アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

膝の痛み

季節の変わり目、体調を崩し易い私です。

大きな病気をして仕事を辞めてから、
半ば引きこもりの生活が続き、
外出も毎日のお買い物と
(お買い物に行くスーパーは徒歩で5分位)
時々病院に行ったり映画を観に行ったりする位。

でもって、運動が大の苦手・・・。
とくればどーしても
運動不足になっちゃいますよねぇ
(;;;´Д`)ゝ

そんな私が昨日、普段通り昼間にお掃除をしていると、
急に
Σ( ̄ロ ̄lll)
な感覚が左膝に走った
((((;゚Д゚)))))))

左膝が痛い。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
こんな感覚や痛みは初めて・・・。

昨日一日様子を見ていたのですが、
今日になっても膝の痛みがひかないので、
整形外科を受診したら・・・

お医者さんが
「左膝に水が溜まっていますね。」
Σ( ̄ロ ̄lll)
な、なぬぅーーーΣ(゚д゚;)
訳がよく分からないまま、
注射で膝の水を抜いてもらいました。
膝の注射、痛かった(ノ_-。)

念の為、レントゲンを撮ってもらいましたが、
骨には異常はないとのことで
ホッとしました。

後で調べたら、膝に水が溜まる症状って
そんなに珍しくはないようですね。
「膝に水が溜まる原因」
加齢も原因のひとつらしいが、
加齢なのか?!加齢が原因なのかーーー?!
Σ( ̄ロ ̄lll)

今は水を抜いてもらったおかげで
昨日よりは痛みは和らいだ気がするけれど、
でも、立ったり座ったりする時は痛いです
(ノω・、)

2012年10月28日 (日)

小学校生活最後の運動会

今日は王子が通う小学校の運動会でした。
Photo

全国的にお天気が悪かったようですが、
こちらは秋晴れで
無事にプログラムどおりに運動会が出来ました
(o^-^o)
Dsc_0785

王子は小学6年生。
今、通っている小学校での運動会は
今年が最後で
す。
うー、何だか昨夜から私の方が緊張して眠れなかったです
(;´▽`A``

6年生の種目は、クラス対抗リレーと演舞。
演舞は毎年6年生が行う事が恒例になっています。

王子が低学年の時は
「演舞、カッコいいなぁ。
王子も6年生になったらやるんだなぁ。」

と思っていたのに、いつの間にか王子がそれをやる番に!
後ろの方で踊っていたので、写真とか撮り辛かったけれど、
王子も含めて、みんなカッコよかったです
(*゚▽゚)ノ

Picsart_1351407236782

Picsart_1351425417491
皆、真剣に上手に踊っていました!

クラス対抗リレーは、
王子のクラスはビリになっちゃったけれど、
皆、楽しそうでしたよ(o^-^o)

Picsart_1351431918487

そして、6年生は「親子フォークダンス」といって
保護者とフォークダンスをするのです
Σ(゚д゚;)

6年間、大切に育ててくれてありがとうございます。
という気持ちを込めてだそうで、
ここの小学校の恒例種目です。
だいたいの6年生はお母さんと踊っていましたね。
この「親子フォークダンス」も王子が1年生の時から毎年見てて、
「王子が6年生になったらこういうふうに踊るんだなぁ。
その時が来たら、感無量で泣いちゃうかも(;ω;)」

とか思っていましたが、
実際に踊ってみると、
踊るのに必死で泣く余裕などなかったりして
(;´▽`A``

朝の9時に始まり、お弁当時間を挟んで午後3時過ぎに閉会したけれど、
何だかアッと言う間に終わった運動会でした。

保護者の私は写真やビデオを撮るのにも必死だった
(;´▽`A``

だけど、今年は小学校最後の運動会という事もあって、
想いもひとしおでした(*゚ー゚*)

楽しかったなぁ。
王子達もこの日の為に
夏休みが終わったら毎日練習して、
毎日学校から疲れて帰ってきたけれど、
一生懸命やり遂げた運動会の想い出は
ずーっと心に残るでしょう。

2012年10月22日 (月)

ちょっと元気がない日に・・・。

この私、最近ちょっと元気がありません。
理由はわかりませんが、
時々、そういう
「元気が出ない日」があるのです。
今日は本当に「何もしたくない」くらい元気が出なかったので、
あらかじめ、王子に
「お母さん、今日はちょっと元気がないけど、
王子のせいじゃないからね。
いつもの『時々元気が出ない病』
だからさぁ。」

と説明しておきました。

王子はとっても優しい子なので、
私が元気がないとすぐに気付いて、
心配してくれるので・・・
( ´;ω;`)

そしたら、「そんな時は一緒にこれでも観ようよ。」
と録画した物を私に見せてくれた。
「秘密結社 鷹の爪」


これを5本くらいw
「秘密結社 鷹の爪」は王子と私、母子で大好きw
あまりのゆるさとバカバカしさに
見ていると、鬱々していた自分なのに大笑い
(;´▽`A``
それから、王子のさりげない優しさに感動
(;ω;)

2012年10月19日 (金)

今のところ寛解

今日は「特発性血小板減少性紫斑病」
検診の為、大学病院を受診しました。
2008年の夏に発症したこの病気。
一時期は血小板数値が1万を切ったこともありました。
治療で使うプレドニン(ステロイド剤)が全然効かず、
副作用に苦しんだ時期もありました。

だけど、2010年の3月に再発癌摘出手術と一緒に
脾臓を摘出してから、
血小板数値の上がり下がりはありましたが、
昨年2011年の11月から
プレドニンを飲まなくても良い事になり、
プレドニンなしの生活を送って約1年。

今日の血小板数値も
28万
と正常値でした
ヽ(´▽`)/

その結果を診た主治医の先生が
もう寛解状態ですね。
(寛解とは、病気の症状が、一時的あるいは継続的に軽減した状態。
または見かけ上消滅した状態。)」
と言ってくださり、嬉しかったです
(・∀・)

でも、そしたら先生、
「どうしますか?もう次は1年後に来ます?」
( ̄Д ̄;;
ちょ・・・、今、3ヶ月に1回の外来診察なのに、
いきなり1年後はその間に何があるか分からないから怖いです
((((;゚Д゚)))))))

と先生に伝えたら、
「じゃあ、半年後に来て下さい。」
ですってΣ(゚д゚;)
何か、主治医の先生ってかなり
アバウト???

でもひとまずは安心。
この病気は再発もあるけれど、
まぁ、人生どうなるか分からないし、
のんびり前向きに過ごしたいと思います
(*゚▽゚)ノ

この特発性血小板減少性紫斑病は、
脾臓で血小板が破壊されるから
最終的に脾臓の摘出をしたんですが、
どうして脾臓が急に血小板を壊すのか
(一応血小板に対する自己抗体が出来るらしいのだか)
それがどうして起こるのか?
まだ解明されていない部分も多い病気です。
このような「原因不明」の疾患について、
今後そういう病気の原因が解明され、
治療がもっとスムーズになるといいですね。

2012年10月17日 (水)

桐島、部活やめるってよ

ずっと観たかった映画をようやく観て来ました。
「桐島、部活やめるってよ」
Dsc_0759652493955
主演の神木隆之介くんが好きなのと、
タイトルに何か凄く惹きつけられたので。
ちなみに原作は未読です。

<ストーリー>
とある田舎町の県立高校映画部に所属する前田涼也(神木隆之介)は、
クラスの中では地味で目立たないものの、映画に対する情熱が人一倍強い人物だった。
そんな彼の学校の生徒たちは、金曜日の放課後、いつもと変わらず部活に励み
、一方暇を持て余す帰宅部がバスケに興じるなど、それぞれの日常を過ごしていた。
ある日、学校で一番人気があるバレー部のキャプテン桐島が退部。
それをきっかけに、各部やクラスの人間関係に動揺が広がり始めていく。

(シネマトゥデイ)

以下、感想なのでネタバレ含みます!

キャッチコピーに
「全員、他人事じゃない。」
ってあるんですが、
高校時代を経験したことのある人なら、
きっと登場人物の誰かに感情移入したり
高校時代の自分を思い出す映画だと思います。

あと、まず映画の手法が面白い。
「桐島」というバレー部のキャプテンで学校の人気者が
突然部活を辞めた金曜日が映画の中で
何回も視点を変えて繰り返されるのです。

同じ日常でも見る人が違えば
全然違う光景になるんだなぁ。

ってまずそこから面白かった!

学生時代って、どこにもきっと
クラスで注目される
「イケてるグループ」があって、
そのグループに属している人と、
そうじゃない人がいたと思います。
そして、部活とか何かに一生懸命になっている人と、
そうじゃない人も・・・。

私はまず、「イケてるグループ」の人たちとは、
真逆の人間だったので、
「イケてるグループ」に属する人達が持つ
キラキラした感じが内心ではとっても羨ましかった。

そんな高校生でした。
そして、部活もすぐに辞めちゃって、
何にも夢中になれなかったから、
もうこの映画を観ていて、
ずっと「痛い感じ」が胸に突き刺さっていました。

人間、特にあの世代が持つ優越感や劣等感、
羨望、嫉妬、虚無、孤独、片思い・・・。

そんなものを嫌と言うほどに
見せ付けてくれる映画です。

「イケてるグループ」に属しているけれど、
実は友達との関係も形だけで、
何にも夢中になれない高校生。
(この映画では桐島の親友の宏樹)
一番「イケてないグループ」なんだけど、
映画部の部長で映画に夢中な高校生。
(この映画では神木くん演じる前田)

私は前田が羨ましく思えて、
宏樹に感情移入してしまった。

グループの上下に関係なく、
夢中になれるものを持っている前田も、
何でも出来るのに、部活も幽霊部員になって、
高校生にして「諦めた感ありあり」の宏樹も
どっちも愛おしい。
あと宏樹に片思いし続ける
吹奏楽部の部長の女の子にも
その不毛な片思いに共感しまくってしまった。

あと、クライマックスの屋上シーンは
すっごく良かったです!

予告動画で「あなたの記憶を刺激する。」
とあったけれど、
本当に高校時代の記憶を刺激されまくりでした。

2012年10月16日 (火)

家族になって2年目の記念日

10月16日は愛猫、シマと出会って、
家族になった2年目の記念日です。

2年前の夕方、買い物帰りに
まだ生後1ヶ月半〜2か月のシマに出会いました。

家の前の車も通る狭い道をテクテクしていたシマ。
はじめは夕方だったこともあって、
私も気付けないくらいの小ささでした。

だけど、通りすがりの子供が
「あ、ネコだ!」と声を上げた先を見たら、
暗くなっている景色と同化した黒い仔猫がいたんです。
「あっ!このままだとこの仔猫、車に魅かれる!」
と、とっさに思った私は、
車が入ってこない場所まで
その黒い仔猫を移動させたら、
私に懐いて家にまで着いて来ちゃった!
その2年前の仔猫がシマです
(;´▽`A``

最初は飼い主がいるかも?と思って、
近所のスーパーとか動物病院に
「迷子の仔猫を保護しています。」
というポスターを貼ったけれど、
結局、飼い主はおらず、
私達の家族になったシマ。

後から知ったことですが、
シマは私に拾われる前に少なくとも2回は
別の家庭に拾われては、また捨てられたらしいんです

王子が友達にシマの話をしたら、
王子の通う学校内でも、ちょっとした話題になり、
王子の当時のクラスメートの女子と
一学年下の生徒が其々違う時期にシマを拾って、
家で飼おうとしたが、家族に反対されて、
2回捨てられて、テクテクしていた所に
出会ったのが私だったらしいです。

仔猫の時は、とってもヤンチャな男の子だったのに、
成猫になるにつれて、
どんどんビビり屋で臆病な性格になってしまったシマ
Σ(゚д゚;)
去勢手術後は、まるまると太ったシマ。

朝と夜中は遊んで食べて、昼間はぐっすり眠って、
まぁ、元気に2歳を過ぎました(o^-^o)
Dsc_0748
本当に寝てばっかり(;´▽`A``
・・・というか起きている時は、
なかなか写真を撮らせてくれない・・・orz

・・・という事で、
10月16日は、私にとって忘れられない記念日になりました。
Dsc_0760
シマは食べられないけれど、
「ネコ型ケーキ(チョコケーキだけど)」
新しい家族との出会いの日を懐かしみつつ
家族でお祝いしました(*゚▽゚)ノ

シマはペットだけど、
子どもみたいでもあり、
癒し癒される相棒の様でもあり、
もともと猫好きだった私がもっと
猫大好きになりました
(*^ー゚)b

これからも元気でいてね。シマ。

2012年10月15日 (月)

今日から2学期。

我が王子が通う小学校では今日から
2学期が始まりました。

私が学生の時の感覚だと2学期って
9月1日から始まるって感じなんですけどねー
(;´▽`A``
何だか、大学の前期と後期って感じです。

夏休みが8月の最後の週から始まったので、
(3学期制より1週間夏休みが短いのです。)
その分、先週の1週間は秋休みでした。
その1週間の秋休みもあっという間に終わり、
また、いつもの日常が戻った感じです
(*^-^)

王子にとって、この2学期は
小学校最後の学期です。
うわー。早いなー
Σ(゚д゚;)

小学生としての最後の運動会、
そして学芸会が2学期には行われ、
今月末には運動会です。
今は運動会の練習の真っ最中。
今年の運動会は小学校生活最後の運動会だから
王子も私達親もいつもより感慨深いだろうなぁ。

ちなみに昨日の日曜日は
午前中から運動会に向けて
PTA主催で小学校の運動場の掃除がありました。
PTA活動には正直、積極的ではなかった私ですが、
頑張って運動場の掃除しましたよ。
ほぼ落ち葉拾いと草刈りでしたが
(;;;´Д`)ゝ
で、案の定、今日は筋肉痛になった
体力ナッシングな私
( ̄Д ̄;;

ま、私の事はさておいて、
王子、小学校生活も残り半年。
いい思い出残せたらいいな。

2012年10月11日 (木)

結婚記念日

今日、10月11日は私達の
13回目の結婚記念日です。

でも今日は主人の仕事がとっても忙しい日なので、
(んで、夜は打ち上げもあるとか。)
結婚記念日のお祝いは後日することになりました。

結婚したての頃とか、私が20代くらいの若造だったら
「キー!私達の大切な記念日なのに、
仕事はさっさと切り上げて早く帰ってよ(`Д´)」
とかワガママも言ったかもしれないけれど、
主人は馬鹿が付くくらい真面目に仕事をしているの
分かっているから、
まぁ、たまにはそんな事もあるよねって感じです
(・∀・)

それに主人が真面目に働いてくれるから、
私も王子も人並みの生活を送れているわけで、
とっても感謝しています(*゚ー゚*)

実を言うとこの13年の間、
私の気持ちも色々あったけれど、
私が大病を患ったのをきっかけに
主人との心の距離も
だいぶ良くなってきたように思います。
それに、家事も下手で心身共に弱っちい私と
結婚してくれたことも実はとても感謝してます
(;´▽`A``

ほぇー、13年前に私はウェディングドレス着てたんだなぁ。
(゚m゚*)
今でこそ言えるけれど、披露宴の時に
キャンドルサービスで招待客のテーブルを回る時に
ドレスの裾につまづいてコケそうになったのは、
ここだけの話(;´▽`A``

2012年10月 8日 (月)

迷子になったシマ

最近、夜は涼しくて秋だなぁって感じているpinguです。
そう思っているのは私だけではないようで、
愛猫、シマも夜になるとしきりにベランダに出たがります。
シマは、ほぼ完全な「家猫」なのですが、
私が洗濯物を干したり、取り込んだりする時は、
私がベランダの窓を開けていると一緒に外に出て、
外の空気を吸ってシマなりに満喫している様です
(゚ー゚)

最近は家族の誰かが見張りながら?
一日のうちに数分くらいは
シマをベランダに出してあげているのですが、
(出さないとシマがすごくストレスに感じるらしい
(;;;´Д`)ゝ)
一昨日、家族が少し目を離した隙に
シマの姿が忽然と消えた!
Σ( ̄ロ ̄lll)

家族皆青ざめて、
すぐにシマを捜索したのですが、
まぁ10分位で見つかりました
(A;´・ω・)アセアセ

家のすぐ近くでシマはうずくまって、
今まで聞いたことのない鳴き声で
助けを求めている様でした。

「ナァーオ、ナァーオ!」

って゚゚(´O`)°゚
もうシマを見つけた時の安堵感といったら!

シマは2年前に家の前で迷子になっている所を拾った仔です。
当時は約生後1ヶ月半~2か月の仔猫で、
母猫とはぐれたところを王子が通う小学校の生徒達が
見つけて拾ったものの、
その生徒の親から「元いたところに戻して来なさい。」
2、3軒よそ様の家庭でたらい回しにされた後に
偶然私と運命の出会い(笑)をした猫です。

仔猫の時に拾って結局は私が「家猫」にしたから、
野生で生きていくすべを知らず育ちました。

これからも絶対に迷子にならないとは言い切れないので、
首輪の裏に名前を書くとか何か対策考えなくちゃ
(;;;´Д`)ゝ

私もシマのいない生活は考えられないし、
シマも、もう「野生猫」としては
多分生きていけないでしょう。

Dsc_0741

Dsc_0736

猫並みに好奇心はいっぱいだけど、
猫としては、かなり怖がりでビビり屋さんなシマちゃん。

2012年10月 5日 (金)

1学期修了

今日で王子が通う小学校は
1学期修了でした!

3学期制で学校生活を過ごした私達からみると、
まだまだ慣れない2学期制。
しかも、この2学期制は
市町村によってまちまちなんですよねぇ
(;;;´Д`)

で、2学期制の場合は大学みたいに秋休みがあり、
来週1週間は王子が通う小学校も
「秋休み」です。

あと学期の終わりという事で、
「通知表」も持ってきました。

うーーん(;;;´Д`)
思っていた以上に算数と図工と体育が良くなかったなぁ
( ̄Д ̄;;

王子は私に似て、算数が苦手なのです。
公文に通っているので、計算問題はまぁまぁ平均的なのですが、
図形問題は本当に苦手なんです
ヾ(*゚A`)ノ

本人も自分が苦手な事は分かっているんですけどね・・・。

でも、国語と社会と音楽の成績は良かったです!
特に社会は今、「歴史」を習っている事もあって、
かなり良かった(*゚▽゚)ノ

しかし、算数(特に図形問題苦手(;;;´Д`)ゝ)が苦手で
国語と社会は好きな所とか、
もう、恐るべきDNA!!!
って感じですよー
Σ( ̄ロ ̄lll)

私とそっくり過ぎて・・・(;´Д`A ```
お父さん(王子のね)は器用に全教科こなせる人だから、
そこはお父さんのDNAが受け継がれれば良かった
(;´▽`A``
何かね、王子を見ていると、
小学校時代の私を見ている様な
気持ちにすらなりますΣ(゚д゚;)

でも、私の小学校時代は、
母の機嫌を損ねないように母をはじめ、
大人の人の機嫌ばかり伺うビクビクした子供だったけど、
(その性質は今もある・・・orz)
王子は今のところ、そういう面はなく、
かなりマイペースに成長しています
(;´▽`A``

苦手な勉強は少しでも理解できるように、
そして、好きな勉強はもっともっと
楽しみながら勉強できるといいな
(゚ー゚)

だけど、一番嬉しかったことは
6年生1学期は一日も
病欠がなかったこと!

保育園時代からすぐに熱を出して、
身体が決して丈夫ではなかった王子だったけれど、
どんどん身体が丈夫になって来ているのが
私は何よりもうれしいです
(*゚▽゚)ノ

人生の終幕に・・・。

先日、テレビでよく拝見していた流通ジャーナリストの
金子哲雄さんが41歳という若さでこの世を去った事を
ネットやテレビで知りました。

金子さんは『ホンマでっか!?TV』に出演されていたけれど、
そういえば、最近はテレビでお見かけしていなかったなと
思ったら、「肺カルチノイド」という癌に似た病を
1年半前から患っていたとの事。

私がこの方の情報をメディアで知れば知るほど、
切なくなるというか、
強い人だなと感嘆するというか・・・。

まず、家族や本当に親しい人数名にしか
病気を告げておらず、
仕事関係の人々にも病気の事は隠し続けて、
病気による激やせも
「ダイエットで痩せたんです。」
と笑顔でテレビで話されていた事。
本当は心身共にとてもつらい状況だっただろうに、
それを笑顔で隠し通したなんて・・・。
私なら、笑顔でそんな事言えないよ・・・。

病気を治す為に色んな病院を回ったりと、
病を克服する為の努力もご夫婦で頑張っていたとの事。
とても奥様を愛していらっしゃったとの事。
しかし、自分の命はもう永くない、
と悟った時、まず何を思ったのでしょうか?

昨日、今日と金子さんのお通夜、告別式が行われたと
テレビで見ましたが、
お葬式の時の遺影、仕出しのお料理、お墓まで
生前、ご自分で用意なさっていたとの事。
一体、どんなお気持ちでご自分が亡くなった後の事を
準備なさっていたのかと思うと、
他人事ながらとても胸が痛みます。

しかもお通夜に参列した方々に向けてのお手紙も
準備されていたんですね。
その文面が一部メディアで紹介されていましたが、
部分部分でユーモアも滲ませて、
最期まで気配りを忘れない方だったんだなぁと思うと、
こういう人が本当の意味での強い人なんだな
としみじみ思いました。

まだ41歳といえば、日本人の平均寿命を考えると、
まだまだ生きている事が当たり前に感じる歳なのに。
仕事も順調で、愛する伴侶がいて、
きっともっともっと生きていたかったでしょうに、
最後はご自分の運命を全て受け入れて・・・。
同世代としては、とても考えさせられました。

本当は生きているものは、
いつその命が終わるか分からない。
「死」は本当は皆背中合わせなのに、
そのことに皆目を背けて生きている。

でも、誰しも「平均寿命」まで生きられるか
それは誰も分からない事。

私自身も大きな病気を経験したけれど、
何度もパニックになって、
今はその病気は寛解状態になったけれど、
今度、また大きな病気になって、
「余命宣告」を受けたら、
とても平常心ではいられないだろう。
だけど、この金子さんの様にまではいかなくても、
自分の命が僅かだと分かった時には、
遺される家族の為に何かを残したいし、
自分の人生、これで良かったんだ、
という思いと周囲の人たちへの感謝の思いの中で逝きたい。

金子哲雄さん、貴方の人生も人生の終わりも
見習う事の多い、とても素敵な生き方だったと
そう思います。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム