アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月28日 (木)

夏休み最後の日

早いもので、もう8月も後半ですね。
私たちの学生時代って、夏休みが終わって
新学期が始まるのって
「9月1日」
でしたよね?

でも、今の学校は違うんですよー。
王子の小学校は2学期制で、
1学期が終わるのは10月中旬。
夏休みも日付が変わった昨日の27日まででした。

でも、私の感覚では夏休みは
「8月31日」までって、どっかであって、
なんかノンビリしてたんですよ。
そしたら、昨日、カレンダーの印を見たら

「えぇ?!王子、明日から学校だっ!」
って・・・ΣΣ(゚д゚lll)

で、でも王子は、

「夏休みの友」は、

7月で終わっているから宿題大丈夫だよね?

って聞いたら・・・

「絵と自由研究がまだ終わっていない・・・。」

えぇぇぇーーー????!!!

どうやら、王子は7月中に出来る宿題は全部片付けたものの、

出来ないもの、難しいものは後回しにしてしまったらしい・・・。

なんか、昔の私に似てる・・・orz

もう、昨日の夜は大忙しでしたよ!

お父さんも総動員で夜から「自由研究」やりましたよ!

ふぅ・・・( ;´Д`)

何とか出来ましたけどね・・・。

でも、私も最近、自分の病気のことばっかりに気が向いてしまって、

王子の事、あまり見てやれなかったなぁ・・・

と非常に反省・・・。

で、その王子、

今朝はお友達と元気に久しぶりの小学校に登校しましたよ!

2008年8月27日 (水)

気休め

「特発性血小板減少性紫斑病」の治療のため、
「プレドニン」という
「ステロイド剤」を服用しているpinguです。

徐々に副作用がひどくなって来た
(´Д⊂グスン

やっぱり顔(ほほのあたり)が
むくんで、まーるくなってきた(涙)
ニキビ(吹き出物?)も出てきた(涙)
異様に汗も出てくる・・・。

精神的にイライラしたり、
落ち込んだりもする・・・。

嫁入り前の娘さんじゃなくても、
こんな副作用
( ;´Д`)いやだぁぁぁぁぁー!

この「プレドニン」も、徐々に減薬するって
分かってはいるんだけど、
減薬したら、顔のむくみもニキビも治るって
聞いているけれど・・・。

とりあえず、顔のむくみをなんとかしたいと
藁でもすがる(?)思いで気休めで
こんなの通販で買ってしまった(´Д`;)

Pgrmain_1

「プラチナゲルマローラー」

まぁ、本当に
「気休め」
なんだけど・・・。

あと、この薬を飲んでいると、免疫が抑制されるので、
体がすっごくだるい・・・。

2008年8月26日 (火)

アフタースクール

ずっと観たかった映画がようやく私の住む地域で
上映されたので、念願叶って(?)観に行きました!
「アフタースクール」

080826_16520001確かこの映画って
6月くらいから上映されていましたよね?
でも、私の住む地域では
なかなか上映されなくて
(´Д⊂グスン
ネットとか、いろんな情報で
「すっごくいいっ!」
って評判だったので、
もう観たくてたまらなかったんですよー。

しかも私、実は「佐々木蔵之介さん」
のちょっと癖のある演技が大好きなんで(^_^;)

<STORY>
母校の中学で働く教師、神野(大泉洋)のもとに、
かつての同級生だと名乗る探偵(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。
探偵は、神野の幼なじみで今は一流企業に勤める
木村(堺雅人)の行方を追っていた。
心ならずも木村探しに巻き込まれるうちに
神野の知らない木村の姿が明らかになり、
事態は誰もが予想しない展開に向かっていく。


以下、感想を含むので、
若干のネタばれはあるかも?!

でもこれは極力、今から観る人には、
何の予備知識なく
観に行ってほしい映画ですっ!!!

とにかく、面白かった!!!

そして、パンフレットに書かれている言葉

「甘くみてるとダマされちゃいますよ。」

本当にそのとおり、ダマされました(汗)
もちろん、いい意味で!

キャスティングも絶妙でしたっ!
大泉洋さん、佐々木蔵之介さん、堺雅人さん。
この3人が本当に持ち味を出していてサイコーなんだなぁ。

もう一回観たくなる映画ですよー。

私個人的には、2008年に観た映画の中で
一番面白かったかも!!!

2008年8月25日 (月)

降りそそぐ500万の星

「ステロイド剤」の副作用が、
日増しに出て来て
非常に憂鬱なpinguです(´Д⊂グスン

脚もむくんで、非常にだるいのですが、
王子にとってはせっかくの夏休み。
(てか、もうすぐ終わりだけど・・・。)

昨日の日曜日に、王子を
「プラネタリウム」
に連れて行きました。
まぁ、私も癒されたかった
っていうのもあったけど(´Д`;)

何でも、ギネス認定世界一のプラネタリウムが
夏休み限定のイベントで来ているそうなので・・・。

でも、口コミで広まったせいもあるけれど、
会場はすっごく大混雑
ΣΣ(゚д゚lll)

うぅっ・・・
私、人混みヤバイよ(´Д`;)
だけど、何とか観ることが出来ました。

「プラネタリウム」なんて見るの久しぶりでした。
もう、何年ぶりだろう?

設定は、南の国から高速ジェット機で
南極まで旅するというもの。

「南十字星」も見られたし、
なんていったって、
「オーロラ」も見られましたよ!
(疑似体験だけど・・・。)

人は星空を見ると、どうして癒されるんでしょう?
ほんのつかのまだけど、
「幸せ」な気持ちに浸ることが出来ました。

王子は時々手をかざすように見ていましたね。

うーん、これは、カップルで見にきたら、
素晴らしいシュチュエーションだろーなーと
思ってもみたり・・・。

でも、本当につかの間でも、
現実の憂さを忘れることが出来ました。

無数の星の数に比べたら、
人間ひとりの悩みなんて、
しょせんはちっぽけなものなんだよね・・・。

2008年8月22日 (金)

ぐるりのこと。

昨日、映画を観に行きました。
「ぐるりのこと。」

080822_14470001今の私は「ステロイド剤」を
大量に服薬しているので、
あまり疲れないように
(感染症にも罹りやすいので)、
外出はどーかな?
とも思ったけれど、
この映画は、
私の住む地域では今日までの上映だったし、
何だか、すごく気になる映画なので観に行きました。

子どもを亡くした妻が
うつになるっていう設定
は聞いていたので、
それも、今の私には(ちょっと、うつ入っているので・・・。)
どうかな?とも思いはしましたが・・・。

<STORY>
1993年、何事にもきちょうめんな妻の翔子(木村多江)と
法廷画家の夫カナオ(リリー・フランキー)は、
子どもを授かった幸せをかみしめていた。
どこにでもいるような幸せな夫婦だったが、
あるとき子どもを亡くしてしまい、
その悲しみから翔子は心を病んでしまう。
そんな翔子をカナオは温かく支え続け、
2人の生活は少しずつ平穏を取り戻してゆく。

以下、ネタばれを含みます。

一組の夫婦の10年を静かに描いた映画でした。
リリー・フランキーさんの演技は、始めてみたのですが、
演技?っていうくらい飄々としていましたね。
でも、このカナオ役、リリーさんで大正解だと思いました。

あと、翔子を演じる木村多江さんの演技が
もう物凄かったです。

子どもを身篭った幸福な顔から、
子どもを亡くして心身を病んでいくさまが、
本当に観ていて苦しくなりました。

でも、妻がどんな状態になっても、
夫は離れなかった。
逃げなかった。

不器用な夫だけど、
不器用なりに妻に向き合っていた。

そして、10年の歳月は次第に
穏やかなものになっていきます。

私の場合はどうだろう?
うちの家族は???
と考えたら、
ちょっと色々と考えてしまいました・・・。

カナオと翔子のような夫婦って理想だな・・・
と思いながらも、現実はなかなか・・・。

あと、夫のカナオの職業が
「法廷画家」というのもあって、
ここ15年くらいの世間を騒がせた事件をモデルにした、
裁判シーンもあって、
「あぁ、この事件ってあの事件がモデルなんだな。」
とここ10~15年の時代を振り返ることも出来ました。

2008年8月20日 (水)

イライラ感・・・。

「特発性血小板減少性紫斑病」
という自己免疫疾患に懸かってしまった為に、
10日前からステロイド剤を服用しているpinguです。

なんか、段々と
「これって副作用???」
みたいのがヒタヒタとやって来ている感じ
(´Д⊂グスン

ちなみに私が服用しているステロイド剤の
「プレドニン」の説明←(リンク先にあります。)

まず、最初に脚がすっごく浮腫み出した。
そして、精神的にも何か不安定。
(このステロイド剤の副作用にうつ、不眠などもある。)
いつもに増して、気分の浮き沈みが激しい。
イライラ感も出てきた。
で、相変わらずの中途覚醒・・・。

そして、恐れていたことが・・・。

だんだんと顔が丸くなって来ている!!!

この「プレドニン」を服用していると、
「ムーンフェイス」といって、
顔が浮腫んだり、丸くなるって
聞いてはいたけれど、やっぱりショック・・・。

何か、さらに落ち込みとイライラ感が(涙)
(これは、薬が減薬になれば顔のむくみも治るって
聞いているけど・・・。)

話は変わりますが、今日、大学病院で
「特発性血小板減少性紫斑病」
と確定診断を受けて、ステロイド剤を服薬し始めてから、
始めて今罹っている心療内科に行きました。

大学病院の血液内科の主治医からは、

「このステロイド剤の服用によって、
うつや不眠が悪化することもあるので、今、
罹っている心療内科の先生に
診療情報提供書を書いておきましょう。」

と言われ、それも持参して行きました。

心療内科の先生には、とにかく、今は薬をしっかり飲んで
無理はしないように言われました。

で、気分の浮き沈みが激しくなったことや、
眠っても、中途覚醒で目が覚めてしまうことを説明しましたが、

「これ以上強い眠剤を出すと、
日中のだるさが酷くなるのでお勧め出来ません。」

と言われ、薬の変更はなしでした。

まぁ、それでいいのかな・・・。

イライラ感は、この薬の副作用で食欲も出てきて、
それを抑えているからかのかも(´・д・`)

花でも見て、癒されないとなぁ・・・。

080820_13040002

2008年8月19日 (火)

病は気から

「特発性血小板減少性紫斑病」
の特定診断を受けた為、
先週、特定疾患の申請手続きで保健所に行ったpinguです。
ただ、不備の書類があったために、
今日再度保健所に。

先週、保健所に申請に行った時に
偶然、知り合いの保健師さんに受付してもらったことを
ここに書きました。
「偶然」←その時の記事。
事前に、「先週不備だった書類を持って行きます。」
と電話したら、
「じゃあ、お昼前に来て。一緒にお昼ご飯しましょう。」
ということに。

個人的にも少し知り合いの保健師さんだったので、
色々とこの病気についての不安についても打ち明けました。
特定疾患で、原因不明の難病であること。
そして、何より心配なのが、
「ステロイド剤の副作用。」

「顔がむくんで丸くなったりするんですよね?」
(現にだんだんと顔が丸くなっている気がする・・・。)
と嘆く私に、その保健師さんは、

「でも、pinguさんの今の病気には、
そのステロイド剤が治療で必要なのよ。
副作用の事ばっかり考えていたら治りも悪くなるから、
ここは割り切らないとね。」

と、もっともなお答え。

自分でも、分かってはいるんだけど・・・。

あと保健師さんはこうもおっしゃってくれた。

最初の問診で「がん」の事も話したのですが、
「「がん」になったのは、まだ若いし大変だったけれど、
逆に「早期で発見出来てよかった!」
と思うようにね。
転移もなかったんだから、
pinguさんは運がよかったのよ。」

本当にそのとおりだ・・・。

最後に、その保健師さんはこう言いました。

「pinguさん、病は気からよ。」

うぅっ!まさにそのとおりだ・・・。

2008年8月18日 (月)

12年後

王子と一緒に歯磨きをしている時に
こんな会話になった。

王子:「ぼくが20歳になるのって、いつだっけ?」

私:「王子は今、8歳でしょ?
20-8の引き算してごらん?」

王子:「あ!12かぁ。じゃあ、あと12年後?」

その後、王子がちょっと考え込んだ。
私:「ん?どうしたの?」

王子「12年後かぁ。
ママが一番心配だなぁ・・・。」

私:「なんで?」

王子:「だって、ママ「がん」にもなったし、
今は、「血小板の病気」でしょ・・・?」

王子・・・。
私、王子にそんな心配かけちゃっていたんだね。

私は、「だいじょうぶだよ!」
って大声で王子に言った。

心配すればキリがないけれど、
(がんの再発、転移とか・・・。)
「がん」だって、Ⅰ期の早期で手術出来たんだし、
今、治療中の「特発性血小板減少性紫斑病」だって、
難病ではあるけれど、
決して、予後不良な病気なわけじゃないもの。


王子が20歳になるまで絶対に大丈夫!
・・・と自分に強く言い聞かせてみる。

劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール ギラティナと氷空(そら)の花束 シェイミ

昨日の日曜日に王子と映画を観に行きました。

「劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール
プラチナ ギラティナと氷空(そら)の花束 シェイミ」
080817_16210001
王子とはこの夏休みに
「鬼太郎」を観たり、
「ポニョ」を観たりしたけれど、
やっぱり王子の本命は
「ポケモン。」

シリーズ何作目なんだろう?
興行成績は、「ポニョ」に劣っても、
こっちもまだまだ親子連れでいっぱいΣ(゚Д゚)
もう少し映画館に着くのが遅かったら、
席がなかったくらいでした。

<STORY>
世界の裏側にある鏡のような不思議な世界で、
ギラティナのすむ特殊空間“反転世界”は、
ディアルガとパルキアの戦いで時間と空間がゆがみ、
黒い瘴気(しょうき)の雲に覆われてしまう。
自らの世界を汚されて怒ったギラティナは、
その原因を作ったディアルガを探し出して
美しくもおきて破りな反転世界へ引きずり込もうとするのだが……。

以下、ネタばれを多少含みます。

ポケモンって小さい子が観るのに、
「時空」とか「反転世界」って定義、
難し過ぎじゃね?って思いましたが、
王子は、ずっと身を乗り出してみていました。

私は、この映画で出てくる
ポケモンの「シェイミ」
がどんだけカワイイポケモンなんだろう
って期待して見ていましたが、
何だか最初は図々しくて、
生意気なポケモンなのでビックリ・・・。

でも、最後はまぁ、よかったデスヨ・・・。

ただ、昨日も夏休みで日曜日ということもあって、
映画館は本当に人がいっぱいいたので、
私は、もっのすごく疲れてしまった・・・。

ステロイド剤を大量に服薬していて、
それだけ、免疫力が抑制されている状態なので、
(今、自分の血小板を壊している
自己免疫を抑制している状態なので)

免疫力が落ちている
=抵抗力がものすごく落ちているみたい・・・。

2008年8月15日 (金)

ステロイド剤

さて、「特発性血小板減少性紫斑病」
血小板の数値が「8000」にまで落ち込んだ事から、
1週間前から「ステロイド剤」
「プレドニン」の服用を始めたpinguです。

ステロイド剤は、効果もすごいけど、
その反面、副作用もスゴイということも
聞いていたので、本当は服用したくなかったけど、

「血小板の数値が1万切ったら、何もしなくても
いつ身体のどこかから出血するか分からない。」

と言われたら、もう腹をくくるしかなかった・・・。
脳内出血起こしたら、それこそ命取り。
ちょっとした事故での出血さえも
命取りになるかも知れないので・・・。

で、一日の服薬量としては多分、
最大値くらいの60mg.を開始。

もう、毎日鏡を見ては、
「いつ、顔が丸くなるんだろうか?
いつ顔にブツブツが出来るんだろうか?」

と悶々としていた・・・。

さらに前から主治医に言われていたけれど、
「この薬で不眠やうつがひどくなることもあります。」
と言われたけれど、やっぱりキタ・・・。゚(゚´Д`゚)゚。
睡眠薬飲んでも、寝付けない・・・。

顔のむくみや、ニキビ(この歳じゃ吹き出物?)は
今のところないけれど、
足のむくみが何かかなり激しい・・・orz
これって、副作用???

で、今日、世間はお盆休みだけど、
私は大学病院に行って来ました。

ステロイド剤、服用後の効果は???

もう病院に行くたびに行う採血も慣れたもの
(´Д`;)

で、前回の血小板「8000」と比較して、
今日の血小板・・・なんと

「10万!!!!!」
Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

たった一週間で、こんなに数値が上がってるっ!!!!
(でも、血小板の平均的な数値は13万~35万なんだけど)

でも、たった一週間で、
「8000」→「100000」ってすごくない???

こんな小さい薬なのにっ!!!1296681_220

主治医の先生も
「プレドニンの効果出ましたね。
じゃあ、あと一週間はいまの投薬量で、
その後、段階を経て
減薬しましょう。」

とのこと。

もちろん、早く減薬したいけど、先生に
「減薬したら、また血小板の数値が下がることもありますか?」
と聞いたら、
「それはもちろん考えられます。」とのこと・・・。

でも、こんなに早く効果が現れるということは、
副作用も、もれなく付いてきそうで怖い・・・。

女の子(?)として気になるむくみやニキビの症状以外にも、
うつ、高血圧、血糖値の上昇、感染症に懸かりやすい、
骨粗鬆症・・・など等・・・。
骨粗鬆症なんて、
もっと歳とってからなるもんだと思っていたのに。゚(゚´Д`゚)゚。
とりあえず、カルシウムとらなくちゃ・・・。

でも、ステロイド剤で血小板の数値がこんなに上がるなんて、
やっぱり、私の血小板減少は
「自己免疫疾患」
だったんだ・・・。

「がんに続いて、なんでまた厄介な病気になったの?!」
って正直言って、自分自身何回も思った。
でも、原因不明なんだもの。
考えても仕方ない・・・。

この「自己免疫疾患」って、他にも膠原病とかあるけれど、
原因が分からないだけに、
すぐ不安になる私が、更に不安になるけれど、

ちゃんと治療すれば、命には別状ないと言い聞かせて、
とりあえず、今は余計なストレスや疲れは溜めずに、
のんびり、癒しを求めて過ごそう・・・。

2008年8月12日 (火)

偶然

「特発性血小板減少性紫斑病」
と正式に確定診断を受けたpinguです。

で、その治療の為に使うステロイド剤
「プレドニン」
を先日の土曜日から服薬し始めて、
今、いつ副作用が出るかと気になって仕方ありません。
顔のむくみ、太りやすくなる、
ニキビが出る等・・・。

女性にとっては、嫌な副作用(涙)
気にしたらそれだけストレスになるので、
気にしないようにしようと思っても、
根っからマイナス思考の私は
どーしても気になってしまいます・・・。

でも、これはステロイド剤の副作用としては、
軽い症状とのこと。

血液内科の主治医に
「ステロイド剤って顔がむくんだり、
ニキビが出たりするんですよね?」
って恐る恐る聞いても、先生は
「あぁ、でもこれは美容的な問題で、
命は問題ないから。」

とかるーくかわされてしまった・・・。

昨日、近所のマッサージ店のスタッフの方に話をして、
「命には関わらなくても、女性にとってはつらいよねー。」
と色々と励ましてもらいましたが。
このスタッフさんは、エステの資格も持っており、
美容についての知識も高いので、
これからいろいろと相談に行こうと思っています。

でも、私もネットや本で色々とステロイド剤のことを調べましたが、
この薬って本当に、いろんな病気に効く「魔法の薬」である一方、
本当に様々な副作用をもたらす、いわゆる
「諸刃の剣」
ということが改めて分かりました。
免疫が抑制されるため、
「自己免疫疾患」の難病にはすごく効果がありますが、
逆に免疫が抑制されるため、
「感染症」を引き起こしやすいそうです。

で、主治医の先生も
「一週間、今の投薬をしてみて、血小板の数値を見て、
これからのステロイド剤の投与量を
また決めます。ずっと今の量を投与するわけじゃないから
大丈夫ですよ。」

とは言われていますが・・・。

ただこのステロイド剤は、急に中止は出来なくて、
徐々に減薬しないといけないみたいです。

あと、この「特発性血小板減少性紫斑病」は、
国指定の特定疾患なので、保健所に特定疾患の申請をしないと
医療費が膨大にかさむ恐れもあるので、
昨日、保健所に申請に行ってきました。

すると・・・・・
申請の受付をしてくれた保健師さんが、すっごく偶然にも
私が2年前に少しお世話になったことのある
保健師さんだったんです!!!

その保健師さん、待合室に座っている私を見て、
「あらっ?pinguさん???
あなた、なんでここにいるの?」

ってすっごくビックリしていました(;・∀・)

そりゃ、そうですよね・・・。
でも、私もビックリしました。
その方が今、その保健所にいることも知らなかったもの。
でも、知り合いの保健師さんが面接してくれたことで、
不安も少しは、軽くなりました。

でも、世の中にはたくさんの人がいるのに、
こういう偶然ってあるんですねΣ(゚Д゚)

2008年8月10日 (日)

崖の上のポニョ

今さらですが、今日王子と
「崖の上のポニョ」を観て来ました。

080810_22130001前々から王子が「ポニョ」と
「ポケモン」の映画が観たい!
と言っていたのですが、
私の体調が悪かったり、
行こうとした日に王子が微熱を
出したりして今日になってしまいましたが。
「ポニョ」を「ポケモン」よりも、
先に観たいと言ったのは、

王子は一番は「ポケモン」が観たいらしいですが、
「楽しみなのは、後にとっておきたい」主義らしいので
(;・∀・)
さっすが、一人っ子!!!

さて、この「崖の上のポニョ」公開されてから、だいぶ日が経つのに、
夏休みで日曜日ということもあるのか、
映画館はほぼ満員でしたねー。
恐るべし、ジブリ映画!!!

<STORY>
5歳の少年宗介は、海辺の小さな町のがけの上の一軒家で暮らしていた。
市街地から外れた彼の家の周囲には何もさえぎるものはなく、
ただただ青く美しい海と空が広がっている。
仕事で留守になりがちな父親の不在を寂しく思っていた宗介だったが、
ある日、浜でさかなの子ポニョと出会うことでその寂しさも忘れ、
やがて2人は強いきずなで結ばれていく。

以下、感想なのでネタばれを含みます!!!                                                                                                                                                                                      まぁ、簡単に言えば、有名な童話「人魚姫」がもとになったお話。
それを小さい子ども向けに作ったって感じ。
絵は本当にほんわかで、本当に「手作りのアニメ」
って感じで観ていて癒されましたねー。
「ポニョ」とその妹たち(メッチャたくさん!)が可愛らしかった!
ただ、「ポニョ」が変身する前の「半魚人」の時は
あんまり可愛くなかったけど(;・∀・)
あと、海の中の描写もよかったなー。
宗介くんもかわいいキャラクターだった。

ただ、モチーフがあの「人魚姫」なだけに
まさか、「バットエンド」じゃないでしょうねー( ; ゚Д゚)
とクライマックスはちょっとドキドキしたけど、
それは大丈夫でした(;・∀・)
私の中で「人魚姫」は、子どもの頃に読んだ童話の
2大トラウマのひとつなんで・・・。

「人魚姫」と「マッチ売りの少女」が救いがなくて、
私の中の2大トラウマ・・・。

でも、同じ母親目線で見て、「ポニョ」のお母さんの決断は
私だったら、うーんって感じでしたけど、
まぁ、それはそれで・・・。

しっかし、「ポニョ」の宗介くんへの想いはものすごかった!
あれは友情ではなく、恋そのものですよ!

あんな一途な想いっていいなー
って、ちょっと思ってしまった(;・∀・)
ただ、ジブリ映画にしては
「メッセージ性」はそんなになかったような・・・。
でも癒されたい人、素直な気持ちに戻りたい人
にはいい映画と思う。

映画が終わって、エンディング・・・。
案の定、あの
「ポーニョ、ポーニョ、ポニョ魚の子ー♪」
の曲がかかった時には、私も王子も一緒に歌っていました
(;・∀・)
つーかあの曲、耳に残りすぎっ!!!

もう私の携帯の着うた、
「ポーニョ、ポーニョ、ポニョ魚の子ー♪」
ですもん(;・∀・)

2008年8月 9日 (土)

お誕生日

今日からステロイド剤の服用を始めたpinguです。
一日、60mg.ってかなり多い量と思いますが、
今のところは、副作用らしきものは出ていないです
(;・∀・)

話は変わりますが、今日、8月9日は
王子の8歳の誕生日です!!!

ずっとこの日を楽しみにしていた王子。
で、今年は初めて王子の親友をお家に招いて
昼にささやかな「お誕生日パーティー」をしました。

お友達は、まだ同じ2年生でお小遣いも
ろくにもらっていないはずなのに、
王子が好きな本をプレゼントしてくれました!

080809_11380001「かいけつゾロリ」シリーズの最新刊!
そのお友達の誕生日は 12月なので、
王子に必ずお返ししようねと話しました。

やっぱり、お友達と一緒だとすっごく
テンション上がる王子。
小2の男の子同士の遊びを見ていると
まぁ、正直うるさいのもありはするけれど、
すっごく楽しそうで、
この友情がずっと続けばいいなぁ
微笑ましく見ていました。

080809_132100010001←お誕生日のケーキ。
8本のろーそくを吹き消す瞬間
写真とれなかった(;・∀・)

あと、私の父からもプレゼントが届きました。

080809_21520001前に父から電話があったときに
「王子は最近本が大好きなんだ。」
って言ったから。
今は「ドラえもん」に夢中だけど、
他には「恐竜」とか
「伝記」みたいなのにも
興味を持ち出したので。

お友達が帰った後は、
しばらくプレゼントでもらった本を読んでいたけれど、
夜は、王子の好きな焼肉を食べに。
お肉大好きな私にとっても、
身体的にはどーでしょ?って感じだけど、
すっごく幸せな気分になりました。(たーんじゅん(;・∀・))

最後にパパとママからのプレゼント。

080809_21510001望遠鏡とやっぱり本です。
ちょっと贅沢過ぎるかも知れませんが、
一年に一度の誕生日だし、
まぁ、それだけ贅沢が出来るのもある意味
「一人っ子」の醍醐味
勝手に納得しています(;・∀・)

王子もうれしかったのか
なかなか興奮して寝付けませんでしたが、
寝る前に私も幸せな気分になって、
「8歳まで元気に育ってくれてよかった!
これからも元気に育ってよ!」

と王子に言ったら、王子が一言。
「なに言ってるの?ママが育てたんじゃない。」って。

私、
「それもそうだけど、ママだけじゃないよ。
パパやおじいちゃん、おばあちゃん、学校の先生、
今までの保育園、幼稚園の先生、学童の先生。
色んな大人のおかげで王子はここまで育ったんだよ。」

と言って聞かせました。

王子にも「感謝」の気持ちを持ってもらいたかったので。

すると「そうかー。」と納得した顔ですやすやと
8歳最初の眠りについた王子。

私も昨日は病気の事でかなり落ち込んだりもしたけれど、
こういう幸せがあるから、いろいろあっても
やっぱり「生きてるって素敵なことだ。」
今は思えます。

王子がこれからも健やかに成長しますように!

久しぶり

昨日、大学病院の血液内科で
「特発性血小板減少性紫斑病」
と確定診断をうけたpinguです。

とにかく、昨日ブログを書いた時は、
ショックが大きくて仕方なかったです。

で、昨日の夜は王子が学童保育のお泊り会。
それが分かった時点で、友達と久しぶりに
会う約束をしていたのですが、

血小板の数値が有り得ない位の低い
「8000」だったので、
一瞬、友達と会って(自分の身体が)大丈夫かいな?
とも思いましたが、
近所のお店だし、何より色んな話をして、
自分の中に溜まった色んなものを吐き出したかったんです。
だんなさんに話しても、正直反応がほとんどないに等しいので・・・。

数ヶ月ぶりに会う大学時代の友人。
ひとりはブロともでもあるyokoと、同じ大学の友人の三人で。

久しぶりに会ったということもありますが、
めっちゃしゃべりまくりました。
声が枯れるくらいしゃべりまくりました(;・∀・)

自分の病気のこと。母親とのこと。
それらをひととおりしゃべったら、後は
お互いの趣味である映画の話とか漫画や本の話とか。

いっぱいしゃべって、精神的にはかなり発散できました
(;・∀・)

最近、自分がいかに人と会話をしていないかが分かりました。

最近の会話の相手は王子と
近所のマッサージ店のスタッフさんくらいだもん。

だんなさんとは、会話らしい会話もないし・・・。
(これって、ヤバイよね( ; ゚Д゚)
でも、事実だもん・・・。)

本当に「友達」っていいなと思った昨日の夜。

気付いたら、時計が軽く夜中の12時越えてました
(;・∀・)

2008年8月 8日 (金)

ショック・・・。

今日、大学病院での定期検診でした。
私の場合は、
がんの術後の経過を見る「婦人科」と
血小板減少の経過を見る「血液内科」の
両方の受診です。

で、がんの方は異常がなくてホッとしたのですが・・・。

血小板のほうが、前回は数値が2万5千だったのに、
(平均数値は13万から35万)
今日は・・・・・
8000しかなかった・・・。

最近、すごくだるかったのですが、
こんなにも下がるとは思わなかったので、
数値を見た途端、
頭の中が真っ白になりました・・・。

もう、「特発性血小板減少性紫斑病」
なのが確定しました。

しかも、主治医の先生から
「こんなに数値が下がってしまったのなら、
もうステロイドの治療をしましょう。」

と言われてしまった・・・。

これを聞いた時、頭の中が更に
ハンマーで殴られたようなショックを受けた・・・。

プレドニンというステロイド剤なのですが、
本当に様々な副作用があるお薬らしいのです。

プレドニン←この薬についての説明
本当に色んな病気に使われているお薬らしいです。

でも、糖が上がったり、血圧が上がったり、

ただでさえ不眠でうつなのに、不眠やうつも副作用として
表れることがあるって・・・。
一番恐れているのが、
太ったり、顔がむくんだりすること・・・。

顔がまんまるになることから、
「ムーンフェイス」と言われているらしい・・・。
そんなオシャレな名前をつけても、
結局満月みたいにまん丸な顔になるってことじゃん・・・。

どんな薬でも副作用がつきものだって分かっているけれど、
今はまだ現実を受け止め切れません・・・。

でも、やらなければいけないことが幾つかある。

この病気は厚生労働省指定の特定疾患なので、
保健所に申請しないと、莫大な医療費もかかるらしい。
特定疾患として承認されれば、
医療費が公費でまかなえるみたい。

でも、本来は入院してもおかしくない数値なのに、
外来でプレドニン服用で1週間後に
また受診ってことになったから、

入院よりはまだよかった・・・って思うように少しでも
気持ちを前向きに持っていかないと・・・。

この世には、いろんな難病でこの薬を飲みながら
頑張っている人もたくさんいるんだから・・・。

2008年8月 7日 (木)

西の魔女が死んだ

今日、映画を観てきました。
「西の魔女が死んだ」

080807_16260001もう上映が終わっているところも
多いと思いますが、
私の住んでいる地域では、
まだやっていたので。

<STORY>
学校に行けなくなってしまった
繊細な少女まいは、
「西の魔女」と呼んでいるイギリス人の祖母
の元でひと夏を過ごすことに。
まいは、大自然の中での“魔女修行”の生活で、
生きる力を取り戻し、
何でも自分で決めるということを教わる。

すっごくよかったです!!!
もう期待以上でした!

ただ、ほとんど予備知識がないまま観たので、キャストに
あの「高橋克実さん」や「キム兄」が出ていたのには
ビックリしたけど
(;・∀・)

以下、感想なので多少は、ネタばれあるかも。


とにかく、サチ・パーカー演じる
おばあちゃんがすっごく魅力的でした!
日本語も上手だったし!

物語は、このイギリス人のおばあちゃんと孫のまいちゃん
二人のシーンがすごく多かったけれど、
全然退屈しませんでした。

学校生活に馴染めない繊細な少女、まいがひと夏身を寄せた
おばあちゃんの家、おばあちゃんの庭がすごく素敵で
癒されました。ほとんど自給自足の生活だけど。

おばあちゃんは、自分が魔女の家系の人間とまいに話し、
「魔女修行」と称して、生きることに悩んでいるまいに
人生にとって、いろんな大切な事を教えるんですが、
ひとつひとつが私自身に言われているようでした。

その中で、心に残ったこと。
「なんでも自分で決めること。」
簡単なようで実は難しい。
私の心にもおばあちゃんの教えが胸に染みました。

あと、繊細なまいは、ある晩におばあちゃんに聞くのです。
「おばあちゃん、人は死んだらどうなるの?」
その時のおばあちゃんの答えが素晴らしかった!

そのおばあちゃんの答えを聞いたら、
死ぬのも怖くないなとも思えました。

ラストはもう涙、涙です。
でも、素晴らしいエンディングでしたよ!

あんな素敵なおばあちゃんが私にもいたらなぁと
思えましたね。

なんか、私自身が色々な不安や迷いの中にいる中で
この映画を観て、色々と救われた気がしました。

2008年8月 6日 (水)

バットマン・ビギンズ

今日、DVDで「バットマン・ビギンズ」
を観ました。20050519004fl00004viewrsz150x
え?今頃???
って感じですが・・・
(;・∀・)

最近はアメコミ映画には
あんまり興味なかったのですが、
今度の土曜日に公開される
「ダークナイト」がすっごく観たいので、
その予習も兼ねて(?)観ました。

この「バットマンシリーズ」
過去には、あのティムバートンも監督でつくっていたんですね。
知らなかった自分が恥ずかしい・・・
(´Д`;)

既存の「バットマンシリーズ」を観てないので
比較は出来ませんが、面白かったです。

「バットマン」にあんな過去があったなんて・・・
。゚(゚´Д`゚)゚。
(ティムバートン監督のは違う設定らしいですが。)

主役のクリスチャン・ベールもよかったけれど、
何より脇を固める俳優がよかった!

そういえば、この映画に「渡辺謙」も出ていたんですよね!
出番は多くなかったけれど、存在感ありましたよ!
あぁいう役も出来るんですねー。

あと、何と言っても私が好きな名俳優の
ゲイリー・オールドマンモーガン・フリーマン
やっぱりよかったぁぁぁ!!!

あの二人が出ると、もう画面に釘付けですっ!

ただ、ゲイリー・オールドマン
「レオン」でのキレた演技が私個人はものすごく好きだったので、
いい人役ってどっか違和感が・・・( ; ゚Д゚)
いや、素晴らしかったんですけどね。

あと、やっぱりモーガン・フリーマンは映画界の宝ですよ!
どんな役でも主役を喰ってしまうくらいの存在感がありますよね。

しかし・・・・
昨日、そのモーガン・フリーマンが交通事故で重体って
ネットのニュースを読んで、すごくショックを受けた私・・・。
でも、その後のニュースでは、重体ではなく、重傷で
3~4ヶ月で回復するって記事を読んで、ホッとしました。
モーガン・フリーマン、次回作では「ネルソン・マンデラ」の
映画に出演が決まっているっていうし・・・。
本当に一日も早く回復してほしいですっ!!!

で、この「バット・ビギンズ」の続編ともなっている
「ダークナイト」
本当に評価が高いし、
いろんな意味で観たくて仕方がない映画なので、
もう待ち切れないです。

本当は怖い家庭の医学

毎週火曜日に
「本当は怖い家庭の医学」って
テレビでやっていますよね。
あれ、無駄に恐怖心を煽るので、
普段は見ていないんですが、
昨日は、「女性の病気SP」
あ、「恥ずかしくてなかなか受診できない病気SP」
だったかな?
やっていたので、久々に観てました。

私自身が「女性特有のがん」に罹ったもんで・・・。

ケース1は、恥ずかしくて
1年前の「子宮がん検診」を受けなかった女性が、
実は子宮頸がんだったというもの。
このケースは、検診を受けていればがんの前段階で
発見出来たのに、
検診を受けずに異常があっても放置していたせいで
がんが大きくなって、結局「子宮全摘出」になったらしい。

確かに、婦人科を受診するのは、
何歳であっても抵抗がある。

でも、「恥ずかしいから・・・」といって
自覚症状があるのに放置していたら、
気がついたら最悪な事になっていたケースも
結構あると思う。

私が患った「卵巣がん」は、
(最終的に「子宮体がん」の重複がんだったけど)
ほとんど自覚症状がないらしく、
婦人科がんの中でも、死亡率が高いがんらしい。
私の場合はⅠ期の初期で見つかったのは、
ある意味、不幸中の幸いだったのかも知れない。

でも、もっと早く見つけられれば、
全摘手術は免れたのかな?
とも、たまーに思ってしまうけど、
もう、過ぎたことだし、今さら言っても仕方ないこと。

テレビの傍で王子が遊んでいたけど、
テレビを観て、
「月経ってなぁに?」とか聞かれたら
なんて答えようかとちょっと焦った(;・∀・)
まぁ、王子は遊びに夢中で何にも聞かなかったけど
(;・∀・)

そういえば、男の子って女性の身体のしくみとか
いつ頃から分かるんでしょうねー(;・∀・)

話は逸れましたが・・・
女性の皆さん、少しでも異常を感じたら
恥ずかしくても、忙しくても
病院に行って下さいね!

私の場合は、去年の暮れのあの時に
受診した事が運命の分かれ道だったから。
一瞬、仕事が忙しくて
「行くの止めようかな」と思ったけど、
あの時に受診してなかったら・・・と思うと
恐ろしい・・・。

婦人科のがんに限らないけど、
「がん」は早期発見出来るかどうかが
大きなポイントだと実感しているから。

2008年8月 4日 (月)

しあわせ

王子の寝顔を見ているひとときが
一番幸せ。

いっつも、目が半開きだけど(笑)

目元、口元が
生まれたての、
それこそ、私が王子と始めて対面した時と
本当に同じだから
(当たり前か(;・∀・))
約8年前の王子を出産した時の事を思い出す。

私は今、いろんな病気になっちゃったけど、
王子が病気になるよりは、
100万倍もましだ。

ずっとずっと王子が心身ともに
健やかでいられることを心から願ってやまない。

ようやく・・・

実はもうすぐ王子の誕生日。
そのこともあって、昨日私の父から電話がありました。

父の用件は
「王子の誕生日プレゼントは何がいいか?」
というもの。

実は、父には「血小板減少症」のこと、
仕事の悩みなどをまだ打ち明けておらず、

特に血小板減少症は原因不明ということもあり、
余計な心配を掛けたくないという思いから、
いつ父に言おうか、それとも、もしかしたら、
この病気が急性のもので、
いつの間にか血小板の数値が上がって
治ってくれるかも知れない・・・
という思いもあってなかなか言い出せなかったのです。

でも、実の親に重大な事を隠しているのも辛くて、
ようやく、昨日の電話で

「実は原因不明の血小板減少症で入院してた。
今も経過観察中で、
もしかしたらステロイド治療が必要かも知れない。」

と打ち明けました。

つい数ヶ月前には「がん」の手術を受けたばかりなのに、
今度は原因不明の血液の病気ということもあって、
父も電話の向こうでかなり心配していたけれど、
「大丈夫。命に関わるような重篤な病気じゃないから。」
と説明しておきました。
(特発性血小板減少性紫斑病は、
それ自体の死亡率は5%以下という報告例あり。)

でも、父も「pinguも次から次へと・・・。」
と電話口で嘆いている様子だったので、
私、つい
「仕事のストレスもあったのかも知れない。」
とポロッと言ってしまいました・・・。

父に今の気持ちを打ち明けると、父は

「お前も十分頑張ったんだから、
仕事はいつ辞めてもいいんだよ。
身体を壊したら何にもならないじゃないか。」

と言ってくれました・・・。

実は、もしかしたら親に
「仕事を辞めたらもったいない。」
と言われるんじゃないかと思っていたので、
その言葉、実は意外でした。
ずっと、親には
何でも出来る<いい子>でいないといけないという
昔からのある種の強迫観念が私にあったから・・・。

でも、
「あぁ、やっぱり親ってありがたいな。
本気で私のこと心配してくれる。」

と改めて感じました。

色々と事情があって、父は遠く離れて暮らしているけれど、
久しぶりに父に会いたくなりました。
久々に孫の顔も見せてあげたいし・・・。

ただ、どうしても母にはまだ病気の事が言えません。

何度も書いているけれど、
母はかなり、精神的に不安定な状態なので、
「がん」のことや「血小板の病気」のことを打ち明けたら、
パニックになったりして、
余計に精神状態を悪化させそうだから・・・。

それに、私が子どもの時に病気になったら
いつも「お前は私に苦労ばかりかけて・・・。」
と散々言われたことが今でも
私の大きなトラウマになっているのです・・・。

あと、母方の親戚はとある宗教を信じているのですが、
(私はその宗教には入っていません。)
母方の親戚に病気の事を知られたら、
「pinguちゃんは、○○を信じていないから病気になったのよ。」
と言われそうで・・・。
(実際にそういうことを言う親戚なのです・・・。)
母や母方の親戚の反応が怖くて、(考えただけでストレスになるし)
その事がまだ不安の種のひとつではあります。

でも、父に打ち明けることが出来ただけでも
肩の荷が少しとれた気がします。

父には、「お母さんにはいつか私から言うから、
まだ言わないでね。」と言っておきました。
父も母の事はよく分かっているので、
「分かった。」と電話の向こうで頷いていました。

今の私の健康状態ではちょっと遠方の父のところまで
行けないけれど、少し元気になったら
王子の学校の休みとか利用して、
王子と一緒に会いに行こうと思っています。

あと、父はこうも言っていました。

「母親(私)が疲れた顔や暗い顔をしていたら、
王子が一番かわいそうなんだよ。」

その言葉に涙が出そうになりました・・・。

2008年8月 3日 (日)

夏祭り

日付が変わった昨日の土曜日は、
王子が通っている学童保育の
「夏祭り」でした。

この「夏祭り」は、主に保護者が主体となって
行うものなんです。
実は心身ともに弱り気味な今、
能動的になにかをするのは、かなりきついのですが、

「他の保護者の方はみんな仕事しているし、
(基本的に「学童保育」は、
両親共に働いている家庭が利用するシステムだし。)
でも、私は今は仕事を休んでいるんだから、
これくらいは頑張らないとなぁ・・・。」

と思い、何とか参加しました(´Д`;)

小2の保護者は、カキ氷とドリンク担当。
何とか、商品の買出しと当日の販売頑張りました(´Д`;)

当日の屋台での販売は(といっても、小さいもんだけど)
行くまで不安だったけど、
何とか売り子さん出来ました。

仕事を長期に休んでいる今、
いい「リハビリ」になったかも(;・∀・)

王子はゲームコーナーで、はしゃいでいたし。
・・・と言っても、ほとんど「残念賞」だったけど(;・∀・)

一人っ子の王子にとって、「学童保育」は、
歳の違う子と仲良くなれるし、
こういうお祭りとか、キャンプとか色んな行事の中で、
私一人では教えきれないものをここで学んでいるので、
本当に入れてよかったなぁと思っています。

ところで、タイトルの「夏祭り」
この言葉を聞いたら、脳内で

「君がいた夏は遠い夢の中ー。
空に消えてった打ち上げ花火ー♪」

のフレーズがエンドレスになるのは私だけでしょうか?
この歌、結構好きかも(;・∀・)
でも、この「夏祭り」の曲。
今、再ブレークの兆しとか???

2008年8月 1日 (金)

はじめての経験

前回の記事からまだ時間も経っていないのに、
またまた更新です。
夜は、比較的元気かも知れないpingu
(;・∀・)
一日のうちでは、朝と昼が元気なくて、
夕方から元気出てくるという、
自然に逆らった、自虐的な生活を送っています
(´Д`;)
だから、「うつ」も治らないのかもなー。

と思い、なるべく昼も用事を作って
少しでも出掛けるようにはしています。
暑いけど(´Д`;)

実は日付が変わった昨日、
「はじめての体験」をして来ました(;・∀・)

何を血迷ったのか?2日前くらいから思い立ち、
「まつ毛パーマ」
なるものをして来ました(;・∀・)

自慢じゃないけど、
元々目が大きく、まつ毛も長い私。
(王子の写真を見た人は分かるはず(;・∀・)
私と王子は目がソックリだから・・・。)

でも、モデルさんみたいな
「まつ毛クルン」
どーしても自分では出来なくて、
ビューラは、しょっちゅう瞼まで挟んで痛いので、
本当に「思いつき」で「まつ毛パーマ」をして来ました。
一応、サロンは念入りにHPで調べて。

初めての客にはカウンセリングをするんですが、
私、自分では「まつ毛が多い」と思い込んでいたのに、
お店の人に
「pinguさん、結構まつ毛切れてますね。」
と言われたのはショックだった・・・orz
あと、これも自分では気付かなかったけれど
「逆さまつ毛」も多いみたいです( ; ゚Д゚)

施術は、専用のベッドで横になりながら
約1時間くらいだったかな・・・・。

実は施術中に眠ってしまった私(;・∀・)
仕上がって、お店の人に起こされました・・・。

出来上がった自分の顔は・・・

W040221070319 のようになる予定だったのに?!
(自分のイメージでは・・・orz)
あ、ちなみに写真は、もちろんエビちゃん。
私、エビちゃんを基準にしてしまうから
ダメなんだなぁー(´Д`;)

実際、鏡に映った自分を見て第一の感想・・・。

「???目の上についてるのは、
何かの植物ですか???」

でも、お店の人は大絶賛!!!
「pinguさん、猫目だからよく似合いますよー♪」

つーか、私って猫目だったのか?!

しかし、はじめての経験にやはり戸惑う私。
でも、三日もすれば見慣れるかな???

でも、半分以上「引き籠もり状態」の私なのに!
特段、見せたい殿方もいないのに!

なんで、「まつ毛パーマ」をしたのか
いまだに自分でも謎です・・・( ; ゚Д゚)

色々と出口の見えない不安の中で、
何か自分を変えることがしたかったのかも?!

さーて、次は何にチャレンジしよーかな?

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム