アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

« 家族の肖像 | トップページ | キサラギ »

2007年8月18日 (土)

人間失格

太宰治の代表作品
「人間失格」
という小説が今、爆発的に売れているとの事。

理由は、「DEATH NOTE」の作画を担当した漫画家
「小畑健」氏が表紙カバーを描いたからだって。

51npova7zsl_aa240_

←ちなみにこれが表紙。
何だか、デスノの主人公「夜神月」のような
少年が不敵な笑みを浮かべていますが・・・。
ていうか、これ「夜神月」まんまじゃね?

おそらく、小畑氏は小説「人間失格」の
このくだりを読んで、表紙を描いたのでは・・・。

「私は、その男の写真を三葉、見たことがある。
(中略)とにかく、おそろしく美貌の学生である。
しかし、これもまた、不思議にも生きている人間の感じはしなかった。
学生服を着て、胸のポケットから白いハンカチをのぞかせ、
籐椅子に腰掛けて足を組み、やはり、笑っている。
血の重さ、といおうか、生命の渋さともいおうか、
そのような充実感は少しもなく、鳥のようではなく、
羽毛のように軽く、ただ、白紙一枚、そうして笑っている。
つまり、一から十まで作り物の感じなのである。」

うーん、確かにこの描写には当てはまるな。
この表紙カバーの絵。

でも、この表紙カバーの少年はまさに「夜神月」のように腹黒く、
狡賢さを感じさせるけれど、
「人間失格」の主人公は、決して、腹黒くはないと思う・・・。

私、pinguが初めて小説「人間失格」を読んだのは
高校生の頃。

ちょうど年齢的に「人間の本質」
に迫るような本が読みたい時期だったけれど、
あまりにも主人公の「負のオーラ」に飲み込まれそうで、
読んだ後は、しばらく変な感じだった記憶がある。

この「人間失格」は、作者の太宰治の自叙伝とよく言われている。
主人公の「葉蔵」と太宰治の半生がそっくりだし。

太宰治は、長い「遺書」のつもりでこれを書いていたのだろうか?

私自身もこの小説の主人公と太宰治を、
どうしても重ねて読んでしまう。

そして、自分自身にも
似ている部分があることに気付いて愕然とする。

例えば、幼少期から少年期の主人公は、
常に大人や周囲の顔色を伺っては、恐れ、「道化者」と
自分を偽ることで、その不安、恐れから逃れようとする。

そこら辺の心情が分かり過ぎて読んでいて痛い。
「これは、pingu、オマエ自身でもあるんだぞ。」
と突きつけられているようで。

でも大人になるにつれて、主人公はどんどんと堕落への道を進む。

誰も信じられず、自分自身さえ信じられず、
適当にごまかすことも出来なくなり、
堕落し、女に、酒に溺れていく。

今の私は、まだかろうじて
世間的には堕落はしていない・・・つもり。
でも、一歩、間違えば、この主人公のようになる要素を多分に持っている。

まぁ、この主人公は不幸にも
女にもて過ぎたのが災いしたんだけど。
(その点、私はダイジョウブ?)

主人公「葉蔵」は、同棲していた女に
「あなたを見ていると、たいていの女のひとは、
何かしてあげたくて、たまらなくなる。」

と言わしめる。

キターーー!!!!!
母性本能に訴えて、女を惚れさせる男。
ある意味、今で言う究極の
「だめんず」

でも、いつの時代もそういう男に女は弱い。
かくいう、pinguも本質的にそういう男に惚れやすい(汗)

そして、主人公は女と(時にはゆきずりの女と)
心中未遂を繰り返す。

でも、思う。
主人公は、本気で女を愛した事などなかったと。

本気で愛したら、「一緒に死のう。」
ではなく、
「一緒に生きよう。」
と思うのではないか?

私は思う。
この主人公は、というよりも、
太宰治は、常に「かまってちゃん」で、

痛烈な自己否定をしながらも、
実は自分が大好きだったのではないか?
と。

最期は、女と入水自殺をしてこの世を去った太宰治ですが、
一説では、いざ死ぬ時になって、
躊躇した後があったとか、なかったとか。

文学好きにとって、「太宰治」という人間は、
好きか嫌いか、すごく評価が分かれそうだが、
私は好きだ。

一時期、(高校時代からしばらく)太宰治に自己投影して、
怖くて、太宰治が嫌いな時期があった。

でも、大人になった今、読み返して、

「太宰治ってすごく、人間臭いや。
下手に偽善ぶって正義感かざしている人間よりも好きだな。」

と素直に思える自分がいる。

しかし、私って・・・
デスノの作者の表紙カバーに釣られて、
まんまと集○社の思うツボにハマった訳だ。
なんていう、単純というか、ミーハーというか・・・。

でも、「人間失格」とデスノ作者の作画のコラボって、
めっちゃ、私適にツボなんだもん(;・∀・)

« 家族の肖像 | トップページ | キサラギ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間失格:

« 家族の肖像 | トップページ | キサラギ »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム