アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

ココペリちゃんとロコペリちゃん

今日で2月も終わりですね。
はやっっΣ(゚д゚;)

今日はちょっとご無沙汰していたお友達のカフェへ
ランチをいただきに行きました
(*゚▽゚)ノ

Dsc_1183
野菜たっぷりのミートパスタ。
美味しかったですー(◎´∀`)ノ

で、そのお友達のカフェは可愛い雑貨も
取り扱っているのですが、
今日はこれをGETしました!
Dsc_1185

これは<ココペリ>という
ネイティブ・アメリカンに伝わる精霊で、
ココペリが笛を吹き、
幸せを運んでくると信じられているそうです。

ちなみに色や素材によっても、
いろいろな願いが込められているそうです。
私はココペリレッド→勇気を与える
ロコペリピンクブルー→愛情を与える

の両方を買いました(;´▽`A``
(ロコペリはココペリのハワイバージョンらしいです。)
これで、「愛と勇気」が私のもとに来るのね♪

お友達の店主さんとたくさんお話して楽しいひとときでした
(o^-^o)

2013年2月26日 (火)

上野動物園

東京旅行記を続けて書いていますが、
締めくくりはここの思い出を。
上野動物園

上野動物園は今までも何回か行っているのですが、
前回行った時は残念ながらパンダを見られなかったので、
「今度こそパンダを見たいっ!」
っていう思いもありました。

まず入園して最初に目に入ったのが、
キリンさん。
Dsc_1123_2

シマウマも優しげな雰囲気。
Dsc_11341670025063

サイ、カバ、カンガルーを見て、
園内のモノレールに乗って反対側へ。

ゾウさんだ!
Dsc_1151_2

ホッキョクグマのところにはたくさんの人だかり。
Dsc_1149

トラはずっとウロウロと落ち着かない様子。
Dsc_1164

そして一番微笑ましかった?のはゴリラ。
なんと!毛布を掛けて眠っていました
Σ(゚д゚;)
じ、自分で掛けたのか???

Dsc_1170

で、肝心のジャイアントパンダですが、
やっと会えましたーーー!
(◎´∀`)ノ

現在、上野動物園には
メスのシンシンとオスのリーリーがいます。
(共に2005年生まれだそうです。)
まずメスのシンシン。
Dsc_1155
お食事中(*゚ー゚*)
笹の葉を食べている仕草が愛くるしいー(*´ェ`*)
一方オスのリーリーは・・・?

Dsc_1157
お昼寝中でしたー(;´▽`A``

上野動物園のパンダといえば、
去年、待望の赤ちゃんが誕生したものの、
残念なことに
産まれて僅か6日で亡くなってしまいました。
あの時はニュースを聞いて悲しくなりましたね。
パンダの飼育ってとても大変なんですね。
パンダ自身が世間の期待にプレッシャーを感じるのかどうかは
分からないけれど、
これからマスコミも過剰に騒がずに
メスのシンシンはもちろん、オスのリーリーも
これから先ものんびりまったり過ごしてほしいです。

私はもういい歳した大人ですが、
動物園に行くと、
我を忘れてはしゃいでしまって、
完全に童心に帰ります
(;´▽`A``

王子も今回の東京旅行で
「上野動物園が一番楽しかった(*゚▽゚)ノ」
って言っていました(o^-^o)
家族で素敵な思い出がまたひとつ増えました。

またいつか行きたいなぁ。

2013年2月25日 (月)

岡本太郎記念館

昨日の記事で2泊3日の日程で
家族で東京旅行したことを書きました。
前回は「東京スカイツリー」の事を書いたので、
今日は別の観光地の事を書きます。

本当はサザエさんの作者の
「長谷川町子美術館」に行く予定でしたが、
休館だったので、急遽ここへ行くことに。
岡本太郎記念館
Dsc_1105

Dsc_10861874008944

岡本太郎といえば
「芸術は爆発だ!」の人で
大阪万博の「太陽の塔」の作者
という知識くらいしかありませんでしたが、
記念館の中の絵やオブジェ等の展示物は皆、
斬新で鮮やかで魅力的でした
(*゚▽゚)ノ

記念館の中は珍しく
<写真撮影可>
だったので、
私、写真撮りまくっちゃいました。

Dsc_1094

Dsc_1100

Dsc_1099
あ、岡本太郎さんだ!
Dsc_1098576664403

岡本太郎が使用した筆や絵具も展示されていました。
Dsc_1097

岡本太郎の生い立ちを調べると、
彼は一人っ子で、
お母さんはとても奔放な人だったようです。

(生い立ちだけなら私と似てるなぁ。
私も岡本太郎の100分の1でもいいから
芸術の才能があったらなぁ(;´▽`A``)
ご両親も共に芸術家だったそうで、
その家庭環境も影響してか、
岡本太郎の作品は既存の常識にとらわれない
とても斬新なものばかりです。

「岡本太郎」という素晴らしい芸術家と
彼の斬新な作品の事を
改めて知るとてもいい機会でした。

それから、「岡本太郎記念館」は
南青山にあるのですが、
私、実は初めて南青山に行ったんです。
南青山って何て上品でオシャレな場所なのー
Σ(゚д゚;)

2013年2月24日 (日)

東京スカイツリー

実はこの土日、家族でちょっと
東京まで遊びに行きました
(*゚▽゚)ノ

実はパパさんが金曜日に東京出張だったので、
夕方から私と王子も合流したのです。

で、土曜日の23日にずっと行きたかった
念願の東京スカイツリーへ行って来ました
(*゚▽゚)ノ

首が悪い私は見上げたら首が痛くなる位
とっても高かったです
(;´▽`A``

お天気もよかったので、キレイに写真に撮れました。
Dsc_10601195083330

事前にスカイツリーに着いてネットで調べたら、
土日の昼間はとっても混雑するようなので、
午前中で行って来ました。
でも午前9時位に着いたにも関わらず、
すでに人がいっぱい
Σ(゚д゚;)
当日券を買うのに20分位並びました。

でも午後過ぎたら、当日券買うのに1時間くらいは並んだかも
(;´Д`A ```

展望台まで上るエレベーターの内部がとってもオシャレ!
Dsc_1073
プラネタリウムみたーい(◎´∀`)ノ

エレベーターは超高速であっという間に展望台。
私達が行った土曜日の東京はいいお天気だったので、
とってもきれいに東京の景色を見ることが出来ました!

Dsc_1064

Dsc_1065

今まで東京タワーとか都庁の展望台に行った時も
こんなにきれいに見ることが出来なかったけれど、
お天気が良くて本当に良かった!

あと、展望台には「ガラス床」があったんです。
床の一部がガラス張りになっており、
真下を眺められるんですが、
高所恐怖症の人はガクブルかも
Σ(゚д゚lll)
Dsc_1071
こんな感じでした。

ソラマチの中もたっくさんのお店や水族館とかもあって、
時間が合ったら一日中居たいくらいでした。

 

スカイツリー、何か本当にオシャレできれいでした。
今度は一日中いたいなぁー。

2013年2月17日 (日)

かえのきかないかけがえのないもの

先日、大阪で小学5年生の児童が
飛び込み自殺をしたという非常にショックな出来事がありました。

その動機を知って、さらにいたたまれない気持ちになりました。
<(中略)市教委によると、市立小学校統合実施計画に基づき、
同校は今年4月、近くの学校に統合され、2月17日に閉校式の予定だった。
遺族によると、遺書らしきメモには
「どうか一つのちいさな命とひきかえに、とうはいごうを中止してください」と記されていた。
 また、男児は13日、「閉校式を止めることができないか」
「学校がつぶされるのに僕たちの気持ちを誰も聞いてくれない」と話していたという。>
<毎日新聞ニュースより抜粋>

小5といえばうちの息子と1歳しか変わりません。
この子はきっと、とても自分が通う学校が好きで、
その学校がなくなるのが耐えられなかったのでしょう。

でも、どうしてそこで死を選んでしまったのでしょうか?
自分が死んだら、周りの大人が大騒ぎして、
学校の統廃合を取りやめてくれると思ったのでしょうか?
でも、死んだら全てが終わりなのに。
死んだら大好きな家族とも友達とも二度と会えないのに。

今の子どもは命の重さをどれくらいに考えているのでしょうか?
突然、こんな形で最愛の子どもを亡くされたご両親の心境を思うと、
胸が張り裂けそうです。

小学5年生、11歳。人生はまだこれからなのに。
もう二度と未来ある子供が自ら命を絶つというニュースは聞きたくない。

私達大人も、今一度自分の子どもや
周囲の子どもの心に耳を傾けて真剣に向き合う必要がありますね。

そして、どんなことがあっても、
「死」という選択だけは絶対にしてはいけない事を
子どもに伝えていく責任が大人にはあると思います。

そしてマスコミも必要以上に自殺の報道は取り上げないでほしい。
精神が発達過程にある子供はそういう事に感化されやすいから。
「息子の思いに気付いてやれなかったのが悔しい。
自殺というやり方で世の中が変わると他の子が思わないでほしい」と
亡くなった児童のお母さんは取材に答えていたそうです。
これを聞いて、本当に胸が痛い。
自分の死とひきかえに何かを変えようなんて、
そんな考え、絶対にしてはいけないよ。
いのちは絶対にかえがきかないのだから。

2013年2月15日 (金)

秘密結社 鷹の爪 NEO

小6の王子と私二人ですっごくハマってるアニメがあります。
「秘密結社 鷹の爪」
Pic_new_kv_w624
世界征服を目論む「悪の秘密結社」なんですけど、
見た通り、愛らしく脱力なキャラ達の
いわばドタバタコメディなんですがね
(;´▽`A``

今シリーズはweb配信と
テレビでも毎週金曜日の午後6時20分から
Eテレで放送していたんです。

で、そのテレビ版
「秘密結社 鷹の爪 NEO」がとうとう今夜
最終回だったんですがね、
えぇ、本当に最高に面白かったです
( ´艸`)

しかも、番組の最後に重大発表があるって
Twitterで知ったので、見ていると、
<4月から続編開始!>
Σ(゚□゚(゚□゚*)

王子と大喜びしてしまいました
(;´▽`A``

王子はまぁともかく、
アラフォー主婦の私まで夢中にさせてしまう脱力コメディ
「秘密結社 鷹の爪」
バカバカしいって言えばそうなんですが、
観た後に悩みなんて忘れるくらい笑える
(一応私はw)
楽しいアニメです。

ちなみに昨日は戦闘主任の吉田君の誕生日だったので、
吉田君のTwitterに
「お誕生日おめでとうございます」って
ラブコール送っちゃいましたよ。えぇ
Σ(;・∀・)

昨日24歳になった吉田君
F0161704_13552281

まぁ、こういうアニメで親子で笑えるって幸せですよねー。

正義の味方のDXファイターが鷹の爪団に対して
ツンデレ過ぎるー
そして、博士、可愛いよ、博士ー!

2013年2月13日 (水)

テッド

今話題(?)の映画を観て来ました。
テッド
Dsc_1027

先日観た「レ・ミゼラブル」があまりに素晴らしかったので、
「しばらくレミゼを超える映画はないかなぁ?」
って思っていたのですが、
何かと話題のこの「テッド」
予告も気になるー
Σ(゚д゚;)

あんなカワイイテディベアがエロオヤジ?
気になって仕方ないので観に行っちゃいました
(;´▽`A``

R15にまでなっているし、ドン引きするかなーって
観る前は思ったりもしましたが、
想像以上に笑えて面白かったです
(≧∇≦)

<ストーリー>
いじめられっ子からも無視される孤独なジョンは、
クリスマスプレゼントとして贈られたテディベアと友人になれるように祈る。
彼の願いが通じたのか、テディベアに魂が宿り、
ジョンにとって唯一無二の親友テッドとなる。
それから27年の月日が経ち、
中年となっても親友同士であるジョン(マーク・ウォールバーグ)とテッド。
一緒にソファでくつろいでは、マリファナをくゆらし、映画を楽しんでいる彼らに
ジョンの恋人ロリー(ミラ・クニス)はあきれ気味。
ジョンに、自分とテッドのどちらかを選べと迫る。

(シネマトゥデイ)

以下、感想なので、多少のネタバレありです。

ファンタジーにエロとコメディが一緒になった感じ。
最初、主人公のジョンが子供時代の時は
クリスマスプレゼントのテディベアに魂が宿り、
「一生の友達だよ」と約束するシーンなんて、
本当にファンタジックで可愛らしいー(*゚ー゚*)

なのに・・・・
27年の年月が経過したら・・・・
主人公のジョンだけじゃなく、
テディベアのテッドもオヤジになっちゃった
w(゚o゚)w

しかも、メチャクチャ下品なエロオヤジ
( ̄Д ̄;;

見た目の愛らしさとのギャップがスゴイです
Σ(゚д゚;)
でも、下品ながらもテッドの言葉とか
いちいち面白くて、何回もクスクス笑っちゃいました
(;´▽`A``

しかも結構主人公のジョンとその恋人そして
テッドとの間にはジーンとするドラマ(?)もあり、
クライマックスは何だか感動しちゃいましたよ。

映画を観終わった後は
「テッドのぬいぐるみがあったら欲しいなー」
とまで思ってしまいました。

夢とファンタジーにエロとアメリカンギャグのさじ加減が
絶妙でした;
:゙;`(゚∀゚)`;:゙

2013年2月11日 (月)

中学校の制服注文

今日は4月から中学生になる王子の
中学校の制服と体育着の注文をしに行きました。

先週の木曜日に行われた
「中学校説明会」
「制服と体育着について、2月24日までに
注文を終えられるよう、よろしくお願いします。」

って強調されたものですから
(;;;´Д`)ゝ
中学の制服には刺繍でネームを入れるのです。
それで早めに注文してほしいみたい。
制服にフルネーム刺繍するのって、
個人情報丸わかりだなぁって感じもしますが
(;´Д`A ```

今まで小学校には普通に夏はTシャツ、冬はトレーナーで
登校していたものですから、
「王子に中学校の制服ってどんな感じだろう?」
ってなんか私まで緊張してしまった
Σ(゚д゚;)

中学校の制服指定店が近所にあり、
期限が近付くと注文が殺到すると聞いていたので、
余裕を持って今日注文してきました。

もちろん、王子同伴で。
お店でサイズの採寸もしてもらうので・・・。

ここ2年で急に背が伸びた王子。
私服もここ1年単位で買い替えています
(;´▽`A``
まだまだ成長するだろうなぁ。
とか色々考えていましたが、
お店の方は制服採寸のベテランで、
一緒に考えながら、

上着はLLを注文。

LLは今の王子にはちょっと大きめな気もしたのですが、
その前にLを試着したら、ちょっと窮屈そうだったので
Σ(゚д゚;)
洗濯の事も考えて、上着はちょっと多めに注文したのですが、
今あらためて考えると、
とりあえず、最低限の枚数を注文して、
(サイズが意外に合わない事もあるのかなー
と今頃思ったりして)
入学してまた追加して注文しても良かったかなぁ。
とか後になって後悔している私です_| ̄|○

当の王子は採寸の時、かなり緊張していたみたい
(;´▽`A``

焦って、上着のボタンがなかなか外せなかったり。

試着室で見た制服姿の王子は
慣れない感じで本人も落ち着きませんでした。
でも中学校に通ううちに慣れて来るんだろうなぁ。

2013年2月 7日 (木)

中学校の入学説明会

今日は王子が4月から通う
中学校の入学説明会
王子共々行って来ました。

王子が通う小学校を含めて4校の小学校から
入学予定の生徒と保護者が来ており、
会場の体育館はもうごった返していました。
結構マンモス校らしいです。

今日の入学説明会では、
①中学校生活と入学までの準備について
②制服の紹介
③生徒心得について(要するに校則の事)

等について説明がありました。

私も昔は中学生時代があったから分かるけれど、
小学校→中学校になると、教科も増えるし、
授業内容も専門的になって難しくなりますよねー
(;´Д`A ```
それに加えて部活との両立。。。
王子はまだ部活はどこに入るか決めきれない様子です。

あと、中学校って私達の時もそうだったけれど、
<中学校が一番校則が厳しかったΣ(゚д゚;)>
今も髪型や制服のサイズとか
(特に女子の場合はスカート丈)
運動靴、靴下の色など
結構ガチガチに決められているみたいです。

例えば男子の髪型は、丸刈りかスポーツ刈り。
長髪は、眉や耳を覆わず後ろは刈上げること。
だって。

もちろん、茶髪や金髪に染めたり、パーマかけたりするのは
中学生らしくないから、そういうのは禁止なのは分かるけれど、
やっぱり中学生はまだ未熟だから、
学校側など大人が
<中学生らしい服装や髪形>
を決めなくちゃいけないのかしらね?
((・(ェ)・;))

あと、靴下は「白」って決まっているみたいです。
王子の靴下、白もあるけれど、
黒や紺の靴下もあるんだよなぁ。

とりあえず、制服は名前を入れてもらう都合上
今月の24日までに注文しなくちゃいけないって
早くしなくちゃ
Σ(゚д゚;)
あと、制服以外にも体育着と
トレーニングウェアも注文しないといけないし、
通学カバンに副教材・・・。
入学までに揃えるないといけないものがたくさんあるぞ!
ヾ(*゚A`)ノ

もう2月も7日だし、
きっと4月の入学まであっという間なんだろうなぁ。

2013年2月 6日 (水)

父の誕生日

今日、2月6日はあの奇跡の44歳!
福山雅治のお誕生日!
でもあり、
あの!「アンパンマン」の
お誕生日でもあるんですよね
Σ(゚д゚;)

でも、私にとっては今日は父の誕生日です。

離れて暮らしている分、毎年この日は
プレゼント送ったり、電話しています。
でも、今日、電話したら電話の向こうの父は
風邪をひいていました・・・。

せめて同じ県内に住んでいたら、
父の所に様子を見に行きたかったけれど、
飛行機に乗らないと会いに行けない距離・・・。

一応、熱はないし、ただの鼻風邪らしいので、
大したことはないんですが・・・(;´Д`A ```

でも改めて考えたら、
私の息子が今春中学生になるという事は、
もうそれだけ年月は流れて、
私の親も年老いていっているというのが
避けられない現実なんだな。。。

つい最近、歌舞伎界の大御所の方が肺炎で亡くなって、
大きなニュースになっていましたが、
その方は66歳で私の父はその方より1歳上なんですよね。
そう考えると、何だか他人事に思えなくて
悲しくなってきました。

自然の摂理では、親は子よりも先に逝く。
それは自然の流れなんだけど、
生きていくうえで避けては通れない試練なんだろうけれど、
想像しただけで胸が張り裂けそうだ。

私は父とはあまり一緒に住んでいなかった。
私が子供の頃は父は仕事でずっと単身赴任だったし、
いざ、家族3人で住めることになった矢先に
母の精神疾患が重くなり、
私は親戚の家に預けられたから。

そういう背景もあってか、
私は父に対して、
どこか「他人行儀」な所があり、
本音を出せないでいた。

でも私も家庭を持ち、一児の母になって、
父との関係も子供の頃よりは親密になり、
たったひとりの孫である王子とも出来るだけ、
夏休みには会いに行ったり、
電話で話すようにしている。

今日で67歳になった父。
まだまだ元気でいて欲しいと
心から思うのです。


2013年2月 3日 (日)

幕末の革命家へ

毎年、突っ込んだり、
文句を言いながらも大河ドラマは観ている私です。
今年の大河「八重の桜」も初回から観ています。

ぶっちゃけ、主人公の「新島八重さん」については、
この「八重の桜」の企画が世に知られるまで
知らなかった私ですが・・・
(;´Д`A ```

とりあえず、幕末の動乱は色々と関心があるので、
今年も最後まで観るんだろうなぁ。

実はこの私、歴史上の人物の中で今夜の回で
刑死した吉田松陰の事が子供の頃から好きなのです。
小学生の頃に「吉田松陰」の伝記を読んで以来、
尊敬する人物の欄に「吉田松陰」って書くくらい、
ある種リスペクトしています

(;´▽`A``

歴史の教科書では確か、
松下村塾で多くの幕末の志士を育てるも、
安政の大獄にて29歳の若さで刑死。
と書いてあると思います。

しかし、この吉田松陰という人は、
ものすごく強い信念を持ち、
恐ろしい行動力の持ち主なんですよね
Σ(゚д゚;)

脱藩したり、黒船に乗り込もうとしたり・・・
Σ( ̄ロ ̄lll)

当時は、脱藩や海外密航は死罪に当たる行為なのに。
死を覚悟してまでも、
自分が信じた道を突き進む行動力
ちょっと過激な面もありますが、
ものすごく<先見の明>
持っていた人だと思います。

そして、今でいうところの
<カリスマ性>を持っていた人でした。
吉田松陰は29歳の若さで刑死しますが、
彼の思想は、高杉晋作ら長州藩士を突き動かします。

彼の辞世の句がまた心を打ちます。
「身はたとい武蔵の野辺に朽ちぬとも
留め置かまし大和魂」

この句、理屈では上手く説明できないけれど、
私の心を強くゆさぶりました。

私自身はへタレで自分が思った事をなかなか行動にうつせないから、
こういう人に憧れるのかなぁ?

今の時代、こんな人物いませんよね・・・?
吉田松陰が今の日本をみたら、
何て言うのだろうか?

2013年2月 1日 (金)

レ・ミゼラブル

たった1個のパンを盗んだ罪で
19年間投獄された男-ジャン・ヴァルジャンの物語。
映画、レ・ミゼラブルを観に行きました。
Dsc_0995
原作自体が世界規模で有名なお話なんですが、
実は私、ハッキリとは原作を覚えていなかった
(;´Д`A ```
でも、今回の映画は予告や色んな評判を聞いて、
絶対に観に行こう!
って決めていました。

12月21日の公開からもう1ヶ月以上経ったのに、
私が観に行ったのは平日の午前中だったのに、
映画館はほぼ満員でした。

<ストーリー>
1815年、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、
19年も刑務所にいたが仮釈放されることに。
老司教の銀食器を盗むが、司教の慈悲に触れ改心する。
1823年、工場主として成功を収め市長になった彼は、
以前自分の工場で働いていて、
娘を養うため極貧生活を送るファンテーヌ(アン・ハサウェイ)と知り合い、
幼い娘の面倒を見ると約束。
そんなある日、バルジャン逮捕の知らせを耳にした彼は、
法廷で自分の正体を明かし再び追われることになってしまい……。

(シネマトゥデイ)

以下、感想です。

ミュージカルとは知っていましたが、
ミュージカルに特に興味はないこの私でさえ、
もうスクリーンの映像と音楽に夢中になりました。

主役は、ジャン・バルジャンなのですが、
19世紀の混沌としたフランスに生きた
色んな人達を描いており、
158分の上映時間も長さを感じませんでした。
それくらい、登場人物と物語に入り込んでしまった私。

無償の愛の為に生きるひと達。
己の信念の為に生きるひと達。

厳しい時代、厳しい境遇の中でも
愛と信念を貫いた人々の生きざまが
私の心を強く揺さぶりました。

本当に素晴らしい映画でした。

登場人物皆愛しいけれど、
私個人的には、
叶わない恋に生きたエポニーヌ
同性としてすごく泣かされました。
自分が好きな人は、コゼットしか眼中にないのに、
一途に最期まで愛を貫いた所が切な過ぎた・・・。

あとはまだ子どもなのに、革命に参加する
ガヴローシュ。
彼の姿を見るだけで泣ける・・・。

それから、この「レ・ミゼラブル」では悪役の立ち位置にいるであろう
ジャヴェール警部。
物語で終始、ジャン・バルジャンを追い詰め、対峙する人物。
社会秩序を絶対的に信奉する法の番人であり続けたが、
バルジャンによって、自分が今まで信じて来た価値観が根底から崩れていく様は、
とても人間臭いと最後は愛着すら感じてしまいました。

演じていたラッセル・クロウの演技が素晴らしかったのもあるのですが。

前半のクライマックス(?)にあたる、
子どもを養う為に極貧生活を送るファンテーヌが歌う
「夢破れて」で既に涙し、
中盤でエボニーヌが歌う「オン・マイ・オウン」
では、その切なさに涙し、
後半の革命のシーンで
「民衆の歌」で涙腺決壊。

もうamazonで「レ・ミゼラブル」のサントラ買っちゃいました
(;´▽`A``

生きているうちにこの映画を観てよかった!
って言い方は大袈裟ですが(笑)
それぐらい、魂が揺さぶられた映画でした。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム