アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月30日 (金)

小学生の時からの親友

我が王子は中学生になってから、
授業が終われば吹奏楽部、
そして週に2回の塾と
小学生時代と比較して、
ガラッと生活環境が変わりました
Σ(゚д゚;)

吹奏楽部は土日もほとんど練習があり、
また吹奏楽部は女子が多いので、
「王子、中学生になってから
友達関係は大丈夫かなぁ?」

と母親としては内心気になっていました。

でも先日、夏休みももう終わりという頃に
小学校時代からの親友のМ君が
「遅くなってごめんね。」
と8月9日に13歳になったばかりの王子に
誕生日プレゼントを持って来てくれました
(゚▽゚*)

М君は王子が小学1年生からの親友です。
小学1年生の時に「学童保育」で出会い親しくなり、
小学校時代はクラスが3クラスしかなかったので、
4年生からはずっと同じクラスで
遊ぶのもいつも一緒でした。

М君は週に1、2回は家にも遊びに来て、
最初(小1の時)は
「ちょっとお行儀が悪い子かな?
でも、王子とすっごく仲良くしているし、
いい子みたいだな。」
と思っていたら、
成長するにつれて行儀正しい男の子になっていき、
私もМ君と話すのが楽しくなっていきました。

今も家はお互いに近所同士で、
中学校も同じなのですが、
今の中学校は7クラスもあり、
王子はМ君とは別々になってしまったのです
(;´Д`A ```
また、М君は運動好きでテニス部に入部して、
部活も王子と別々になったので、
お互いに小学校時代みたいに
頻繁に遊ぶ時間が無くなってしまいました。

でも、今も王子の誕生日をお祝いしてくれて、
遊ぶ時間は少なくなっても、
今も変わらない王子の大切な親友です。

王子はМ君と朝は一緒に中学校に登校していて、
少しの時間でも一緒にいるので、
この友情がこれからもずっと続くといいな
(o^-^o)

2013年8月28日 (水)

仔猫のわさびちゃん

皆さん、「仔猫のわさびちゃん」って知っていますか?
Twitter上でとても人気者の仔猫ちゃんです。
Twitterはこちらです→https://twitter.com/jessiepon
Twitterで11万人以上の方々にフォローされ、
ネットで「わさびちゃん」と検索すると、
約4,900,000件もヒットする、とても愛され仔猫ちゃんです。

O0480047212639051550
(Twitter主様の画像から転載させていただきました。
画像をお借りして申し訳ありません。)

このわさびちゃんは元々は野良猫ちゃんだったようです。
今年の6月2日にカラスに襲われ、瀕死の状態でいる所を
Twitter主である飼い主様に助けられたのだそうです。

私もふとしたことから「わさびちゃん」をTwitterで知り、
「わさびちゃん」の近況を毎日見ていました。
カラスに襲われたときに口と顎を大怪我して、
自力ではなかなか食べられずに
飼い主様がカテーテルで食事を与え、
とっても献身的に育てていました。
保護された時は小さく痛々しかったのに、
日に日に大きくなるのを見るのが私の密かな癒しでした。

しかし、とっても悲しい事に「わさびちゃん」が
昨日、亡くなってしまったと飼い主様のTwitterで知りました。

飼い主様のTwitterを読むと、前日に嘔吐して危険な状態になり、
緊急入院をしたものの、残念ながら旅立ってしまったそうです。
ネット上でしか見たことのない仔猫ちゃんですが、
頑張って生きていこうとするその必死な愛らしさに魅かれていたので、
とてもショックを受けました。

しかし、6月上旬に保護してから我が子の様に
慈しんで育ててきた飼い主様の悲しみはどれほどのものかと思うと、
本当に胸が痛くて、
昨日からずっと「わさびちゃん」と飼い主様の事を考えてしまっています。
今日、Twitterを覗くと、わさびちゃんの訃報を知ったフォロワーの方々
本当に大勢の方々が「わさびちゃん」の早すぎる死を悼み、
お悔みの言葉を呟いていました。

小さい体で懸命に生きた「わさびちゃん」と
無償の愛でわさびちゃんのお世話をし続け、
その成長を見守ってきた飼い主様の献身。

その強い絆が多くの人々の心に響いたのだと思います。

まだまだ小さいのに亡くなってしまった事はとても悲しいけれど、
この「わさびちゃん」はカラスに襲われた時に
亡くなっていた運命だったかも知れなかった。
それをとても優しい飼い主様に助けられて、
たくさんの愛情に包まれながら旅立って行けたことが
せめてもの、そしてとても大きな救いだと思います。

そして「わさびちゃん」を追悼する呟きにたくさん書いてあったのですが、
「わさびちゃん」の存在を知った方々が人間以外の命の尊さ、
小さい命を守ることについて改めて考えた方が本当に多かった事を読み、
「わさびちゃん」は短い生涯ながらも、
色んな人間に大切な事を気付かせてくれた天使の様な仔猫ちゃんだなって
心から思いました。

わさびちゃん、ありがとう。
あなたを知ることが出来て本当によかった。

棄てられた仔猫の多くはカラスに襲われて命を落とすことが多々あるという
厳しい現実も「わさびちゃん」は教えてくれました。
人間以外の動物、ペットにも命があり、感情がある。
一度飼ったら最期まで責任を持って面倒を見ないといけない。

私も猫好きで3年前に運命的な出会いで道でウロウロしている仔猫を拾い、
今は大切な家族です。
その仔猫はもうすぐ3歳になり、ノンビリ暮らしています。
だけど、いつお別れが来るか分からない。
今は考えたくないけれど、いつ何が起きても後悔しないように
愛描、シマちゃんとの生活を大切にしたいと改めて思いました。

Dsc_1616
シマ、大好き。大切な私の家族。

2013年8月27日 (火)

親の心の病について

私が好きな女性歌手のひとり宇多田ヒカルさんの
母親で昭和の一時代を築いた藤圭子さん。
その藤圭子さんが急逝されたことは
死後5日経ってもずっとテレビで放映されています。
藤圭子さんと言う歌手は私の母親が好きだったので、
ヒカルさんがデビューした後で
「15歳で鮮烈なデビューをした宇多田ヒカルさんの
お母さんは昭和の歌姫だったんだ!」
って母娘二代に渡って才能ある歌姫になったことは
当時、びっくりした記憶があります。

その藤圭子さんの訃報。
報道では飛び降り自殺となっています。
そして昨日、宇多田ヒカルさんが公式サイトで
自身の母親である藤さんはヒカルさんが幼い頃から
心の病で家族共々苦しんでいた事を
公表しましたね。

そして、
「病気の性質上本人の意志で治療を受けることは非常に難しく、
家族としてどうしたらいいのか、何が彼女のために一番良いのか、ずっと悩んでいました」

と治療に繋げられなかった苦悩。
「症状の悪化とともに、家族も含め人間に対する不信感は増す一方で、
現実と妄想の区別が曖昧になり、
彼女は自身の感情や行動のコントロールを失っていきました」

とどんどんと病状が悪化し、妄想が酷くなっていったことなどを
克明に記していました。
そして、ヒカルさん達家族に攻撃的な言動をとっていたとも・・・。

私も同列に書くのもおこがましいのですが、
私が小さい時から実母が精神の病で、
藤さんと同じように
<現実と妄想の区別が付かなく、突然攻撃的になる。>
病状で、それなのに
<自分が世界で一番正しいと信じ込み受診を頑なに拒む。>
ので、治療も出来ずに父と共にずっと苦しんできたので、
何だか私も他人事に思えませんでした。

藤さんは治療を拒んでいた様だし、
宇多田さんのコメントでも病名は書かれていませんので、
私の母と同じ病気かは分かりませんが、
私の母は私が小学生の時に数回だけ精神科を受診した時は
今でいう<統合失調症>でした。
でも、父が無理矢理受診させたものの、
「私は病気なんかじゃない。(精神科の)薬には
毒が入っている!」

と薬も飲まず、治療は中断してそれっきりです。

しかし、病状は悪化する一方で、
私が中学生の時に私を養育する事さえ出来なくなり、
それ以降、私は大学に入るまで親戚の家で生活しました。
母は少しでも自分が気に入らない事があると、
「死んでやる!皆、私が死んだ方がいいんでしょう!」
と喚き、父も私もすぐに「死んでやる」を口にする母に翻弄され続け
苦しんできました。

まだ子供だった私に対しても、
「お母さんの言う事聞かないと、お母さん死ぬからね。」
と今思うと脅しとしか思えない暴言ばかり吐き、
いつしか私は他人の顔色をビクビクしながら伺うようになりました。

そんな母は未だに何かあると
「早く死にたい。」とばかり言いますが、
父を家から追い出し、自分勝手に生きています。
私も父も
「母は心の病だから仕方ない。」
と諦めつつも、
やっぱり、母が正常な思考に戻って欲しい。
母の意思で心の病の治療を受けて欲しいと
願わずにはいられません。

母は自殺念慮を持っているので、
私は電話がなると、ふと
「母に何かあったのではないか?」
といつも一瞬、身構えてしまいます。

そんな時に聞いた藤圭子さんの訃報と
明かされた長年の心の病。
亡くなられた藤さん、本当にお気の毒だけど、
こういう形で母親を失ったヒカルさんの胸中を思うと、
私も昨日からずっと胸が痛いです。
似た境遇のヒカルさんを勝手に自分と同一視しているのかも知れません。
(ヒカルさんのファンがもしこれを見ていたらすみません。)

自分の親が自ら命を絶ったら、
遺された家族、特に遺された子供は
きっと一生抱えきれない重荷を背負うと思います。
だから、どんなに苦しくても絶対に自らの命を絶ってはいけない。

心の病を抱える母親を持ちながら、
私自身も13歳の子を持つ母親でもあります。
自分の子供には絶対にそんな重荷は負わせたくないし、
子どもの心を不安定にさせる事だけはしたくない。
その一心で私は母の病状を気に掛けながらも
自分自身の今を生きています。

宇多田ヒカルさんのコメントが発表された昨日、
ネットでその反応を少し見たのですが、
ほとんどはヒカルさんに心から同情していました。
でも中にはほんの一部ですが、
「母親が病気なのに一緒に住めなかったのか?」とか
「傍で介護すればよかったのに。」という
本当に少数ですがそういう意見も見受けられました。
そう言える人はきっと家庭環境に恵まれているのだと思います。
少なくとも、<親が心の病で現在も苦しんでいる人>
絶対にそんなこと思えないと思うのです。

妄想が酷く攻撃的な病状を持つ精神疾患者の対応は
とても難しく、家族もその対応にずっと頭を抱えています。
一緒に居ても、理不尽な事で攻撃され、
お互いに傷つけ合い、共倒れになることも有り得ます。

だから、私と母、父もそれぞれ距離を置きながら生活しています。
これから先はどうなるか分かりませんが・・・。
本当に自身が心の病という病識がなく、
治療に結び付けられない患者はどうすればいいのでしょうか?
自傷、他傷の恐れがないと強制的に入院もさせられないし。

この問題で悩んでいる家族は少なからずいると思うのです。

何だかダラダラと長くなりましたが、
時間はかかると思いますが、
宇多田ヒカルさんの心の痛みが少しでも
軽くなることを心から願うばかりです。
そして、心の病に苦しむ患者さんとその家族に
希望がありますように。

2013年8月26日 (月)

夏休み終了

さて、実は我が王子が通う中学校は昨日で夏休みが終わり、
今日から1学期後半が始まりました。
私達親世代はだいたいどこも3学期制でしたよねー。
夏休みは8月いっぱいで9月から2学期でした。

しかし、王子が通う市の小、中学校は
2学期制なのです。
1学期は10月中旬に終わり、
10月中旬に1週間くらいの「秋休み」があり、
そして10月後半から2学期が始まるのです

(;´Д`A ```
この小、中学校の2学期制度は
王子が小学校に入学した時からそうだったので、
王子自身はもう当たり前に感じていますが、
私達の様に<3学期制>を経験した立場からすると、
未だに慣れないでいます
(;´▽`A``

夏休みが終わる!
となると、小学生の時はいつも
ギリギリになって、
「宿題が終わらないー。゜゜(´□`。)°゜。」
って焦っていたものですが、
王子が所属している吹奏楽部は
<学習と部活動の両立>
何よりも大切にしているようで(?)
去った8月17日に行われた
「「九州吹奏楽コンクール」遠征に行く前に全員宿題を終わらせること!
終わらない部員はコンクールに連れて行かない!」
Σ(゚д゚;)
という顧問の先生からのきびしーい指導があったので、
皆必死でコンクール前に宿題を終わらせたようです。
エライっ!!!

何だか中学生最初の夏休みは
部活に明け暮れた感の王子でした。

今日、久々の学校登校。
今日からまた授業と部活と週2回の塾という
キツイ日々の始まりです
(;´Д`A ```

早速、今日学校から帰って来て、
ぐったりな様子な王子( ̄Д ̄;;

本当にきついよね・・・・。

少しは代わってあげたいなぁと傍で見ていて思う位ですが、
今は見守って、毎日学校から帰ってきたら、
「今日はどうだった?何か変わったことあった?」
と王子の変化に気付いてあげられるようにしたいです。

2013年8月25日 (日)

ちょっと遅めの誕生日プレゼント

我が王子の13歳の誕生日は去った
8月9日でした。

私は王子が欲しがっていた本をプレゼントしたのですが、
パパさんは仕事が忙しくて、
なかなか我が子へのプレゼントを買いに行けない状況でした。

で、ようやく今日の日曜日にパパさんと王子の時間が合ったので、
家族皆で王子のプレゼントを買いに行ったのです。

そのプレゼントとは・・・?
王子が吹奏楽部で使っている楽器
チューバのマウスピース(略称:マッピ)です♪
マウスピースは必ずしも
「マイマッピ」を買わなくてはいけないという訳ではないのですが、
パパさん自身も中学高校と吹奏楽部で
パパさんの親からマウスピースを買ってもらった事があるので、
自分の息子にも買ってあげたかったのでしょうね。

ただ素人の私には分からなかったのですが、
マウスピースにも色んなサイズがあるのですね
Σ(゚д゚;)
何でも、7~32まであるらしいです。

http://www.neromusic.jp/05tuba/mouthpiece/bach.html
王子も部活で同じチューバを担当している先輩に相談したようですが、
24か18のサイズを薦められたそうです
私にはよく分からない(@Д@;

なので王子も一緒に楽器屋さんに行って、
マウスピースの試し吹きをさせてもらいました。
王子、24と18で悩んでいたようですが、
(お店の人には中学生と言ったら最初は
24のマウスピースを薦められましたが)
結局、「18」のマウスピースが吹きやすいという事で
バックというメーカーの「18番」のマウスピースを
パパさんからプレゼントしてもらいました
(*^-^)

これがチューバのマウスピースです♪
Dsc_1735
マウスピースなのに結構重量感がある
Σ(゚д゚;)
王子にとっては、とても素敵なプレゼントになったね
ヽ(´▽`)/

再来月の10月には吹奏楽部の定期演奏会が行われます。
コンクールが終わって少し息をついたら、
もう王子を含め部員皆、前を向いて
10月の定期演奏会に向けて頑張っている様です
(o^-^o)

2013年8月24日 (土)

猫のお留守番

さて、先日息子の所属している吹奏楽部の演奏を聴きに
2泊3日の日程で福岡に行って来た私達家族ですが、
うちにはもうひとり(もう一匹?)家族がいます。

そう、猫のシマちゃん(雄、もうすぐ3歳)です。
Dsc_16541378559789
ペットを飼っている方々は
ご家族で旅行の時、
またはお仕事の出張で家を留守にする時に
<ペットを留守番>させることに対して
色々悩んでいる方も多いと思います。

私はシマを家族に迎える際に
「猫に関する本」を何冊も読み漁り、
<家族が家を何日か空ける時はペットの猫はどうすればいいか?>
という事を色々と調べました。

知人やペットホテルまたは動物病院に預ける
というのが一番いい方法みたいですが、
猫は環境の変化をとても嫌う動物ということ、
猫は昼間は寝てばかりいるので、
2泊までなら留守番させても大丈夫。
(ただし、フードと水はたっぷり置いておく)

というのを読んだし、
過去にも2泊の旅行をしたときに
その方法で留守番させたら、
帰宅した時は
「どこ行っていたのーーー゚゚(´O`)°゚」
とものすごく鳴かれましたが、
健康状態も問題なかったです。

しかし、今年の夏はもの凄い猛暑
( ̄Д ̄;;
さすがに2泊の留守番は不安になったので、
ペット預かりもしてくれる掛かりつけの動物病院に
電話して相談したところ、
「預かるのはもちろんいいですが、
ここ(病院)で預かる場合はずっとケージの中ですよ。
2泊までならお家の中をクーラーを付けたままにして
エサと水の用意がしっかりできていれば大丈夫でしょう。」

とのアドバイスが。

そう、ペットホテルや動物病院で預かってもらう場合には
ずっとケージの中に閉じ込められたままなんですよね
(;´Д`A ```
まぁ、ペットホテルによってはそうじゃないところも
あるのかも知れませんが・・・。

色々と私なりに考えて、結局預けることはせずに
家のクーラーを日中の熱くなる時間帯に稼動するように
タイマーにして、お水を台所やお風呂場などあちこちに置いて
フードも二皿に山盛りにして、後ろ髪引かれる思いで
家を2泊空けました。

で、帰ってきたら・・・・
はじめは警戒していたシマ(涙)
私達が帰ってきた!と分かったら、
「にゃーーー!にゃーー!にゃーーー!!」
シマひとりぼっちにさせられた事に対して怒っていました
。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

でも、クーラーのタイマーもちゃんと時間通りに稼動して、
ご飯もしっかり食べて、
健康状態も問題なく、ホッとしました
(;´▽`A``

帰って来てしばらくは、
寂しい思いをさせられた不安と怒りをぶつけて来たシマですが、
もう今は何事も無く、家でいつものようにのびのび暮らしています
(・∀・)

シマを家族に迎えてからは、今のところは
2泊以上の旅行はしていませんが、
これからもし、3泊以上家を空けることがあったら、
その時はペットホテルか動物病院に預けなくては。
Dsc_1655
ノビノビし過ぎてスゴイ寝相のシマちゃん
(;´▽`A``

 

2013年8月23日 (金)

2泊3日福岡の旅

先週の金曜から日曜日までの2泊3日。
息子の中学校が九州吹奏楽コンクールに出場する為に
私達夫婦は福岡に行って来ました。
そして、鹿児島に住む私の父とも合流して
3人でコンクールを聴く以外は福岡市内を観光しました。

(私の旦那は義理の父との旅行疲れただろうな(;´▽`A``)

まず、金曜日は午後の便で福岡へ。
先週の金曜日はお盆の時期なので
空港もとても混雑していました。

福岡に付いたのはもう日が暮れかかった夕方。
その日は福岡市天神にある大丸店内の
しゃぶしゃぶ店で本当に何十年ぶりのしゃぶしゃぶ!
Dsc_1688
すっごくおいしかったぁぁぁぁーーーヽ(´▽`)/

お肉がもうお口の中でとろけそうでした
(*゚▽゚)ノ

翌日は朝はベイサイドプレイス博多埠頭内を散歩。
Dsc_1689368339485

しかし、あまりの暑さにすぐに引き上げて、
福岡市博物館へ行きました
(;´▽`A``
Dsc_1696
実は観光したら、時間が許す限りその土地の
博物館や美術館を見たいくらい
博物館好きな私
(;´▽`A``

今の時期は「インカ帝国展-マチュピチュ『発見』」100年-」
を開催していました。
Dsc_16971545317019
インカ帝国、その文明って結構謎にみちていますよね。
15世紀ごろに出来た高度な文明。
インカの人々が作った土器や織物はとても見事でした。
そんな素晴らしい文明があっけなくスペインによって滅ぼされるのです・・・。

でも、「インカ帝国展」を見たことによって、
あの時代の歴史や文明をもっと勉強したいと思いましたね。

そして、次は歩いて福岡タワーへ。
Dsc_17031653440206
実は私は何回か福岡に来たことがあり、
福岡タワーを訪れるのも何回目かな?

でも昔来た時はいなかったゆるキャラがいたーー
Σ(゚д゚;)

Dsc_17181862066055
本当は展望台まで上りたかったけれど、
コンクールがはじまる時間が迫っていたので、
そこでお昼ご飯を頂いて、
九州吹奏楽コンクールが行われる
福岡サンパレスホールへ。

王子が所属する吹奏楽部は午後の部の演奏だったので、
午後2時45分開演に間に合わせていくと、
もう開演前なのに入り繰り付近は長蛇の列
Σ(゚д゚;)
九州各県の中学校から来るので、
その保護者、関係者の方々でいっぱいでした。

結果は前回の日記に書いたとおりでしたが、
私の父は頑張っている中学生達の演奏に感動しきりでした。

今回は私の父は孫である息子と行動できませんでしたが、
(息子は完全に部活内での団体行動なので・・・)
コンクール会場で少しだけ私の父と息子が話をすることが出来たので
よかったです。

頑張っている自分の孫と孫が所属している吹奏楽部が
本当に勉強と両立させながら練習を頑張っている事に
父は本当に誇らしい様です。

来年は舞台で演奏する孫を見るんだ!
って今から楽しみな父なのでした。

2013年8月22日 (木)

九州吹奏楽コンクール

もうかなり前の出来事になりますが・・・。
去った8月17日に福岡サンパレスホールにて
九州吹奏楽コンクールが行われました。
Dsc_1693
その九州吹奏楽コンクールに
私と私の主人、そして私の父3人で行って来ました。

私の息子が中学校の吹奏楽部に所属しており、
その中学校の吹奏楽部が見事県予選から九州代表に派遣され、
このコンクールに出場したからです。
しかし、1年生の息子は
今年はコンクールメンバーには選ばれませんでした
(;´Д`A ```
それでも、はるばる福岡まで行ったのは、
日頃、息子からこの吹奏楽部が
土日も夏休みも返上して、
時には顧問に
「お前たちやる気がないのなら、
部活は解散する!」
という状況下にまで追い込まれ、
色んな苦難を乗り越えてここまで来れたので、
その演奏をどうしても聴きたかったのです。

そして、この九州大会は九州各県の予選を勝ち抜いた
九州の吹奏楽部強豪校が更に10月に行われる
「全日本吹奏楽コンクール」出場をかけるコンクールでもあります。

「全日本吹奏楽コンクール」出場は、
この中学校の吹奏楽部最大の目標です。
特に顧問の先生は、去年は九州大会4位という結果で
あと1点の差で全日本大会出場を逃したので、
「今年は是非、全日本大会に出場したい!」
という強い熱意で指導していました。
しかし、全日本大会には九州の代表27校から
たった3校しか選ばれない非常に激戦でした。

実際に観客席で各中学校の演奏を聴くと、
さすがは九州各県の強豪校ばかり。
どの中学校も中学生とは思えない素晴らしい演奏でした。

でも、息子が所属している中学校の演奏もとても上手でした。
最後まで聴いて私は
「どの中学校もうまいから、息子の中学校は全国大会は厳しいかも。
でも、金賞はかたいだろう。」

と思っていたのですが…。

結果は残念ながら銀賞で、
日本大会の夢は今年は潰えました。

3年生にとっては、中学校最後の年なだけに無念だったでしょう。
実際に結果発表の後、
女子生徒はほとんどの子が泣いていました。

だけど、27校のうち金賞は4校のみで、
全国大会出場を決めたのはその中の3校のみ。

ほとんどの中学校の生徒は涙を流していましたが、
全国大会出場が決まった中学校の生徒は大喜びで
抱き合って嬉し泣きしている子もいました。
まさに悲喜こもごもな光景でした。

部員達は悔いが残ったでしょう。
でも、あの子達が本当に練習を頑張った事を
私たち保護者はよく知っているから。
・・・と思いながら、息子達吹奏楽部員が福岡から帰ってきた時
私が想像していた光景とは全く違う光景がそこにありました。
部員の生徒達は皆晴れやかな顔をして、
部員達、顧問の先生もとてもいい顔で帰ってきたのです。

空港での<解散式>の時、
部長の生徒も顧問の生徒も
まず迎えに来た私達保護者に
何度も感謝の意を伝え、その後
「結果は『銀賞』でしたが、私達は皆納得いく最高の演奏が出来ました。
部員達、皆もこの九州大会の遠征で成長しました。」

というのを聞いて、心から吹奏楽部員に拍手を送りました。

そして一番嬉しかったのは、顧問の先生が
「僕が今回の九州大会で一番嬉しかったのは、
『コンクールメンバーではない一年生達の目覚ましい成長』です。」

と言って下さったことです。
息子は人前ではおとなしく、あまり自分の意見を言わない子でしたが、
九州大会の遠征でかなり積極性を身につけた様です。

解散式が終わって、息子と一緒に家路に帰る途中で
息子がニコニコしながらこう言っていました。
「銀は金より良いって書くんだよ(゚ー゚)」

今年のコンクールが終わったばかりで気が早いですが、
息子は来年は2年生。頑張り次第では
来年はコンクールメンバーに選ばれる可能性が高いです。
来年も県大会で代表になって、
九州大会までこれますように
(;´▽`A``

2013年8月15日 (木)

風立ちぬ

私は熱狂的な「ジブリファン」という訳ではありませんが、
この宮崎駿監督の最新作は、色々と話題も多く
(私個人的にはあの「エヴァンゲリヲン」の庵野監督が
主役の声を担当するという事も、かなり気になりました。)

風立ちぬ
Dsc_1685

あと、実在の人物をテーマにしたこと。
大正から昭和の激動の時代を
あのジブリの絵で描いた事にも
興味を持っていました。

<ストーリー>
大正から昭和にかけての日本。戦争や大震災、
世界恐慌による不景気により、世間は閉塞感に覆われていた。
航空機の設計者である堀越二郎はイタリア人飛行機製作者カプローニを尊敬し、
いつか美しい飛行機を作り上げたいという野心を抱いていた。
関東大震災のさなか汽車で出会った菜穂子とある日再会。
二人は恋に落ちるが、菜穂子が結核にかかってしまう。

(シネマトゥデイ)

以下、感想なのでネタバレ含みます。

「ジブリ作品」という事で小さい子供連れの観客もいましたが、
内容が「トトロ」や「ポニョ」みたいな子供向けではないので、
途中でぐずり出す子どもさんが何人かいましたね
(;´▽`A``
これは「大人向けのジブリ作品」です。
大正時代から昭和時代。
日本が関東大震災を経験し、
第二次世界大戦に突入する激動の時代を描いています。

でも、「戦争映画」の様な悲惨な描写は出て来ません。
激動の時代でも自然や空の色はとても美しく、
素晴らしい風景の絵がとても印象的でした。

主人公の「堀越二郎」は幼い頃から飛行機が大好きで、
「飛行機を作りたい」という少年の日の夢をずっと追い続け、
それを実現させます。
しかし、二郎が作った飛行機は後の「ゼロ戦」
あの悲惨な戦争の道具になってしまうのです。
でも、この映画は決して戦争を直接的には
糾弾してはいません。
ただ、幼い頃からの夢をひたすら追い続け、
実現したひとりの男性の物語なのです。

そして、物語のもうひとりの主役と言っていい
ヒロインの菜穂子。
菜穂子は結核という当時では「不治の病」に冒されながらも、
ひたすら一途に命を懸けて二郎を愛し抜くのです。
私は同じ女性だからか、二郎よりも
菜穂子に感情移入してしまいました。
本当は病気が悪化して苦しくて仕方ないはずなのに、
本当は愛する男性にずっと傍にいて欲しいはずなのに、
愛する二郎にはひたすら夢を追い続けて欲しいと
二郎をずっと陰で支えて、
彼の前では決して弱っている姿を見せないのです。

「好きな人にはキレイなままの自分だけを見て欲しい。」
女性としてそういう気持ちもあったのでしょう。
二郎と菜穂子のシーンは切なくそして
とても美しいシーンばかりでした。


ラストには無残な姿と化したゼロ戦の残骸。
妖精のように儚く消えてゆく菜穂子。
そこであのユーミンの「ひこうき雲」が流れるのです。
「ひこうき雲」が流れたシーンはもう号泣でした。

「ひこうき雲」の歌の歌詞がもう映画の世界観と
見事にマッチしているのです。

今でも私の頭の中には「ひこうき雲」の歌が流れています。

2013年8月14日 (水)

吹奏楽部九州大会遠征

我が王子が所属している吹奏楽部
今週17日に行われる
「九州吹奏楽コンクール」出場の為に
今朝の飛行機で福岡へ出発しました。

え?でもコンクールは17日の土曜日でしょう?
会場近くでのリハーサルがあるとしても、
ちょっと出発が早過ぎない?
ってこれを読んだ方もそう思ったかも知れません。

実は私も今回の九州大会遠征の日程表を見て
「何で4泊もするのーーー???
Σ(゚д゚;)」

って思わず声に出してしまいましたもの
(;´Д`A ```
でも、保護者の方々の話によると、
ちょうどお盆の時期と重なり、
飛行機もすぐに満席になったので、
部員約70名が一度に行ける飛行機の便は
今朝7時台の便しかなかったそうです
Σ(゚д゚;)

7時35分発の飛行機ですが、
部員達は朝の6時半には空港の出発ロビーに集合。
よって我が家は朝の5時前には起きました
Σ(゚д゚;)

まだ窓から見える外は暗かった・・・。
猫のシマはもう起きていたけれど
(;´▽`A``

王子、着替えなどの持ち物を旅行鞄につめるのは
昨日のうちに済ませました。

そして今朝、一緒に空港に行き、
吹奏楽部一行はささやかな
<出発式>
を行い、楽器パート毎にきちんと列を作って
トラブルなく旅立っていきました。

結構、保護者の方々、私と同じように
見送りに来ていましたね。
でも、王子の姿が出発ロビーの向こうに消えて、
何だか私は心にぽっかり穴が開いた感じがしました
(ρ_;)

しかし、4泊5日・・・。
今まで王子が家にいなかったのって、
保育園のお泊り保育、
学童保育のキャンプ、
小学校での自然教室、
修学旅行等がありましたが、
全て<1泊2日>

4泊5日も王子がいないなんてーーーー
。゜゜(´□`。)°゜。

だけど、これも
<子離れ>
一歩手前の試練と思う事にします
(;´▽`A``
王子、先輩達と仲良く過ごしているかな?

2013年8月11日 (日)

吹奏楽部の保護者会

ここ最近、異常な程の猛暑ですよね
(;´Д`A ```
こんな暑さの中でも王子は部活に頑張って参加しています。

九州大会までもう1週間切りました。
・・・と言っても王子は
今年はコンクールメンバーじゃないんですけどねー
(;´▽`A``

ところで、私達の世代の時は中学高校の部活に
あまり保護者が関与することは少なかったように感じますが、
(って私自身ほとんどまともに部活していなかった。テヘ)
最近では中学校の部活は
(王子の通う中学校の地区だけ?)
どの部活も「保護者会」が存在します。

運動部も大会には保護者が送迎とかするみたいですが、
王子が所属している吹奏楽部も、
もちろん「保護者会」があり、
何と入部してまだ4か月なのにすでに6回
(うち1回は新入生歓迎会でしたが)
保護者会の集まりがありましたよ
Σ(゚д゚;)
特に「吹奏楽祭」や「コンクール」
「定期演奏会」の前は必ず集まりがあるみたいです
(;´Д`A ```

しかも今は「九州大会」を目前に控えているので、
2週連続「保護者会」がありました(;´Д`A ```

たくさん人が集まる所に行くのは実は苦手な私
(;;;´Д`)

でも、王子が頑張っているんだから私が弱音吐けません。

ちなみに今年の「九州吹奏楽コンクール」は
「福岡サンパレス」で行われます。

私達の住んでいるところは福岡から遠いので、
福岡までの旅費に宿泊費用と
遠征費用もばかになりません。

また、例年はコンクールメンバーに選ばれなかった部員達は
希望者だけの参加でしたが、
今年は顧問の先生が
「コンクールメンバー以外の部員でも
九州大会に行く部員と行かない部員とでは
その後のモチベーションが明らかに違う。
今年はコンクールメンバーも選ばれなかった部員も全員参加です!」

とはじめから決めていた様なのですが、
それは保護者全員の意向とはずれが生じ、
先週の保護者会で、メンバーに選ばれなかった部員の保護者が
「どうして保護者全員の意見を聞かないで全員派遣を決めるのですか?
コンクールメンバーに選ばれた生徒が行くのは当然でしょうが、
選ばれなかった生徒も希望を聞かず全員行く必要がありますか?
遠征費用も決して安くはなく、正直家計の負担です!」

と保護者会も紛糾・・・(;´Д`A ```

実は吹奏楽部ってかなりお金が掛かるんですよね・・・
(;´Д`A ```

部活動を運営する部費もそうですが、
コンクールの遠征費用に楽器の維持費、
楽器の消耗品代(リードやチューナー)
定期演奏会の広告代で補えない分の費用等々・・・。
まぁ、楽器はほとんどの生徒は学校にある楽器を使っていますが、
中にはマイ楽器を購入する生徒もいるみたいです。
ただ、王子はチューバなので高いし大きいし、
とても家では買えないΣ(゚д゚;)

・・・とまぁ、子どもが吹奏楽部を続けるには
保護者の理解がないとちょっと厳しいかも知れません。

うちの場合は、一人っ子だし、
パパさん自身が吹奏楽部OBなので、
その点では王子もやりやすいかも知れません。

(何か問題とかあれば、『パパさんの時はどうだった?』
『パパさん、こんな時はどうすればいい?』って聞いています。)

でも、ここ2週連続の保護者会に参加して、
同じ1年生の保護者の方々とお話する機会があったのですが、
保護者の方々は
「子どものやりたい気持ちは尊重したいけれど、
こうお金が掛かると家計が大変ですよね。」

とか
「コンクール前になると練習が長くなって帰りが遅いので、
心配だし、勉強との両立できるか心配です。」

と仰る保護者の方々の意見が多々聞かれます。

実は私も「王子、吹奏楽部に入ってから
ほとんど休みなく部活に行っていて、
拘束時間も長いし、しかも塾も行っているから
大丈夫なのかなぁ?」

っていう心配も大きいので、
色々不安に思う保護者の方々の気持ちも凄い分かるのです。

そういう不安をお持ちの保護者の方々と
保護者会の役員をされている方々との
<温度差>も感じます。

でも、当人の王子自身は
「部活、大変だけど、吹奏楽部は僕の居場所だし、
絶対に辞める気はないよ!」

って言っているので、
私はこれからも、応援し見守るつもりです。

それに私自身が中学高校と
家庭の事情でやりたい部活が出来なかったので、
王子には学生時代はやりたい事を思いっきり
頑張って欲しいのです。

2013年8月 9日 (金)

13回目の誕生日

今日、8月9日は我が一人息子の
13回目の誕生日でした。

13年前の8月9日の午前11時53分。
約10時間の陣痛を乗り越えて生まれた我が子。
あんなに小さかった子が
幼児期は熱ばかり出していた子が
年々、丈夫に成長して、
今年の4月には中学生になりました。

小学生の時は、読書とゲームが好きな
ちょっとデリケートなインドアな男の子でしたが、
中学校に入学し吹奏楽部に入部して、
今では土日も夏休みもほぼ毎日の様に
部活を頑張っています。

一人っ子として育った我が子は
ちょっとマイペースな面があるけれど、
吹奏楽部という厳しい部活に入ったことで、
社会性とか協調性とかも身に付いてきたようです。
一日一日、学校で部活で何かを吸収し、
心身共に逞しく育っている息子。
我が子ながらその成長が眩し過ぎるくらいです
(;´▽`A``

「思春期」といわれる年頃だけど、
まだまだ素直で純粋な我が子。
これから、本格的な「反抗期」も来るかも知れないけれど、
そういうのも含めてこれから先も
息子の全てを受け止めてあげられる母親でいたいなぁ。

今日は息子が健やかに成長している事に改めて感謝の日です。

Picsart_1376054263755

13歳という年が息子にとって、素敵な一年でありますように!

まだまだ無邪気に誕生日プレゼントに喜ぶ息子
(o^-^o)
Dsc_1649

2013年8月 8日 (木)

中学生になって初めての夏休み

最近の猛暑ですっかりバテている私です(;´Д`A ```

ところで、王子は現在夏休み中です。
去年まで、王子が小学生だった頃までは
家でダラダラ過ごしてきたものですが、
でも、中学生になってから日常生活が一変。
王子は部活動と塾で毎日遅くまで頑張っています。


それは夏休みに入っても変わらず、
毎日部活に参加する為に学校に行き、
週に三回は部活が終わってから塾に行っています。


部活の練習がお昼を挟むため、
私も早起きして何とかお弁当作っています
ヾ(;´Д`A

何回も過去の日記に書いてあるように
王子は「吹奏楽部」に入部しており、
その吹奏楽部は先日の県のコンクールで
上位3校に入賞して、
来週の「九州大会」への派遣が決まりました
(*゚▽゚)ノ

王子は入部したばかりで今年はコンクールメンバーには
選ばれなかったのですが、
顧問の先生の方針で、
<コンクールメンバーも
残念ながらメンバーに選ばれなかった生徒も
今年は全員「九州大会へ連れて行く!」>

とのことで、今から部活の皆と九州へ行くことにワクワクな王子。
逆に遠征費が予想以上に結構かかる事を知り、
ちょっと泣きそうな私(;;;´Д`)ゝ

で、九州大会で上位入賞すれば夢の「全国大会出場」が決まるので、
改めて気を引き締めている吹奏楽部員達です。
ただ、夏休みの練習中も遅刻した部員がいて、
顧問の先生をまた激昂させてしまったことがあるらしく、
今は朝、毎日部の先輩から
「今日の練習は○○時からだから遅刻しないでね!」
電話がかかってきます。

吹奏楽部は圧倒的に女子が多いので
(ちなみに70名部員がいて男子は12名。)
部活に関する連絡も女子の先輩から電話が来ます。

最近は同じ一年生の女子からも部の連絡として
電話がかかってくることも(o^-^o)
その一年生女子の電話の応対がとても可愛らしいのです。

中学校の部活は運動部が圧倒的に多く、
そういう部活は男子と女子で分かれていますが、
吹奏楽部は男子と女子が一緒に活動する
数少ない部活のひとつです。

中学生と言えばもう思春期。
おませな子達は彼氏や彼女がいる子もいるでしょう。
吹奏楽部の生徒達は見た目や態度がとても真面目な生徒達ですが、
きっと<部活内恋愛>とかあるんだろうなぁ

勝手に想像している私
(;´▽`A``
私が学生の時も確か、
吹奏楽部って部活内で付き合っているカップル多かったなぁ。
まぁ、さすがに中学生になった王子に
部内の恋愛事情とかは聞けませんけどねー
(;´▽`A``
でも、内心、
<王子、部活内に好きな子いるのかなぁ?>
ってちょっぴり気になったりして
Σ(;・∀・)

あ、ちなみに夏休みの宿題は今の段階で
読書感想文以外は終わったみたいです。
顧問の先生から
「夏休みの宿題が終わらない部員は九州に行けないぞー!」
と言われたらしく、今までになく宿題も頑張っていた王子。
宿題に部活動にそして九州大会。
今年の夏は色んな意味でアツいです!

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム