アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

« 親子カラオケ | トップページ | ザ・マジックアワー »

2008年6月 9日 (月)

通り魔事件

昨日の日曜日、信じられない事件が起きた。
人がたくさん行き来する秋葉原の歩行者天国で
無差別の通り魔事件が起きて、7名もの方が亡くなった・・・。

最近、本当に通り魔事件とか、
全く無関係の人を殺すような事件が増えているけれど、
今回の事件、ショックだった・・・。

ニュースを見てたら、涙が出てきた。

たまたま、その場にいただけなのに、
被害に遭われて亡くなられた人が気の毒で・・・。
そしてどうして、こんな事件が起きてしまうんだろうって、
思ってしまって・・・。

あと、マスコミの取材も悲しいやら、腹立たしいやら・・・。
いつも思うけど、突然、愛する子どもや配偶者を
亡くした遺族に対して、マイクを向けるなんて、
一体、どんな神経してたらそんな事が出来るんだろう?

マスコミはご遺族に「今のお気持ちは?」とか
聞いているんだろうか?
そんなの、悲しいやらショックやら怒りでいっぱいやら
どうしようもない絶望でいっぱいに決まっているじゃない!

遺族の生のインタビューを聞けて、テレビに流したら
視聴率が取れるから?
例え、事件の悲惨さを世間に知らせる為と言っても、
遺族にインタビューする神経が私には分からない。

あと今回は、事件の現場が人通りの多い「秋葉原」
ということもあって、目撃者の数も多いですよね?

目の前で人が刺されていたり、血まみれになっていたら、
普通は、ショックで立ち尽くすのが精一杯だと思う。
そんな中、一生懸命に怪我をされた方の
救助に当たった方は立派という他ない。

その一方で、事件現場を携帯とかで写真を
取りまくっていた人たちもたくさんいた。
急に目の前に有名人が現われたならとにかく、
人が大量の血を流して、亡くなっているかも知れないという
悲惨な状況下で写真を取って、
しかもその写真をコピーして配るという人たちも結構いたらしい・・・。

何の為に?
こんな事件があったと自分のブログにアップする為?
それとも、マスコミに写真を売る為?

まぁある意味、非日常的な経験をして、
あの場で写真を撮っていた人達
普通の感覚じゃなくなっていたのかも知れないけれど・・・。
(もしだけど、私があの場にいたら、
ショックで動けなくなっていたかも知れない。)

ショックと悲しみにくれる遺族に心境を聞いたり、
何の落ち度もなく、理不尽に命を奪われた被害者の方達の
プライバシーをご丁寧に流すマスコミ。
人間の嫌な部分を改めて見た気がした・・・。

あと、この事件を起こした犯人のこと。
犯人は、昨日のニュース報道で動機を
「世の中が嫌になった。」
「誰でもよかった。」

と供述していたらしい・・・。

世の中が嫌になる人なんて、
きっとこの社会、たくさんいるよ!
でも、ほとんどの人は他人に迷惑かけたりせず
に何とか生きているというのに・・・。

世の中が嫌になって、どうしようもなくなったら、
それが内に向かう人間は、自殺に走り、
それが外に向かう人間は、反社会行為に走るんだろう。

でも、いくら世の中や仕事が嫌になって、
全てに絶望したからって、
何で、自分に関係ない他人の命を奪うのか、
私は全く理解出来ない。

犯人は、あまりに卑屈になり過ぎて、
日曜日の秋葉原にいる人みんな自分よりも
幸せに感じて、疎ましく思えたんだろうか???

あと、今日、犯人が携帯の掲示板に
書込みをしていたことが分かった。その中に
「いい人を演じるのには慣れてる」
「大人には評判の良い子だった」

という記述があった。 ゾッとした。
ちょっと、私もそういうところがある子どもだったから・・・。
この犯人も実際に、子どもの頃は優等生の類だったらしい・・・。

「いい子」を演じることの危うさ・・・。
まぁ、この犯人が破綻したのはそれだけじゃないだろうけど。

あと、犯人は掲示板にこんなことも書き残していた。
「やりたいこと…殺人 夢…ワイドショー独占」
この文面にもゾッとした。
あまりにも歪んだ自己顕示欲。
どうして、そこに行き着いてしまったんだろうか?

ワイドショー等のマスコミの過熱報道。
今の日本の格差社会の弊害・・・等等

きっと、背景には色々あるんだろう。
しばらくは、テレビ等のマスコミでコメンテーターが
事件が起きた背景などを検証するだろう・・・。

私には、犯人の気持ちなんて分からないし、
とにかく、こんな事件が起きてしまう今の現実が嫌だ。

« 親子カラオケ | トップページ | ザ・マジックアワー »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127414/41485770

この記事へのトラックバック一覧です: 通り魔事件:

« 親子カラオケ | トップページ | ザ・マジックアワー »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム