アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

まだ…。

先週の金曜日に、
血小板の数値が極度に低いことから、
そのまま緊急入院になったpinguです。
実は、血小板の輸血をしたんですが、
数値は、ほとんど上がらず、
癌のホルモン剤の副作用ではなく、
本格的に
「血液の病気」
に罹っている事が濃厚になってしまいました。

明日、血液内科で骨髄液の検査を受けます。
あれ、超痛いらしいですよね??
骨には麻酔が効かないから…。

癌の手術が終わったと思ったら今度は…。

骨髄検査を受けない事には正式な診断は、まだ分かりませんが、
正直凹んでます。
泣きたい…。

2008年6月27日 (金)

緊急入院!!

先週から、手足に痣のような皮下出血が気になっていたので、
今日の午前中に大学病院を受診したら、
採血の検査の結果が通常では有り得ない低い数値だったらしい…。

単位は忘れたけど、通常は12万以上ある血小板の数値が私の場合、1万を切っていたらしい…。

で、そのまま家に帰すのは危険なので、家に一旦帰る間もなく、
緊急入院となってしまいました
(>_<)

血小板の数値が低い原因として一番、考えられるのが、
ホルモン剤の副作用らしい…。

もう、すぐそのホルモン剤の服用を止めて、
今日、血小板の輸血をしました。

輸血なんて、生まれて初めてだよぉ〜

で、ホルモン剤を完全に抜いて、
輸血で血小板の数値が正常に戻ったら、
約1週間で退院出来るけど、

それでも、血小板の数値が上がらない場合は、
骨髄の検査もするらしい…(涙)

やだよ〜!!

もう、大きい病気はしたくないよ…。

なんか、職場復帰どころじゃなくなってきたよ…。

2008年6月26日 (木)

結局繰り返し?

昨日、メンタルクリニックの受診日だった。

おそらく6月最後の受診日なので、
7月1日からの仕事復帰が可能かどうか、
主治医の先生に聞いてみた。

その前に、診察前に血圧を計ったら、
なんと!
血圧が上が80、下が50だったΣ(゚д゚lll)ガーン
もともと低血圧な私だけど、
こんなに低い血圧見たことないΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)

次に診察。
主治医曰く、

「まだ、7月復帰は無理でしょう。
体力もまだ完全に戻っていないし。」

私自身、7月復帰に非常に不安で自信もないけれど、
これ以上仕事を休むことが申し訳なく、
不安だと今の気持ちを打ち明けたら、

「心と身体に無理して仕事に行っても
ダメですよ。」

と言われ、
「もうしばらく休養を要する。」
という内容の診断書を書いてもらった。

いろいろと複雑な思いを抱えながら家に帰って、
だんなさんに、
「主治医の先生にあと3ヶ月は休んだ方がいいって言われた」
と言ったら、だんなさん、しばらく考え込んだ顔をした後、

「でも、pinguは休めば休むほど仕事に行けなくなるんでしょう?
休みが延びたら、最初はいいかも知れないけれど、
復帰が近づいたら、今以上に元気がなくなって悩むと思うけど。」

と休職の再延長に反対の態度を示した・・・。

た、確かに私は休みが長ければ長いほど、
仕事に行くのが辛くてたまらなくなる。
休職の再延長をしても、仕事復帰が近づいたら、
今より悩むのも目に見えてる。それは自分でも分かる。

でも、今の気力体力で仕事に戻るのもすごく不安・・・。

だんなさんはこう言った。
「休みを延ばしても、結局同じことの繰り返しなんじゃない?」

私、もう何が正しいのか分からない・・・。

多分、自発的に
「仕事に行きたいっ!!!」
とは、いつまでたっても心からは思えないだろう。
じゃあ、いつから復帰するのが一番いいのか?
職場に告げている
「7月1日」のタイミングが一番いいのだろうか?
もう1週間もないや・・・。

やっぱり、7月1日のタイミングで復帰するのが一番いいんだろうか・・・。

2008年6月24日 (火)

中途覚醒

お仕事をお休みしている間、
完全に体内時計が狂って、
更なる「夜型人間」になってしまったので、
最近は、職場復帰の為にも少しでも早く寝ようと、
ブログを更新して、ちょっとネットしたら
少しづつ、早く寝るように訓練(?)しているpinguです。

寝る前は、睡眠薬も飲んでいるし・・・。

な、なのに・・・・
ここ1週間、
必ず午前3時~午前4時に目が覚めてしまう・・・。
幾らなんでも、起きるには早すぎるし・・・・。
で、その時間帯になったら、
もう、空が明るくなるまで眠れない・・・。
( ; ゚Д゚)

何でだろう?
完全なる睡眠障害。
で、その分、昼間に眠くなる・・・。
ヤバいじゃんっ!!!

これじゃあ、職場復帰どころか、
社会復帰も出来やしない・・・。

今日なんて、「耳鼻科」に行くために
モノレールに乗って、病院行って、
帰りにデパートでお買い物しただけで、
家に帰って、もう動けないほど疲れ果ててしまったもの・・・。
一応、ビタミン剤とかも飲んでいるんだけどなぁ(´Д`;)

今日に限らず、
ちょっと歩いたりしただけですっごく疲れてしまう。

こんなんで、本当に仕事復帰出来るんだろうか?
不安でたまらなくなってきたよ・・・。

2008年6月23日 (月)

辞める?辞めない?

7月1日の職場復帰まで、あと1週間・・・。
それを思うと、もう憂鬱を通り越して、
身体すら動かせないくらい・・・。

何がそんなに不安なんだろう?
忙しい時期にこんなに休んで、同僚に合わす顔がない。
長い間仕事から離れて、もう仕事を忘れているんじゃないか。
長い間休んでいて体力気力が落ちていて、
実際に使い物にならないんじゃないか?

考えれば考えるほど、不安要因は出てくる。
じゃあ、考えないようにしよう!
と思っても、考えてしまうのが私の悪い癖というか、
それが私の病気なのだ。。。

夕飯時、本当はご飯も食べたくなかったけれど、
食べないと本当に心だけじゃなく、身体も危ないので、
何とか食べた。
そんな私の様子を見た、だんなさんが一言。
「もう、仕事辞めたら?」

すると、王子も
「そうだよ!辞めちゃえ!辞めちゃえ!
そしたら、ママ、もっと元気になるよ!」

ちょっと泣きそうになった。

でも、「退職」は本当に最後の切り札。
「退職届」はいつでも出せる。

でも、本当に退職してしまったら、
もう私の歳では正職員には戻れない。

もし、だんなさんが途中で倒れたら?
もし、将来、離婚とか全くないとは言えないし・・・。
(夫婦仲も正直ビミョウだし・・・。)

そんな事まで考えてしまうから、
私はいつまでたっても決断がつかない。
自分でも優柔不断過ぎるって
痛いほど分かっているけど。

とりあえず、明後日、主治医ともう一度相談した上で、
決めよう。

そして、復帰してみて、心身共にきつい様だったら、
まだ残っている休職期間を使って、その間に
「辞めるか辞めないか」決めよう。

「うつの時は、人生における大きな決断はしない方がいい」
ってよく言われているし・・・。

2008年6月20日 (金)

完全なる回復って?

昨日は「カウンセリング」の日だった。
主に7月予定の職場復帰のことについて話し合った。

正直、今の私の心身の状態は
かなり微妙な状態・・・。

鬱自体は、休職に入った4月の時よりは、よくなっている感じだと
カウンセラーの先生はおっしゃっている。
表情もよくなっているって。
でも、体力が戻っていないこととか、
不安材料はまだまだありますね・・・
とカウンセラーの先生も判断に困っている様子。

不安材料が多いと、復帰してもまた調子を悪くして
再度、休職してしまうケースが多いらしい・・・。

でも私の場合、休めば休むほど、
仕事に戻り辛くなるという事も話した。

カウンセラーの先生も私もすっごく悩んだけれど、
昨日出した結論は、

カウンセラーの先生の意見としては、
7月に一度職場復帰して、
やっぱり、通常勤務が無理なら
再度休職するという方向で考えている。
後日、主治医と話し合って、最終的な結論は、
来週の主治医との診察で決めましょう。

ということになった。

本当に私も自分自身のことなのに、
どうしたらいいのか分からない。

だったら、一度、仕事に戻ってみて、
仕事が出来れば、めっけもんだし、
仮にもしもダメなら、それできっぱりと
気持ちの切り替えが出来そうだと思った。

でも、メンタルの病気の完全なる回復、
要するに「完治」ってどの状態を指すんだろう?
正直、私は働いてから10年以上、
ずっと心療内科に罹っている。

「完治」といえば、「がん」の完治も何をもってして、
「完治」というのか、よく分からない。

一応、「がん」は最初の発病から5年経過して、
再発、転移がなければ完治なんだそうだ。

といろいろ考えている時に、最近気がつけば
手足にあざを見つけることが多い。
打ち身? あざ?
昔見た映画の「セカチュー」で(ドラマ版だったかな?)
ヒロインのアキが足に変なアザがあって、?と思っていたら、
それが「白血病」の前兆だったというのを思い出した。

不安になって、色々と検索したら、
これって「皮下出血」というそうだ。

気になったので、今日罹りつけの内科に行ってみたら、
私が「がん」の手術後に服薬している
「プレマリン」というホルモン剤の副作用で
「血栓症」の症状が出ることがあるので、
週明けに「がん」の治療を受けている
大学病院に行ってほしいとの事・・・。

大学病院の次の診察は7月なんだけど、
それを待たずに早めに行きなさいと言われてしまった・・・。

なんかもう、次から次へと・・・訳わかんないや・・・。

 

2008年6月18日 (水)

上司からの手紙

夕方、ポストを見ると私宛に一通の手紙。
差出人の名前を見ると、
今の職場の上司からだった。

実は私先週、とある書類と一緒に課の職員に充てて、
忙しい時期に長期休暇を取って、
本当に申し訳ない旨の手紙を同封して職場に送っていたのだ。

心臓をドキドキさせながら、開封すると、
中身はその私の手紙に対する返事だった。

返事の内容をかいつまんで書くと、

課の仕事もひと段落していること。
(私のことを、)大病を患った後だから、
まだ身体が本調子でないのは当然だから
職場のことは気にしないでほしいとのこと。
元気になって、お会いしましょう

という内容だった。

すごく、うれしかった。
そして、少し胸が苦しくなった。

上司は、わざわざ職場名が入った封筒を使わず、
無地の封筒を使ったのも、私に対する心遣いだと思うと
なんだか、上司の人柄が分かった気がした。

今、いろんな思いが交差している。

この上司のもとで、早く仕事復帰したいと思えた。

でも、その反面、まだ心身の調子が思わしくなく、
まだ復帰するには完全ではないと自分で思えて。。。

どうしたらいいのか自分でもよく分からないのだ・・・。
自分自身のことなのに・・・。

ひとりで考えてもどうしようもないんだけど・・・。

2008年6月17日 (火)

半年ぶりのマッサージ

先週、半年振りにお会いした人がいる。
家の近所で、「リンパマッサージ」を行っていて、
去年、「がん」の治療をするまで、
数回、マッサージをしてもらったスタッフさんだ。

去年、11月に「リンパマッサージ」を受けたときの記事。

療養中も、何度かお手紙を頂いたんですが、
近所なのに、なかなかお会いできなくて・・・。

でも、半年振りに偶然会ったら、
「あ!pinguさん!大丈夫?
ずっと気になっていたのよ。調子はどう?」

ってすぐに私のことを覚えていてくれた。

今の状況を簡単に説明すると、(「うつ」の事は言わなかったけど)
「じゃあ、近いうちにいらっしゃい。」
ということで、先日の土曜日に久しぶりに
リンパマッサージを受けに行くことに。

土曜日にマッサージをしてもらった時、
スタッフの方はこう言っていた。

「うーん(と首をかしげて)
筋肉疲労はそんなになさそうなのよね。
だけど、リンパの流れが滞ってて、
老廃物が溜まっているみたい。
あと、肩と背中は相変わらずパンパンに張っているわね。」

確かに、仕事を休んでる間も肩こりはずっとある。
なんでだろう?仕事休んでいるのに?

あと、スタッフさんにこうも言われた。
「なんか、精神的なものもある?」
Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

私、「がん」の療養の事しか言っていないのに、
このスタッフさんは、占い師さんですか???( ; ゚Д゚)

ちょっと継続的に通った方がいいですねと言われ、
実は今日も行ってきました。

今日のマッサージを受けて、
スタッフさんは、
「体は前回よりも若干ほぐれたみたい。
でも、首があまりにもかたくてビックリした!」

と私のあまりの首のかたさにすっごく驚いていた様子。

ここのリンパマッサージ店は、マッサージの施術だけでなく、
いろんな話も聞いてくれる。
(ちなみにスタッフは全員女性。)

「がん」の手術で全摘したこと。
そのせいなのか、身体がすごくだるくてたまらないこと。
7月1日から仕事復帰の予定だけど、
気力体力的に働く自信がないことなど・・・。

そのことを話すと、
(このスタッフさんは、特にメンタルのカウンセラーではない。)
「うーん、7月1日から仕事復帰かー。
ちょっと、心配だなー。」

と懸念していた。

そう、仕事復帰までちょうどあと2週間・・・。
それを思うと、心身共にきつい・・・。

とりあえず、仕事復帰まで週2回、そこに通うことになった。

ここのスタッフさんは、すっごくフレンドリーで
本当に友達みたいに親身になってくれる。
あまりのフレンドリーさに、最初は
「もしやここって、実は新興○教の一種?( ; ゚Д゚)」
と余計な心配したくらいだもん(;・∀・)

この私、果たして7月1日までに
心身の健康を取り戻すことが出来るんだろうか?
最近、かなり不調なんだけど・・・。

2008年6月15日 (日)

日曜参観日

今日は王子の小学校の日曜参観日でした。
最近、日曜参観って多い気が・・・?
お父さんにも、積極的に
子どもの授業風景を見て欲しいからでしょうか?

今日は2時限目と3時限目の授業を保護者が見ることに。
2時限目は、「生活」
生活って、今の小学校低学年って
理科と社会を一緒にして
「生活」という科目にしているようですね。

今日の授業は、
「街探検のグループ発表」
数日前に王子たちは、地域のお店等を見学、訪問して、
そのお店で何を売っているのか、どういう事をしているのかを
お店の人に聞いて、それをまとめて発表するという内容。

先生が、
「はい、それでは発表したいグループは手を挙げて。」
と言った時、王子は手を挙げたけれど、
同じグループの男子に
「ちょっと待て。」みたいな感じで、
挙手を阻止されてしまった( ; ゚Д゚)

結局、王子のグループは発表出来ず・・・orz
小学生って、こんな時に女の子の方が積極的に手を挙げますね。
男の子は照れちゃうのか、モジモジしてなかなか手を挙げない感じ。

三時限目は、「算数」
今日の授業は「くり上がりのある足し算」
すると、一番最初に王子がノートに答えを書いたらしく、
王子が前に出て、黒板に答えを書くことに。

080615_11040001ちょっと前まで、
「くり上がり、難しいー(´Д`;)」
って言っていたのにねー!
「生活」の時の名誉挽回って感じかな?

授業参観って、普段はなかなか見られない
子どもの学校での様子が見られるので、
すごくドキドキワクワクします。

ただ、気になることが・・・。
あ、王子じゃなくて、私のこと。
普通に立って子ども達の授業を見ていたのですが、
途中からだるくて、疲れてたまらなくなり、
ついに三時限目の後半には、
しゃがみ込んでしまった・・・。

しかも家に帰ってから、バタッと布団に倒れこんでしまい、
夕方まで起き上がれなかった・・・_| ̄|○ 

2回目の「がん」の手術からもう3ヶ月も経つのに、
いまだに体力が回復していない・・・。

こんなんで、本当に7月から
フルタイムで仕事復帰出来るのか?

さらに不安になってきました・・・。
体力的にも、メンタル的にも・・・。

しかも手術の傷跡が膿んでいるような、じくじく感もあって、
最近、毎日鈍い痛みが・・・。

2008年6月14日 (土)

王子の一言

一応、7月から仕事復帰な私・・・。
その不安がもう今からいっぱいいっぱいで
(まだ半月もあるにもかかわらず・・・。)
既にヤバい状態な私・・・。

今日ったら、王子と7月の予定の話をしている時に、
私、つい無意識のうちに
「7月はママ、仕事に行く予定だから元気ないかもー。」
と、うっかり言ってしまったら、
(母親のくせして、自分の子になに弱音吐いてんだよーって感じ。)

王子は真剣な顔で、
「ママ、仕事まだ無理じゃない?
まだ「だるい」って言ってるしー。
それにママは、今は元気だけど、
仕事している時は元気じゃないもん。」

って・・・。

そして、こんなことを言った。
「ママは自分のことが好きじゃなかったら、
仕事行ってもいいけどー。」

(この「自分」とは私自身のこと。)

これ聞いて、すっごくビックリした。
だんなさんは、そんなこと一言も言わないのに、
わずか、7歳の男の子がこんな事を言うなんて!

7歳の王子に弱音を吐いてしまった自分の情けなさと、
王子の気持ちに対して、言葉にならない感動を受けて、
私は、ただ王子を抱きしめてしまった。

いつもは、ドラえもんオタクでマイペースで
甘えん坊な王子なのに・・・。

本当に私は、王子の存在に救われている。

話はちょっと変わるけど、

先日、記事にしたみきちゃん(仮名)と王子は今日も外で楽しく遊んでた。
そのみきちゃん(仮名)が摘んでプレゼントしてくれたお花。
写真じゃ分かりづらいかな?
080614_21090001お花の名前は忘れたけれど、
すっごく癒された。

ゴールデンスランバー

伊坂幸太郎氏の最新作で、2008年本屋大賞受賞作
「ゴールデンスランバー」

を先ほどようやく読み終えました。 51ph7ddxhql_sl500_aa240_
いやぁ、ハードカバーで、500頁もの長編なので、
ちょっと読むのに時間がかかってしまった
(;・∀・)

内容は・・・
何がなんだか分からないうちに
首相暗殺の濡れ衣を着せられたひとりの男の逃亡劇です。

注:以下、多少のネタバレありです!

このお話は言わずもがな、
ジョンFケネディ暗殺事件がモチーフになっています。
私がケネディ暗殺事件のことを知ったのは、
小学校高学年か中学生だったと思うけれど、
最初にこの事件のことを何かで知ったときは、犯人は
「オズワルド」という人物だと一瞬思っていました。
でも、今はもちろん私だって誰だって、
オズワルドが犯人とは思っていません。
この事件の背後には、いろんな事が隠されていると思います。

この「ゴールデンスランバー」も同じように、
一市民である主人公「青柳雅春」が、
何故か目に見えない巨大な力によって、
首相暗殺犯に仕立てられ、
目に見えない巨大な力の前では、
逃げるしかすべがない・・・。

濡れ衣を着せられて犯人にされて、
逃げ続ける主人公が可哀相で可哀相で、
でも、最後はどうなるのか気になって気になって・・・。

でも、彼は全く孤独でひとりではなかった。
彼が犯人じゃないって信じる人たちが
彼の逃亡を手助けしてくれた。
それが読んでいて救いでしたね。

でも、こういう話、
現実に全くないとも言い切れなさそうで怖い・・。

もしも、私が目に見えない巨大な力によって、犯罪者に仕立てられたら、
どうやって、無実を証明できるだろうか?
巨大な権力の前では一市民なんて、無力なもんだ・・・。

そして自分の大切な友人が、巨大な力によって犯人にさせられたら、
その無実を信じて、巨大な権力に逆らってまでも
その人の為に行動出来るだろうか?

あとお話に出てくる、街中に張り巡らされている監視システム。
凶悪犯罪を未然に防ぐという名目らしいけれど、
政府に四六時中、監視されるのって何か怖い・・・。

でも、最近実際に起きている凶悪事件を考えると、
近い将来、そういったものも出来ちゃうのかな・・・?
とか、物語を読みながらいろいろと考えちゃいました。

とにかく、壮大なスケールの物語です。
きっと、いつかは映画化するんだろうなーって
今から考えたりして・・・。

最後に、伊坂幸太郎さん、
「たいへんよくできました。」

2008年6月13日 (金)

これって恋?

意味深なタイトルですが、残念ながら私のことじゃありません。

私が住んでいるところはアパートの1階なのですが、
一昨日の夕方、私がベランダで洗濯物を干している時に、
王子もベランダに出てきた時のこと。

突然、見知らぬ小さな女の子が王子に話し掛けてきた。
「誰?この子?」

と思ったら、どうやら王子と同じクラスで席も隣の女の子らしい。
その女の子を仮にみきちゃんとする。
王子はしばらく、ベランダ越しにみきちゃん(仮名)と話した後、

家にある「ドラえもん」のマンガを袋につめて、

「みきちゃん(仮名)のお家、すぐ目の前なんだって。
ちょっと、行ってくるねー♪」

しばらく、え?( ゚Д゚)ポカーンとなっていた私ですが、
こっそり、王子の後をつけると、みきちゃん(仮名)のお家は、
本当に我がアパートから、目と鼻の先。

しばらくして、戻ってきた王子ですが、
「明日の朝、みきちゃん(仮名)と一緒に学校に行く約束したよ(゚∀゚)」
とニコニコ顔。

で、日付が変わって昨日の朝。
約束の7時40分になっても、みきちゃん(仮名)が来ないので、
先に学校に行ってしまった王子。

すると、その5分後くらいに家のチャイムがなり、
出ると、みきちゃん(仮名)が!!!

「あ、王子くん、もう行っちゃいましたか?
ありがとうございます!」

小2には、思えない礼儀正しさ!
それにしても、嗚呼、哀しきすれ違い(´Д⊂グスン

で、夕方、いつものように王子を学童にお迎えに行くと
「今から、みきちゃん(仮名)のお家に遊びに行く(゚∀゚)」
だって。
午後6時に約束したというので、
私も念の為、王子と一緒にみきちゃん(仮名)のお家へ。
昨夜、王子がお邪魔したので、
みきちゃん(仮名)のお母さんにもご挨拶がしたかったので。

しかし、王子ったら、前日と同じようにまたしても
袋に大量の「ドラえもん」のマンガを持って・・・。

そんなにみきちゃん(仮名)に見せたいのかよっ!

でもチャイムを押しても、不在の様子。
「王子ー。みきちゃん(仮名)のお家誰もいないみたいよー。」
と私が言うと、
「帰ってくるまで待ってる!」だって。

みきちゃん(仮名)約束忘れちゃったか、
時間を勘違いしたかも知れないし、
いつ帰ってくるか分かんないし・・・(´Д`;)

結局、王子と30分近く、
みきちゃん(仮名)の家の近くで待っていた私達。

すると、ようやくみきちゃん(仮名)がお母さんとご帰宅。
王子を見たみきちゃん(仮名)
「ずっと待っていたの?ごめんね。6時30分と思っていたよ。」

でも、王子ったら嬉しそう(;・∀・)

みきちゃん(仮名)のお母さんも優しそうな方で、
「大丈夫ですよ。王子くんのこと、ちゃんと送りますからね。」
と快く、王子をお家の中に入れてくれた。

約30分ちょっと過ぎて、
みきちゃん(仮名)のお母さんが王子を連れて来てくれた。
みきちゃん(仮名)も一緒だった。
「明日は絶対に朝、一緒に学校に行こうねー♪」
と約束し合ってバイバイしてた。

王子と夕ご飯を食べながら、私はさりげなーく王子に聞いた。

「王子ぃー。王子って、みきちゃん(仮名)の事好きなのぉ?」

すると、照れ隠しでちょっと怒る王子(;・∀・)
照れ隠しで大声で、
「わかんないっ!ふつうーっ!」
だってさ(*´艸`)

でも今まで仲のいい男の子の友達のお家にも、
宝物のように大切にしている「ドラえもん」の本を持って、
ウキウキと遊びに行った事なかったぞー!

王子も小学2年生。
もしかして、これって「初恋」って奴ですかぁー?

とりあえず、これからの王子の恋(?)の行方を
あたたかーく、見守っていく事にするかー。

2008年6月11日 (水)

進まぬ現状

昨日は、楽しく映画の記事を書けたのに、
たった1日で、また元気がなくなる
情緒不安定
なpinguです・・・。

今日は診察とカウンセリングの日でした。

実は、今日はもう外出するのもままならなかったのですが、
カウンセリングはいつも予約でいっぱいなので、
今日行けなかったら、次いつ受けられるか分からないので、
頑張って行ってきました。

最初はまず主治医による診察。

近況を聞かれ、
精神的に非常に波があること。
あと約半月で仕事復帰だけれど、
そのことが不安でたまらないこと。

などを話した。

すると、先生曰く、
「考えても仕方のないことは考えないようにしましょう。」
・・・・・・・・・・。
そんなこと、頭では十分に分かってるって。。。
頭では分かっていても、
感情が気持ちがついていかないのに。

あと、今、処方されている睡眠薬を飲んでも、
中途覚醒が起きて、そのまま明け方まで
眠れない状況を話すと、お薬が増薬になりました。

次にカウンセリング。
カウンセラーの先生にも、
主治医の先生とだいたい同じ内容を話しました。

外出して、映画を観たり買い物できる日もあれば、
全く布団から出られない日もあるということ。

それでも、職場には7月には復帰する段取りになっているが、
これだけ、仕事のブランクがあるので、
仕事復帰が不安で怖くてたまらない事を正直に話しました。

カウンセラーの先生は、
「今の貴方の状態はまだ波があるので、
あと半月で仕事復帰は不安ですね。」

とおっしゃいながらも、いろいろ考えて、

「一応、7月に仕事復帰してみて、働けるか様子を見て、
無理なようなら、その時にまた(休む事を)考えて見ましょうか?」

とも言われました。

私自身、まだとてもフルタイムで
働く気力と体力と自信がない。
でもこれ以上休み続けていると、
今よりも更に仕事に行きづらくなる。
その事がとても、苦しくて自分の中で八方塞がり。

これだけ仕事の休みを頂きながら、現状が進まないことに
正直、自分自身に苛立ちやら無力さを感じて仕方ありません。

6月中にあと最低1回は、またカウンセリングを受けて、
その時に7月の仕事復帰について、もう一度考えましょう。
という事になりました・・・。

2008年6月10日 (火)

ザ・マジックアワー

前回の記事で暗いニュースに触れたので、
今回は明るい記事を・・・。

話題の映画
「ザ・マジックアワー」
を観に行きました。

080609_18170001ここ連日、三谷幸喜監督が うざいくらい
毎日のようにテレビで宣伝していたので、
もう気になって、気になって・・・。
それに、私、もともと三谷作品は好きだし。
結構、公開を楽しみに待っていました。

<STORY>
暗黒界の顔役・天塩幸之助(西田敏行)の
愛人・高千穂マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後登(妻夫木聡)は、
命の代償に伝説の殺し屋“デラ富樫”を探し出すハメに。
期限の5日が迫ってもデラを見つけ出せない備後は
無名の三流役者・村田大樹(佐藤浩市)を雇い、
殺し屋に仕立てあげるという苦肉の策を思いつくが……。

とにかく、面白かったです!!!

注:以下、ネタバレの要素あり!!!

舞台の港町がいつの時代か分からない様な
レトロな感じですっごく素敵!
(いかにも、作り物っぽかったけど・・・(;・∀・))

で、さすが、三谷監督!
チョイ役にも大物俳優を使ってしまうところがスゴイ!!!

私は、個人的に「佐藤浩市さん」の演技に
終始大笑いでした≧∇≦

佐藤浩市さんって、今までシリアスな二枚目の役しか観たことなかったけど、
あんなに素晴らしいコメディが出来るなんて、
ちょっとビックリでしたΣ(゚Д゚)

特に、映画の宣伝でも登場するワンシーン、
佐藤浩市演じる売れない役者が、ボス演じる西田敏行の前で
「いかにも、自分がデラ富樫だ。」と
ナイフを舐める場面っ!!!
あのシーン、映画の流れで観たら、もう最高ですよ!
お腹抱えて笑っちゃいます≧∇≦

あと、佐藤浩市さんのトランポリンのシーンも
大爆笑でした。

映画の撮影と騙されて、殺し屋を演じる
佐藤浩市さんがいつ気付くか、
ボス演じる西田敏行やその手下にいつ気付かれるか、
観ている方もハラハラしながらも、テンポも間もよくって、
2時間以上の長い映画でしたが、全然時間を感じませんでしたねー。

とにかく、佐藤浩市さんと西田敏行さんとの絡みは
最高でした!!!

私もずっと笑っていたけれど、
他の観客さんもみんな笑っていました。

あと、「寺島進さん」もいい味出してたなー。
そーいえば、「西田敏行」って「相棒」にも出てたっけ(;・∀・)

とにかく、私はこの映画で、
「佐藤浩市さん」を見る目が変わりました
もちろん、いい意味で!(;・∀・)
とにかく、彼の演技には笑わされますよ!

落ち込んだ時、元気がない時に観たら、
何か、見終わった後笑顔になれる映画です!

私の中では、今のところ
今年見た邦画で一番面白かった!

(まぁ、今年もまだ半分しか過ぎていないけど。)
本当は、「アフタースクール」も観たいんだけど、
私の住む地域では上映されていない(´・ω・`)

2008年6月 9日 (月)

通り魔事件

昨日の日曜日、信じられない事件が起きた。
人がたくさん行き来する秋葉原の歩行者天国で
無差別の通り魔事件が起きて、7名もの方が亡くなった・・・。

最近、本当に通り魔事件とか、
全く無関係の人を殺すような事件が増えているけれど、
今回の事件、ショックだった・・・。

ニュースを見てたら、涙が出てきた。

たまたま、その場にいただけなのに、
被害に遭われて亡くなられた人が気の毒で・・・。
そしてどうして、こんな事件が起きてしまうんだろうって、
思ってしまって・・・。

あと、マスコミの取材も悲しいやら、腹立たしいやら・・・。
いつも思うけど、突然、愛する子どもや配偶者を
亡くした遺族に対して、マイクを向けるなんて、
一体、どんな神経してたらそんな事が出来るんだろう?

マスコミはご遺族に「今のお気持ちは?」とか
聞いているんだろうか?
そんなの、悲しいやらショックやら怒りでいっぱいやら
どうしようもない絶望でいっぱいに決まっているじゃない!

遺族の生のインタビューを聞けて、テレビに流したら
視聴率が取れるから?
例え、事件の悲惨さを世間に知らせる為と言っても、
遺族にインタビューする神経が私には分からない。

あと今回は、事件の現場が人通りの多い「秋葉原」
ということもあって、目撃者の数も多いですよね?

目の前で人が刺されていたり、血まみれになっていたら、
普通は、ショックで立ち尽くすのが精一杯だと思う。
そんな中、一生懸命に怪我をされた方の
救助に当たった方は立派という他ない。

その一方で、事件現場を携帯とかで写真を
取りまくっていた人たちもたくさんいた。
急に目の前に有名人が現われたならとにかく、
人が大量の血を流して、亡くなっているかも知れないという
悲惨な状況下で写真を取って、
しかもその写真をコピーして配るという人たちも結構いたらしい・・・。

何の為に?
こんな事件があったと自分のブログにアップする為?
それとも、マスコミに写真を売る為?

まぁある意味、非日常的な経験をして、
あの場で写真を撮っていた人達
普通の感覚じゃなくなっていたのかも知れないけれど・・・。
(もしだけど、私があの場にいたら、
ショックで動けなくなっていたかも知れない。)

ショックと悲しみにくれる遺族に心境を聞いたり、
何の落ち度もなく、理不尽に命を奪われた被害者の方達の
プライバシーをご丁寧に流すマスコミ。
人間の嫌な部分を改めて見た気がした・・・。

あと、この事件を起こした犯人のこと。
犯人は、昨日のニュース報道で動機を
「世の中が嫌になった。」
「誰でもよかった。」

と供述していたらしい・・・。

世の中が嫌になる人なんて、
きっとこの社会、たくさんいるよ!
でも、ほとんどの人は他人に迷惑かけたりせず
に何とか生きているというのに・・・。

世の中が嫌になって、どうしようもなくなったら、
それが内に向かう人間は、自殺に走り、
それが外に向かう人間は、反社会行為に走るんだろう。

でも、いくら世の中や仕事が嫌になって、
全てに絶望したからって、
何で、自分に関係ない他人の命を奪うのか、
私は全く理解出来ない。

犯人は、あまりに卑屈になり過ぎて、
日曜日の秋葉原にいる人みんな自分よりも
幸せに感じて、疎ましく思えたんだろうか???

あと、今日、犯人が携帯の掲示板に
書込みをしていたことが分かった。その中に
「いい人を演じるのには慣れてる」
「大人には評判の良い子だった」

という記述があった。 ゾッとした。
ちょっと、私もそういうところがある子どもだったから・・・。
この犯人も実際に、子どもの頃は優等生の類だったらしい・・・。

「いい子」を演じることの危うさ・・・。
まぁ、この犯人が破綻したのはそれだけじゃないだろうけど。

あと、犯人は掲示板にこんなことも書き残していた。
「やりたいこと…殺人 夢…ワイドショー独占」
この文面にもゾッとした。
あまりにも歪んだ自己顕示欲。
どうして、そこに行き着いてしまったんだろうか?

ワイドショー等のマスコミの過熱報道。
今の日本の格差社会の弊害・・・等等

きっと、背景には色々あるんだろう。
しばらくは、テレビ等のマスコミでコメンテーターが
事件が起きた背景などを検証するだろう・・・。

私には、犯人の気持ちなんて分からないし、
とにかく、こんな事件が起きてしまう今の現実が嫌だ。

親子カラオケ

実は、ずっと気力と体力がないpinguです・・・。
ちょっと外出しただけでも、もうグッタリ・・・。

こんな状態だけど、7月から職場復帰の予定・・・。
その事を考えただけで、不安でたまりません。

色々と焦ったり、
不安になったりと八方塞がりの私・・・。

そんな私ですが、日付が変わった昨日の日曜日、
王子が前々から行きたがっていた
「カラオケ」へ。
家の2軒隣にカラオケハウスがあり、
今までに既に2回、王子とカラオケに行っている私
(;・∀・)

で、いつも最初は王子が張り切るんですよー。
最初は、子どもも大好きな「羞恥心」の歌を熱唱!

080608_15370001その後も「ドラえもん」の歌とか
アニメソングを熱唱し続ける王子。

始めは、王子が歌うのを聴いていた私も
だんだん、その気になり、
先日、ラルクのLIVEに行ってきた事もあって、
私はひたすら「ラルク」の歌を熱唱
(;・∀・)
特にLIVEで盛り上がった曲を中心に!

何か、カラオケに限らず、大きな声を出す事は
いろんなものが発散されていいですねー。

最初は王子の方がノッていたのに、
最後は、私の方がどっぷりハマって王子に
「ママー、もう帰ろうよー!」
と言われてしまう始末・・・orz

あ、ラルク以外もちょっと歌ったけど、
宇多田ヒカルの新曲(ラストフレンズの主題歌)は、
難しかった・・・_| ̄|○ 

2008年6月 6日 (金)

相棒-劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン

今日は、大学病院の検診日でした。
予約していたのに、診察まで
2時間近く待たされたーヽ(`Д´)ノ

でも、前回の採血の結果も、
今回の診察も「異常なし」
とのことだったので一安心です。

安心したところで、病院の帰りに映画を観て来ました。
「相棒-劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン」

080606_15270001 実は私、今までほとんど
テレビで放映されていた
「相棒」を観ていないんですよー。
だから、映画を観ても意味分かるかなーと
観るのを躊躇していましたが、
「テレビドラマを観ていない人にも楽しめる」
と聞いて、結局観に行きました。

あと、観に行ったもう一つの理由は・・・

ここ数週間(?)映画の宣伝の為なのか、
水谷豊をテレビで観ない日はないくらい、
水谷豊がテレビに出演していて、
結構、彼の人柄に好印象を持った事もあるかも(;・∀・)

しかも、何かの番組で水谷豊が歌っていたむかーしの歌、
「カリフォルニアコネクション」
が最近、ずっと脳内リピートされまくってしまって・・・
( ; ゚Д゚)
これは、もう映画を観に行くしかないな・・・と。

<STORY>
都内で謎の連続殺人事件が発生、その現場には不可解な記号が残されており、
さらに犯人のターゲットは3万人のランナーと15万人の大観衆でひしめき合っている
大規模なマラソン大会会場へと向けられていた。
警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)と亀山薫(寺脇康文)は
未曾有の大惨事を回避するため、頭脳と正義感で捜査を開始する。

以下、少しネタバレがあるかも・・・。

相棒のテレビドラマを観ていない私でも、十分に楽しめました。
でも、出演者で右京さんと亀山さんくらいしか知らない私は、
やっぱ、他の出演者の今までのエピソードも知っていれば、
もっともっと楽しめたかなーって思っちゃいました(汗)
何気に鑑識係の太った人(すみません、名前忘れました(´Д`;))
よかった。

実は、私が今まで積極的にテレビで「相棒」を観なかったのは、
水谷豊扮する右京さんの、あの異常なまでの冷静沈着ぶりが苦手だったので・・・。

でも映画では、そんなことを全く考えずにハラハラドキドキしました。
右京さん、かっこいいし、頭いいし。
私、ずっと右京さんはどんな時でも冷静と思ったけど、
結構熱かった!!!
あと、亀山さん、身体張っちゃっているしっ!

映画の中では、マスコミ報道の異常さとか、国の隠蔽体質とか、
今の日本の問題を現しているようで、
また色々と考えさせられました。

で、ちょっと犯人に感情移入しちゃったり・・・。
もちろん、犯罪は絶対にやってはいけないことだけど・・・。

あと、最後は泣いちゃいました・・・。

最後にちょっと質問なんですが、
木村佳乃の役は、ドラマでもレギュラーなんでしょうか?

精神年齢

「対人恐怖症」気味のpinguです。

前にも書いたように、
すごく仲のいい友達か、全く知らない人なら
大丈夫なんだけど、
中途半端にちょっと知ってる人、仕事上での知り合いの人
とはどう接していいか分かりません。

でも、子ども相手なら全然大丈夫なんですよー
(´Д`;)
日付が変わった昨日も、王子のお友達と
すっごく楽しくお話したし・・・・

って、オマエは、
精神年齢「小学2年生」と同レベルかっ!

と自分でもツッコミ入れたくなりますが・・・(´Д`;)

何か、大人相手だと身構えちゃうんですが、
子ども相手だと、同じ目線で話せるんですよ・・・

って、私は一体、ナニモノ?
本当に心は子どものまんまジャネ?
と自分でも思いますが・・・。
それって、かなりヤバいよね( ; ゚Д゚)

見た目も童顔で子どもっぽい私ですが、
どうも声も子どもっぽいらしいです。

少し前にセールスの電話がかかってきた時に
電話の相手に「お母さんは家にいる?」
って聞かれましたもん( ; ゚Д゚)
で、「お母さんはまだ帰ってきていません」
って答えた私ですが・・・(;・∀・)

それ以上に、精神年齢が子どものまま
止まってしまったようです・・・。
同じことでグルグル悩んで、全然成長していないし・・・。

先日家の中を片付けていたら、
すっごい昔(高校時代)に書いた日記を見つけて、
今も、あの時と悩み変わってないじゃんって
自分が成長していないことに愕然としましたもん・・・。

あ、話は子どもの事に戻って・・・。

生意気な事を言う子どもも多いですが、
基本、子どもって純粋で可愛いですよね。
自分の子どもはもちろん、他の子どもも。
みんな、真っ直ぐに成長してくれたらいいな。

でも、この私はもうちょっと、
精神的に成長しないとなぁ・・・・。

2008年6月 4日 (水)

最高の人生の見つけ方

映画界の大御所であるジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが共演し、
余命6ヶ月という残された人生をどう生きるか
という内容の

「最高の人生の見つけ方」
という前から観たかった映画を観てきました。

329594_150x150_001<STORY>
仕事に人生をささげた大富豪エドワード(ジャック・ニコルソン)と、
家族のために地道に働いてきたカーター(モーガン・フリーマン)は、
入院先の病室で知りあった。
共に余命は6か月。
やりたいことをすべてやり尽くそうと決意し、
無謀にも病院を脱出。“やりたいことリスト”を手に、
さまざまなことに挑戦する。

“やりたいことリスト”って
「BUCKET LIST(棺おけリスト)」
って言うんですね。
原題も「THE BUCKET LIST」らしいので、
私は邦題よりも原題の方がしっくり来るんですが、
まぁ「棺おけリスト」ってタイトルもね・・・。


感想は・・・・・

さすがは、大物俳優!!!
ジャックニコルソンもモーガンフリーマンも
すっごくよかったですっ!!!

共に余命6ヶ月の末期ガンで同じ病室に入院するんですが、
最初の入院の場面は、私自身の入院の事も思い出して
ちょっと、きつかったです・・・。
(私は末期ではないけれど・・・。)

でも、全く正反対の生き方をしてきた二人は次第に意気投合し、
「やりたいことリスト」を書き出して、
本当に無謀にもそれを実行する。

何か、生きること、死ぬ事について、
色々と考えさせられましたね。
人間はいつかは誰でも人生の終わりを迎えるけれど、
その人生の終わりをどう迎えるか・・・。

私も、ハッキリと余命の告知を受けたら、
ツライ治療は受けないで、
最期は好きなことをして過ごしたいと思いました。

そして、改めて人生が終わりに近付いて、振り返った時に
後悔はしたくないなとも思いましたね。

あと、例の「棺おけリスト」には、いろいろと
死ぬまでに実行したいことが書いてあるんですが、
最初は何気なく見ていたそのリストの内容が
ある意味伏線となって、感動のラストに続いていくんです。

「死」がテーマではあるのですが、
「生きること、人生」がテーマでもあり、

悲しいシーンもあったけれど、
見終わった後は、悲しい涙じゃなくて、
何だか、あたたかい気持ちになりました。

そういえば、この映画を観て、昔観た
「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」

という映画を思い出しました。
(知っている人いるかな?あれもいい映画です。)

2008年6月 3日 (火)

親友

L'Arc~en~Cielの東京ドームLIVE参戦の為に、
1泊2日のハードスケジュールで東京へ行ったpinguです。

LIVEの事は、先日の記事でクドいくらいに書いたので、
もう書きませんが(多分・・・。)
ちょっと、私、今
「燃え尽き症候群」
みたい・・・。゚(゚´Д`゚)゚。
LIVEで演奏していた曲(特にレア曲中心に)をずっと聴いて
パンフレット眺めてボーっと過ごしています。

でも、この短い東京滞在中の収穫は
ラルクのLIVEだけではありませんでした。

LIVEの翌日の6月1日、高校時代の友達に逢いました。
彼女は、結婚して関東に住んでいるので、
年に1回会えるか会えないかなんですが、
他人になかなか心を開けない私が
心を開ける本当に数少ない友達のひとりです。

高校時代も将来の進路のこと、恋愛のことなど
いろいろと話をしあった仲ですが、
物理的な距離(住んでいる場所)は離れても、
彼女との絆はどんどん強くなっているように感じるんです。

今回も会って話をしたのは、3時間くらいだけど、
本当に時間があっという間に感じるくらいたくさんお話しました。

何か、私ばっかりずっとしゃべってたな・・・( ; ゚Д゚)
なのに、私の話をずっと真剣に聞いてくれて、
本当に私の事を気遣ってくれた。

私は、今、自分が抱えている悩みを彼女に話せたことで
だいぶ、楽になれた気がします。
彼女には本当に感謝しています。

前にも書いたけれど、私は
「対人恐怖症」の傾向があって、
誰ともすぐに仲良くなれる性格ではありません。
友達も多い方ではないです。

でも、「いつも殻に閉じこもっている私」
「いつも仮面を被って本当の自分をさらけ出せない私」でも、
何でも相談できる彼女の様な友達がいてくれたら、
これからも何とか、生きていける気がするんです。

なかなか、面と向かっては照れちゃって言えないけど、
「本当にありがとう。」

2008年6月 1日 (日)

TOUR 2008 L'7~Trans ASIA via PARIS

L'Arc~en~Cielの世界ツアー
「TOUR 2008 L'7~Trans ASIA via PARIS」

このpingu、実は5月31日に参戦して参りました
(;・∀・)
あ、5月31日からは日本公演です。
5月31日、6月1日、3日・・・東京ドーム
6月7日、8日・・・大阪 京セラドーム

で、急遽、31日のLIVEのチケットが手に入ったので
諦めていた今回のツアー、参戦出来ましたっ!!!

548

31日の東京は寒かったー(´Д`;)
あ、pinguって、がんと鬱で療養中でしょ?
って思われるかも知れませんが・・・。
確かに、参戦する直前まであまり心身ともに
調子は良くなかったんです。正直なところ。。。

でも、皆さんご存知のとおり、
ラルクは、このツアーが終わったら
「2011年までラルクとしてのLIVEは行わない。」
らしいので、この私、2011年まで元気でいられる保障なんて
100%ないし、というか、
人間誰だって3年後も元気でいられる保障は
100%はないわけで・・・。

後になって、「あの時のLIVE、行けばよかった(涙)」って
後悔だけはしたくないので、
1泊2日の強行スケジュールで東京まで行きましたよ。

でも、LIVE本当に本当に最高でした!!!
私は31日の一日のみの参戦だったけれど、
多分、LIVEではあまりやらないような曲をやっていました!

例えば・・・
アルバム「REAL」収録の「TIME SLIP」とか、
「THE NEPENTHES」
とか
アルバム「HEART」収録の「LORELEY」とか!
もう「LORELEY」なんて、hydeのサックスも聴けたし!!!
この歌を生でhydeが歌っているのを初めて聴きながら、
ボロボロ泣いちゃいました・・・。
あと、「AWAKE」収録の「My Dear」
私、LIVEでは初めて聴きました!
これも泣けたー。゚(゚´Д`゚)゚。
「forbidden lover」も、ただただ聴きながら涙が出ちゃって・・・。
(6月1日のLIVEでは、hydeは「forbidden lover」を
歌いながら涙を流していたらしいですね・・・。)

あと、泣ける歌じゃないのに私、弾けながらも泣いちゃったり・・・。
例えば、「Pretty Girl」なんて、すっごく明るくてノリが良くて
泣ける歌じゃないのに、
仕事で落ち込んだ帰りに、
車でこの曲を聴いて元気になった記憶が蘇って涙が出たり、
ラルクのLIVEでノレる定番曲「READY STEADY GO」
転勤先の慣れない土地で、
この歌の歌詞に元気付けられた事を思い出してまたまた泣けたり、
誰もが知っている「Drivers High」なんて、
私自身、拳振り上げてジャンプしているのに、
「来世でまた会おうー♪」の歌詞に
にまた涙したり・・・( ; ゚Д゚)

あと、シングル曲でCMにも使われた
「MY HEART DRAWS A DREAM」
の歌詞にある
「夢を描くよー♪」
の部分を東京ドームの約5万人の観客が
みんなで合唱したんですよ!!!
その光景にもう私、ひとりで大号泣・・・。
こう書きながらも、昨日の事を思い出してまた涙腺が・・・。

ファンでも何でもない人がこれを聞いたら
「さぶっ!」
って思うかも知れないけれど、
実際にあの場に居合わせたら、感動で鳥肌ものですよっ!!!

私は、一塁側のスタンド席1階の20段目だったんですが、
「パンクアンシエル」
の時は例の如く、アリーナ後方のサブステージにみんな移動して、
ちゃーんとメンバー見られました!

やっぱり、hyde・・・
超、かっこいいっ!!!

しかも、「Link」の間奏のメンバー紹介の時に
「メイドさんになって下さい」ってアナウンスの人に言われて、
hyde、照れながらも・・・
「おかえりなさい、ご主人様♪
お風呂にしますか?ご飯にしますか?
そ・れ・と・も・以上!」
←これ、hydeが実際に言った!
それを聴いた観客の反応ったらもう・・・(ry

hydeって、あの年齢であのかっこかわいさ・・・。
あの方は、本当に人間ですか???

hydeは、歌が上手いというよりも(もちろん上手いですが)
本当に素敵な表現者だなー
改めて思いました。

ラストの「星空」も本当によかった!

(そういえば、6月1日のLIVEでは、
「sell my soul」歌ったそうですね!この曲も聴きたかったな。)

3年後の2011年に20周年LIVEがあるとしても、
もしかしたら、私、参戦出来るか分からない。
けれど、何年後でも、いつかまた絶対に彼らのLIVEに行きたい!

CDで歌を聴くのも、DVDでLIVE映像観るのもいいけれど、
やっぱりLIVEが一番だよ!!!

何度も書くけど、本当に参戦出来てよかった!
ラルクのLIVEは、私の心の財産です。

いつか、私が息絶える時に、きっと
「冥土の土産」になるよ・・・。きっと・・・。
(超大袈裟www)

また長文でスミマセン・・・。

私ったら、ラルクのLIVE話になると、
急にイタい人になっちゃうんで( ; ゚Д゚)
最後までイタい記事読んでくれた方、
本当にありがとうございますっ!

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム