アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

王子が所属している吹奏楽部

気が付けば6月も、もう終わりですね。

中学生になった我が王子は、
部活は「吹奏楽部」に入部し、
定期テスト1週間前以外は土日も含めて、
毎日部活を頑張っています。

そんな王子が所属している中学校の「吹奏楽部」は
県内でもトップレベルの様で、
過去に何回か「全国大会」に出場と言う実績があります。

しかし、ここ2年位は九州大会の惜しいところで
全国大会への出場を逃しており、
先輩たちも顧問の先生も
(特に顧問の先生が!)
「今年こそは絶対に全国大会に行く!!!」
という気合いの入れようらしいです。
特に顧問の先生はこの中学に赴任してから、
まだ全国大会に行けていないので、
顧問の先生の熱意はスゴイらしいのです。

ちなみにこの中学の吹奏楽部は70名の大所帯。
(しかし男子は王子を入れて10名・・・(;´Д`A ```)
70名の部員の気持ちが一つになることはなかなか難しい様で、
王子の話では最近、一部の部員達と顧問の先生との間で
コンクールに賭ける熱意が少しすれ違ってきているようで、
部活の雰囲気が非常に気まずいらしいのです・・・
(;´Д`A ``
`

王子から聞いた話では、
顧問の先生は若い熱血先生ですがとても厳しい面があり、
(まぁ、全国大会を目指すには厳しさも必要でしょうけれど。)
ここ4,5日の部員達の練習態度に腹を立てて、
吹奏楽部はもう解散だー!
みたいな状況にまでこじれてしまったらしい・・・。

(あくまで王子からの話で顧問の先生の言い分はまだ聞いていないのですが。)
もう県大会まで1ヶ月切ったという時期なのに、緊急ミーティングを何回も開き、
女子部員の中には泣き出す部員も大勢いたとか。

そして今日の日曜日も本来は練習日で王子含めて部員達ははお弁当持参で
朝9時には部活に行ったのですが、
5分遅刻した部員がいたらしく、顧問の先生はその部員にと言うよりも、
(その部員の子は体調不良で休もうとしたけれど、先輩の連絡先が分からなくて、
連絡できずに結局無理を押して部活に行ったら結局5分遅刻してしまったらしい。)
パートごとの先輩、後輩の連絡体制が十分に出来ていない事に腹をたてて、
結局またミーティングだけで音だしも練習も出来ずに皆午前中で帰ってきました。
(多分部長とかパートリーダーの部員の子達は残って話し合いをしていたようですが)

うわーーーΣ( ̄ロ ̄lll)
確かに遅刻は駄目だし、
パート事の連絡が行き届いていないのは叱られても仕方ないけれど、
皆、日曜日も家族との外出や友達との遊びも断って、
部活の練習に来ている部員達全員帰すのは
さすがにどうかな・・・と私は思ったのですが。
でも、「吹奏楽」はひとりでもつまづけば全て台無しになってしまう。
私自身はあまり好きな言葉ではないんだけれど、
「吹奏楽部」ではたとえ一人の失敗でも「連帯責任」になるんです。

でも、何だか顧問の先生。ちょっと気が短すぎないかな?
こういう指導で部員の気持ちがまとまるのかなぁ?
とも私はちょっと懐疑的になったりもしたけれど、
吹奏楽部OBで全国大会に出場したパパさんに話したら、
「全国大会を目指しているなら、指導が厳しくなるのは無理ないよ。」
って言っていました。
うーん、ここの吹奏楽部は「楽しく音楽をする」というより、
「絶対に全国大会に行く!」っていう
元々のハードル自体が高過ぎるんだな
(;´Д`A ```

ちなみに王子に
「王子自身は今の部活はどう?もしもとてもきつくてついていけないとか、
部活に行くのが辛いと思ったら、『辞める』という選択肢もあるんだよ。」と
話したら、王子は
「今の部活を辞めたら、自分の居場所がなくなっちゃう。
それに先輩や同級生の部員達との関係は良好だし今は辞めたくない。」
との答え。

まぁ、今は王子から部活の状況についての話を聞いて、
見守っていきます。

それにしても、本当に吹奏楽部ってどの運動部より「体育会系」だわー
(;´Д`A ```

2013年6月27日 (木)

中学生男子の育児

子どもの成長は本当に早いもので、
あどけない息子も気が付けば
もう中学生です
Σ(゚д゚;)

中学生になってもうすぐ3ヶ月が経とうとしていますが、
小学生の時と比べると本当に目まぐるしく環境が変わり、
息子自身もその想像以上の変化に戸惑いつつも
本当に頑張っていると思います。

中学生の時期って、
人生の中でも心身共に最も成長する時期ですよね?
そして、人生の中でもすごく不安定な時期。

勉強も難しくなり、定期テストに
想像以上に体育会系な「吹奏楽部」への入部。
しかも、塾も週に2回通っているので、
本当に忙しい毎日を送っています。

そろそろ、色んな疲れが出るころじゃないかな?
何か新しい環境で友人関係、勉強、部活の事などなど
大きな悩みを抱えていないかな?
母親としては何かと気になってしまいます(汗)

でも、もう思春期だし、しかも男の子だし、
あんまり母親である私が過干渉になるのも良くないと思うし、
かと言って、子どもの変化に気付けない母親になってはいけない。
息子が「思春期」になって、
母親の私も新たな直面にぶつかっている気がします
(;´Д`A ```

幸いと言っていいのか分からないけれど、
まだ息子は「反抗期」らしき状態ではなく、
学校から帰ってきたら、
クラスの事、勉強の事、部活の事色々と私に話してくれるので、
今は息子との会話の時間を大事にして、
息子の表情とかの変化に気付けるようにしたいなと思っています。

そして、母親である私自身の精神状態が安定していないとね。

2013年6月18日 (火)

学生時代からの友達

最近はほとんど
半引きこもりな私ですが、
ここ最近、大学時代、そして高校時代の友人達と
たて続けに会う機会がありました。

大学時代の友人達は当時からいつも一緒に遊んでいて、
卒業して其々別々の職場に就職して環境が変わっても、
時々集まってたっけ。
私は就職して何年か経って、結婚、出産、
そして3年間の遠い(?)地への転勤とか
その後病気を患ったり色々あって、
なかなか友達と遊べない時もあったけど、
それでも何かあれば集まって昔と変わらず、
楽しくおしゃべりできる友人達に
改めて本当に感謝です
(*゚ー゚*)

また、友人の友人とも友達になったり、
人と人との繋がりっていいなって
普段は「引きこもりの非リア充」な私だけど、
そんなことを改めて感じている今日この頃
(;´▽`A``

また、昨日は高校時代からの親友とも
約1年ぶり位に会って、すっごく楽しかったです。

その親友は遠くに嫁いで、
今は年に1回か2回位しか会えないけれど、
高校を卒業して、お互いに環境が別々になっても、
いつも私の事を気に掛けてくれる大切な友達。

もう私もアラフォーのいい歳だけど、
学生時代から変わらずに仲良しでいられる友人達がいるって
幸せだなぁ。そんな友達って宝物だなぁ
って
ここ数日しみじみ思うのです。

2013年6月13日 (木)

中間テスト1週間前

こんばんは。
王子が中学生になって、
初めての中間テスト
来週の水、木に行われます。

中学校から、中間、期末テストは
「内申点」を左右する大事なテスト。
これがゆくゆくは高校受験にも影響してくるのです。
そして、中学校のテストからはじめて
「席次」というものが出てきます。
私自身は順位付けってあんまり好きじゃないけれど、
まぁ、現実社会にはそういうものも必要なのかな?

王子自身もテストは出来るだけいい点を取りたいし、
席次もなるべく上位に行きたいとは思っているみたいです。

で、王子、部活(吹奏楽部)もやっているのに、
さらに塾にも通っているのですΣ(゚д゚;)
私は最初は「部活と塾の両立はきつくないかなぁ?」
中1になってすぐに塾に入ることに少し抵抗もあったのですが、
パパさんは、
「中学からは塾には行った方がいい。王子は数学等の『理数系』が苦手だけど、
今は学校の授業だけでは克服できない。」という考え。
それにパパさん自身、今、王子が通っている中学校のOBで
しかも、同じ吹奏楽部に入りつつ、塾にも通って両立したという
過去があるのです。

え?ちなみに私は塾は中3の夏休みだけ
「夏期講習」なるものに通っていただけです
(;´▽`A``

最終的には王子自身の意思を尊重したのですが、
塾の体験入学などを経て、
「塾に入るよ。部活も吹奏楽部に入りたい。」
と王子自ら言ってきたので、
「両立がきつくなったら、いつでも相談して。」と話して、
今、部活と塾の両立を頑張っています。
我が子ながら頑張っているなー。

で、中間テストの2週間前くらいに王子から衝撃(?)の新事実が?!
「中間、期末テストの1週間前から部活が休みになるんだけど、
その1週間前から塾も午後5時半から午後10時までやるんだっΣ(゚д゚;)」
えーーー?そんなに遅くまでーーー
Σ( ̄ロ ̄lll)

最初の体験入塾の時には聞いていなかったよー(多分)
で、夕ご飯はどうするのさ?と思って聞いたら、
「1週間はお弁当持参で塾に来るようにだって。
途中で休憩があって、(もちろんないとねぇ)
その時に夕ご飯というか、お弁当食べるみたい。」

だと。
で、昨日から中間テスト1週間前になったので、
夕方前にはお弁当作っています。

内心、<そこまでやらなくても・・・>
と思いつつ(;´Д`A ```

王子が中学校に入学して部活も忙しく、
小学校の時みたいに親子の会話をする時間が少なくなって、
ちょっぴり寂しい私
(;´Д`A ```
でも、王子が学校から塾から帰ってきた僅かな時間に
少しでも長く話をするようにしています。

中間テスト、頑張りが結果につながるといいな。

2013年6月 8日 (土)

初めての吹奏楽祭

今日は県の吹奏楽祭があり、
王子が通う中学校の吹奏楽部も出場しました。
息子にとっては吹奏楽部に入部して初めての舞台!!!
私も主人と一緒に観に行ったけれど、こっちまでドキドキしましたー
(;´▽`A``
Picsart_1370696529592

王子が所属している中学の吹奏楽部は
大所帯で70名います。
出番は最後から2番目でした。

緊張の初晴れ舞台。
入部したての1年生も全員参加でした。
ちなみに王子の担当楽器
金管楽器で一番大きいチューバです。
演奏が終わって王子に
「頑張ったね。」と声を掛けたら、
王子本人はまだまだ音が出ていなかったし、
大きな舞台では自分の音もよく聴こえなかった

て言っていましたけど
(;´▽`A``
そして、一番低音なので確かに誰の音なのか、
私も素人なので聞き取れなかった
(;´Д`A ```

でも、幼稚園の音楽祭以来、
(あの時も市民会館という大きな会場でした。
もう6年半前ですねΣ(゚д゚;))
大きな舞台に上がった王子を見て、
何だかジーンと込み上げてくるものがありました
(;´Д⊂

小さくて身体の弱かった我が子が
小学校の6年間を経てだんだん丈夫になり、
中学校に入学して、
県内でも強豪と名高い?吹奏楽部に入部して、
土日もほとんど練習で休みなく、
それでも弱音を吐かずに
一生懸命に勉強に部活に頑張ってる王子。
頼もしくなったなぁ!!!

でも今日はスタートラインに立ったばかり。
来月は県のコンクールがあり、
顧問の先生も先輩たちも
10月の全国大会出場を目指して頑張っています。

全国大会出場の切符を手にするには
結構険しい道のりだと思いますが。
内心「もう少し休みがあってもいいのになぁ。」
と親の私は傍で見ていて
思う事も結構ありますが、
時々部活内での練習風景を見ても、
生徒間の雰囲気もよさそうだし、
王子自身も部活に行くときの顔はイキイキしているので、
私はこれからも見守っていこうと思います。

しかし、チューバは一番大きい金管楽器なだけあって、
こういう大きなイベントの時は持ち運びが大変見たい
(;´▽`A``

2013年6月 6日 (木)

家族ゲーム

この私、今クールは朝ドラの「あまちゃん」と大河ドラマの「八重の桜」は
ほぼ欠かさず観ています(;´▽`A``

で、民放のドラマでは嵐の櫻井翔くん主演の
「家族ゲーム」に激ハマり中です。
私の世代だと、松田優作版や長淵剛版を知っていて
比較される方も多いかも知れませんが、
私はそのどちらも記憶にないし、原作も読んでいないので、
まっさらな状態で「櫻井くん版家族ゲーム」を観ています。

まず、嵐の櫻井くんっていうと、
嵐の中でも「優等生なお坊ちゃまタイプ」って感じしませんか?
少なくとも私の中の櫻井くんイメージはそうだったので、
癖のある家庭教師役ってどうなのかなー?って思っていましたが、
なかなかどうして、いいじゃありませんか!
「平成版家族ゲームの吉本荒野」を熱演していると私は思っています。

最初は櫻井くん演じる家庭教師、吉本の
「狂ってる!」とも言える言動に
「この吉本は何が目的なのーー???」
って思っていましたが、
次第に沼田家の問題が浮かび上がるにつれて、
「家族間の病理」みたいのをまざまざと見せつけられているようで、
胸が締め付けられます

(それでも観る私は根っからのМか?)

観ていて心が痛くなるのはきっと、
「沼田一家の面々」が特別異常な家庭ではなく、
きっと、あの家族の持っているものが
誰の心にも潜む闇や負の感情を抱えているように思えてならないからだと思う。

まぁ、一見一番落ちこぼれの次男が実は一番普通の子で、
一見、超優等生の長男が実は心の中は真っ黒で、優等生の仮面を被って、
裏でストレス解消と称して、万引きとかしたり、人の痛みを分かろうともしない酷い子。
共感は出来ないけれど、親の過剰な期待に応えようと表面上は必死に優等生してて、
実はそんな状態が嫌で嫌でたまらない・・・っていうのは昔の私に通じるものもあるかな。
でも、万引きとか反社会的な事は絶対にダメだけど。

板尾演じる沼田父は本当に屑な親父だと思う。
でも、「誰のおかげで食っていけると思っているんだ!」とか
「お前たち家族を養うのにどれだけ苦労していると思っているんだ!」
って家族に言っちゃう様な父親って案外リアルじゃないでしょうか?
まぁ、会社のお金に手をつけちゃうとこまで屑な親父はあんまりいないと思いますが・・・。

そして鈴木保奈美が演じる母親。
世間知らずのお嬢様が(多分社会での就労経験もろくになかったように思う)結婚して、
専業主婦になり、家事、育児に毎日追われながらも家族の誰からもねぎらわれることなく、
孤独にハマっていく様はあまりの熱演にゾッとさえします。
主婦で旦那の理解を得られず、子ども達も思春期で自分の手から遠くなってしまった・・・
そんな状況下の主婦だと、何となく沼田母の孤独が身に染みる気がします。
ただ、沼田母は家族に遠慮し過ぎ、ご近所の目を気にし過ぎ、体裁を気にし過ぎに感じますが。
しかし、その反動が株での大損失?!
まぁ、私もストレスが溜まって、ネットでちょこちょこいらない物まで買ったりすることはあるけど、
さすがに株には手を出せませんよー(;´Д`A ```
元々、ギャンブルの様なハイリスクなものには絶対に手を出さないタイプだもの。

そんな元々一人一人が問題を抱えたまま、
それでも見栄や体裁を取り繕って、
表面的には立派なお家に住んでいる「表面上の幸せ家族」
その皮が見事に剥がされた昨日の回。
家族全員が今まで言えなかった本音をぶちまけるシーンは
ドキドキが止まらなかったけれど、
何だかこっちまでスッキリした気持ちにもなりました。

私はあの家族の中ではやはり保奈美母側の立場に一番近いので、
お母さんが今までの不満をクズ親父にぶつけるシーンはスカッとしたなー。

だけど、あのお母さん、自分の事ばかりで子供たちにはちゃんと目を向けていない。
長男の万引き行為も次男が苛められている事にも気付けずにいるなんて。
例え子供たちが反抗期になっても、
自分の子供が万引きしたり、いじめ被害者になっている事に
気付けない母親にはなりたくないっ!

てテレビを観ながら改めて思いましたよ。

さて、「家族ゲーム」も残りわずか。
来週は櫻井翔演じる吉本荒野(本当は田子雄大ですが)の過去が分かる回らしいし、
目が離せません。
そして、あそこまで崩壊した沼田家に救いはあるのでしょうか???

2013年6月 2日 (日)

日曜参観日

気が付けばもう6月・・・。
梅雨の時期になり、湿気がいやーな季節ですね
(;´Д`A ```

話は変わって、今日6月2日は
王子が通う中学校で
日曜参観がありました。

最近は共働きの家庭が多いので、
平日の授業参観はなかなか保護者が来れませんよね。
そういう流れもあって、この中学でも年に何回かは
日曜参観日があるようです。

しかし、仕事の部署が変わって毎日忙しいうちのパパさんは、
今日は休日出勤・・・orz.
せっかくの日曜参観だったのに、
結局私だけ学校に行きました。
まぁ、パパさん本人も日曜参観に行きたかったようなので
気の毒ですが・・・。

さて、今日は「社会」の授業を見て来ました。
前の授業参観は「理科」で理科室での参観でしたが、
今回は教室での参観。
王子達、中1生の今の社会の勉強内容は
「地理」でした。

中学校は教科毎に先生が違います。
社会の先生は少し年配の女性の先生でしたが、
明るく、分かりやすい授業をしていました。
授業内容は
「世界の食文化の違いを学ぼう。」
何だか、クイズの様な楽しい授業でした。
まぁ、私自身が「社会」好きなのもありますが
(;´▽`A``

王子のクラスは、良くも悪くも
「ゆるーい雰囲気」で、
授業中も先生の説明に対して、
「なんでなんでー?」とか
「へぇー?そうなんだー?」とか
言う生徒が何名かいます
(;´▽`A``
でも、今日見た限りでは、あくまで
授業内容に関する疑問を口にする生徒達で、
まぁ、良く言えば<好奇心旺盛>
って感じの生徒が多いです。

グループ学習では、王子も同じグループの子達と
ニコニコ話しながら、授業に臨んでいて、
何だか私もホッとしました。
<王子、今のクラスに馴染んでいるなー。>
って。

しかし、今日は「日曜参観」だったのに、
学校に来ていた保護者の方々は
お母さん方が圧倒的に多かったなぁ
(;´Д`A ```

 

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム