アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

« 避難訓練 | トップページ | 太り気味!? »

2011年6月10日 (金)

ブラックスワン

主演のナタリー・ポートマンが
アカデミー主演女優賞をとった事でも話題の映画
「ブラックスワン」
を観に行きました。
110609_152801
主演のナタリー・ポートマンの評判は
とってもいいのですが、
色んなレビューを読んだら
ストーリーは賛否両論ですね。
でも、ストーリーも気になったので
前から観たかった映画です。

<STORY>
ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナ、
ニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。
芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)は、
花形のベス(ウィノナ・ライダー)を降板させ、
新しい振り付けで新シーズンの「白鳥の湖」公演を行うことを決定する。
そしてニナが次のプリマ・バレリーナに抜てきされるが、
気品あふれる白鳥は心配ないものの、
狡猾(こうかつ)で官能的な黒鳥を演じることに不安があり……。

(シネマトゥデイ)

以下、感想なのでネタばれありです。

このストーリーのジャンルって
「心理ホラー」ですかね?
感想を一言で現すなら
「怖い」に尽きます。

スプラッター系のホラー映画とは違う怖さ。
人間の心の怖さとでもいうんでしょうかね?
ナタリー演じるバレリーナのニナは本当に優等生で踊りも上手なのに、
臆病で常に不安がっている。
せっかく主役の座を射止めても、
「黒鳥を演じる事が出来ない!でもこのままでは
ライバルに主役の座を奪われてしまう!」

と常に怖がり、焦っている。
プレッシャーにもとても弱い人。
でも、人間って誰しも強い訳じゃないし、
誰でも多少はニナのような不安を感じる事はあるだろう。
でも、ニナのプレッシャーや不安はどんどんエスカレートして、
明らかに「病的」になっていく。
ニナが不安のあまり妄想に囚われていくんです。
観ているこっちとしては、だんだんどっちが現実で、
どっちがニナの妄想なのか分からなくなってしまいます。

(少なくとも私はそうでした。)
クライマックスのシーンは想像を遥かに超えたものでした。
観ている方は「これって救いはあるの?」とも思ったけれど、
ニナの立場からしたら、ある種のハッピーエンドなのかな?

しかし、ナタリー・ポートマンは本当に素晴らしい演技でした!
アカデミー主演女優賞も本当に納得です。
張り詰めて精神を病んでいく役なので、
「ナタリー、演じて辛くなかったのかな?」
って思ったくらい。
クライマックスの黒鳥を踊るシーンは圧巻で
もっと観たかったです。

でも、もう一回観る勇気あるかな?

ところで、私の好きな映画のひとつが「レオン」なんですが、
あの時まだあどけなさが残る少女が
こんなに立派な大女優になって何だか感慨深いですね。

« 避難訓練 | トップページ | 太り気味!? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127414/51901625

この記事へのトラックバック一覧です: ブラックスワン:

« 避難訓練 | トップページ | 太り気味!? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム