アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

関西旅行PART2

さて、前の記事で関西旅行について書きましたが、
その続き、この記事では「京都観光」について書きます。

最初は清水寺へ。

844

「清水の舞台から飛び降りる気持ち」
という例えがあるけれど、
やっぱり高いですねー。

今までお寺を観光しても、写真をとるだけだったけど、
今回は「苦しい時の神頼み」
清水寺で「健康祈願のお守り」を買い、
初めて絵馬に
「病気が治りますように!
家族みんながずっと笑顔で過ごせますように!」

と願い事を書きました。
あと、清水寺の境内に「音羽の滝」があり、
それは「延命の水」とも言われているらしいです。
110227_084601
ご利益にあずかろうと、
お水をぐぐっと飲み干しました
(;´▽`A``
その後は金閣寺へ。

847

849

過去に何回か
金閣寺も観光で見学したけれど、
相変わらず日本の美ですね。

実は王子が4歳の頃にも
京都、奈良観光したんですよ。
その時に清水寺も金閣寺も
王子は見たはずだけど、
「えー?ぼく覚えていない。」だって。
だけど王子
「でも、今回は忘れないよ!っ」
て言っていました。
そういえば、王子ったら金閣寺の上を見て
「見て!鶏がいるよー!」
Σ(゚д゚;)
ち、ちがーうー!それ「鳳凰」だからー!!!

今回は2泊3日の小旅行でしたが
また素敵な想い出が増えました。
またいろんな所に旅行に行きたいな。

関西旅行PART1

実は25日の夕方から今日まで
家族で関西方面に旅行に行って来ました!
実は旦那さんが先週から1週間、関西で研修があり、
「週末はpinguと王子も関西に来て、観光しない?」
と提案があったので、(実は旦那は旅行好き)
旅行好きな私は「行くー!」と即答し、
今回急遽旅行が決まったんです。

で、25日の金曜日は王子の学校が終わって空港へ。
夕方6時5分発のの飛行機に乗ったのですが、
離陸してまもなく、CAの方のアナウンスで
「この飛行機は今から○○空港(出発した空港)へ着陸します。
(要するに引き返すということ。)
詳細は今から機長から説明があります。」

え?!機内はざわざわざわ・・・。
で、機長さんのアナウンス。
「先ほどご連絡したように、
この飛行機は○○空港へ引き返すことになりました。
理由は操縦席から煙が発生した為です。
今後についてはアナウンスの指示に従って下さい。」

操縦席から煙ーーーーΣ( ̄ロ ̄lll)

今まで何度も飛行機に乗ったけど、そんな経験初めてですよー
(lll゚Д゚)
空港に着陸したら、消防車が待機してたしっ!
━━Σ(゚д゚;)━━!!

で、もとの空港に戻って、30分ほど待機。
「えー?!今夜で出発出来るのーーーー?」
と不安に駆られてると、午後7時45分頃アナウンスが。
「お客様を機内にご案内出来る時刻が
午後9時になりました。」

Σ( ̄ロ ̄lll)
えーーーーそんなに遅くー?
ヾ(.;.;゚Д゚)ノ
一応、食事券の配布があって、夕ご飯は空港内で済ませ、
午後9時にようやく空の旅へ。
10歳の王子はもう飛行機の中でずっと眠っていました。
関西空港に着いたのは、もう午後11時半過ぎ。
先に関西にいる旦那さんがレンタカーを借りて迎えに来てくれましたが。
宿泊は京都のホテル。
また車で1時間以上かかり、王子はもうずーっとレンタカーで寝てました。

そんなこんなで着いた関西。
翌日の土曜日は滋賀の彦根城へ。

3727

彦根城をバックにピースする王子。
お城を見るのも好きな私。(歴史好きだし)
彦根城の天守閣の上まで登りましたが、
天守閣から「琵琶湖」が望めて素敵な光景でした

そーいえば、あのゆるきゃら
「ひこにゃん」って
彦根城のキャラクターなんですね。

840


ひこにゃん、
超かわいい(*^-^)

何でもその昔、ねこがお殿様を救ったとかで、
その逸話から「ひこにゃん」が誕生したんですって。
ちょうど、私達が彦根城に着いた30分前に
ひこにゃんは帰ったそうで、残念ながら本物(?)の
ひこにゃんには会えませんでした(´Д⊂グスン

その後、関西に住んでいて、
前にも会った事のある
ネットのお友だちと再会!
今回はそのお友だちとお互い家族ぐるみで会って色んなお話しました。
ばくちゃん、楽しかったね!また絶対に会おうね
o(*^▽^*)o

翌日の京都編は次に記事にて
(;´▽`A``

2011年2月25日 (金)

結果待ち

先日、PET検査を受けた事はブログに書きましたが、
その結果を来週早々聞きに行きます。

結果を待っている間は、どうあがいてもどうしようもないので、
どうせなら前向きになろう!楽しい事考えよう!
がん細胞を殺す為にも
(もしがんがあったらの話だけど)
たっくさん王子やシマと笑って過ごそう!

と思っています。

が、その反面、
やっぱり気がつけば、悪い事を考えてしまったり、
今、正直私の頭の中はぐっちゃぐちゃです
(;´Д`A ```

いつも以上に物忘れが激しくなったり、
情緒不安定になったり、眠れなくなったり・・・。

抗がん剤治療については、まだするかどうかも分からないうちから、
ウィッグを買いにいこうとして、
「はっ!もしも抗がん剤をする必要ないかもしれないし、
ウィッグを買うのは、抗がん剤治療をする事が決まったらで
いいや(;´▽`A``」

って思ったり・・・。

でも、ネットしてて、癌患者さんのブログとか色々拝見してますが、
癌が進行していても、前向きに生きて、「余命宣告」されても、
はるかに長く元気に生きてらっしゃる方もたくさんいらっしゃるのを読んで、
「癌は、気の持ちようで医師から宣告された
『余命』も延ばす事が出来るんだ!」

って気付かされて、くよくよしてたら駄目だなーっていう気持ちです。

私は、まだまだ生きていたい。
80歳まで生きたいとは言わないから、
せめてあと10年は元気でいさせて!
せめて王子が20歳になるまでは・・・

って思っています。

そんな私に友だちは夕ご飯やランチに誘ってくれて
普通に接してくれて、とってもありがたい。
メールで励ましてくれるお友達にもとても感謝です。

偶然にも結果が出る前に今週末、
ちょっとした「小旅行」に家族で行ってきます。
気を紛らわせるいいきっかけだし、
今週末は、病気のことは忘れて、
思いっきり楽しみたい。

2011年2月22日 (火)

PET検査

今日は「PET検査」という検査を受けに行きました。

「PET検査」とは癌検査の一種で、
正式には「陽電子放射断層撮影」という検査です。
がん細胞が正常細胞に比べて3~8倍のブドウ糖を取り込む、という性質を利用します。
ブドウ糖に近い成分(FDG)を体内に注射し、しばらくしてから全身をPETで撮影します。
するとブドウ糖(FDG)が多く集まるところがわかり、がんを発見する手がかりとなります。

(サイトより抜粋)
まぁ、CT検査やMRI検査と似ているところもありますが、
私の場合、以前に血小板輸血でアナフラキシーショックを起こした事があり、
そういう人は造影剤を使ったCT検査は出来ないらしく、
それで主治医の先生は「PET検査」を受けるよう勧めたんです。

ただ、「PET検査」が出来る検査機器がある病院はそう多くはなく、
私が通っている大学病院では「PET検査」が出来ない為に、
今日は主治医の先生に紹介状を書いてもらって、
別の病院でその検査を受けてきました。

場所は大学病院よりも遠くてちょっと不便だった・・・。

あと、「PET検査」って結構時間がかかるんですよー。
まず画像検査の前に、問診をして、
その後静脈にFDG(ブドウ糖に似た薬剤)を注射するんですが、
その注射後、薬剤が身体全体にいきわたるまで、
約90分じっと待機するんです。
まぁ、リラックスルームみたいなキレイなところで、
リクライニングシートでほとんど寝てましたが。
そして肝心の検査自体は約30分。
CT検査より大きな機械で、
CT検査よりも少し時間が掛かるという感じでした。
結局、病院に入って全部が終わるまで、
3時間近く掛かったのかな?

あと、この検査は費用がかかるんです
(;´Д`A ```
私の場合は大学病院からの紹介で受診したので
保険が利いたのですが、
検査の内容とか紹介がない場合には、
全額自己負担になる場合もあるみたいです。

でも、この検査で腫瘍が悪性なのか?良性なのか?
他の場所に転移はないのか?も分かるらしいです。

結果は、今日検査を受けた病院から、
私が通っている大学病院に送られるとのこと。
で、来週に私はその結果を聞きに行きます。

もう、今はなるべく「癌」の事は考えないで、
出来るだけまったりと
過ごせたらなーって思っています。

あと、何かでこの検査は
「多少の被ばくがあるので、
検査した日は妊婦さんや乳幼児に接近出来ない。」

って聞いたことあるので、思い切って担当の先生に、
「あのー、うち、小学生の子がいるんですけど、注意することありますか?」
って聞いたら、その先生に
「小学生のお子さんを抱っこしなければ大丈夫ですよ。」
って言われてしまった(汗)
10歳だから、さすがに抱っこはしません・・・・(;´Д`A ```
あ、猫は大丈夫なのかな?
心配だから、今日一日帰ってきてから
猫のシマを抱っこは避けました
(;´▽`A``

2011年2月18日 (金)

2011年初の癌術後検診

今日は大学病院で、癌の術後検診でした。
今年に入ってから初めての検診だったので、
不安だったのですが・・・。

診察中、主治医の先生がいつもと様子が違う・・・。
「pinguさん、ここ痛くありませんか?」
と先生にお腹の左側を押されたらとても痛かった・・・。

主治医の先生曰く、
「今日の診察(内診と超音波検査)で、
腫瘍らしきものが3つ見つかりました。
再発の可能性が十分に考えられるので、
詳しい検査をしましょう。」

と。

頭の中がまた真っ白になった。
「また再発?!」
とりあえず、来週はPET検査
3月にはMRI検査をするとのこと。
詳しい検査結果が出てから、
今後の治療方針を決めるとのことですが、
腫瘍が3つもあったら、
手術で取り切るのは難しい。
放射線治療や抗がん剤治療がいいとのこと・・・。


再発・・・。
私の場合はもう再々発か。
心のどこかで、その不安はずっと抱えてきたけれど、
こう突き付けられると、
やっぱり恐いし不安でたまらない・・・。


あらためて癌って恐いって思った。
手術で切っても切っても、また出てくる。

次の検査の時には、
腫瘍らしきものがなくなっているといいのに。

再々発の可能性が高い事を告げられて、
今日一日何も手につかないし、頭の中が真っ白。
でも、まだ生きたい!
それだけは強く思った。

2011年2月17日 (木)

夢の続き

先日、私は初めて夢の続きを見ました。
でも決していい夢ではありませんでした。

まず、最初の夢は・・・・
<夢の中の私はまだ仕事をしていて、
仕事と育児を両立していた。
そんな中、私一人に僻地への転勤異動命令。
しかも単身赴任で行け!と
嫌です!と上司に直訴しても聞き入れてもらえず・・・。
で、『王子と離れたくない!猫のシマと離れたくない!
でも猫だけでも連れて行けないかな・・・?』>

というところで目が覚めました。

そして、朝になり掃除洗濯したら疲れて、お昼寝してたら・・・
<さっきの夢の続き。転勤が決まった私。
夢の中なのに憂鬱で堪らない私。
しかも転勤先の宿舎も住居も決まらない。
そんな中、同僚が私のお別れ会を開いてくれる事に。
でも、お別れ会の準備の途中でトラブルがΣ(゚д゚;)>

・・・とそこで目が覚めました。

その日は目覚めも悪かったし、一日中ブルーでした
(;;;´Д`)
実は「仕事関係」の夢を見るのは退職後、
何回も何回もあるんです。

で、たまたま昨日カウンセリングだったので、
カウンセラーの先生に
「退職して2年近く経つのに、
まだ『仕事の夢・・・しかも嫌な夢』ばかりみます。
例えば、新採用の時代の頃、
仕事が覚えられず先輩にも相談出来ない夢。
就職して何年か経っても、
仕事で大きなミスをして仕事場に大迷惑掛ける夢とか
そんな夢ばかりです。」

と話したら、カウンセラーの先生に

「夢は心の奥にしまい込んだものが無意識に出る事があります。
pinguさんの「仕事の夢」はそういう類のものでしょうね。
仕事を辞めて長い事経っても、仕事の夢、
しかも悪い夢を見るということは、
pinguさんの中で未だに『仕事を辞めてよかったのかな?』
という思いが潜在意識の中に強くあると思います。」

と言われ、
「pinguさんにとて、仕事ってなんでしょうね。」
とも問いかけられました。
「pinguさん、あなたは今家庭で専業主婦をしているけれど、
家事、育児だって立派な仕事ですよ。
でもpinguさんには、
<社会に出ていないと社会人として駄目だ>
という思いが強過ぎますね。
どうか今の「家庭での仕事」に心から納得出来ればいいのですが。」

とも言われました。

いや、専業主婦が嫌とかそういうのは全然ないんですよ
(;´Д`A ```

逆に「対人恐怖症」気味な私は、今の生活が気楽であっているし。
でも矛盾するけれど、カウンセラーの先生が仰るとおり、
「平日の昼間も家にいて、これでいいのかな?
世の中には病気を抱えていても働いている人がたくさんいるのに、
私、甘えてるのかな?」
と内心思っているのも事実。

これ読んでいる専業主婦の皆様、
気分を害したらゴメンナサイ!
決して、専業主婦の生き方を否定しているのではありません!

私自身が専業主婦の生き方が自分にあっているのに、
外で働いていない事にまだ心の奥底で申し訳ない気持ちになっている
という、とても「矛盾した気持ち」が未だに消えないのです。

でも、誰に対して申し訳ないんだろう?
自分でも自分が分からなくなる時があります。

でも実際問題、今午前中に掃除洗濯したらぐったりして、
お昼寝しないと、夕方動けない(´Д⊂グスン
家の事も完璧に出来ない私が、外で仕事など今は無理無理
Σ(゚д゚;)
もっと今より心身ともに気力体力ついたら、
パートには出たいなという気持ちはあるけれど・・・。

でも今はカウンセラーの先生の仰るとおり、
今の自分の生き方に心から納得したいな。

2011年2月15日 (火)

4年生最後の授業参観日②~道徳

今日、王子の小学校で授業参観がありました。
2時間目については先に書きましたが、
3時間目は「道徳」でした。

その「道徳」の授業が保護者である私の胸に
今も深く残っています。

担任の先生はまず授業開始と共に、
児童達に筆箱以外のものをしまわせて、
みんなにある絵本を読み聞かせました。

「わたしのいもうと」
41j379e5t9l_sl500_aa300_
私は不覚にも、
今日はじめてこのお話を知りました。

先生は児童達に
ゆっくりゆっくり読み聞かせました。
内容は・・・・
「わたしという女性の妹が、小学校の転校を機に新しい学校で
壮絶な苛めにあってしまう。
妹は汚いと罵られ、しまいには誰も口を利いてくれなくなった。
そして妹は学校に行けなくなった。
小学校を卒業して、中学生になっても家にこもったまま。
外では自分を苛めた子たちが楽しそうに談笑しているのが聞こえる。
妹は食事もとらなくなり、やせほそり、命の危険にさらされる。
そして高校生になっても学校へは行けず、
外では自分を苛めた子の笑い声が聞こえる。
そして妹はひっそりと亡くなってしまった。
一枚の手紙を残して・・・。 」

絵本を読みながら、担任の先生は涙をこらえるのに必死でした。
聞いていた保護者の私達も涙が止まりませんでした。

担任の先生は、この話を聞かせた後、みんなにプリントを配りました。
そのプリントにはふたつの質問がありました。
ひとつめは、
「妹は、最後に手紙を残しましたが、
その手紙には何と書いてあったでしょうか?」

児童達は、プリントに色んな事を書いていました。
「苛められてつらかった。」
「家族の人に対してのありがとう。」
「学校に行きたかった。」
「どうして私だけいじめたの?」
様々でした。

実際手紙にはこう書いてありました。
「わたしをいじめた人達は
もうわたしをわすれてしまったでしょうね。
あそびたかったのに。べんきょうしたかったのに。」

これを読んで、子ども達はどう感じたんだろう?
何かを感じて欲しい。

そして先生は2つ目の質問で、
「私のいもうと」を読んだ感想を児童達に書かせました。
その中で、ひとりの女の子が発表した言葉が印象的でした。
「いじめは殺人と同じだと思いました。」

そして最後に先生は言いました。
「絶対にいじめはしてはいけません。
そのためには、自分がされて嫌な事は
相手にもしてはいけません。
相手を思いやる気持ちを忘れないで下さい。」

と。

小学4年生の子たちが、今日、この話を読んで、
何か大切な事を学んでくれたら・・・と心から思いました。

そして、こういう授業をして下さった担任の先生に感謝です。
先生は若いけれど、クラスにいじめがないか、
必死に取り組んでくれています。

国語や算数の授業もとても大事だけど、
こういう授業がそれ以上に大切だと感じました。

「わたしのいもうと」
今、思い返しても涙が止まりません。
今でもいじめが原因で命を絶つ子が後を絶ちません。
でもどうか、そんな悲しい事がなくなってほしい。
王子にもいじめの被害者にも加害者にも
なってほしくない・・・。

4年生最後の授業参観➀

今日、2月15日は王子の小学校の
授業参観日でした。

王子の小学校はいつも2時間目と3時間目を
授業参観にするのですが、
前回の授業参観の日に私は不覚(?)にも
時間を間違えてしまい、3時間目の授業しか
観る事が出来なかったので、
今日は気合を入れてちゃんと
2時間目と3時間目共に参観できました。

まず、2時間目の授業は「音楽」
最初はリコーダーで、
「茶色の小瓶」を演奏。
110215_0945010001
演奏の合間、
ニコニコ談笑していた王子。

そして、次は
「踊ろう楽しいポーレチケ」の歌。
この歌は歌詞が
4番まであるんですって!
で、この授業はただ歌うのではなく、
クラスを3グループに分けて、
例えば、1番の歌詞は、早く歌いますか?
それともゆっくり歌いますか?
とグループ内で考えさせるのです。
子ども達の答えは、
「1番は歌詞に『はずむよ』ってあるから
早く歌って、
2番は『大きな木』が出てくるから、
ゆっくりがいいと思います。」

と各グループごとに発表するんですよ。
110215_1019010001
で、意見がまとまったところで、
みんなで合唱。

ちなみに「音楽」の授業は音楽室でしたが、
3時間目は教室へ移動。
教室の後ろには、
先日の図工で作った作品が
展示してありました。
110215_102801
王子曰く
版画で書いた
「自画像」とのこと
(゚ー゚)

授業参観日に私が行くと、
いつも嬉しそうな顔をする王子なのです。

私にとっても「授業参観日」は
王子の学校での様子が分かる
貴重な機会なのです。

2011年2月14日 (月)

バレンタインデー@2011

今年もやってきました。
バレンタインデー!!!

しかし、結婚してアラフォーになった私にとって
バレンタインデーは、もう思春期の頃の
「ドキドキ感」など、もはや全くなく・・・
(;;;´Д`)

思春期の女の子にとっては、
バレンタインデーはある種の
「勝負の日」でしたからねー
(遠い目)
でも、我が家は私以外皆男性陣。
ネコのシマにいたってもオス
(;´▽`A``

もちろん、今年もチョコレートを
家族にプレゼントしました。
今年も手作りじゃなくてゴメンよー
。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

でも喜ぶ王子(*^-^)
110214_150001
今年も王子には
「ポケモンチョコ」

だんなさんにも、もちろんあげましたが、
うちのだんなさん、
先日から風邪をひいておりまして・・・。
で、私も今日はお腹の調子が悪くて、
いつもはチョコのおこぼれにあずかるのに、
今年はほとんど食べられませんでした
(´Д⊂グスン

あと、忘れちゃいけない男の子がもうひとり
・・・じゃなくて一匹(;´▽`A``

でも、猫には絶対にチョコレートをあげたら
ダメなんですって。
なんでも猫にチョコを食べさせたら、
中毒を起こしたり、痙攣を起こしたりするらしいんです。

「猫に食べさせたらダメなもの」
だから、代わりといってはなんですが、
「またたび」
をプレゼント(?)しましたよ。
110214_195201
110214_195601
シマ、初またたびに
どんな反応示すかな?
と思ったら、
何だか、
「お酒に酔っ払った人間」
みたいな行動を数分してました
……(ノ゚ο゚)ノ
不思議だなぁ・・・。
でも、あんまりあげ過ぎも良くないみたいなので、
(人間のお酒と一緒?)
まぁ、ほどほどにします(;;;´Д`)

GANTZ

今話題の邦画なので観て来ました。
「GANTZ」
110210_111801
内容については「グロい」と聞きましたが、
私、原作は未読です。
だから、ちょっと「怖いもの見たさ」
もあって観たのかな?
松山ケンイチの演技も好きだし。

<STORY>
まったく就職が決まらない大学生の玄野(二宮和也)と、
彼の幼なじみで正義感の強い性格の加藤(松山ケンイチ)は、
電車にひかれて命を落としてしまう。
しかし、黒い謎の球体“GANTZ”が彼らを呼び出し、
“星人”と呼ばれる異形の敵との戦いを強いる。
加藤は争いを避けるが、玄野はサバイバルに身を投じることを決意する。

(シネマトゥデイ)

以下、感想なのでネタばれ含みます。

原作ファンの方のレビューを読むと賛否両論だったので、
あんまり期待しないで観に行ったんですよ
(;´Д`A ```
だけど、予想以上に面白かったです!

原作を読んでいない私は、全く先が読めない訳で、
「えー?何これー?
死んだの?死んだのに、
さらにまた訳分からない『星人』と戦えって?!」

玄野や加藤と同じ気持ちになってしまいました。
全く持って、「非現実的」だし
「不条理」極まりない世界。
でも何故か面白い。

確かにちょっとグロシーンはあったけど・・・。
あと、「星人たち」が不気味過ぎ!

はじめは戦闘に戸惑っていた玄野(二宮)が
「覚醒」する過程がよかった!

あと、個人的には西役の本郷奏多くんが好きなんですよ。

またCGも凄かったです!

映画を観たら原作の漫画が読みたくなって、
とりあえず1~3巻まで買って読んでみました
(;´▽`A``

512hrd0at0l_sl500_aa300_ 原作は「かなりエログロい」って
聞いてはいたけど、
想像以上にエロいし、
グロかった!
Σ( ̄ロ ̄lll)
女子は裸体のシーンがやたら多いし、
1巻から、あの
「鉄道に轢かれるシーン」で
身体がバラバラ・・・( ̄Д ̄;;
この原作漫画って今29巻まであるんですよね?!
とりあえずこれから先はツ○ヤのレンタルで読もう (;;;´Д`)

話は映画に戻って、今公開されているGANTZはまだ前編。
4月に公開される後編が今から待ち遠しいです。

2011年2月10日 (木)

映画 「白夜行」

先日、一気に読んだ小説
「白夜行」
映画を観に行きました。
110204_213701
原作は800ページ以上にも及ぶ
長編小説なので、
それを2時間半の中でどこまで
見せてくれるか・・・という
期待と不安の両方の気持ちで観に行きました。
ただ私は数年前のテレビドラマは観ていないので、
ドラマと比較する事はなく観る事が出来ました。

<STORY>
昭和55年、質屋の店主が殺されるという事件が起きるが、
結局被疑者死亡のまま解決。だが、当時の担当刑事笹垣(船越英一郎)は、
何か腑に落ちないものを感じていた。
数年後、事件の殺人犯と目されていたが、
ガス中毒死した女の娘雪穂(堀北真希)は美しく成長し、
一方質屋店主の息子亮司(高良健吾)も事件後は家を出ており……。

(シネマトゥデイ)

以下、感想なのでネタばれ含みます。

ネットの感想では賛否両論だったので、
あまり期待せずに観たのですが、
2時間半という長さを感じずに観ることが出来ました。
映像も、本当に「昭和」の時代を表していました。

まぁ、さすがにあの長い原作を2時間半の中で、
忠実に再現する事は無理で、
スッパリ省いてしまった部分や、
原作と変えている部分もありましたけれど。
(亮司の友だちの友彦パートとかバッサリ省かれていたし、
雪穂の結婚相手も原作とは異なっていた。)
時間の制約もあってか、
主人公二人、雪穂と亮司の心の内は
ハッキリと知ることは出来ませんでした。
でも、原作でも雪穂と亮司の心理描写は
ほとんどないに等しかったので、
それは原作どおりでよかったとは思いました。

ただ船越さん演じる刑事の笹垣さんはラストで
完全に原作とは違うキャラになっていたのが残念・・・。

あとこの映画で一番観た人の感想が分かれるのが
「雪穂像」だと思いました。
そもそもあの役に堀北真希さんは適役だったのか?と
でも「雪穂」という女性は、一番理解しにくいキャラクターだし、
きっとどの女優さんが演じても賛否分かれたと思います。

ちなみに私はテレビドラマは観ていないので、
ドラマ版の綾瀬はるかさんとは比較出来ないけれど、
堀北さんの「雪穂」も、しとやかな中に得体の知れないものを
感じて、私はよかったんじゃないかなと思いました。
特にラストの「私は知らない」と言って無言で歩くシーン。
すごく印象的だったし、あのシーンはよかったなぁと思いました。
でも、ウエディングドレスを着て微笑む雪穂は可愛すぎました!

あと雪穂を常に影から見守る亮司。
彼は雪穂の為に様々な犯罪に手を染めます。
犯罪行為そのものは不快に感じたし、
それは絶対に良くない事だけど、
そんな生き方しか出来なかった亮司が
不憫で仕方ありませんでした。

原作でも同じような感想を抱きました。

ラスト辺りで、雪穂と亮司の子ども時代が出てきます。
楽しそうに遊んでいた子ども時代の雪穂と亮司。
でも二人は汚い大人たちに心をズタズタにされた。
周りの大人たちがまともな人達だったら、
雪穂と亮司二人とも心に深い闇を抱える事もなく、
ふたり幸せになれたかもしれないと思ったら、
観ていて悲しくて苦しくてたまりませんでした。

あとこの映画を撮った監督さんってまだ34歳なんですね。
その事にもビックリしました。

2011年2月 9日 (水)

無償の愛

ここ数日、母子共に風邪でダウンしていました
(´Д⊂グスン
今は王子も私も熱が下がって、
王子もマスクしながら学校に行っていますがね。

ところでいきなり
「無償の愛」なんて言葉、
タイトルにしてみました。
私は10代とか20代の頃、恋愛すると、
「相手も、もっと私を好きになってほしい」
「もっと私と一緒にいてほしい。」
とかその時は気付いていなかったけれど、
結構、相手に「見返り」を求めていたように思います。
まぁ、恋愛ってそういうもんなんでしょうねー
アラフォーにして、ちょっと悟ちゃった感じ?
┐(´-`)┌

でもね、王子の母親になってからは、
我が子に対して、「見返り」とかなしに
無条件で可愛いんですよ。

まぁ、親ばかと言っちゃあ親ばかなんですけど
(;´▽`A``
でも、私は自分自身の経験からも、
親は子どもに対して
「見返りの愛」を求めてはいけないと思うんです

「お母さんがこんなに愛しているんだから、
お前もお母さんを大切にしなさい。」
とか。
(あれっ?これって私の幼少期の体験?!)
子どもが元気で笑顔でいること。
これだけで親は十分に幸せなんです。

あと、最近「ネコ」を飼い始めてから、
ネコに対しても、
「無償の愛」を感じる今日この頃です
(;´▽`A``

「この子が傍にいてくれるだけで幸せ!」
時々噛み付いたり、台所に登ったりとやんちゃするけれど、
言葉は通じないけれど、一緒にいれば、
シマの「喜怒哀楽」も自然と解って来るんです。

我が子とネコを同列みたいな書き方変かもしれないけれど、
共に今の私が「無償の愛」を捧げられる存在なのです。

110209_150901
110209_162801

 

2011年2月 4日 (金)

慢性的な腸炎

今日、お昼の12時頃王子の学校から電話あり。
いやーな予感がして、電話をとると
「王子君、『気持ち悪い、お腹が痛い』と訴えています。
熱も38.5℃あります。お迎えお願いします。」

とのこと
Σ(゚д゚;)

聞いたら、給食もスープ以外は食べられなかったらしい・・・。
そういえば、昨夜の「恵方巻き」も残してたな・・・。

午後一でかかりつけの病院を受診させたら
「お腹の痛み、吐き気がある事から腸炎が疑われるので、
お腹のレントゲンを取りましょう。」

とレントゲン室へ。

結果はやっぱり「腸炎」でした。
明日は土曜日と言うこともあって、
一時間ほど病院で点滴を受けて帰宅。

でも家に帰ったら、いつもほどではないけれど、
ご飯も食べられたのでちょっと安心。
お医者さんのいうとおり、水分補給をいっぱいしました。

さきほど、私がちょっと目を離した隙に、
本を読みながら眠ってしまった王子。
先週は「学芸会」があったし、
王子なりに疲れが溜まっていたのかな?
そんな王子に寄り添うように
「シマちゃん」がずっと王子の傍にいました。
王子の具合があまり良くない事、シマも察したのかな?

しかし、王子が腸炎になるのはこれが初めてではないので、
「慢性腸炎」かもしれない・・・。
早く治るといいな。

2011年2月 3日 (木)

親戚のおじさん

私、pinguは中学2年の途中から高校を卒業するまで、
母方の伯母さん宅に居候していました。
精神状態が非常に悪くなり、
母が私を育てる事が出来なかったことが理由です。

母の姉にあたるその伯母さんは、
母とはタイプは違えど、その人も
「ものすごく厳しい人」でした。
実母とは違う意味で、違う意見も反抗も出来ませんでした。
何より自分の親じゃないし、私は居候の身分だから、
とても反抗など出来ず、
「いい子のふり」
をし続けていました。
いや、私じゃなくても
誰も伯母さんには反抗どころか、
悪い部分を指摘出来る人もいませんでした。
だって、ものすごく怖い人だったんですもの・・・。

でも、その伯母さんの旦那さんは、
とても穏やかで優しい人でした。

(私とおじさんは血縁関係ではないです。)
私が伯母さんにきつく叱られた後、
こっそり私を励ましてくれたりしてくれたことが
何度も何度もありました。

そんなおじさんも何度も伯母さんに叱られていましたけど・・・。
伯母さんの家に居候になっている期間はとても息詰まる思いで、
今でもその時の事は思い出したくないけれど、
きっと、おじさんが優しかったから私は耐えられたと思います。

そのおじさんが一昨日、息を引き取りました。
約5年前からステージⅣの「前立腺がん」だったのです
でも高齢ということもあり、がんの進行もほとんど進んでおらず、
ずっとここ何年か現状維持でした。
でも、ついに一昨日、旅立ってしまいました・・・。

おじさんも、もう80歳を過ぎていたから、
きっと十分に生きたのだと私は信じたいです。
でも、きつい奥さん(伯母さんのこと)の尻に一生引かれて、
それを思うと、気の毒な気もします。
何だか、私の母方の(特に)女性は癖のある人ばっかりだな

昨日のお通夜で見たおじさんの亡骸は、
そこにおじさんの魂はないのに、
今にも起き出しそうなくらいに穏やかなお顔をしていました。

今日、おじさんは骨になりました。
いつも優しい笑顔だったおじさんの肉体がなくなってしまった・・・。
何だか私は昨日からおじさんとの思い出がグルグルと廻っています。

おじさん、本当にありがとう。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム