アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

« 王子の修学旅行 | トップページ | シマの日常 »

2012年9月25日 (火)

隣の芝生は青い

さて、このpingu、
病気を機に仕事を退職して専業主婦になってから、
もう3年以上経ち、
引きこもりのダラダラ生活も板について来ました。

(いや、ダラダラが板についたら困るってw)
今日、とある用事で元いた職場の支所みたいな所に
行ったのですが、
(元職場は内緒にさせて下さい。)
内心、
「知っている人に会いませんように!」
と思っていたら、
知っている人に遭っちゃいました
(;´Д`A ```
しかも、約10年前に2年間同じ部署にいた人に
Σ( ̄ロ ̄lll)

私は仕事を退職する時、
<せっかくの正職員なのに、
病気でも休職を経て復職して頑張っている人も
たくさんいるのに、私の決断はこれでよかったのかな?>

という後ろめたさに似た思いがずっとありました。
まぁ、人生には、思い切った決断が必要な時もあるものですが・・・。

だから退職の事も、当時所属していた部署の人々と、
後は本当にお世話になった方数名にしか
話していなかったのです。
実際には休職期間も含めて16年勤続していたので、
その間には本当に大勢の人々とお仕事をして来て、
本来なら一人一人に退職のご挨拶をするべきだったのでしょうが、
本当に心から信頼できる人以外には
<病気で退職します。>
とは言えませんでした。
「まだ休職も出来るのにもったいない。」
等と言われるのも辛かったし、
同情されるのも辛かったから。

だから、今日会った元同僚の人
(隣の課であまり交流はなかった。)
にも
「pinguさん、今はどこの部署?」
と聞かれ、退職しましたと答えたら、
やはり、
「え?病気で?」みたいな返事でした。

今日会った元隣の課の人は私より少し年上の女性で
子どもも2人か3人います。
子どもを育てながら、仕事も頑張っている人を見ると、
私はどうしても今の自分と比較して、

<育児をしながらも、
こうやって社会で頑張っている人と比べて
pingu、お前はどうよ?これでいいの?>

と自分が自分を責めるのです。

相変わらずダメだな、私。
仕事を辞めてのんびり主婦業するって決めたのは
私自身なのに。
それに、本当は仕事と育児、家庭の両立は
私には在職中からずっとキャパオーバーだった。

仕事から家に帰ると疲れ果てて、
ご飯もまともに作れなかった。
まだ小さい王子の話も十分聞いてあげられなかった。

私という人間は、本当に不器用で、
キャパも小さくて、何かを両立するのは
本当にきつかった。
それは今でも変わらない。

家で猫とまったり過ごして、
子どもが学校から帰ってくるのを待つ。
私にはもともとそんな暮らしが合っているし、
今が十分幸せ。

なのに、社会で仕事を頑張っている人を見ると、
すごく焦りを感じてしまう(´Д⊂グスン

あ、これはあくまでも私自身の事であって、
専業主婦の立場の人の事をどうこう言っているのでは
決してありません!誤解しないで下さいね。

とりあえず、私も含めて人間って
<隣の芝生は青く感じる>
ものなんだろうな。
人間って(特に私は(;´Д`A ```)
自分にない生き方をしている人を
常に羨ましく思ってしまうんだよね。
今の自分にもっと自信を持ちたいな。

でも、これからも一生専業主婦だけしているとは限らないし、
必要に迫られれば、
パートとかの社会参加をする時が来るのだろうけどね。

« 王子の修学旅行 | トップページ | シマの日常 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は好きな人の為に頑張る専業主婦になりたかった。
 
私はは毎日 男性に近づくな・話するな!の厳しすぎる親から解放されたいです。

pinguさんが選んだ道・・・自信を持ってくださいな


今日の午後 佐川男子が荷物を届けに来ます。
でも母親 会社に来るんだよなー。お兄さんと話出来るかな。お兄さんと話することが私の楽しみです。

ねこさん、コメントありがとうございます!
そうですよね。専業主婦も家事に子育てに頑張る素敵な生き方ですよね!(自分で自分に言っているみたい(;´▽`A``)
>「pinguさんが選んだ道・・・自信を持ってくださいな」
ねこさんにそう言ってもらえてうれしいです。
もっと自分の生き方に誇りを持たないといけませんね(;´▽`A``
ねこさんも、未来はまだまだこれからですよ。
お母様から解放されて、ねこさん自身の人生を楽しめることを心から願っています!

私は怪我をしてから引きこもりになって(主婦なのに)
今に至るんですけど。今は怪我も順調にといっても
すっごい時間かかりまくりですけどね^^;
もう少しで杖なしで歩けるかなーってとこまで
やっときた。

怪我をした当初はみんなから置いてけぼりにされるのが嫌だったんだけど、身体がついていかなくて布団から出れない日々が続くだけで自己嫌悪だったけど、
いつからかなぁ、
ま、いいか~って思うようになれて肩の力が抜けたんです。それから人に何を言われようが何とでも言っとけば~って思えるようになった。

自分が怪我により、成長したと思う。
色々いやなことも多かったけど、今は楽しいです^^

一人でカラオケにも行けるようになったし、
一人で楽しむ術を覚えたかなって感じ。

自分を責めたくなるのはすごくわかるけど、
できれば、責めないで欲しい。
もっと自分を好きになって欲しい。

ぅめさん、コメントありがとうございます!
ぅめさん、ご自身の怪我についてここで話してくれてありがとうございます。
怪我されて精神的にも辛かったでしょう。
時間がかかっても、経過が順調と書かれてあって安心しました。
みんなから置いてけぼりになる気持ち・・・。
未だに心のどこかに持ち続けている私自身が情けないです。
でも、ぅめさんは怪我という逆境の中で、
成長し、精神的にも強くなられたんですね。
>「もっと自分を好きになって欲しい。」
はい!私の最大の課題ですが、
自分自身を好きにならなければ、周りの人の事も心から好きになれませんものね。
心強いコメント、本当にありがとうございます!!!

厳しいことを言うようだが、pinguはいつも同じとこで立ち止まって
同じことを振り返ってるような気がする。
仕事を辞めるか続けるか、選べること自体が幸せだと思うよ。
仕事を辞めたくないのに辞めなくちゃいけない人、
仕事を辞めたくてもやめられない人もいるわけだから。

もうそろそろ仕事を辞めて幸せになった自分を受け入れてもいいと思うよ。^^

yoko、コメントありがとうございます。
ほんとだね。私、いっつも同じところで立ち止まっているね。
全然成長していないや・・・。
>「仕事を辞めるか続けるか、選べること自体が幸せだと思うよ。」
うん、そうだね。私、贅沢だよね。
>「もうそろそろ仕事を辞めて幸せになった自分を受け入れてもいいと思うよ。^^」
うん、ありがとう!他人と比較しないで今の自分を好きにならないとね(;´▽`A``

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127414/55745446

この記事へのトラックバック一覧です: 隣の芝生は青い:

« 王子の修学旅行 | トップページ | シマの日常 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム