アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

守るものがあるから

早いもので、明日から8月ですね。
8月は我が王子の誕生日ヽ(´▽`)/
あと、少しで彼も
「9歳」
になります(*^ー゚)

たかが8歳、されど8歳。
メンタル面が弱く、
誇れるものも何もない私にとって、
彼は誇れる大切な宝物。

王子の存在があったから、
何とか立て続けにやってきた病気とも
向き合うことが出来たのかもしれない。

私はずっと、子供の頃から
生きることに「無気力」

王子の母親になるまでは、
正直、
「いつ死んでもいいかな?」
と思っていたけれど、

今は王子の成長をもっと傍で見たいから、
こんな私でも、王子を守りたいから、
せめて、王子が成人するまでは
生きていたいと思えます。

もうすぐ9歳になる王子は、
自我の芽生えと
まだ親に甘えたいという
両方の気持ちがあるみたい。

でも、甘えたいという気持ちがまだ強く、
いつも私の傍で、
毎日、私に「本の読み聞かせ」
をしてくれるのです。

(って、普通は逆じゃ・・・(;´▽`A)

そして、前から優しい子だったけど、
その優しさは今も変わることなく、
私を癒し、支えてくれています。

(文字どおり『虫も殺せない』性格なのです。)

無宗教な私だけど、
もし神様が存在するならば、
ずっと生きることに無気力だった私に、
「生きる意味」を与えるために、
神様が王子を私の子どもとして、
授けてくれたとしか思えません。

神様に感謝しなくちゃね。

2009年7月30日 (木)

老いるということ

先日の記事で、
父の住む「鹿児島」へ家族で行ったという
記事を書きました。

とても楽しく、有意義な旅だったのですが、
ひとつショックで、
また、色々考えさせられた事もありました。

父方の祖母もずっと鹿児島に住んでいます。
非常に気が強く、子供の頃から
私にとっては
「厳しいおばあちゃん」でした。

今年97歳になり、非常に長生きしているのですが、
近年、「認知症」の症状が酷くなり、
去年から、「介護施設」に入所しています。

久しぶりに会う祖母は、もう私の事も覚えていなかった。
というより、ほとんど意識がハッキリしていなかった。
少し前まで、
「気が強くちょっとこわいけど、
実年齢よりも若く元気なお婆ちゃん」

だったのに、
施設のベッドに横たわっていたお婆ちゃんは、
まるで別人のようだった。

祖母が元気なうちに、(意識がハッキリしているうちに)
もっともっと会っておけばよかった。

正直、ショックを受けたけれど、
答えないお婆ちゃんに対して、必死に
「お婆ちゃん、孫が来たよ!」
と話し掛ける父の姿がまた切なかった。

父は非常に母親(私にとっての祖母)思いだから。

認知症が進行し、栄養は点滴で取る状態。
家族の事も分からない状態・・・。

今日本は医療の発達もあり、
「高齢者社会」ですが、
心身共に元気で幸せなお年寄りは、
果たしてどのくらい、いらっしゃるのでしょう?

私の祖母の様な状態で完全介護を受けている
ご高齢の方もきっと多いことでしょう。

「老いるということ」
の現実を改めて目の当たりにしました。

家族としては、「認知症」の症状が進んで、
自分のことが認識出来なくなっても、
意識がハッキリしなくても、
心臓が動いている限り、生きてほしいと
願うでしょう。

私も自分にとって大切な人が
これから先、いつかそのような状態になっても
心臓が動いている限りは、生きていてほしいと思います。

でも、私自身はどうなのか?
人生のゴール間近に差し掛かったときに
どう生きたいか?

私も歳をとったとき、意識もなくなり、
ただ管で栄養をとって、
大切な人の存在も分からなくなったら・・・。

現実問題として、
「長生き=幸せ」とは言えない現状なら、
延命治療などで意識がなく、その後も回復の見込みがなく、
ただ無理やり生かされている状態で
長生きするよりも、
私個人の意見は、
「尊厳死」が認められたら、それを望むでしょう。

でも、自分自身はそう願っても、
大切な人に対しては、
どんな姿でも生きていてほしい・・・。
矛盾していますが・・・。

すごく難しい問題ですが、
いつかは避けては通れない問題なんですよね・・・。

2009年7月29日 (水)

第2の故郷へ

去った25日から2泊3日の日程で、
「鹿児島」へ行きました。

実は、鹿児島は私の実父の故郷であり、
現在、父がそこに住んでいます。
(母とは別居状態で、そこに母はいません。)

私も結婚するまでは、
本籍地は「鹿児島」だったのですが、
実際に生まれ育ったのは、関東地方であり、
私自身は、鹿児島で生活した事はありません。

これといった
「故郷」がない私ですが、
さしずめ、鹿児島は私の
「第2の故郷」かも知れません。

今まで、何度も行こうと思いましたが、
仕事が忙しかったり、体調を崩したりと
なかなか行く機会がありませんでした。
でも、今年はどうしても行きたかったのです。
それで、王子が夏休みに入ったこの時期に
行くことにしました。

ただ、全国的な大雨は九州南部も例外ではなく、
鹿児島もあまりお天気はよくありませんでした。

まず、2日目に行った「霧島神宮」
090726_10190001着いた途端、大雨・・・orz
王子もずぶ濡れになったので、
もう観光は、あきらめて、


もうその日は、「食」を楽しみました
(;´▽`A``

鹿児島といえば、
「黒毛和牛」や「黒豚」
がとても美味しく、
焼肉大好き王子は、(私もw)
「黒毛和牛」の焼肉に舌鼓(≧∇≦)

本当に美味しかったぁ!
090725_19430001
←大好きなユッケを
独り占めしようとする王子(;´▽`A``

不安定な天候でしたが、
帰る日になって、ようやくお日様が!

もちろん、
有名なあの人物の銅像も見てきました!
090727_12560001
「西郷隆盛の銅像」
「鹿児島」を代表する人物なだけあって、
観光客がたくさん写真を撮っていました。


あとは、やはり「あの山」でしょう。
090727_14030001
「桜島」

そういえば、去年の大河ドラマの「篤姫」で
篤姫が薩摩に別れを告げる時に
桜島に大声でさようならを言っていたシーンありましたよね?
去年行けば、「篤姫ブーム」
もっと、観光客も多く賑やかだったでしょうね。

なんか、黒い煙がもくもくしてる?
一応、カーフェリーで島まで行き、
島を一周しました。

090727_13510001
島で見つけた
「桜島だいこん」

あと、写真に撮れなかったのが
残念だったのですが、

桜島には、
看板が茶色い
「ローソン」や
「ファミリーマート」があるんですよ!!!

(普通は青ですよね。)
なんでも、桜島だけなんだそうで。


私も本当に久しぶりの鹿児島を楽しみましたが、
私の何倍も父は楽しそうでした。

たったひとりの孫と久しぶりに会ったのですから。
(ちなみに私も一人っ子なので、
私の両親にとって、孫は王子ひとりなのです。)
あんなに嬉しそうな父の顔を見るの、久しぶりでした。

帰り際、空港で見えなくなるまで
ずっと手を振っていた父の姿が忘れられません。

父も、もう若くはないのだし、
今のうちに孫である王子と
たくさん楽しい時間を過ごして欲しいし、
私も出来るだけ、その時間を作るようにしたい。

限りあるいのちを・・・。

乳がんの転移で闘病中だった
歌手の川村カオリさんが亡くなられたと
ネットのニュースで知りました。

去年の10月に乳がんの再発、転移が発覚した事を
ご自身がブログに書かれており、
それを読んで、
「がんサバイバー」でもある
私は衝撃を受けました。

その時の記事です。
「ピンクリボン」
川村カオリさんは、2004年に乳がんに罹り、
手術と抗がん剤治療で、その時はご本人も
「がんは完治した」
と思ったことでしょう。

しかし、最初のがんから4年経っての再発、転移・・・。
ご本人のショックはきっと、相当なものだったでしょう。

しかも川村さんには、愛する娘さんがいらっしゃるのです。
娘さんはまだ小学生で、
まだまだ母親の愛情が必要な歳なだけに、
そして、川村さんはシングルマザーでもある事から、
きっと、娘さんの為にも、絶対に生きる!
って最後まで頑張った事でしょう・・・。

まだ38歳・・・。
まだまだ、やりたい事たくさんあったでしょうし、
何より、娘さんともっともっと一緒に過ごしたかったでしょう。

「癌」はまだまだ怖い病気と改めて思いました。

私自身、「癌」を患い、
今も2ヶ月に一度、経過観察で病院を受診しています。
早期発見だったので、ステージⅠで、
今は元気ですが、
(今は別の病気で大変ですが・・・。)
私も、忘れた頃に再発・転移しないとは
言い切れません。

しかも、私の場合は、
卵巣と子宮の全摘手術をしたので、
ホルモン補充療法で
「プレマリン」
というホルモン剤を毎日服用しています。
この薬は、
「乳がんの発現リスクが少し高まる可能性がある」
そうなので、主治医から
定期的に「乳がん検診」も受けてくださいと言われてます。

実は、この「プレマリン」を服用してから、
「乳がん検診」を受けていない私・・・。

川村カオリさんの遺志を無にしない為にも
(病気を公表したのは、多くの人に検診を受けてほしいという
思いがあったからと思います。)
近いうちに「乳がん検診」も受けようと思います。

それにしても、今年はミュージシャンの訃報が多すぎる。

当たり前だけど、いのちは限りある。
それが長いか短いか・・・。

明日が来ること。
一年後も元気でいること。
それは確実なものではない。

 

いつ、何か起きても後悔しないように
特に王子との日々を大切に生きたい。

最後に、川村カオリさんのご冥福をお祈りします。
遺された娘さんが健やかに育ちますように。

2009年7月24日 (金)

ぼくの気遣い

不器用で、キャパの狭い私は、
いろんなことが同時に起きると、
すぐにパニクッてしまうんです・・・。

そんな私の不器用さを
一番知っているのは、
いつも私の傍で見ている
「王子」です。

そんな王子も
8歳のやんちゃ盛りの男の子。

時々、空気の読めない、いたずらをしたりして、
余計に私、混乱したりして・・・
(lll゚Д゚)

今夜もそういう事があったので、
王子に注意したら、
王子、しょぼんとした顔で、
「少しでもママが笑ったらいいなと思って・・・。」

そ、そうだったの・・・!
そんな王子の気持ちに気づかずにゴメンね
( ´;ω;`)

時々鬱状態で元気がなくなる私を笑わそうと、
王子なりに私を気遣ってくれたんだ!

王子のその健気で優しい気持ちが
私はただただ、うれしかった。

王子、ありがとう。

でも、時と場合をわきまえないと
いけない時もあるってことも分かってね
(;;;´Д`)ゝ

2009年7月23日 (木)

劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール プラチナ アルセウス 超克(ちょうこく)の時空へ

我が王子は
「ポケモンオタク」です
(;´▽`A``

そんな王子がずっと楽しみにしていた映画
「劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール プラチナ アルセウス 超克(ちょうこく)の時空へ」
を観に行きました。
090722_11040001

2年前から、
「ポケモン映画」は
劇場に行くと、
DSの「ポケモンゲーム」
で新しいポケモンを
通信してGET出来るので、
観客のほとんどが
DSを持って来ていました。
(ほとんどお子様と
その親御さんですが。)

王子ももちろん、
DS持参で新キャラ「アルセウス」のGET満々w

 

<STORY>
人間たちはアルセウスから“命の宝玉”を借り受け、
荒廃していたミチーナを緑豊かな土地に変えたが、
命の宝玉を返す約束を破ってしまう。
裏切られ、激しい怒りを抱えたまま長い眠りについたアルセウスは再び目覚め、
サトシたち一行はアルセウスの怒りを鎮めるため
古代のミチーナへ時空を超えた旅に出るが……。
(シネマトゥデイ)

以下、感想です。

 

あらすじを全然知らなかった私は、
「アルセウス」
というポケモンが何故にそんなにも
怒り狂っているのか最初は分からずに、
「アルセウス」って怖くて悪いポケモン?
って勘違いしてました。
アルセウス、ゴメンナサイ(;;;´Д`)ゝ

しっかし、アルセウスが強いのなんの・・・。
しかも、声の担当があの
「三輪明宏さん」
迫力あるわーー
Σ( ̄ロ ̄lll)

で、サトシたちがタイムスリップで過去に行ったことで、
アルセウスが人間に裏切られた事を知り、
何だか、とっても不憫になっちゃいました・・・。

まぁ、最後は救われますが。
じゃないと、見ているお子様達も
納得しないっしょ。

この作品は、前2作と併せて
「3部作」らしいですね。

私的には、今作が一番よかったです!

王子に感想を聞いたら
「ほのぼのあり、爆笑あり、
戦いのハラハラありで
面白かった!」

と満足気でした。

ただ、もうひとつの目的である、
DSで「アルセウス」がなかなかGET出来ずに
映画が終わった後、焦っていたら、
隣で息子さんと観ていた男性が
「キミ、まだ通信できていないの?」
と王子に聞いて下さって、
「お前、この子に教えてあげなさい。」
とご自分の息子さんに、王子に通信の仕方を
教えるように言って下さいました。

見知らぬ方のご好意で
ようやく「アルセウス」を自分のDSにGET出来た王子。

この親子さんの優しさに映画以上に感動しちゃいました。

2009年7月22日 (水)

部分日食!

今日は、
日食の話題で持ちきりでしたね。

しっかし、非常に無知な私。
日食を肉眼で見たらいけない事も
前日まで知らなかった(;´д`)トホホ…

でも、幸いなことに市内にある博物館で
「日食観察会」
があることを今日の朝知り、
急いで王子を連れて行きました。

そこで、ちゃんと
「日食メガネ」
も用意されていました(;´▽`A``
これ↓
090722_10240001


で、
本日の太陽。
090722_10460001

この太陽を
日食メガネで見たら!


すっごいっ!!!
太陽が本当に
「三日月」
に見えた!!!

博物館側が用意した、
黒い箱(?)の中で見たら
090722_1039000100010001

なんか、お見苦しくなりましたが、
「三日月」
の形になっている太陽分かりますか?

なんか、すごいなー!
日食って
「月が太陽を隠す現象」なんですよね?
(今頃知ったのか?!
とひとりツッコミw)

残念ながら、
太陽が月によって全部隠される
「皆既日食」は見ることが出来なかったけれど、
(というより、見える場所に住んでいない。。。)
なんだか、自然の、宇宙のロマンを感じちゃいますね。

ちなみに次に日本で「皆既日食」が見られるのは、
26年後の2035年だそうですね。

と、思っていたら、
私と王子がいた場所の隣で、
中年のおじさん連れが
「次の日食の時までは、我々はいないだろうなぁ。」
って呟いてた
(lll゚Д゚)

まぁ、この私も26年後もこの世にいるかは
分かりませんが・・・。

2009年7月21日 (火)

コミュニケーション能力欠如人間

なんか、ながったらしいタイトルになってしまいましたが、
(;´Д`A ```
前回は、「家族で海に行ったよ!」
なんて、明るい内容の記事だったのに、
今回は一転、暗い内容です・・・。

いや、特に嫌な思いとしたとか、
何かがあった訳ではないんですよ。

ふと、また自分のマイナス部分を振り返る
悪い(?)癖が出てしまって・・・。

先日、海に行った時に私は、
屋根のあるベンチで一人で
ぼーっとしていたのですが、
隣のベンチで、高校生か大学生らしき
グループ(7~8人くらいいたかな?)
がとても楽しそうにしてたんです。

彼らを見てて、ふと
自分の学生時代を思い出してしまって・・・。

小学時代、中学時代、高校時代、大学時代。
もちろん、それぞれの時代に友達はいたし、
少ないながらも、今でも仲良くしている友達も
います。
今も私と仲良くしてくれる友達には、
とても感謝しています。

でも、私って友達が本当に少なかったかも。
まぁ、友達の数が多ければいいってものでもないけど、
私は小学時代くらいから、
集団になじめない、集団が怖い

という思いがあり、一時期、
クラスで友達が誰もいない時期もありました。


大学でも、友達の勧めでサークルにも入ったけれど、
『集団』になじめない私は、
サークルのみんなと仲良くしたくても、
どこかおじけついてしまって、
だんだん、部室へ行けなくなってしまった。


今、同窓会とかあっても、
私のことを覚えている人が果たして何人いるんだろうか?
それだけ、私は存在感のない子だったと思う。

おそらく、私には
「コミュニケーション能力」
というものが、かなり欠如していたと思う。
(今現在も・・・。)

みんなと仲良くなりたいと思っても、
拒絶されたり、傷つくのが怖くて、
傷つく前に自分から『壁』を作ってしまうのだ。

だから社会人になった時、
他人とのコミュニケーションをとるのが下手で、
恐怖さえ感じていた故に、
メンタル的に色々と病んでしまったと思う。
それでも、表面上は何事もないように無理して
仕事をしていたけれど・・・。

嫌な事、辛い事があっても、
顔では何事もないふりして・・・。

もっと、傷つくのを恐れない強い心があったならば、
私の学生時代も、もっと楽しかったのかなぁ?
もっと、仕事を続けられたのかな?
とか、過ぎたことなのに、
ふと、考えてしまった。

実生活で自分の思い、気持ちを
他人に伝える事が極度に下手な私は、
ストレスとかも、どんどん内に溜めてしまう。

そんなコミュニケーション能力が欠如して、
心が弱い私の気持ちの吐き出し場所が
ここ。

まぁ、今、書いたことは既に過ぎた事だし、
過去は振り返らないで、
未来に向かって、前向きにならないとね。

過去を振り返って、またマイナス思考に嵌ったら、
治る病気も悪くなっちゃいますよね
(;´▽`A``

2009年7月20日 (月)

夏休みがはじまった!

さて、小3の王子が待ちに待った
「夏休み」
がやって来ました。
(今年から私は大変と思うが(;´Д`A ```)

で、この3連休、
比較的、お天気がいい日に
海に行きました。

去年は、私の体調がすこぶる悪く、
王子と海に行けなかったのですが、
今年は何とか一緒に行けました。

まぁ、車の運転も、
王子と一緒に海に入るのも
王子のお父さんの役目ですが。
私は、一緒についていくだけ(汗)
かなり体力落ちてるし、
海で泳ぐなんて、もってのほか
(lll゚Д゚)
(ぶっちゃけ、『かなづち』というのもありますが・・・。)

私が住んでいるところは海がキレイなんですが、
それでも、3年前に仕事の転勤で3年間過ごした
場所はもっともっと海がキレイでした。
いろんな思い出が詰まった場所でした。

ちなみに今回行った海。
090719_15240001
波が多少荒れている
せいもあるけれど、
昔はもっと
キレイだった様な気が・・・。


それでも王子は、
お父さんと一緒に波と戯れていました。
遠くから撮ったので、
点のように小さいけど
(;´▽`A``
090719_152900010001
コワいのか、
片時も浮き輪を離さなかった
(;´▽`A``

「やっぱり海はプールとは全然違うね!」
「海水、たくさん飲んじゃったよー!」

と言いつつも、
とっても楽しんだ様子の王子。
よかった、よかった!

で、帰りに
「暑いー!
カキ氷食べたーーい!」

という王子のリクエストに応えて・・・

090719_17360001

かなりビックな
「ミルクいちご金時」


090719_173700010001
満面の笑みの王子(゚ー゚)

・・・・と同じ
「ミルクいちご金時」を
私も食べてしまったー
( ̄Д ̄;;

でも、美味しかったー!
(゚∀゚)

王子と今しか出来ない事を
たくさんしたいな。

2009年7月16日 (木)

ハリー・ポッターと謎のプリンス

早々と観て来ました。
しかも、ファーストショーで。
(だって、王子が夏休みに入ると、
観に行けないもの・・・。)

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」
090716_19500001自称「ポッタリアン?」
な私は、
映画は1作目から観て来ました。
(原作は7巻のみ下巻だけ未読。)

原作自体が回を重ねるごとに、
「闇の帝王」の力が強くなり、
どんどんダークになっていきますが、

映画も4作目くらいから、
「死人が出る」等の
ダークな要素が出て来てますよね。

で、原作も4巻から上下2冊分と長くなってきていますが、
なんせ映画は2時間半という時間の中でまとめる訳ですから、
まぁ、どうしても
「あ、あの部分カットしてる!」とか、
「はしょり過ぎ!」とか
原作ファンからしたらどうしても思ってしまうのは、
仕方ないんですけどね・・・。

でも、あの世界観を想像どおりに
映像で観られるし、キャラクターも好きだから、
映画は映画として、私は好きですよ。

<STORY>
ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)の支配力が強大になっていくなか、
ハリー(ダニエル・ラドクリフ)とダンブルドア校長(マイケル・ガンボン)は、
ヴォルデモートの防御を解く手がかりを探るため、
極めて重要な情報を握っているダンブルドアの旧友で
元同僚ホラス・スラグホーン(ジム・ブロードベント)を学校に迎え入れる。
(シネマトゥデイ)

以下、感想なのでネタばれもあるかも?!
(でも、重要なネタばれは書きませんので(;´▽`A``)

事前の予告とかで、今作は「ダーク」だけど、
ハリー達の恋愛も描いていると聞いていましたが、
思ったより多かったですね。
「恋愛話」

でも、ずっとダークな場面ばかりじゃ、
観てる方も辛くなるし、
恋愛編の明るい場面と、
「闇の帝王」の勢力がどんどん強くなっていくという
ダークな場面との対比というか、
バランスが非常によかったと思いましたね。

あと、今まで嫌いだったキャラの
「ドラコ・マルフォイ」
今作では、演じている役者さん自体が
かっこよくなってる!
というのもありますが、
ドラコ・マルフォイのキャラが
とてもよかったです!

敵キャラに変わりはないんですが、
なんか、ドラコを憎めなくなったりして・・・(汗)

ただ、それに反して、
ドラコ以上に今作では重要であるはずの
いや、「ハリーポッター」という物語全体で
謎で重要な人物である
「スネイプ先生」
の出番が少ないっ!と思ったのは私だけ?

今作もクライマックスは悲しくて涙が出ましたが、
ただ、最後が駆け足過ぎて、
出た涙もすぐに乾いてしまいました(汗)

原作未読の人は、タイトルにもある
「謎のプリンス」の
謎は解けたんでしょうか?

原作を読んでいた私でさえ、
「そこは映画でも、もっと説明したほうが・・・。
あの場面だけで理解しろと?」
と思いましたもん(苦笑)

でも、この6作目は
「最終章に向けての序章」っていう
位置づけと思えばいいのかな?
実際にそうだし・・・。

あー、「ハリーポッター」次の7作目で終わっちゃう!
ただ、7作目の最終章は
映画も2部構成になっているそうです。
最終章は、じっくりと描いてほしいな。

2009年7月15日 (水)

久しぶりのカウンセリング

さて、この私、
仕事のストレスから解放されて、
「鬱」からも解放されるかと思いきや、

「プレドニン」というステロイド剤は、
精神状態を悪くさせるという厄介な副作用まで
ついてくるので、
「心療内科」への通院及びカウンセリングは、
まだしばらく続きそうです。

今日は久しぶりのカウンセリング及び
心療内科の診察でした。

最初はカウンセラーの先生とのカウンセリング。
本当にこの先生には、なんでも話せちゃいます。

今の私が気がかりなこと。
心身共に不安定で、身体のだるさが酷く、
時にイライラ感が強く出る事の懸念を話しました。
(それが薬の副作用なのか、なんなのかは
自分でも分からない・・・。)
そんな状態で、来週からは王子の学校は夏休み。

実は、王子が生まれてから私はずっと仕事していて、
(産休、育休及び去年の休職期間は除く)
夏休み期間もずっと保育園、
小学校に入ってからも、去年までは学童保育に
行かせていたのですが、
この4月で、学童保育も退所したので、
王子8歳にして、
初めてずっと一緒に過ごす夏休みなんです。
(;´Д`A ```

さすがにもう8歳だし、
幼児期みたいにずっと面倒みていないといけないわけではないけれど、
どう夏休みを過ごさせるか、色々と考えていたんです。

宿題とか勉強とかもちろん、
計画的に時間を決めてやるようにさせますが、
カウンセラーの先生から、
「pinguさんの心身の事もありますし、
『児童館』の利用とかも検討してみては如何でしょう?」

とアドバイスをいただきました。

あと、カウンセラーの先生からこんなことを言われました。
「pinguさんは、とても冷静に御自分の病気と闘っていますね。」

あ、いや・・・
そういうわけではないんです。

ただ、この「特発性血小板減少性紫斑病」
に罹る前に、もっと大きな病気(がん)に罹ったから、
病気に対する心構えが出来たのかも。


カウンセリングの後は、ドクターの診察。
心療内科のドクターに
「脾臓摘出手術」の事について話したのですが、
心療内科のドクターは、
「pinguさんは、がんの手術をしてまだ1年と少ししか
経っていませんよね?
手術というのは、身体にとても大きな負担がかかるので、
がんの手術を担当した婦人科のドクターとも、
その辺をよく話し合ってから決めて下さいね。」

との意見でした。

そういえば、婦人科のドクターには、
「脾臓摘出手術」のこと、まだ相談してなかったっけ。

でも、科が違うから、
婦人科のドクターは、別の科のドクターの意見に
反対はしないと思うけど。
でも、次の検診の時には話ししなくちゃ。

私も好き好んで、手術したいわけじゃないけれど、
(本当は痛いし、リスクもあるしやりたくはないよ・・・。)
でも、これ以上副作用の強すぎる「ステロイド剤」を
飲み続ける方が、精神的にも辛いもの。

2009年7月12日 (日)

話し合い

「特発性血小板減少性紫斑病」
の治療でもう1年近く
「プレドニン」というステロイド剤を
服用しているpinguです。

でも、副作用が多い割には、
プレドニンの効果が出なくなってきて、
最近は、PLT(血小板の数値)が
「1.5万~2.5万」
をうろうろしている状態です。

この病気は一応、国が作った治療指針がありまして、
「特発性血小板減少性紫斑病について」

治療のファーストステージとしては、まず
「ステロイド剤」の治療なんですが、
それが効かない場合は、
次の治療として、
「脾臓摘出手術」
があるんです。

今の私は、もうステロイド剤も効かなくなっているので、
2ヶ月くらい前に主治医の先生から
「脾臓摘出手術」の話が出ており、
私も薬をずっと飲み続けて、その副作用で
心身ともにダメージを受けるのはもうイヤ・・・。
という思いが強くなってきたので、
手術で治る確率は60%くらいと言われていますが、
私の気持ちは、
「好き好んで臓器の摘出手術はしたくないけれど、
薬の副作用と天秤にかけたら、
少しでも治る可能性がある治療をしたい!」

という気持ちになってきています。

ただ、だんなさんや実の父が
100%治る保証もない手術をすることに
あまり賛成ではなかったのです。

そこで、今日の午前中に
主治医の先生とだんなさん、私の3人で
今後の治療について、話し合いをしました。

主治医の先生から丁寧な説明を受けただんなさん、
「やっぱり、薬が効かないとなると、
手術しかないのかもしれないね。」

としぶしぶ納得した様子。

ほぼ、脾臓摘出手術を受ける事が決まりました。
ただ、今、すぐに手術をしないと
一刻を争うという程ではないので、
もう少し、涼しくなる秋あたりがいいかな?
なんて、のんきに思っています。

手術となると、また10日~2週間くらい入院になるし、
がんの手術で2度の「開腹手術」を経験している私は、
あの時の痛みとか覚えているので、
「また、あんな思いするのかー(ノ_-。)」
とも思いますが、

まぁ、しょうがないですよね・・・。

2009年7月10日 (金)

つみきのいえ

「つみきのいえ」
のDVDを観ました。
51xslfm7p0l_sl500_aa240_
いわずと知れた
2008年度
アカデミー賞短編アニメ賞
受賞した作品です。

12分という
本当に短いアニメです。

だけど、12分のという短い時間の中に
あたたかさ、やさしさ、
切なさ、
そして、あたたかさの中にも
「残酷さ」
を感じました。

ちなみに絵本も買いました。
41xfsghp4xl_sl500_aa240_
絵が本当に
あたたかくて、
ステキです。

アニメも絵本も、
十分、世界中に通用しますね。

そして、
地球に住む全人類に対する
「警告」

を本当にさりげなく伝えた作品だと思います。

このままじゃ、
地球の未来は本当に
「つみきのいえ」
だらけになってしまうかも知れない。

あと、お話の主人公の
「おじいさん」の
人生を思うと、色々と感慨深いです。

ごめんね・・・。

一つ前の記事で、

「最近、『イライラ』がヒドイ。」
と書いたpinguです。

本来のpinguは、ボーっとしてて、
「イライラ」
という感情は、あまり持たない人間だった

・・・・はずなんです。

他人を責めるよりも、
自分を責める性格
・・・なんです。

(それはそれで、問題だけど。。。)

なのに、ここ最近、急に
イライラすることが多くなって・・・。

王子に対しても、
例えば王子が何かしても、
「怒る」というよりも、
「注意する」

といったスタンスで、
決して、
「感情的になって叱る」
事はほとんどなかった・・・

はずだったんです。

なのに、昨日、
王子のちょっとした、ワガママな言葉に
(といっても、8歳の男の子なら
それくらいは言うだろうなくらいのレベル。)
「イライラ」
がピークに達してしまって、
初めてといってもいいくらい、
感情的になって、叱ってしまった。

そんな母親を今まで見たことない王子は、
一瞬、唖然とした表情をしてました。
そして、すごくショックを受けたみたい・・・。

後から、私も自己嫌悪がドッと押し寄せて
心がすごく痛くなった。

あとから、王子に
「さっきは、大声で叱り過ぎてゴメン。」
と謝りましたが。

今でも、すごい自己嫌悪です・・・。

この異常な『イライラ感』
薬の副作用のせいにして逃げたくない。

王子を叱る時も今まで
「決して、感情的に叱る事のないように
しよう。」

とある種の
「信念」みたいなものを持っていたのに。

これから王子もどんどん
「多感」な年頃になっていくのに、
これじゃダメだ!
母親失格だよ!

例え、「プレドニン」の副作用で
精神的に「イライラ」が酷くなっても、
何とか、抑えないと・・・。

王子、本当にゴメンね・・・。

2009年7月 9日 (木)

イライラとフラフラと・・・。

今日は、「特発性血小板減少性紫斑病」
の診察日でした。

前回の診察で、血小板の数値が
「1、5万」

「プレドニン」というステロイド剤と
「ネオーラル」という免疫抑制剤を
服用しているにも関わらず、
非常に低い数値で、
主治医からも
「血小板の数値が2万切ったら、
何もしなくても出血したりして危険だからね。」

と言われ、

一日5mgだった「プレドニン」を
また一気に6倍の量の30mgに増やして、
そして、一週間したらまた
一日10mgにするという
医療の素人から見ても、
「え?こんな急な増やし方と減らし方してもいいの?」
と思ったくらいのステロイド剤の服用をしました。

というのも、私もこの薬を飲むようになって
色々とネットや本で調べたのですが、
この「プレドニン」に代表される
「ステロイド剤」の服用は、
急に増やしたり、逆に急に減らしたりすると、
色々と身体に負担が大きいらしいのです。

「プレドニン」
<おくすり110番より引用>

特に急に減らしたら、
「ステロイド離脱症状」といって、
「強い倦怠感、吐気・嘔吐、頭痛、血圧低下」
といった症状が出るのです。

私の場合は、強い倦怠感はもちろん、
何故か、急に「イライラ」することが多くなって・・・。

で、話は診察と逸れましたが、
今日の血小板の数値

「2、5万」

うーん・・・(;;;´Д`)
「プレドニン」の量をかなり短期間で調整して、
この数値というのは、いかがなものか・・・orz

せめて、「3万」はいってほしかったな。
まぁ、血小板の標準の数値は
「15万~35万」なので、3万でも少な過ぎるのですが、
副作用の強い「プレドニン」服用して、
この数値は、正直凹む・・・。

で、またプレドニンを最初、一気に増やして
(また30mg)
1週間したら、10mgに減らす治療を続けるとの事。

  il||li _| ̄|○ il||li←な気持ちで、病院を後にした。

あと、これは「プレドニン」の副作用なのか
精神的な焦りなのか
まぁ、多分、両方だと思うけれど、
最近、精神状態が非常に不安定。

元気でいろんなことに興味をもったかと思うと、
別の日には、急に
「イライラ」してどうしようもなくなるのだ。

この「イライラ」が自分の心の中だけに
止められたらいいんだけど、
王子に対して、その「イライラ」が
向かうことが一番怖い・・・。

あと、これも「プレドニン」の副作用なのか、
薬の飲み過ぎなのか、
最近、頭がフラフラする。
要するに、「めまい」が頻繁に起こる。
特にここ2,3日ヒドい。
「まさか、他の病気も併発したんでは?」
と不安に思って、主治医に相談したら、
「めまいを抑える薬」を処方された・・・。

また、薬が増えたよ・・・  il||li _| ̄|○ il||li
い、いいのか???

2009年7月 8日 (水)

個人面談

さて、このpinguのブログで
何度も出て来る王子は、
現在、
「小学3年生」です。

その王子の小学校で、担任の先生との
「個人面談」
が本日ありました。

これは、夏休み前に毎年行われているもので、
一学期の学校での学習面、生活面等について、
担任の先生と保護者が行う面談です。

去年までは、
一緒に面談に参加したがっていた王子だったのに、
今年は、先生から何を言われるのか
ドキドキしてたまらない様子。
(;;;´Д`)

なにか、気になることでもあるのか?!

で、ドキドキの「個人面談」ですが、
担任の先生からは、まず
「学習面」について。
「国語」については、
本当に得意のようでクラスでもトップに近いとのこと。
本読みも上手ですね。
と言われました。
ただ、「算数」は、
「時計のよみかた、時間の計算」
「みずのかさ(リットル、デシリットル)
について、ちょっとまだ間違いがありますね。

と言われました
(;;;´Д`)ゝ

典型的な「文系男子」だぁ・・・・!

あとは、「生活面」では、
忘れ物もほとんどないし、
「当番」もキチンと行って問題ないですとのこと。

ただ、以前もここに書いたのですが、
王子は、読書が好き過ぎて
去年から視力が急激に低下してしまったのです。

その為、去年から「メガネ」をつくって、
授業中だけでも、メガネをかける様にと、
これだけは、私も何回も言っているのですが、

「クラスの他の子と違うこと」
が王子はイヤで恥ずかしい気持ちがとても強いらしく、
「メガネ」をかけることに、とても抵抗があったのですが、
4月の家庭訪問で、王子も同席させて、
担任の先生と話し合って、
「授業中だけでも、メガネをかけようね。
そうしないと、勉強についていけないよ。」

と説得して、何とか今は授業中だけ
メガネをかけているみたいです。

でも3年生にもなると、王子だけじゃなく、
急に視力が低下して、
「メガネ」をかける子が増えているみたいです。

あと、先生がちょっと言いにくそうに

「王子くん、ちょっと

『不器用』なところが
ありますね。」

Σ( ̄ロ ̄lll)

実は、この私も超不器用人間。
見事に私のDNAを受け継いでしまった
  il||li _| ̄|○ il||li

なんでも、今日も算数ではじめて
「コンパス」を使ったそうですが、
王子はなかなか、上手に○を
書けなかったらしい・・・orz

2009年7月 7日 (火)

七夕

今夜は「七夕」ですね。

狭い我が家に笹の葉は飾れないけれど、
近所のスーパーにこんなカワイイのがあったので、
買っちゃいました。
090707_184500010001
これなら
スペースが少なくても、
家が狭くても、
短冊もかけられるし!

ちなみに、
王子が短冊に書いた
「願いごと」
とは、

「もっと本をすらすら読めますように!」
だって
(o^-^o)

本当に、本を読むのが大好きな子なんですよ!
それが王子の長所でもあるんですけどね。
(↑超親バカw)
しかも、最近は自分が読んでいる本を
(マンガも含む)
私に「読み聞かせ」するんですよ
(゚m゚*)

王子が読書好きなのは、十分分かるし、
この調子で、これからも、国語力とか、
色んな感性を磨いて欲しいと思う。

ただ、ちょっと苦手な
「算数」や
「体育」
も頑張って欲しいな。
もちろん、本人も頑張っているんですけどね。

ところで、私の「願いごと」は、
もちろん、
「王子がいつまでも健康で過ごせますように!」

そうそう!王子に
「織姫と彦星は一年に一回しか
デート出来ないんだって。
かわいそうと思う?」

って
ちょっと、意地悪(?)な質問したら、
恥ずかしいのか、

「そんなこと、こたえられない・・・
(;´Д`A」

だって。

保育園時代や幼稚園時代は、
担任の若くてカワイイ女の先生の事を
「だーいすき(*゚ー゚*)」
って言っていた時期もあったのに、

これも、
「心の成長」なのね
(*^m^)

2009年7月 6日 (月)

オーデュボンの祈り

最近からようやく「読書」を再開できるようになった
pinguです。
2年前に「アヒルと鴨のコインロッカー」
を読んで以来、
「伊坂幸太郎さん」
の大ファンになった私。

その伊坂作品で一番人気があると思われる
「重力ピエロ」
を映画で観て、私の中の「伊坂熱」が再燃。

入院中に「チルドレン」「ラッシュライフ」等を
読んでいましたが、
病院の診察の待合時間に読んでいたのが
伊坂さんのデビュー作でもある
「オーデュボンの祈り」
でした。
5181bf5zj1l_sl500_aa240_

<STORY>
コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、
気付くと見知らぬ島にいた。
江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、
妙な人間ばかりが住んでいた。
嘘しか言わない画家、
「島の法律として」殺人を許された男、
人語を操り「未来が見える」カカシ。
次の日カカシが殺される。
無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。
未来を見通せるはずのカカシは、
なぜ自分の死を阻止出来なかったのか?

以下、感想なのでネタばれありです。

あらすじを読んだだけでは???かも知れません。
とにかく、内容がシュールでファンタジーの世界。
なのに、ミステリー。

江戸時代から鎖国のように外界から
遮断されている島って?
そして、その島に「欠けてるもの」とは?
島の住人も不思議な人物ばかり。

そして、何より「非現実的」なのが
人語を喋り、未来を見通せる「案山子」
はじめは、???だった「案山子」なのですが、
(名前もあって『優午』というのです。)
読んでいるうちに、私、案山子である
「優午」が愛おしくなっちゃいましたw
だから、「優午」が死んだシーンは悲しくてたまりませんでした。
(案山子なんだけど!)

何故、優午は殺されたのか?
その理由は何なのか?

最後にその理由が分かった時に、
全ての謎が解けたような爽快感のような
そして、さらに優午を愛おしくさえ思いましたよ。

タイトルの「オーデュボンの祈り」
ともしっかり繋がっているし。

これは、伊坂さんのデビュー作だし、
伊坂さんのメッセージも込められている気がしました。
伊坂さんの作品は、
動物とか弱い存在をとても大切にして、
それを踏みつける存在は許せない・・・みたいな

そんな印象を私は受けました。

2009年7月 5日 (日)

生きている

このpinguといえば、
いっつもブログで弱音や、マイナスなことばかり
書いていて、根もマイナス思考な人間です
(;´Д`A ```

鬱(正確には「気分変調障害」)もありますが、
でも、調子のいい時には、
好きなもの、興味あることも
たくさんありますよ。

ただ、仕事している時は
仕事のストレスとか、仕事と育児と家庭の両立で
いっぱいいっぱいで、世の中のブームとかに疎かったですが、
最近は、精神的に安定している時は色々な事に
興味も出てきました。

まず、「ゲーム」
アラフォーのくせして、まさにいまさらですが(;・∀・)

以前に「どうぶつの森」というゲームにハマっている事は
ここに書いた記憶がありますが、
DS版、wii版共に今も王子と共に
ハマり過ぎるほどハマっています。
(もはや中毒?)
だって、癒されるんだもーん!

あと、もうひとつ気になるものが・・・。
それは
「新世紀エヴァンゲリオン」
もちろん、そのアニメがあるのは知ってましたよ!
でも、今まで興味なかったんですよー。
でも、最近映画が公開されて、すごく評判がいいので、
何故か、私の興味心に火がついた
(・∀・)イイ!
「よし!『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の映画観るぞ!」

と思ったら、こんなに人気あるのに、
私の住む地域の映画館では、上映されてない・・・
_| ̄|○
な、何故に???

仕方ないから、前作の劇場版のDVDを今日借りた。
後日、観てみる。

あとは、音楽。
(ほとんどが邦楽だけど)
なんか、この半月くらいの間に
好きなアーチストのアルバムが怒涛の様に
リリースしたって感じ。

あと、読みたい本もたくさんある。
(買ったけど、読んでいない本もたくさんある。)


でも、こうやって好きなこと。
興味あることがあるってことは
「自分が生きている」証拠だなって思う。

人間、いや生きているもののいのちは、
儚いから、
いつ、どうなるか分からないから、
生きている今、好きなことや興味あることを
たくさん見つけたい。

(子育てや家事に支障をきたさない程度に)
(;´д`)トホホ…

そう思ったのは、
先日、急逝したスーパースターの
マイケル・ジャクソンの死の直前の映像を
テレビで観たからかも知れない。
それは、本来はもうすぐ行われる予定だった
「ロンドン公演」のリハの映像だったんだけど、
その映像は、とても、あと2日後には
この世からいなくなる人の姿にはとても見えなかった。
ダンスもすっごくかっこよかった!
(もしかしたら、その映像の時に彼の身体は
既になんらかの異常に蝕まれていたのかも知れないけれど、
映像では、全然そんな感じがしなかった。)

「この時はこうして確かに存在していたのに、
その約二日後には、この世の人じゃなくなるなんて・・・。」

と思うと、すごく哀しくなってしまった。

私自身、大きな病気を経験したこともあるかも知れないけれど、
生きること、死ぬことについて、
前よりも色々と考えてしまう。

いつ、何が起きるか分からないから、
いのちも有限だから、
だからこそ、今を楽しく生きたい。

2009年7月 3日 (金)

定期検診

今日は、ずっと通っている大学病院で
「がん」の術後の定期検診でした。

一昨年に1回目の摘出手術。
去年の3月に2回目の摘出手術。
重複癌だったのですが、
両方とも
「ステージⅠ」
で、腹腔内でがんが留まっていた事から、
抗がん剤治療は行わずに、
ずっと、月1回の定期検診で今まで
「異常なし」ですんでいます。

2ヶ月前の5月から、手術から一年経過ということで、
定期検診が月1回から、
2ヶ月に1回に減りました。

で、今日は2ヶ月ぶりの検診。
まず腫瘍マーカーの数値を調べるための採血。
まぁ、採血はもうひとつの病気である
「特発性血小板減少性紫斑病」

の診察の時も毎回行っているので、
もう、採血室のスタッフさんも私の顔覚えてる?
って感じです(汗)

診察では、2ヶ月前の採血では、
腫瘍マーカーの数値は問題なし
とのことで
これもひとまず安心。
今日の診察で、
「超音波検査」もクリア。
ただ、今日の腫瘍マーカーの数値は、
すぐには出ないので、
もし急に数値が上がっているとか、
異常があれば、病院から連絡しますが、
問題なければまた2ヵ月後ということで、
スムーズに終わりました。

実は「がん」の定期検診の前日から
いつもドキドキな私。
「がん」には、少なからず
「再発、転移」の恐怖があるから。

まぁ、「病は気から」とも言うので、
気にしすぎたら、それがストレスになって、
身体の免疫を下げちゃいそうですが
(;´Д`A ```

はっ!Σ(゚д゚;)
今、「プレドニン」という
身体の免疫を下げる薬飲んでるけど・・・。
( ̄Д ̄;;

もうひとつの病気
「特発性血小板減少性紫斑病」の治療も
5月までは同じ大学病院だったのに、
主治医の異動で、先月から
2箇所の病院に通うようになった私。
本当は、「がん」の検診も
「特発性血小板減少性紫斑病」の治療も
同じ病院の方が、医師同士の連携や
情報交換が出来ていいんだけどね・・・。

でも、大学病院の血液内科の医師が
本格的に足りないそうで、やむを得ず、
今の主治医についていった事情があるのです。

そういえば、今日の診察の時、
婦人科の主治医と看護師さんに
「pinguさん!脚の紫斑がすごいことになってるね!」

と本当にビックリされましたよ。
(;´д`)トホホ…

でも、毎回なんですが、
大学病院に診察に行ったら、
心身共に非常に疲れ切ってしまうのは
何故だろう?

「異常なし」って言われたんだから、
もっと元気になっていいものを私って・・・。
安心して、ドッと疲れが出ちゃうのかな?
ただ、後日分かる
「腫瘍マーカー」の数値だけが気になるな。

2009年7月 2日 (木)

残響

前回、「椎名林檎」のアルバムについて
記事を書いたばかりですが、
舌の根も乾かぬうちに、
他のアーチストのアルバムもハマっちゃいました
(;´▽`A``
「福山雅治」
「残響」
41fhkhjdxnl_sl500_aa240_実は私、
「hyde」のことばかり
ブログで書いてますが、
「福山雅治」も好きです
(;´▽`A``
単に「メンクイ」でもありますが(汗)

でも、福山ファン歴は長いんですよー!

人に「福山、好き!」
ってカミングアウト(?)したら、

「桜坂から好きになったでしょー!」
とか言われますが、
まだこんなにブレイクする前、
ドラマ「愛はどうだ」を観て、
(ひとつ屋根の下より前のドラマ)
「この人カコイイ!!!」
と一目惚れして以来のファンですよ。
歌もデビュー曲の
「追憶の雨の中」から好きですよ。

まぁ、好みじゃない曲もありはしますが・・・。

でも、ただルックスが好みだけなら、
ここまでずっと好きじゃなかったですよ。

ましゃは、(以下はおこがましくも『ましゃ』
と福山雅治の事を書かせていただきます(汗))
有名になったのは、俳優としてかも知れないけれど、
シンガーソングライターとしても、いい曲書くし、
俳優、シンガーにとどまらず、
音楽プロデューサー、そして写真家として、

実に多彩な面を持っているんですよね。

「残響」は、そんなましゃの
本当に久々のオリジナルアルバムです。

オリジナルアルバムにも関わらず、
ほとんど
「この曲、どっかで聴いたことある!」
という曲が多いです。
ドラマやCMのタイアップ曲も多いからかな?

私がこのアルバムを買った一番の理由は、
「最愛」
という曲の「福山バージョン」が収録されていたからです。
「最愛」という曲は、
去年、大ヒットした映画
「容疑者Xの献身」のエンディング曲です。

ちなみに映画では、柴咲コウさんが歌っていましたが。

映画の内容にも衝撃を受けましたが、
エンディングのこの曲が
本当に映画の内容とシンクロして、
もう「最愛」を聴いて、映画館でボロ泣きだった私(汗)
本当に好きな曲です。
特に「叶わぬ恋」や
「無償の愛」を実際に体験した事のあるひとには、
この歌は、胸に来るものがあると思います。

「愛さなくていいから
遠くで見守ってて
強がってるんだよ
でも繋がってたいんだよ
あなたがまだ好きだから」

<「最愛」の歌詞より抜粋>

あと、映画版の
「東京タワ- オカンとボクと、時々、オトン」
の主題歌も入っています。
この映画も、この曲を聴いて泣いたな・・・。
「東京にもあったんだ」

やばっ・・・。
今、ちょうどこの曲聴きながら記事を書いていますが、
涙腺がゆるくなってきた・・・。

ましゃも今年デビュー20周年。
もう40歳ですよ!
すごくいい歳のとり方してますよね!

何でも、今年の8月に長崎で
凱旋LIVEを行うらしいんですが、
それが
「5万人無料ライブ」
Σ(゚д゚)
らしいですよ!
ましゃは、長崎出身だそうですが、
きっと、「故郷」への
並々ならぬ想いがあるんでしょうね。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム