アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月25日 (火)

王子復活!でも代わりに・・・。

先週の終わりから熱を出してしまって、
2日も学校を休んでしまった王子ですが、
去った土日ですっかり元気になり、
今週の月曜日から元気に学校に登校しています
(*゚▽゚)ノ

成長するに従って、回復も早くなって来たようで、
私も安心、安心。

しかし、王子が元気になって気が抜けたのか?
今度は私の心身が不調です。
っていつものことか
(;´Д`A ```
身体的には、頭痛とか胃の痛み、めまい
とかが相変わらずだし、
精神的にも、他の人からしたら何でもない些細な事が
「悩み」と感じてしまう。

相変わらず「心が弱い」私です。
こんな私がよく小、中、高校、大学と不登校にならずに通って、
その後よく15年近く仕事していたなぁ。
でも本当はまだまだ「本来は働ける年齢」なんだよなぁ。
将来、年金どうなるんだろう?
など、先の先の事まで考えて元気がなくなってしまうのです。
( ̄Д ̄;;
私ってバカだなぁ・・・って自分でも思います。

母親が元気ないと王子も心配しちゃうので、
無理やりではなくても、少しでも楽しい事を考えて、
元気にならなくちゃ!

2011年10月21日 (金)

久しぶりの発熱

我が一人息子の「王子」。
乳幼児の頃は本当によく熱を出していました。
当時は私が仕事をしていた為に、
1歳から保育園に通わせていたのですが、
もう1週間に1回は
「王子くん、お熱が出たのでお迎えお願いします。」
という保育園からの電話が定期的と言っていい位に
よく掛かってきたものです。

しかも、時々40℃の熱も出て、
何回「この子に何かあったら生きていけない!」
って思ったことでしょう
(;´Д`A ```

そんな幼い頃は病弱だった王子も
小学生になる頃にはだんだんと丈夫になって来て、
「子供ってこうやって心身共に強くなっていくんだな。」

ってかなり安心したものです。

小学5年生になってからは、1学期は1回しか病欠しなかったし。

・・・と思っていたら、昨日から(正確には一昨日の夜から)
熱を出してしまいました(´・ω・`)
「何だか気分が悪い。」
と言うので一昨日の夜中に熱を測ったら
37,3℃
Σ(゚д゚;)

昨日の朝になったら、37、6℃にまであがったので、
学校はお休みさせて、かかりつけの病院へ。

結果、いつもの風邪でした。
多くの人がそうだと思いますが、
王子、季節の変わり目は体調を崩しやすいのです。
でも、以前なら熱が出たら、胃腸も悪くなり、
ご飯が食べられなくなったり、
症状が酷い時は嘔吐したりしていたのですが、
今回は熱と気分の悪さと頭痛を訴えてはいるものの、
食欲はあるので以前よりは大丈夫かな?

さっき寝る前に熱を測ったらまだ37、4℃。
明日には熱が平熱に戻っているといいな。

2学期が始まって(王子の通う小学校は2学期制です。)
今は毎日運動会の練習があるので、
王子、疲れが出たのかな?

2011年10月19日 (水)

ツレがうつになりまして

今日、映画を観て来ました。
「ツレがうつになりまして。」
111019_154701
原作のコミックエッセイは、
かなり前に読んだ記憶があります。
というのも、この原作が出た時期は、
私もまだ仕事をしていて、
仕事と育児の狭間で何もかも中途半端にしか出来ない
自分が嫌で「うつ状態」になっていたので、
「うつ関連でなおかつ読み易い本」
を探していたんです。
・・・ってつい、いつもの「自分語り」
(;´Д`A ```
原作エッセイは絵もゆるキャラで、
結構好きでしたね。

主演の宮崎あおいちゃんも堺雅人さんも好きなので、
公開されたら観たいと思っていた映画です。

<ストーリー>
仕事をバリバリこなすサラリーマンの夫、通称ツレ(堺雅人)が、
ある日突然、心因性うつ病だと診断される。
結婚5年目でありながら、ツレの変化にまったく気付かなかった妻・晴子(宮崎あおい)は、
妻としての自分を反省する一方、うつ病の原因が会社にあったことからツレに退職を迫る。
会社を辞めたツレは徐々に体調を回復させていくが……。

(シネマトゥデイ)

以下、感想なのでネタばれありです!
(といっても、ずっと前に原作が出ているから、
あらすじは知っている人多いかな?)

うつ病に罹る「ツレさん」演じる堺雅人さんの演技良かったと思います。
「うつ状態」(正確には『気分変調性障害』という診断名ですが)
の私には、
<あぁ、そう思っちゃう気持ち分かるよ。>
と何回も頷いてしまう場面もありました。
頭痛や腰痛等の原因不明の身体の痛みから、
「何も出来ない」状態になってしまう。
自分自身には全く関係ないことでも
「全部自分が悪いんだ。」
と自分を責めてしまう気持ち・・・。

劇中では、漫画家である奥さんのハルさんが
連載を打ち切られるシーンがあったのですが、
「奥さんの仕事がなくなるのも僕のせいだ。」
と嘆いたりするシーン、すっごく身に染みました。

でも、この映画は題材は重いテーマですが、
かなりコミカルな場面も多く、
何回も「クスッ」って笑えるシーンがありましたよ。

あと何より一番よかったのが、
奥さんであるハルさんの献身的な支え。
ツレさんに「うつ病」だと言われたときは最初こそ驚きますが、
何故、そうなったのか?この病気は何が原因で起きるのか?
ハルさんなりに一生懸命調べて、ツレさんをサポートするんです。
「うつ病は脳内の『セロトニン』という物質が足りないから発症するらしい。
そもそも、何故セロトニンが減ってしまうんだろう?」
「脳内の『セロトニン』を増やすには『野菜』を多く食べるのがいい。」

など、役者さん達の台詞を通して、
映画を観ている観客にも、
「うつ病」について分かりやすく説明していました。

ハルさんだけでなく、ハルさんの御両親も
ツレさんの「うつ病」に対してとっても理解があるんです。
配偶者や身内が「うつ病」に対して理解があり支えになってくれるというのは
それだけでも大きな薬だなって思います。
いや、薬よりも大切ですね。

ただ、うつ病患者に優しい環境だけを描いてはいません。
ツレさんの職場の上司は、うつ病に理解がないし、
ツレさんの実兄は「頑張れよ。」って、
うつ病患者には禁句の言葉を連呼してしまうし・・・。
「うつ病」に関しては、未だに世間では
偏見や誤解が多いのも事実だと思います。

そういう世の中に対しても、
「うつ病は誰にでも罹る可能性のある病気なんです。
『甘え』じゃないんです。本人は頑張りたくでも頑張れなくて苦しんでいます。」

というまだ「うつ病」に対しての理解が十分じゃない方々に対する
啓蒙の意味もある映画に感じました。

うつ病の患者さんに対して一番必要なのは、
家族や身近な人の理解と支え。
観ている人にそれが伝われば、
この映画はとても大きな意味があるんじゃないかな?

出来れば、今「うつ病」を患っている人よりも
(ツレさんがうつの症状で苦しむシーンを観ていると、
自分自身の辛い事を思い出すかも知れません。)
家族や大切な人が「うつ病」だという方々に
是非観て欲しい映画です。

 

2011年10月17日 (月)

2学期開始

我が小5の王子が通っている小学校は今日
10月17日から
「2学期」
が始まりました。

王子が通っている小学校は
「2学期制」なので。

昨日まで約1週間の「秋休み」
ありましたが、何だかこのシステムって
大学みたいですね(;´Д`A ```

先週の1週間は王子は相変わらずの
インドアでしたが、
今日からまた始動!です。

私達の世代って、始業式や終業式の日は、
給食もなく、午前中で帰宅した記憶があるのですが、
今の学校制度では、始業式も終業式も
いつもどおりに給食があり、
いつもどおりに5時間目まで授業がありました。
土曜日が休みで、最近は「脱ゆとり教育」になっているから、
けっこう学校側もキツキツなんでしょうかね?
Σ(゚д゚;)

午後3時近くになって、王子は元気に学校から帰宅しました。

王子、2学期も楽しく学校に通えますように!

あ、早速運動会の練習も始まったようです。
(ここの小学校の運動会は11月第一日曜日なんですよ。
段々寒くなる時期なんだけどなぁ(;´Д`A ```)
5年生は例年「組み体操」が見どころのようです。
しばらくは、運動会練習も大変と思うけど、
親子共々健康に気をつけて頑張ります(゚ー゚;

2011年10月16日 (日)

シマのお誕生日祝い

今日10月16日は、1年前に
我が愛猫、「シマ」が我が家に来た
記念すべき日ですヽ(´▽`)/

一年前の夕方6時半頃、
買い物を終えて家の近くの狭い歩道
(でも車も通るから注意して歩かないといけない道です。)を
歩いていたら、
暗闇が保護色になっていた
黒い仔猫との運命の出逢い!

(ちょっと大袈裟ねw)
しかも厳密には黒猫じゃなくて、多分「サバトラ」
しかも今まで道で出会った猫ちゃん達は、
私が一定の距離を越えて近付くと逃げる子ばかりなのに、
この黒猫ちゃんは私に着いて行って、しまいには家の中にまで入って来た
Σ(゚д゚;)

猫大好きだけど、今まで飼った事のなかった私は、
「えー?この仔猫って飼い猫なのかなぁ?
まだ小さいし、お母さん猫が探していないかな?」

と王子と超オロオロしながらも、
「おなかすいているかも?!」
と急いで近所のスーパーで猫缶を買って食べさせたっけ。
元気なんだけど、お腹を下しているようで、
これからどうしよう?? とアタフタして、
登録しているSNSでアドバイスを受けて、
翌日に動物病院で健康チェックを受けさせました。

動物病院での診断結果、健康で異常なはし。
性別はオスで、生後1ヶ月半くらいとのこと。

実は最初は家で飼うかどうか家族内でも非常に迷ったんですよ
(;;;´Д`)ゝ
旦那さんに「トイレのしつけも出来ているし、飼い猫かもよ。
『仔猫保護しています』の張り紙したりして、まずは飼い主探そうよ。」
と言われ、動物病院や近所のスーパーに張り紙をしたり、
「迷い仔猫を保護しています。」
と動物愛護センターとかにも情報提供したけれど、
結局、飼い主は現れず、
この仔は「シマ」と命名して
我が家の家族となったのです。

その後、体の毛が抜けてしまう「真菌症」に罹ったりもしたけれど、
今ではすくすくと元気に成長しました
(*^-^)

シマは拾った仔なので、本当の誕生日はわからないけれど、
家族になった「10月16日」をシマの誕生日と決めて、
今夜はささやかなお祝いをしました。

・・・といっても、当のシマにとっては
「なんのこっちゃ?
今夜はママさんやお兄ちゃんのテンションがいつもより高いなー。」

位にしか思っていないでしょうけれど
(;´▽`A``

偶然、近所のケーキ屋に黒猫の形をしたケーキが売られていたので、
それを買い、我々人間はそれを頂き、
シマには「猫のおもちゃ」と「またたびの木」をプレゼント。
またたびの木はかなり気にいったみたいです。
黒猫ケーキ。チョコレートケーキで美味しかった!
111016_210301

王子に「シマが来て一年経ったね。」って話したら、
王子:「これからもずっと元気でいてほしいな。」
私も同じ気持ちです。

もう人間で言えば20歳くらいの「青年」だけど、
甘えん坊なシマ。これからも元気でいてね。

4909

2011年10月14日 (金)

CT検査

今日は大学病院で手術後の定期検診でした。

それプラス、術後1年半が経過したので、
(あ、三回目の手術の事です)
CT検査も受けて来ました。

初めてこのブログを読む方に、
簡単に今までの病気の経緯を説明すると、
2007年の年末に卵巣癌の疑いで右卵巣摘出手術を受け、
病理検査の結果、「悪性腫瘍」と判明。
卵巣がんステージⅠCでした。
翌2008年に子宮、卵巣全摘出手術を受けその時、
子宮体癌ステージⅠBも判明。
その後、去年の2010年の初めに
腹腔内に局所再発で3度目の手術。

その後、定期的に大学病院で定期的に検診を受けていますが、
今年の初めにまさかの再々発の疑いΣ(゚д゚lll)
(でも結局PET検査で異常なしでした。
その時は結果が出るまで生きた心地しなかったよー)

そういう経緯もあって、CT検査を受ける度に
「また何か『悪い影』が見つかったらどうしよう?」
って昨日から不安で昨夜はなかなか眠れませんでした
(;´Д`A ```

今日の午前中、CT検査を受けて、
今日でその結果を聞きました。
結果を待つ間、とってもドキドキしたけれど、
昨夜あまり眠っていなかった私は、
外来の待合室で気がついたら、
名前を呼ばれるまで眠っていました(;;;´Д`)ゝ
本当にドキドキしてたのかよって、
自分でツッコミ入れたくなるくらい(;´▽`A``

ようやく主治医に呼ばれて、診察室に入ると
「CTの結果は異常なしでしたよ。」
とのこと。
本当によかったです。
ホッとして気が抜けちゃいました。

癌という病気は、発病して5年経過しないと
「完治」とは言えない病気です。
さしずめ今は、寛解状態といったところ。
このままこれからも二度と再発せずに過ごせたらいいな。

せめて、王子が成人するまで(あと9年か)は
絶対に元気でいたい!という思いでいます。

今日はもうホッとしたのと、検査疲れで家に帰ったら、
もうグッタリでした(;´▽`A``
次回の検査も何事もないように、
もっと免疫つけなくちゃいけませんね。

2011年10月12日 (水)

起立性低血圧?!

さきほどの記事で心療内科を受診した事を書きましたが、
母の事以外に、最近私の体調で気になることがあるので、
その事もドクターに相談しました。

もともと、身体がだるいのですが、
この頃は<めまい、立ちくらみ>
が頻繁に起こるのです。
特に起きる時や急に立ち上がった時に
めまいがして、しばらく動けなくなります。
その事をドクターに話したら
「起立性低血圧」
でしょうと言われました。
もともと、私は低血圧だし、
いろんな病気を抱えて多くの薬を服用しており、
その副作用もあるのかも知れません

とも言われました。
元々起床時には、副交感神経から交感神経に切り替わるのだけど、
「起立性低血圧」の症状の人は、
その働きが体内で上手く出来ないらしいです。

アドバイスとして、目が覚めて立ち上がる前に、
横になったまま少しでも身体を動かす事等を勧められました

(;;;´Д`)
確かに立ち上がる時などに、
脳に血液が十分いっていない、酸素が足りない様な
感じはあったんですよね・・・。


あと、話題は全く変わりますが、
このブログを書いているPCの調子が非常に悪く、
(2005年購入のwindows xp)
いつ完全に壊れるかわからない状態です。
PC以外にも携帯でもコメントはチェックしていますが、
PCが故障した場合、
コメントのお返事が遅くなる事もあると思います。
その点、どうかご了承下さいませ
m(_ _)m

カウンセリング

今日は、心療内科受診の日で、
同時にカウンセリングもありました。

先日の母からの電話でまた、
私の精神状態がガタッと落ちたので、
カウンセラーの先生に母との事、
今の私の気持ち等をを色々と聞いてもらいました。

ここには書いてしまったけれど、
リアルでは実の母のそういう負の面は
なかなか言えないもの。
私の旦那さんにも言えないし、
言葉にした途端、自分が泣いてしまいそうで・・・。

その点、カウンセラーの先生は、
私のどんな話もしっかりと聞いてくれます。
以前から母の事は相談して、
カウンセラーの先生も母の状態について、
「お母さんが何らかの精神疾患を抱えている事は、
ほぼ間違いないとは思います。
『パーソナリティ障害』だとは思いますが、
ご本人が受診しない限り、
きちんと診断は出来ないんですよ。」

と言われました。

まぁ、そのとおりですよね。
かと言って母が受診する事はあり得ない。
だって、自分がすべて正しいと思っているから。

カウンセラーの先生からもドクターからも
「お母さんのお年になったら、なかなか
(パーソナリティ障害と思える歪んだ思考、言動)
変えられないと思います。
もう、出来るだけあなたが距離を置いて、
最低限の関わりを持つしかないでしょうね。」

と両者とも同じ意見でした。

実の親と距離を置いて、あまり関わらないようにする・・・。
健全な家庭で育った方々から見るとそれこそ
<薄情で親不孝な行為>
に思われると思います。
私もそう思っています。
だけど、パーソナリティ障害の人と付き合うのは本当に大変なんです。
(しかも母はいくつかの障害を併発している様子)
私だって、内心は仲良くしたい。
でも、私の些細な言動が母の心の地雷を踏み、
母の思い込み、妄想が際限なく広がり、
憎まれてしまう・・・。
酷い時は私の家族(夫や王子)まで憎しみの対象となってしまう。
深入りした付き合いはこれからも出来ないと思います。
多分、完全に割り切って距離を置くことは出来ずに、
これからも私の心の中では葛藤が続くと思いますが、
きっとこれも私に与えられた「試練」なんでしょうね。

でも、ドクターとカウンセラーの先生に色々と話して、
私の心も少し楽になった気がします。

2011年10月11日 (火)

結婚記念日

前の記事ではかなり重いことを書いてしまいましたので、
今度は明るい内容を・・・。

実は10月11日は旦那さんと私の
12年目の結婚記念日です。

12年前の今日、結婚式と披露宴を挙げて、
多くの人々に祝福された大切な思い出の日。

それから王子が生まれて、
まぁ、いろんな事もあったけれど、
思いかけず私が病気になったことがひとつのきっかけで、
家族(といっても王子を入れて3人ですが)の絆が
強くなった気がします。

私はずっと温かい家族を求めていました。
それは前の記事で書いた母の精神の病気で
私の子供時代に家族がバラバラになった事が大きいと思います。

平凡な家族ではあるけれど、
きっと平凡である事がなによりの幸せ。


今夜は平日なので、昨日家族3人で外食をして、
今夜はケーキとビールでお祝いしました。

これから旦那さんも私もどんどん年をとっていくけれど、
これからもずっと「かけがえのない家族」
でありたいです(゚ー゚)

パーソナリティ障害である母

以前(去年頃ですが)の記事で、
私の実母の事について、
何度かブログに書いたことがあります。
私の大きなトラウマでもあるので、
人にもあまり言えずにいたのですが、
あまりに耐え切れずに、
このブログに何度か書いてしまいました。

過去記事です。
実母の言葉
母の常軌を逸した言動があまりにも酷いので、
私自身色々と調べたり、私のカウンセラーの先生に聞いたところ、
母はほぼ
「パーソナリティ障害」です。
パーソナリティ障害には、
(以前は人格障害と言っていました。)
色んな種類があるようですが、母は、
境界性、自己愛性、妄想性といった
複数の種類が混在しているようなのです。

私のカウンセラーの先生もその見解です。
ただ、母自身が精神科を受診したがらないので確定診断は出せません。

母は「自分が世界で一番正しい。自分の考えが一番。」
と思い込み、それを私にも強要します。

母の思い込みは本当に病的で時に「妄想」も入っていると思います。
母自身、自分が精神の病気という認識はあるようですが、
その理由を
「私(母の事)を憎んでいる人間の生霊のせいでお母さんはこうなった。」
と真面目な顔で言うんです。
(ちなみに母は特定の宗教はしておらず、母のいう生霊も
母の独学(?)というか妄想?・・・よく分かりません。)

母自身や私に起きた悪い事は、
全部誰かのせいにするんです。
例えば私がITPに掛かったのも
(ITPは身体が免疫異常になった『原因不明の病気』です。)
「お前の旦那がお前をこきつかうからこうなった。」
と何故か私の夫のせいにするのです。
こんな調子だから母には、相談ごともまともに出来ません。
そしたら、母は私に対して、
「お前はいつもお母さんを避けて、嫌っている!この親不孝者!」
ともの凄い罵倒をされ、
その度に私は生きる気力さえ奪われそうになってしまうんです。

昨日は、電話で母と別居状態にある私の父の事で
(私の両親は離婚はしていませんが、長年別居しています)
「お母さんがお父さんに電話するたびに
『○○(私の名前)とうまくいっているか?』って
聞くのよ。お前、お父さんとうまくいっていないんでしょう。」

いえいえ!お父さんとはうまくいっていますから!仲いいです!
夏休みは王子を連れて父の所に遊びにも行きますし!

でも、母は異常に嫉妬深い性格でもあります。
きっとその事を言ったら
「お前は私のことは避けるくせにお父さんとは仲良くして(怒)!」
と猛烈に怒るのは目に見えています。

(以前も似たような事があったので・・・。)
だから、父とは頻繁に会っている話はせずに
「お父さんとはうまくやっているよ。」
と言っても、自分の思い込みと自分の妄想こそが
真実と思っている母は、
私が父とも疎遠だと勝手に思い込んでしまい、

「お前はお父さんにも親不孝してるね!
親が愛してあげているのに親不孝する人間なんて人間以下だよ。
人間じゃないね。猿と同じだよ。」

と電話口から私に言い放ちました。
何の根拠で私がお父さんに親不孝しているって思うの???

確かに私は母とうまくやっていけない。
その事で電話のたびに「親不孝よばわり」される。
でも、父とは仲もいいのに、何で母の勝手な思い込みで
そこまで言われないといけないんだろう?って辛くなります。
母にそう言われると私は、
「私が生きている事を否定されているような気」がするのです。

もちろん、母の病的な思い込みから出た言葉なんですが・・・。
パーソナリティ障害を持っていて、それを治そうとしない母と
これから先、どうつきあっていけばいいのだろうか・・・。

2011年10月 7日 (金)

1学期終了

王子が通う小学校で、今日
「1学期終了式」
がありました。
王子が通う小学校は
「2学期制」なのです。

もう王子も5年生なのに、
未だに小学校の2学期制のシステムに
慣れない私ヾ(;´Д`A
私自身、小、中、高校と3学期制でしたしねぇ。

で、終了式となれば、
「通知表」
ここの小学校は高学年になっても未だに
「よい子のあゆみ」なんですが
(;´▽`A``
評価は3段階評価です。
国語と社会はほぼA評価なんですけど、
算数は、「体積」と「約数、倍数」は
A評価だけど、あとはB評価。
あ、国語や算数の教科のまた更に
その内容毎に評価しているので結構細かいです。

あとは、まぁぼちぼちと・・・
(;´▽`A``
ただ担任の先生の所見の欄には、
「家庭学習や提出物など、学習に対する姿勢が
とてもよく出来ています。
特にすごいなと思った事は大きな声でスラスラ
音読することです。
耳に入りやすい良い声でした!!」

と書かれてあり、とても嬉しかったです
(*^-^)

ただ、「自分の考えを発表すること」など
まだまだ課題も色々あるので、
2学期は1学期でC評価だったところを
ワンランクでもあげられたらいいなぁ。

あと、低学年の時と比較すると、
病気で欠席する日数もどんどん少なくなって、
5年1学期で、病欠した日はたった1日だったので、
(低学年の時はよく熱を出して休んだなぁ。)
2学期も元気に登校出来ますように!

ちなみに王子は明日から1週間の秋休みです。

2011年10月 5日 (水)

ちょっと鬱気味

この私、身体も満身創痍ですが、
精神的にも
「気分変調性障害」
を持っています。
まぁ、簡単に言えば軽度のうつ状態
社会人になって仕事をして、
「社会不適応」になってから、
この病気になったけれど、
仕事を辞めても、完全には治りません。
だいぶ良くはなったと思いますが・・・。

ただ、こんな季節の変わり目とか、
ちょっとしたきっかけで「再燃」しちゃいます。
必要以上に自分を責めたり、
倦怠感が酷くて何も出来なくなったり、
急に泣きたくなったりとか・・・。

今日の私は特に元気がなかった様で、
学校から帰ってきた王子に
思いっきり心配されてしまいました。
しかも、王子は「内罰的な私」に似て、
<お母さんが元気がないのは、
僕が何かしたからかな?>

って思っちゃうみたい。
だから、自分で「あ、私、鬱かも?」
と気付いたらまず王子に
「お母さんは最近元気がない様に見えるかも知れないけど、
決して王子のせいじゃないからね。」

と最初に言っておきます。

可愛い息子がいて、
癒してくれる猫がいて、
何で私、元気なくなるんだろう?

でも、理由は何となく気付いている。
心の奥底に潜む不安が私に襲い掛かるんだ。

何だか、メチャクチャネガティブな事書いてスミマセン
m(_ _)m
たぶん、何か些細なきっかけでまた元気になると思います。

2011年10月 3日 (月)

生まれ変わりってある?

もともとこの私、
「どうして生まれてきたんだろう?」
とか
「死んだらどうなるんだろう?」
なんて、考えても答えの出ない事を
よくひとりで悶々と考えたりします。

そんな考えから更に飛躍して、
「死んだ後はどうなるんだろう?
生まれ変わり、輪廻転生って本当にあるのかな?
あったらいいのにな。」

って考えたり・・・。
って、決して怪しげな宗教にハマッている訳ではないので
どうか誤解なきようにΣ(゚д゚lll)

そんな事を考えている時にふと思ったんですよね。
去年の10月に偶然、家の前で拾った猫のシマの事。
私、「迷子の子猫に遭遇する」という状況になったことって
今までほとんどなかったんです。
何故かシマとの出逢いは、
『運命的』な気さえするんですよね
(;´▽`A``

まぁ、出逢いなんて言ってしまえば皆「運命」といえば
そうかも知れませんが。

それに、こんな事書くと完全に
「アブナイ奴」
と思われそうですが・・・
シマは何かの誰かの生まれ変わりの様な
気がしてならないんですよねー(;´▽`A``

前世では人間で、何かしら私と縁があったんじゃないか?
って。
何かここまで書くと、かなり妄想も入っている気もするが
( ̄Д ̄;;

110927_184901
「なにか」をジッと見つめていたシマ。
そういえばこの前、シマは何もない空間を
ただジッと見つめていたけど、
猫を含めて動物って「霊感が強い」って聞いた事あるけど、
どうなんでしょうΣ(゚д゚;)!!
110930_170501
虫も何もいないはずなのに、
「なにか」をジッと見つめていたシマの図。

2011年10月 2日 (日)

眠れぬ夜の不安

実は元々、「昼夜逆転生活」を過ごしている私ですが、最近は今までにも増して、
夜に眠れなくなって困っています( ; ; )

夜にひとりで起きていると、
考えなくていい「マイナス思考」が、
私の心に巣くってしまう。

心身の調子が思わしくなくて、
外での仕事はもちろん、家事すらロクに出来ない私に、生きてる価値はあるの?」

なんて、自分でもバカだなぁ~と呆れてしまう事を考えてしまうんです(涙)

生きてる価値」なんて考えても、簡単には答えが出ない事を考えて悶々としてしまうのが、
私の悪い癖なんです( ; ; )

最近は、あまりマイナス思考な事は、
考えなくなったはずなのになぁ~。
季節の変わり目と、体調が思わしくない事で、
また、マイナス思考が復活したのかな?
ちなみに体調不良は、前から持っている
「首と肩の痛み」と、
最近内科で診断された「逆流性食道炎」。
薬は服用しているけれど、「胸やけと吐き気」が酷くって、
そんな体調だから、心も弱くなっているのかな?

情けないなぁ。私。
王子の母親なのに…。
シマの母親がわりなのに…。
ふと、「私、何で生きてるんだろう?」
って思ってしまう事もあるけれど、
王子の母親という事。
シマの母親がわりという事。
生きてる理由なんて、それだけで充分なんだ!

どんなに情けない自分でも、そんな自分をこれ以上卑下しないで生きていくんだ、私!

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム