アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

« 私にとってのシマ | トップページ | 幕末の革命家へ »

2013年2月 1日 (金)

レ・ミゼラブル

たった1個のパンを盗んだ罪で
19年間投獄された男-ジャン・ヴァルジャンの物語。
映画、レ・ミゼラブルを観に行きました。
Dsc_0995
原作自体が世界規模で有名なお話なんですが、
実は私、ハッキリとは原作を覚えていなかった
(;´Д`A ```
でも、今回の映画は予告や色んな評判を聞いて、
絶対に観に行こう!
って決めていました。

12月21日の公開からもう1ヶ月以上経ったのに、
私が観に行ったのは平日の午前中だったのに、
映画館はほぼ満員でした。

<ストーリー>
1815年、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、
19年も刑務所にいたが仮釈放されることに。
老司教の銀食器を盗むが、司教の慈悲に触れ改心する。
1823年、工場主として成功を収め市長になった彼は、
以前自分の工場で働いていて、
娘を養うため極貧生活を送るファンテーヌ(アン・ハサウェイ)と知り合い、
幼い娘の面倒を見ると約束。
そんなある日、バルジャン逮捕の知らせを耳にした彼は、
法廷で自分の正体を明かし再び追われることになってしまい……。

(シネマトゥデイ)

以下、感想です。

ミュージカルとは知っていましたが、
ミュージカルに特に興味はないこの私でさえ、
もうスクリーンの映像と音楽に夢中になりました。

主役は、ジャン・バルジャンなのですが、
19世紀の混沌としたフランスに生きた
色んな人達を描いており、
158分の上映時間も長さを感じませんでした。
それくらい、登場人物と物語に入り込んでしまった私。

無償の愛の為に生きるひと達。
己の信念の為に生きるひと達。

厳しい時代、厳しい境遇の中でも
愛と信念を貫いた人々の生きざまが
私の心を強く揺さぶりました。

本当に素晴らしい映画でした。

登場人物皆愛しいけれど、
私個人的には、
叶わない恋に生きたエポニーヌ
同性としてすごく泣かされました。
自分が好きな人は、コゼットしか眼中にないのに、
一途に最期まで愛を貫いた所が切な過ぎた・・・。

あとはまだ子どもなのに、革命に参加する
ガヴローシュ。
彼の姿を見るだけで泣ける・・・。

それから、この「レ・ミゼラブル」では悪役の立ち位置にいるであろう
ジャヴェール警部。
物語で終始、ジャン・バルジャンを追い詰め、対峙する人物。
社会秩序を絶対的に信奉する法の番人であり続けたが、
バルジャンによって、自分が今まで信じて来た価値観が根底から崩れていく様は、
とても人間臭いと最後は愛着すら感じてしまいました。

演じていたラッセル・クロウの演技が素晴らしかったのもあるのですが。

前半のクライマックス(?)にあたる、
子どもを養う為に極貧生活を送るファンテーヌが歌う
「夢破れて」で既に涙し、
中盤でエボニーヌが歌う「オン・マイ・オウン」
では、その切なさに涙し、
後半の革命のシーンで
「民衆の歌」で涙腺決壊。

もうamazonで「レ・ミゼラブル」のサントラ買っちゃいました
(;´▽`A``

生きているうちにこの映画を観てよかった!
って言い方は大袈裟ですが(笑)
それぐらい、魂が揺さぶられた映画でした。

« 私にとってのシマ | トップページ | 幕末の革命家へ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

行けないので、レンタルします!!!
今から予約しときたい。。。

ミュージカルってことは、劇中劇ですか?!

私はミュージカルといえば、サウンドオブミュージックと
オズの魔法使いしか知らないんですけど、
あんな感じなら、最後まで見れるかな。。。

ラッセルクロウが出てるー!!!
好きなんです、彼。それだけで最後までしっかり
見ると思う^^;
ミーハーですみません。。。


ぅめさん、コメントありがとうございます!
この映画はミュージカルだけど、セリフ自体を歌っているので、
劇中劇ではないですね。
サウンドオブミュージックとオズの魔法使いが大丈夫なら、
これも十分、大丈夫だと思います(*゚▽゚)ノ
私、あんまり自分が好きなものを人に勧めるってしないんだけど、
「レ・ミゼラブル」は自信を持ってお勧めしたいです!
ラッセルクロウのファンならなおさらっ!
ものすごく重要で考えさせられる役でしたよ。
あー、私、映画の世界にハマり過ぎて、
昨晩なんてレ・ミゼラブルの舞台の
19世紀のフランスが夢に出てきたー
Σ(゚д゚;)

20年以上前にミュージカルの舞台観ました。
島田歌穂の「オン・マイ・オウン」素晴らしかったです。
この歌は何度聞いても切なくて泣きます。

無限角さん、こんばんは!
コメントありがとうございます!
「オン・マイ・オウン」はエボニーヌが雨に濡れながら歌う歌ですよね。
エボニーヌの人生が切なくて、「オン・マイ・オウン」のシーンも泣けました。
実はサントラも買っちゃいました(;´▽`A``
曲を聴くと映画のシーンが思い出されます。
「レ・ミゼラブル」、本当に感動したので、
あと1回は映画館で観たいな。
気が早いですが、DVDも欲しいです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127414/56669476

この記事へのトラックバック一覧です: レ・ミゼラブル:

« 私にとってのシマ | トップページ | 幕末の革命家へ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム