アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

« 1月15日 | トップページ | 僕と妻の1778の物語 »

2011年1月17日 (月)

子どもの叱り方

私、pinguは実母の事を反面教師にして、
王子の子育てをしています。

実母の事は今回は詳しく書きませんが、
(書いたらまたフラッシュバックが起きそう・・・。)
母は私を叱る時、同じことを何度も何度も言い
(子どもでも一度言われれば分かるのに。)
その言い方はいつもヒステリーを起こしていた。
そして、私と言う人間を否定するような事もよく言われた。
母にしてみれば、
<子どもはまだ未熟なんだから、
子どもの言い分を聞くとか、
甘い事を言ってたら、子どもはダメになる。>

という考えだったんでしょう。
だけど、母は母自身が間違っていた時も、
決して私に「あの時はごめんね。」という
子どもに対して謝る事は決してなかった。
いや、そもそも母は、自分にも少しは非があったとか
今でも思っていない。

でも、母に言われた事、された事で辛かった事とか、
こんなこと親に言われても、
子どもは真っ直ぐな大人に育たないって
身を持って体験しているので、

逆にそういう子育てをしなければいいんだ!
と母を反面教師に私は育児をしてきたように思います。

でも、今日は・・・。
いつもマイペースな王子。
今日は5時間目までの授業で、
その後公文がありました。
公文から帰ってきたら、ちょっと休んで、
その後はなるべく早く宿題をするのが
王子の日課です。

だけど今日は公文から帰ってきても何だかダラダラ・・・。
私も一言「宿題早く済ませたら?」
と言えばよかったんですが、
私も今日は夕方酷くだるくて、その一言もかけられなかった。
で、<今日は宿題少ないのかな?>
と勝手に解釈して、私は夕ご飯の準備をしに台所へ行ったら、
王子も、ようやく宿題を始めた様子。

しばらくして、台所に向かって
「ママさん、宿題分からない所があるよー。
教えてー。」

の声。
私、内心
<えー?今、手が離せないのにー。>
と思いつつ、王子の宿題を見に行ったら、
<今日は算数の宿題たっくさんあるじゃない!
何でもっと早く取り掛からなかったのー?!>

と王子に対して、今までになくキレて大声で怒鳴ってしまった
(;´Д`A ```
まぁ、王子の行動も、もっと早く宿題に
取り掛かればよかったんですけどね。
その事に関して、
私もビシッと叱らなくては!
と思ったのですが、
何か今日はいつになく
かなりヒステリックに怒鳴ってしまった・・・
(;;;´Д`)

子どもを叱るのも大切だけど、
その叱り方を間違えてはいけない。
同じ叱るにしても、
ヒステリックに子どもが萎縮するくらい大声で怒鳴っても、
その叱り方では、子どもは親に対して萎縮するだけで、
冷静に自分の過ちに気付けない・・・って
私自身が身を持って一番良く知っていたはずなのに。

今日の私は、昔私が小学生だった時
私に対してヒステリックに叱り付けた母に似てた・・・

気がする。

後から私も反省して、
<あんな叱り方じゃ、王子はビックリするだけだ。
もっと冷静にならないとダメじゃない!
私も、母みたいになっちゃう・・・。>

と怖くさえ思えた・・・。

でも、さっき寝る前に王子と
「お母さん、さっきはちょっと大声で叱り過ぎたね。
あの叱り方は有り得ないよね?
お母さんも悪かった。
でも、王子も宿題はこれからもっと早く取り掛かってよ。」

というと、王子は「はい。」と素直に言った後笑いながら、
「あの時のママさんったらー。
ちょっとビックリしたなー(´-`)」

って、珍しくヒステリックに怒鳴った自分の母親の様子を
ユーモアを交えて再現(?)してました
(;・∀・)
その後はお互いに笑ってもう後腐れはなし!
子育てに正解があるか、今は分からない。
きっと子どもの数だけ色んな正解があるんだろう。
答えはきっとひとつじゃない。
そしてこれからも私は、
親としての責任、親として反省すべき事を
色々試行錯誤しながら
王子と向き合っていこうと思います。

« 1月15日 | トップページ | 僕と妻の1778の物語 »

育児」カテゴリの記事

コメント

いいお母さんだぁ!
人間だから、たまにはヒステリックになることもあるけど、そんな時はそうやって後からでもゴメンナサイ出来るといいよね♪

うちの親も、怒鳴る‥(父親が)
気分で怒るし、機嫌で殴るし、有り得ない暴言吐くし、絶対謝らない。
子供は親に絶対服従、って今でも思ってる。

間違ってるよなぁ‥と思うので、
反面教師にして、あたしも子供にちゃんと謝れる親になりたい。

ばくっこちゃん、コメントありがとう!
pinguは全然いいお母さんじゃないよーcoldsweats02
pinguもまだまだ精神年齢は子どもなので、
子どもが子どもを育ててる感じだよー(;´Д`A ```
でも、子どもと一緒に私も成長出来たらなーとは思うんだcoldsweats01
ばくっこちゃんは、今でもいいお母さんだし、
これからも、ずっといいお母さんだよwink
お互いに子育てを通して成長していきたいねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127414/50615408

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの叱り方:

« 1月15日 | トップページ | 僕と妻の1778の物語 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム