ。
佐倉杏子。
「悪役」として登場したと思いきや、
実は優しく、絶望にも負けない強い子。
過去に強烈なトラウマを抱えていて、普通の精神なら
絶望して暗黒面に墜ちてもおかしくないのに、
きっと杏子はさやかに会うまで「悪い子」を振る舞って、
それでギリギリ精神を保ってきたのかも知れない。
でも、同じ境遇で「魔法少女」になったさやかを放っておけずに・・・。

さやかの為に祈るこの杏子の顔が大好きです。

Img_291344_5174737_0

こんな動画も見つけちゃいました。

歌は、まどマギとは全然関係ない歌ですが、
何故かこのシーンとすごくマッチしています。
物語だと9話かな?
とても悲しくて辛い場面なんだけど、
このシーンの杏子がかっこよすぎて、
惚れこんでしまい

(特にさやかの為に祈る所と
自分の赤いソウルジェムにくちづけするシーン)
まどマギの中でも大好きなシーンです。

そして暁美ほむら。
Snapshot20110115140559
登場時は、謎めいていて、
敵か味方か分からないキャラでしたが、
10話~最終話みて、ほむらの気持ちを思うと
もう泣けてしまった(;ω;)

大切な友達の為に、何度もループを繰り返して、
何回も悲劇を目の当たりにするのに、
それでも大切な友達を守ることを絶対に諦めない。

ものすごく意志の強い子だと思いますね。

そして主人公の鹿目まどか。
61jpusohpgl
他のキャラが「魔法少女」として闘い苦しんでいるのに、
彼女は常に傍観者の立場だった。
優しさ以外は特に取り柄のない女の子だけど、
その優しさで最終回はすごい事をします
Σ(゚д゚;)
最終回は、思っていたよりは
バットエンドじゃなかったけれど、
でも、完全なハッピーエンドでもない。

色々と考えさせられる終わり方でしたね。

<希望を願う分、
絶望が撒き散らされる。>

という世の中を変えたまどかだけど、
でも人間が存在する限り絶望は消えることはないんだろうな。
・・・って。

この物語で特に印象的な台詞がふたつあります。
ひとつはさやかの
「誰かの幸せを祈った分、
他の誰かを呪わずにはいられない。」

人間の悲しい業を見事に表した言葉だと思います。
そしてキュウべぇの台詞。
「どんな希望もそれが条理にそぐわないものである限り、
必ず何らかの歪みを生み出すことになる。」

本性は<悪徳詐欺師>なキュウべぇさんですが、
実は理に適った言葉を発しているんですよね。
この二つの言葉はずっと忘れられません。

それでも「希望を持つ事が間違いなわけがない!」
と最終回に叫んだまどかの強い意志も忘れられない。

絶望に墜ちていくのも人間。
希望を持ち続けるのも人間。
「人間」の本質を深く描いたアニメだと思います。

2012年5月18日 (金)

魔法少女まどか☆マギカ

最近、私がものすごくハマっているアニメ
「魔法少女まどか☆マギカ」
201103200034379cd
去年放映していた時は全然興味なかったのに、 (「プリキュア」みたいなお話と思ってた。)
先月、テレビの「アニメ特番」で
「可愛いキャラが残酷に死ぬアニメ。」
と紹介されてから、気になって
DVDを借りて観てみると、
作画の可愛らしさとストーリーの重さが
即、私の心を鷲づかみにっ
Σ(゚д゚;)

1、2話はまだ比較的萌え系学園ものかな?
でも、「魔女の結界」の描写とか、
芸術的だけどおどろおどろしいなぁとか、
思っていたら、3話で例の衝撃シーン。
いや、「巴マミ」というキャラが魔女に敗れて死ぬ事は
知ってはいたのですが、
それでもマミさんが「マミッた」シーンは強烈過ぎた・・・。
その話以降、物語は一気にダークになっていくんですよね。

3話で衝撃の死を遂げたマミさん。
61ntwutle4l_sl500_aa300_
マミさんはすごく魅力的なキャラで、
戦闘シーンも一番エレガントで、
戦闘時の衣装もクラシカルで素敵だし、
マミさんがマスケット銃で戦う姿は
何度も見入ってしまいます。

そして主人公の友人キャラだった
美樹さやかの魔法少女化。
Ee1bf8bb6e7c44e684b2cc2f2818e2f4_m
さやかは、二面性のあるキャラで、
理想や正義感が強すぎるけれど、
他人の忠告を聞かない頑固なタイプ。
彼女が徐々に精神的に壊れていく様は
観ていてすごくつらかった(涙)

さやかは、ある意味一番「人間臭いキャラ」
と思います。
また、一番報われないキャラだったような気もするし・・・。

そんな私が一番好きなキャラが
途中登場の魔法少女

佐倉杏子

4970381072544
登場時には、
「主人公の敵キャラ?!」と思わせておいて、
実はものすごく心の優しい子。
最初は敵対していたさやかを助ける為に
闘うシーンがあるのですが、そのシーンは
私が一番心を打たれたシーンです。
「ひとりぼっちは寂しいもんな。
いっしょにいてやるよ。」

杏子がさやかに向かって囁くシーンは
本当に涙でした。

魔法少女達はみんな魅力的で、
でも過酷な運命を背負うことになり、
観ている方もつらいけれど、
続きが気になって、
続きを見ずにはいられない展開。
またこのストーリーに欠かせないのが
一見、マスコットキャラ的な
「キュウべぇ」という小動物の様な存在。

4c71327a
「キュウべぇ」はなにものなのか?
何の為に少女たちに近づくのか?

何の目的で少女達を「魔法少女」へと誘うのか?
キュウべぇの名(?)台詞
「ぼくと契約して魔法少女になってよ!」
もう何度、キュウべぇさん、超凄腕営業マンっ!
って思った事か(;´Д`A ```
物語後半くらいで
「キュウべぇ」の真意がわかった時は
想像以上にビックリでした。
憎たらしい存在ですが、
キュウべぇの存在やセリフも
観返すと、なかなか奥が深いなぁ
と思ったりして。

そして、いつも謎めいた言動の
「暁美ほむら」
Goods_20110223_02
暁美ほむらは、主人公のまどか以上に
「主人公っぽい役柄」
でしたね。
最初は「謎めいて敵か味方か分からないキャラ」
でしたが、
ほむらはきっといい子に違いない!
と思って観続けて、
後半でほむらの謎が分かった時は
またまた泣けました。

魔法少女みんなすごく魅力的なんですよね。
それも作画の可愛さが私のツボにハマった
というのもあるけれど、
ストーリーも、ものすごく深いし、
観るたびに
<あのシーンはそういう意味だったのか?>
とかいろんな見方が出来る凄いアニメだと思います。

2012年3月28日 (水)

銀の匙 Silver Spoon

2012年漫画大賞を受賞した作品です。
銀の匙 Silver Spoon
51ffwaflcol_sl500_aa300_
作者はあの「鋼の錬金術師」を描いた荒川弘先生。
「ハガレン」は私にとって大切な作品なので、
あの荒川先生の最新作ということで
私もすぐに目を付けていた作品です。

ただ、「鋼の錬金術師」が
壮大なダークファンタジーなのに対して、
この「銀の匙」は日本の農業高校が舞台の物語です。
「ハガレン」が良すぎただけに
<今作は地味なイメージだな。>
と最初は思っていましたが、
読んでみると、この一見、地味な題材にも
ユーモアあり、そして色々と学ぶものがありました。

主人公は受験戦争から脱落して(?)
特に目標も夢もなくただ農業高校に入学した
八軒勇吾。(またしも私が好きなメガネ男子!)
しかし入学当初から子牛を追いかけて迷子になったり、
動物相手の実習に当惑するばかり。
でも、最初は「やる気のなかった主人公」が
クラスメートや先生、動物たちとの触れ合いの中で
成長していく・・・簡単に言えばそんな物語。

「高校生の成長物語」として読むだけでも面白いけれど、
それ以上に「農業とはどういうことなのか?」
「動物の肉を食べるという事はどういうこのなのか?」
ということを笑いを交えながら丁寧に教えてくれる漫画です。

例えば漫画の中で実習用に「子豚」が出てきます。
主人公は子豚の愛らしさに思わず名前を付けようとしますが、
先輩から「こいつは3ヶ月もしたら『ベーコン』になっちまう。
名前を付けたら情が沸くぞ。」

みたいなシーンがあります。
一瞬、え?と読む手が止まってしまいましたが、
私達は毎日のように、
スーパーの食肉コーナーでおかずの食材として、
「豚肉」或いは「牛肉」「鶏肉」を買います。
スーパーでは、既に塊或いは小分けにされて
パックにつめられていますが、それだって最初は、
息をしてご飯を食べて鳴いていた「生き物」なんですよね。
私たちは毎日「生き物の命」を自分の血肉にしているんだ。
そう改めて感じ、生き物たちに感謝する気持ちを
改めて感じました

この「銀の匙」は11歳の王子にも読ませました。
「動物の命を食している事の意味」
子どもにも感じて欲しくて。

ちなみに作者の荒川弘先生は、
実際に実家が北海道の農家だそうです。
だからこそ、こんなにリアルに
「農業」の事を描けるんだなぁ。
しかし、荒川先生はシリアスなシーンとギャグのバランスが
とにかく絶妙過ぎます!!!

2011年12月 3日 (土)

「るろうに剣心」実写画像を見て

今日、ネットで
「るろうに剣心」実写映画の
画像が出ましたね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111203-00000002-flix-movi.view-000

画像見たんですが、
「緋村剣心」役の佐藤健くん。
頑張っているなーとは思うんです。
思うんですが・・・。
髪型に違和感、目つきに違和感。
そして・・・
頬の十字傷に一番違和感っ!
剣心の十字傷は、ものすごく深いものなんですよ!
深い念が込められていて、
そして「人斬り」だった頃の贖罪の象徴。

これは佐藤くんのせいではなくて、
美術スタッフさん、もっと何とかなりませんか?
って思う( ̄Д ̄;;

あと、「神谷薫」役の武井咲さん。
武井さん個人に対しては好き嫌いはないんですが、
原作と全然違うー
( ̄○ ̄;)!

あと今回画像は出ていませんが、
「高荷恵」役で蒼井優さんがキャスティングされていますが、
完全にミスキャストですよー( ̄Д ̄;;
恵というキャラはちょっときつめで狐顔。
「森ガール」イメージの優さんとはキャラが全然違うっ!

私は、剣心役の佐藤健くんの演技も好きだし、
蒼井優ちゃんも好き。
そして何より「るろうに剣心」の原作が好き。
だから、もしもこの映画がコケたら、
原作好きも悲しいし、
出演している役者さんもカワイソウと思う。
まぁ、出来上がった作品を観ないと
何とも言えないですが・・・。

漫画やアニメには、もちろん実写化に成功した作品もたくさんあります。
でも、「るろ剣」は実写には不向きな作品と
私個人的には思うんです。
キャラクターも剣心をはじめとして、
2次元だからこそ魅力的だし、
闘いの場面も
「飛天御剣流」の技とか
実写でどう表現するんだろう???

でも実写化で話題になったおかげで私はこの作品を
知って、「るろ剣」大好きになったわけだし、
観る前から批判的な事ばかり言ってもダメですね
(;´Д`A ```
だけど、私としては実写化より、アニメの
「新京都編」が早く観たい!
「るろうに剣心・公式サイト」

2011年11月 9日 (水)

るろうに剣心<ストーリー編>

先日の記事で
「るろうに剣心」について
熱く書きましたが、まだまだ書き足りないので、
今日も書かせて下さいませ
(;´Д`A ```
先日は、「るろ剣」のキャラの魅力について書きましたが、
今日は、ストーリーについて。

少年ジャンプに連載されていたお話なので、
作者は少年達への色々なメッセージを込めて描いたお話
だと私は思っています。

当時の少年誌には、おそらく「歴史物」は受けないと
言われていたようですが、
結果的にアニメ化もされましたね。

主人公の緋村剣心は、廃刀令が出された明治の世に
「不殺(ころさず)」を誓い、弱き人々を救うために
逆刃刀を腰にさして流浪人(るろうに)として全国を旅していた。

そんな中、東京でヒロインの神谷薫や後に唯一無二の友となる
相楽左之助、元士族の少年明神弥彦と出会う。
その部分は物語の始まりのエピソードで
「東京編」とも言われています。

その後、国盗りを狙う元人斬り
志々雄真実とその一派(十人刀)との対決
「京都編」
この志々雄真実は、「るろ剣」のラスボス的存在で、
作者曰く「悪の美学の集大成というキャラ」。

本物の悪役だけど、もうそれは私利私欲とかそんなものを超越した
悪のカリスマって感じです。
国家転覆を狙う志々雄は確かに「悪役」なんだけど、
何回か読み返して、ふと
<歴史って国内外問わず、色々な革命が起きて、
色々な戦争が起きてきたけれど、
結果的に勝者が善で、敗者は悪という構図が出来上がって、
今の歴史に至っているけれど、果たしてそれはどうなのかな?>

とか考えたりもしちゃいました。
もちろん、誰の血も流さずに革命をなして、
戦争など起きないのが一番いいことなんだけど、
人間の歴史って、戦争の繰り返しですよね。

主人公の緋村剣心は幕末期は長州藩の維新志士で、
藩の命で暗殺役に手を染めて、多くの人を殺めた過去があり、
「人斬り抜刀斎」
と言われて来ました。
剣心自身、最初は人が平和に暮らせる新時代の為なら
犠牲者が出る事も止むを得ないと自分に言い聞かせつつも、
心根は優しいので、
自分の行いが理想とは掛け離れている事に気付き、その後
大切なひとを不可抗力とはいえ殺めてしまった件で、
「人斬り」からは一切手を引き、
自分が今まで人を殺めた贖罪の意味を込めて、
人を斬り殺せない「逆刃刀」を持ち、
「不殺(ころさず)」の信念を最後まで貫きます。

しかし、京都での志々雄との死闘の後、
剣心を待っていたのは、
幕末の過去に大切な人を剣心(「人斬り抜刀斎」)に
奪われ、復讐鬼と化した雪代 縁との「私闘」
この話は、クライマックスの「人誅編」になります。
「人誅編」は、とてもテーマが重いです。
主人公であり、心優しい剣客の剣心も、
過去には「人斬り」をし、多くの命を奪った罪がある。
雪代 縁は、大切な存在を過去の剣心に奪われ、
人生を狂わせられた。
悪役であり敵なんだけど憎めない敵。

人を死に至らしめた罪は、
やはり死でしか償えないのか?
人を殺めたら、どんな償いが出来る?
そんな事を「人誅編」を読みながらずっと考えました。

最終的には、「少年漫画」らしい結末でしたが。

「るろ剣」はキャラクターも大好きだけど、
ストーリーも、
<戦争ってなんであるんだろう?>とか
<罪を犯した人間の贖罪について>とか
本当に色んなことを考えさせられた漫画です。

4955

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム