アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

久しぶりに

先週の土曜日に王子と「エヴァ」を観に行って以来、
ほぼ「引きこもり状態」だったpinguです
(;´Д`A ```

ちょっと気候の変化に体調を崩したり、
膝が痛みとかがあって・・・
(と自分に言い訳w)

だけど最近、お友達と会っていない事に気づき、
「お友達とお話ししたいなぁ。」
と思って、
久しぶりにお友達がやっているカフェでランチをしてきました。

Dsc_085367644563
お友達のカフェでランチ。
「ブロッコリーとベーコンのペペロンチーノ」
ガーリック味がきいていて、すっごく美味しかった
ヽ(´▽`)/

お友達のお店は来月12月に
1周年を迎えます!
すごいなぁ。

1周年のイベントもあるようなので、
私も少しでも参加したいなぁと
思っております(*^-^)

私も久しぶりにお友達とお話して
気分転換出来ました
(o^-^o)

2012年11月25日 (日)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

母子揃って「アニメオタク」なpinguです。
ついにヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
を観に行きました。
Dsc_0853
この私が「エヴァオタ」になったのは、
TVシリーズが終わって、
旧劇場版も終わったここ4~5年前の事。
急に「エヴァってどんなアニメかな?」と思い立って
テレビシリーズのDVDを観たら、
その深い世界観にメチャクチャハマりまくりました!
主人公が等身大の悩める少年というところもいい!

そして「新劇場版」の「序」「破」が公開され、
「破」はひとりで劇場まで観に行ったけれど、
もうひとりでメッチャ、テンションが上がったのを
今でも覚えています。
その「破」の続きの今作「Q」公開まで3年が経ち、
王子もその間にTVシリーズと旧劇場版、
新劇場版を全部観て

親子揃ってエヴァオタに
(;´▽`A``

しかし、17日に「Q」が公開されると、
ネットの映画レビューでは、
ネタバレを極力見ない範囲で評判を覗くと、
もう<賛否両論の嵐っ!>
Σ(゚д゚;)

確かにエヴァファンからすると、
前作の「破」があまりに良すぎて、
続編への期待値が上がり過ぎたかなぁ

という感じはしていました。
制作側も予告を「小出し」にしていた感じだし
(;´▽`A``

さて、観に行った私の感想です。
ネタバレがあるので、
観に行った人、もしくは多少のネタバレは大丈夫な人だけ
以下を読んでください。

 

まず同時上映で「巨神兵東京に現る」という
短編上映があり、
「なにーー?!
いきなり最初でこんな絶望的な光景を見せるのかー!」

という感じでした。
ちなみに王子は「特撮大好き」なので、
王子としては、大変満足だったらしいです。

そして、「エヴァQ」本編。。。

え?!いきなり「破」から14年後の世界ですか?!
Σ( ̄ロ ̄lll)

と私の予想の斜め上を行く展開にド肝を抜かれ、
(ネタバレ観ないでよかったかも(;´▽`A``)
ミサトさんやリツコさんが「反ネルフ組織」に属している事も
全くの予想外でしたΣ(゚д゚;)

そして主人公の碇シンジくんは終始、
「なんで?なんでこうなっているの?
みんなどうして?」

とまるで観客同様、
ポッカーンと置いてきぼり状態
( ̄Д ̄;;

「破」で感じた「ワクワク感」とか
「高揚感」はどこいった?!

再び絶望へと叩きのめされた碇シンジと
観客達という感じでした。
シンジが置かれている状況がとにかく悲惨。
シンジと歳が近い王子は心の底から

「自分がシンジだったらこんなの耐えきれないっ!」
って終わった後に言っていました。
そうだよなぁ。
周りの大人達もシンジに「空白の14年間」について
説明しなさすぎっヾ(*゚A`)ノ

そして、次回作で完結のはずなのに、
また謎がたくさん出て来たよー。

・アスカの眼帯の理由は?
・マリの正体とその目的とは?
・今作に出てこなかった登場人物の安否は?
・なんでチルドレンは<エヴァの呪縛>にかかるのか?

などなど・・・
数えたらキリがないですが・・・。

本当に「Q」と急を掛けているのか知らないけれど、
あまりの急展開に気持ちがまだ付いていけません。
だけどラストは希望に繋がるような終わり方で、
また、次回作(完結編)への期待が高まりました。

だけど、今作で完全にTVシリーズや
旧劇場版とは違うエヴァになったなぁ。

という感じでそれはそれで複雑です。

とりあえず観終わってから、
王子と「エヴァ」の事ばっかり語り合っています。
「エヴァ」は観る人によって、
解釈が分かれるシーンも多いし、
それがエヴァの面白さなのかも知れませんね。


あと、カヲルくんファンの私としては、
色々と胸が痛くなりました
(;´Д⊂

2012年11月20日 (火)

身体測定

今日、王子の通う小学校で
身体測定
がありました。

小学校での身体測定は
4月と11月の年に2回行われます。

今回(2012年11月)は
身長:157.3㎝
(4月は152.3㎝)
半年で5.0㎝の増!

体重:50.0kg
(4月は44.6kg)
半年で5.4kgの増でした
ヽ(´▽`)/

身長も体重も順調に増えていてうれしいな
(*^-^)

実は王子、クラスの男子の中で2番目に身長が高いみたいです。
洋服を買っても、すぐに着られなくなっちゃう
Σ(゚д゚;)
まぁ、うれしい悲鳴ですね
(;´▽`A``

私の身長が160㎝だから、
もうすぐ私、身長を追い越されそうです
(;´▽`A``

体重についても、昔は細かったけれど、
いつの間にか小6男子の標準体重より
約2kgも増えてるっ
Σ(゚д゚;)
気が付けば、肥満児って事にならないように
家での食事、改めて気をつけなくちゃ
Σ(゚д゚;)

2012年11月17日 (土)

小学校最後の親子レク

今日は王子の小学校の行事で
6年生の親子レク
がありました。

親子レクは、一年に1回各学年ごとに
行われます。
毎年、児童とその保護者で
時にはスポーツをしたり、
時にはクッキングをしたりと
色々ありました。

私は実は超が付くほどの
<運動オンチ>で
<運動嫌い>
( ̄Д ̄;;

でも観戦するのは好きですよ(;´▽`A``
その上、王子が小学生になってから、
大きな病気をして、3回も手術したから、
手術した年とかは「親子レク」に
参加できない事もありました。

(体力的な問題で(;´Д`A ```)

でも今年は王子は6年生。
小学校最後の「親子レク」です。

そう思うと、何か行かないといけないというよりも、
どうしても今年は参加したい!
という気持ちでいっぱいになったのです
(;´▽`A``

今日はあいにくの雨でしたが、
体育館にて予定通りの開催。
ただ土曜日だし、
お仕事している保護者もいるので、
強制ではありません。
でも、ほとんどの生徒の保護者が参加していましたね。

6年生親子レクの内容は、
クラス対抗のスポーツ。

生徒と保護者が一緒になったり、
生徒だけ、保護者だけでの競技があったりしました。
親子で障害物競走したり、
子どもと保護者それぞれ綱引きや、大縄跳び。

運動するのは大嫌いな私ですが、
今日は何か楽しくて、
保護者の方々ともワイワイ楽しみながら
参加することが出来ました。

王子と一緒の障害物競走は案外王子が冷静で
私が焦ったり(;´▽`A``

保護者の大縄跳びなんて、
私、まだ膝が痛いから見学しててもよかったのに、
思わずノリで参加して、案の定また膝が痛くなったー
。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

大縄跳び、実際にやってみると本当に難しいー
Σ(゚д゚;)

この小学校は6年生は3クラスしかありません。
王子が所属している1組はみんなマイペースで、
他のクラスよりややおとなしめな子が多いせいか?
総合成績は3クラス中3位でした。

(つまりビリ(;´▽`A``)

でも私、楽しかったなぁ。
王子もクラスの子達と楽しそうにしているのを見て、
ホッとしました。

ただ、私早速夜から足が筋肉痛になってしまったぁ
Σ( ̄ロ ̄lll)

2012年11月16日 (金)

のぼうの城

歴史物大好きな私にとって
前から観たかった映画です。
のぼうの城
Dsc_0839
戦国時代の史実に基づいたお話ということ。
野村萬斎さんが主演という事で
早く観たかったー!

ただこの映画、「水攻めのシーン」があり、
東日本大震災の被災者の方々に考慮して
一年位公開が延期になったのですよね。

<ストーリー>
天下統一を目指す豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じるも、
その中には最後まで落ちなかった武州・忍城(おしじょう)と呼ばれる支城があった。
その城には領民からでくのぼうをやゆした“のぼう様”と呼ばれ、
誰も及ばぬ人気で人心を掌握する成田長親(野村萬斎)という城代がいた。
秀吉は20,000の軍勢で攻撃を開始するが、
将に求められる智も仁も勇もない、文字通りのでくのぼうのような男の長親は、
その40分の1の軍勢で迎え討とうとする。

(シネマトゥデイ)

以下、感想ですのでネタバレありです。

いやぁ、壮大でかつ、クスッと笑えるシーンもたくさんあり、
これぞ、日本のエンターティメントだ!
って感じの映画でした。

ただ戦のシーンは生々しく、グロい所も少しありましたよ。
実際に過去の戦場では沢山の武士が血を流し、
時には惨い死に方をしたのも事実ですからね。

あと、俳優陣も皆いい味を出していました!!!
正直言うと、配役で石田三成役が
上地雄輔さんと知った時は
「え?」と思いましたが、
思いのほか良かったです
(;´▽`A``
あと、ぐっさんってこんなに演技上手だったっけ?
ってビックリしました。
佐藤浩市さんのかっこよさはもう
「言わずもがな」と言った感じ。
甲斐姫を演じた榮倉奈々ちゃんも
すっごく魅力的な姫様でした(゚▽゚*)

そして何より、主役の野村萬斎さん。
家臣だけじゃなく、お百姓さん達にも愛される
「でくのぼう」成田長親を
とてもコミカルに、
そしてとても魅力的に演じていました。

もう
野村萬斎さんの「のぼう」に観客である
私も魅了されっぱなしでした
(*゚ー゚*)

クライマックスで、
のぼうが田楽踊りを披露するシーン。
敵側まで魅了しちゃって!

あの田楽踊りのシーンはとにかく見ものです!!!

上映時間は2時間半とちょっと長めですが、
全然飽きずに観ることが出来た映画です。
ただ、私が唯一気になったのは、
登場人物の話し方が、
昔口調と現代口調がごっちゃ混ぜになっていたところくらいかな?

2012年11月15日 (木)

小学校での大ハプニング

今日、王子が学校から帰って来て、
いつもとは違う、ちょっと興奮した様子で
「ねぇ、聞いて!
今日、学校ですっごいハプニングがあったんだよ
ヾ(.;.;゚Д゚)ノ」

とランドセルをおろす前に私に話してきた。

「え?何があったの?」
と私が喰いつくと、
「僕が説明するよりこれ読んだ方が早いかも。」
と言って一枚のプリントを差し出した。
(普段は学校からのプリントは私が言わないと
なかなか出さない子なのに(;;;´Д`))

そのプリントは給食センター所長名で
保護者宛てに出された<お詫び>の文書。
なになに?穏やかじゃないぞ!
と思って読むと、
<今日(11月15日)の給食について、
給食調理後に調理器具を洗浄、片付けしている時に
野菜を切る機械のねじが1個紛失したとの事。
調理室をくまなく探したが見つからず、
食材と一緒に給食に混入した可能性が高いと判断し、
給食のおかずの一部について、
児童生徒に提供できなかった。
一部給食を提供できなかったことについて反省し、
調理器具の点検作業の改善を検討します。>

とのお詫びの内容でした
(@Д@;

ということで結局今日の給食は、
ごはん、牛乳、デザートだけだったらしい
Σ(゚д゚;)

そのことを給食前に放送で全校生徒に向けて流したところ、
クラス中が大ブーイングだったって。
そりゃ、そーだよね。
食べ盛りの子供達だし、学校生活の中でも
給食は一番の楽しみだものね。

でも、もし、ねじが混入したことを気付かずに
誰かの口の中に入ってたら・・・((((;゚Д゚)))))))
と思うと怖い。
確かに、ねじを紛失したのは給食センター側のミスだけど、
事前に気付いて速やかに対処して、
保護者にも包み隠さず、文書を通して報告してくれたことは
私は評価したいなと思った。

子供達はお腹いっぱいにならずに
かわいそうだったけどね(;´▽`A``

2012年11月12日 (月)

ふれあいタイム(生徒と担任との二者面談)

ここしばらく風邪でブログ更新する元気のなかったpinguです。
何か急に寒くなっちゃいましたよねー
(;´Д`A ```

さて今日、王子は学校で担任の先生との二者面談がありました。
この小学校では、生徒と担任との二者面談の事を
「ふれあいタイム」
と呼んでいます。
今日の王子、朝からあまり元気がなかった。
月曜日という1週間のはじまりだから
というのもあるけれど、
(月曜日嫌いが私に似て来たぞ((((;゚Д゚))))))) )
実のところ、王子は
今年の担任の先生が苦手なのです
(;´Д`A ```

でも、王子から授業内容などを聞いたり、
実際に授業参観でその担任の先生の授業を見たら、
「確かに王子や他の生徒が苦手に思うの
何か分かるわ・・・(;´▽`A``」

という感じ・・・
( ̄Д ̄;;

私が感じた限りでは、<悪い先生>とは思わないけれど、
<こんな風に生徒に接していたら、
生徒の信頼を得るのも難しいし、
先生自身が自分で自分を追い詰めてるだけにしか見えないなぁ>

という感じです(;´д`)トホホ…

ちょっと、ヒステリックなところはあるかも。。。

で、今日の先生との面談。
帰宅した王子に
「どうだった?」
と聞いても、王子はなかなか
<ふれあいタイム>の内容を私に話したがらない。

いや、話したいけれど、嫌な思いが先立って、
上手く話せないって感じでした・・・。
王子、楽しい事や嬉しい事は私が聞かなくても
真っ先に話してくれるもの。

やっぱり、担任の先生とのマンツーマンの面談が
とっても苦痛でプレッシャーだったみたいです
(;´Д`A ```

まぁ、面談内容は
「学校の休み時間は誰とどんなふうに過ごしている?」
といった内容だったそうですが。

王子、この担任の先生に限らず、
一対一の面接とかは、かなり苦手な様子。
だけど、こういう面接はこれから先、
入試とか、就職試験の時とかで
必ず通らなくてはいけない道。
私は見守るしかない。

それは王子も十分理解していて、
「これから先は、もっとこんな面談があるんだよね・・・。」
って。
もしかしたら、王子は上手く先生と話せなかった自分自身に
納得が行かなかったのかなぁ?

だけど、夕ご飯の時にはいつもの王子に戻っていて一安心。

2012年11月 6日 (火)

授業参観と道徳講演会

今日は王子の通う小学校で
授業参観と
道徳講演会
が行われました。

2時間目は通常の授業参観で
3時間目は体育館で講師を招いての
道徳講演会。

この講演会は児童対象ですが、
保護者も是非参加して下さいとの
学校側からのお知らせがありました。

まず2時間目。
授業参観にしては珍しく「体育」の授業でした。
少し冷たい風が吹く校庭での授業。
最初は校庭を何周か走った後で、
ひとりの児童がサッカーボールを持ってきたので、
「サッカーの授業かな?」
と思いきや、
<キックベース>でした
(;´▽`A``
王子は運動があまり得意ではないので、
ちょっとハラハラしながら見ていましたが、
何と王子がバッターボックスで蹴ったボールが
相手側の子のエラーで何と満塁っ!
Σ(゚д゚;)

王子も一瞬戸惑っていた様で、
同じチームの子に
「走れ、走れー!」
と言われていたみたい
(゚ー゚;

そして3時間目は場所を体育館に移動して、
「道徳講演会」
講師の方は現役で特別支援学校にて
教鞭をとっている先生とのこと。
児童達の心を掴むために(?)
腹話術を使って、一人二役でボケツッコミを入れながら、
楽しく講演をしてくださいました。

でも内容はとても素晴らしいものでした。
<人間は100%良い人はいない。
誰にだって欠点はある。
そして100%悪い人もいない。
人間は良い面と悪い面を併せ持っている。
だからこそ、良い面は伸ばして、
悪い面は直していきましょう。>

という内容を非常を小学生に分かりやすく説明していました。
確かに人間という生き物って、
清濁併せ持っているよなぁと
聞きながら私も頷いてしまいました。

そして、何より<他人を思いやる心を
大切にしましょう。>

という事も分かり易くお話してくださいました。

<自分がやられて嫌な事は
他人にしてはいけないよ。>

当たり前の事なんだけど、
その当たり前の事が子供だけじゃなく、
大人でも出来ない人が多い。
まぁ、私もエラそうな事は言えませんが・・・。

本当に一人一人が相手の立場を
自分に置き換えて行動出来たら、
苛めとかも起きないはずなのに、
現状では昔から苛めはなくならない・・・。

今もこれからも王子が苛められたり、
逆に苛める側にならない事を願うばかりです。

その為には母親の私も家庭で王子との会話を
たくさんたくさんして、これから先も
<優しさと他人に対する思いやり>
を忘れない人間に成長するように
支えて、見守らなくては!

今日の授業参観も
道徳講演会も私もとても有意義でした
(o^-^o)

2012年11月 4日 (日)

ウルトラトークショー

今日、家族で某大学の大学祭に行って来ました。
お目当てはその大学祭で
「ウルトラトークショー」
が行われたから
(;´▽`A``

王子はもう6年生ですが、
今も「ウルトラマンシリーズ」
の大ファンです

(;´▽`A``
特にまだ王子が生まれる遥か前の
昭和の時代のウルトラシリーズが好きみたい。
特に「初代ウルトラマン」とか
「ウルトラセブン」辺りが好きみたいです。
あと、王子は「特撮もの」自体に興味があるみたい
(・∀・)

そのウルトラセブンのモロボシダンを演じた
森次晃嗣氏
初代ウルトラマンのフジ隊員(唯一の女性隊員)
を演じた
桜井浩子氏がゲスト!
Σ(゚д゚;)

王子だけじゃなく、私もミーハー心で
モロボシダンとフジ隊員に会いたくなったりして
(=´Д`=)ゞ

ウルトラセブンの時のモロボシダン。(森次晃嗣さん)
B0049684_15104086

ウルトラマンの時のフジ隊員。(桜井浩子さん)
Img_396887_4250624_0

実際にお目にかかった
森次晃嗣氏と桜井浩子氏は
お年は召したものの、
当時の面影がバッチリ残っていて、
素敵な方でした(*゚▽゚)ノ

私、廊下で桜井浩子さんとバッタリお会いして、
思わず照れながら会釈したら、
素敵な笑顔で桜井浩子さんも会釈して下さったぁ
(≧∇≦)

とても優しい方でした(*^.^*)

トークショーの内容もとても興味深いものでした。
ウルトラマンシリーズの中でも特に
ウルトラセブンは、テーマが深くて、
大人でも十分に楽しめるお話です。

例えば、人間よりも昔から地球の海底に住む人類がいて、
環境汚染によって、その海底人が暴れるんです。
それを人間を守る為にウルトラセブンは
先住民の海底人を滅ぼすという内容の
「ノンマルトの使者」という話があります。
果たして、人間が正義なのか?
色々と考えさせられるテーマです。

トークショーが終わったら
ウルトラセブンとウルトラマンダイナも登場して、
記念撮影会もありました!
Picsart_13520164166531072815862

大人も子供も楽しめたトークショーでした!

2012年11月 2日 (金)

新世紀エヴァンゲリオン (13) 【プレミアム限定版】

だいぶ前に予約していたコミックを
今日入手しました!
新世紀エヴァンゲリオン (13)
【プレミアム限定版】

Dsc_0807

さすがプレミアム限定版!!!
限定版のみに付いてくる特典
扉絵画集や3Dカード、
描きおろしポストカード6枚組
にもう大興奮
(≧∇≦)

3Dカードはレイとアスカの2ショットで
立体感はもちろん高級感あり。
Dsc_0808

ポストカードも素敵っ!
Dsc_0811
これは6枚のうちの1枚ですが、
ミサトさんのセクシー過ぎる絵なんて
これ、王子に見せられないっ
(〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.
って思ったよー(;´▽`A``

あ、肝心のコミックですが、
もう12巻からだいぶ間が空いたので、
ちょっとエヴァの世界に浸かるのに時間がかかってしまった
(;´Д`A ```
ネタバレになるので、
内容はあんまり書けませんが、
一応は旧劇場版の内容を踏まえつつ、
貞本コミックは
旧劇場版の内容を少し変えて来ています。

読み終わった私の感想は・・・
・量産機が怖すぎるー((((;゚Д゚)))))))
・シンジくん、やるじゃんっ!
・えーっ!ここで13巻終わりかよっ!

また14巻までおあずけですか?

でも、これで今月17日公開の
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
への熱が一気に加速してきたーーーー!!!
新劇場版Qの特報予告画像が
ピアノ曲だけが流れる意味不明な予告
だったけれど、
最新版の予告画像を観たら、
なんだかワクワクしてきたぞー!
カヲルくんに早く会いたいぞー!

これが噂の意味不明予告画像。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム