アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

健康診断

火曜日なのに残業して、
明日からの体力が持つか心配なpinguです(;・∀・)

ところで昨日の事ですが、
職場の健康診断を受けました。

そこで、久々に同期の子と再会。

「pinguさんじゃない?!
なんか、若返ってるよー。」

と言われ、内心まんざらでもない私。
そんな浮かれ気分に拍車をかけるように・・・・。

体重を計ったら、
去年よりすっごく痩せてきている!!!!!

もう、笑いをかみ殺すのに精一杯な私
(;・∀・)
ま、最近ストレスとか、胃腸炎で
まともにご飯が食べられなかったせいかも・・・。

しかし、昨日あたりから胃の調子がよくなったら、
またチキンとか食べまくって、
リバウンドの予感・・・。
(いや、予感じゃなくて絶対にするって!)

しかし、喜びもつかの間・・・。

血圧を計ったら、
上が約98、下が57って・・・。
超低血圧・・・orz

いや、低血圧なのか自分でも知っていたけれど、
まさか、上が100台を切るとは・・・。
だから、朝起きられないのね・・・。
と妙に自分で納得(;・∀・)

でも、一番ショックだったのは診察で

「甲状腺肥大」

と診断され、ちゃんと病院を受診するようにと勧められたこと
(゚Д゚;)

こ、甲状腺肥大???
ネットで調べてもいまいちピンと来ない・・・。
なんか、バセドウ病とか、最悪甲状腺癌とか・・・
(゚Д゚;)

ちなみにこんなサイトを見つけた・・・。
「甲状腺の病気とは」
私がいつもだるいのはこのせいなのか???

医療に詳しい方、是非、
「甲状腺肥大」について教えてくださいませっ!!!

後日出る、血液検査の結果も気になるな。。。 
去年、おととしと
血小板の数が少ないと
結果がでたもの・・・。

ま、人間ってなにかがないと、
なかなか健康のありがたみって感じないものですよね・・・。

2007年7月30日 (月)

お泊り会

この前の土日ですが、
王子の通う学童保育で、
「お泊り会」
がありました。

その名のとおり、学童保育に通う子ども達が
学童の建物内で一泊するという企画です。

「ママー、ママはホタル見たことある???」
どうやら、そのお泊り会のメインイベントは、
日没後の公園に行って、探検をするらしい・・・。
王子はそれがとっても楽しみみたい。

日程は、午後3時に学童保育に集合。
少し遊んで、4時にはおやつ(カキ氷)
で、夕ご飯の餃子をみんなで作って、
楽しい夕ご飯。
その後、歩いて近くの公園に行って、
夜の探検をして、
帰ってきて、お風呂に入って、上級生は映写を見て
就寝という日程らしい。

私は家の近くという理由だけでなく、
この学童保育が気に入っています。

先日も他県で無認可保育園で言葉では表せない悲惨な事故がありましたが、
(二度とこんな悲惨な事故、起きてほしくないです・・・。)
王子は今まで、何回も保育園、幼稚園と通いましたが、
いい園に恵まれていたように思います。

学童保育も最初は不安でしたが、
今では学校よりもたくさんのお友達が出来たみたい。

しかし・・・
最初は王子がいない間に自分の好きな事、いっぱいしよっと思って、

映画観たり、買い物したり、マッサージしたりと
普段なかなか出来ないことをやってのけたのですが、

なんか、物足りない・・・・。

王子のいない我が家なんて我が家じゃないっ!

「王子、もう寝たかな?」
と私は、王子の事が気になって仕方なかったです。

でも翌朝、とっても元気な声で

「ただいま♪」
と帰ってきた王子を見て、心底安心しました。

とっても楽しかったみたいで、
また夏休みの楽しい思い出が出来たね。

2007年7月29日 (日)

ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール ディアルガVSパルキアVSダークライ

昨日の「ハリーポッター」に引き続き、
今日も映画を見てきましたよー。
「ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール ディアルガVSパルキアVSダークライ」

070729_16400001  もちろん、今回はひとりではありませんよ(汗)

王子と映画デートです♪

実は王子、6歳11ヶ月にして
人生はじめての映画なのです!


070729_16450001

映画が始まる前の王子の様子。

映画館の中に入るのもはじめてで、
「大きいんだねー。テレビも大きいね♪」
とビックリしていました。

あのー、それってテレビじゃなくて、
スクリーンなんですが・・・。

一応、映画を見るうえでの最低限のマナーは教えておきました。
しゃべらない。席を立たない。

一応、ストーリーの内容。
神と呼ばれるポケモン・ディアルガとパルキアによる
史上空前のバトルが展開するほか、
幻のポケモン“ダークライ”が初めてスクリーンに登場する。

この映画、声優陣に結構俳優さん、女優さんが参加しているんですよ。
加藤ローサとか、山本耕史とか、しょこたんとか・・・。
しかし・・・。

加藤ローサ、重要な役の声を担当していたんだけど、
ちょっとぉ、これってどうよ?
って感じでした・・・。

あと、声優陣のなかにあの、大御所「石坂浩二」
の名前があるではないですかΣ(゚Д゚)
え!あの石坂浩二が?
博士か教授(それは、白い巨塔か)役なの?
と思っていたら・・・。
幻のポケモン“ダークライ”役・・・。
あの大御所が、ポケモン役???
ちょっと、仕事選べよぉ

と思っていましたが・・・。

石坂浩二、さすがぁって思いましたね(;・∀・)

石坂浩二が声を担当した「幻のポケモン、ダークライ」は、
物語の終盤まで、悪のポケモンとばかり思っていたのですが、
実は、GJ!なポケモンだったのですよ!
(あ、これってネタばれ?)

しかし、「ダークライ」が「出て行けー!」と言った時、
白い巨塔(唐沢編)の東教授(知ってる人は知っている)
を思い出したのは、私だけでしょうね・・・(;・∀・)

でも、まさか、「ポケモン」で涙ぐんでしまうとは・・・
( ; ゚Д゚)

一方の王子はと言うと、

最初は興奮して、私に話しかけて「静かに!」
と言われていましたが、途中から一生懸命に観てました。

終わって映画館を出た後、王子に感想を聞こうとしたら、
一目散にトイレへ・・・。

どうやら、最後は必死にトイレを我慢していたらしい・・・
(;・∀・)
あらためて感想を聞くと

「面白かったけど、長かった!」

まぁね、1時間45分、休憩なしは、
6歳には長かっただろうね・・・。

 

ハリーポッターと不死鳥の騎士団

ようやく観る事が出来ましたっ!
20070412009fl00009viewrsz150x 「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」

自称ポッタリアンの私は、
原作も読んで、映画も4作まで観て来ました。

この5作目の「不死鳥の騎士団」は、原作自体がダークで
約2年前に原作を読み終えて、
ハリーの感情が私の中に入り込んで、
一週間鬱になってしまった事のある作品です・・・。

ま、かいつまんで言えば、

闇の帝王ヴォルデモートが完全に復活し、
ハリー達は闇の勢力と戦う秘密結社「不死鳥の騎士団」 と共に
自らも「ダンブルドア軍団」を結成するが・・・
といった内容。

感想はネタばれを含むので続きに書きます。

続きを読む "ハリーポッターと不死鳥の騎士団" »

2007年7月26日 (木)

夏の憂鬱

このタイトル、前も使ったかも?(デジャブ?)

長い夏休みに突入した世の学生ども
超ウラヤマシイpinguです。
でも、うちは共働き家庭なので、
王子は、朝から夕方まで「学童保育」だけど・・・。
でも、王子は楽しそうにやっています。

さて、私ですが・・・
月曜日にブログを書いて以来、3日間空けていましたが、
ココログのメンテナンスもあったんですが、
(その間にコメントを下さった方々すみませんm(__)m)

月曜日の夜あたりから、
胃が痛くてものが食べられなくなりました(涙)

胃の痛みは昨日ピークに・・・。

さすがに市販の胃薬では効かなくなったので、病院にいくと

先週、高熱を出した時のウィルスが胃腸に来たらしい・・・。

ま、簡単に言えば

「胃腸炎」
という診断を付けられて、昨日は久々に点滴しました。

でも、なんせな私。

点滴は実は好きなのです。
なんか、全身にすみわたる清々しさ・・・。

でも、ものが食べられない(少しは食べてるけど)のは、
正直、人生の楽しみの半分を失った気分です。・゚・(ノД`)

そんなわけで元気が出ない私。

元気がないから、抵抗力が落ちてウィルスの侵入を
たやすく許してしまうのか???

+αで、また瞼のけいれんの再発・・・
。・゚・(ノД`)

「病は気から」
と言うし、まずはココロが元気にならないとなぁ・・・。
しかし、ここにきて、また
睡眠障害も再燃。
先週、病院に行けなかったので、お薬もない状態・・・。
寝苦しい夜に眠れないプラス早く目が覚めてつらいよ。

胃の痛みと不眠と夏バテで、
正直、かなり心身ともに参ってます・・・。

2007年7月23日 (月)

相談相手

月曜日の仕事は、とってもブルーで、
精神だけじゃなくて、体調も悪くなった。
胃が痛くて、ご飯が食べられない・・・。

心身共に病んでいるなぁ。私・・・。

家に帰っても、王子のだじゃれとかポケモンの話に
笑顔で返してあげられない・・・。

何か、せめて王子の前では笑っていたいのに、
それも出来ない自分が情けなくて・・・。

とにかく、
仕事で心身共に消耗し過ぎてしまう。
このままじゃ、もっと私は病んでしまいそうだ。

王子に聞いてみた。

「ねぇ、王子はママがずっとお仕事していた方がいいと思う?
お仕事しないで、もっと王子と遊ぶ時間増やしてもらいたいって
思うことある?」

小1になに聞いてるんだ?私
( ; ゚Д゚)

すると、王子の答えは意外なものだった。

「ママはお仕事、頑張った方がいいと思う。」

「どうして?」と聞くと

「だって、ボクも学校や学童保育で頑張っているから、
その間、ママもお仕事頑張ってほしい。」

。・゚・(ノД`)

正直、もっと遊んでほしいからお仕事辞めて。
と言うと思った。
あまりにも大人な答えに私はビックリして声が出なかった。

その後に続く言葉がまた、大人というか・・・。

「あとママがお仕事しなくなったら、お金が少なくなる。」
Σ(゚Д゚)

一瞬、私はこう聞いた。

「お金って、誰かが言っていたの?」
だって、王子がそんな事自分で考えるとは思いもしなかったから・・・。

すると、
「ううん。」

あの、王子、まだ6歳ですよ!
来月には、7歳になるけれど。

普段は、ウルトラマンとか、ポケモンの事しか言わない王子が
こんな事を考えるなんて・・・。

これじゃ、私は頑張らざるを得ないじゃない。

まぁ、仕事を今すぐ辞めるという事ではないんですけど、
ちょっと、疲れたのも事実だったので。。。

これじゃ、まだまだ仕事辞めるわけにはいかないな
(;・∀・)

そうだよね。
6歳の王子が、学校や学童保育で頑張っているのに、
私が頑張らないでどーするんだって話ですね。

もう、王子が100倍逞しく思えた私は、
仕事の愚痴じゃなくて、いろんな話をした。

「ママ、元気ないと思う?」
「うん。」
「いつから?」
「このお家に来て、しばらくしてからそう思った。」

「ごめんね。本当はもっと王子といっぱい遊びたいの。
でも、ママね、今、お仕事の事とかで元気でなくて
いっぱい遊べなくてごめんね。」

すると、王子はすべて見通している顔で
「うん。」と頷いた。

一人っ子な王子。
ひとりでこんな弱っちいお母さんの相手って
不憫に思えてきた・・・。

本当は、弟か妹もほしいだろう。
でも、そんなこと全然言わない。

「ねぇ、王子。弟か妹いたらいいと思う?」
すると、王子はこう言った。

「この前ね、夢見たよ。妹がいる夢(゚∀゚)」
。・゚・(ノД`)
イキイキしながら話す王子に胸が痛くなった。
本当は王子の為にも、弟妹がいた方がよかっただろう。

でも、もう配偶者と仮面夫婦そのものになってしまった今、
それは、もう100%無理なんだ・・・。
実態はもう夫婦とは言えない、ただの同居人だし・・・。

配偶者よりもずっと、頼りになる王子。

「ねぇ、王子がもっとお兄ちゃんになったら、
ママを助けてね。」
と、どさくさに紛れて、王子に甘えたら、
王子は、「うん。」って返事した。

そういえば、今日で終業式だった王子。

通知表は?
と思ったら・・・

今日、気付いた。

王子の小学校は
2学期制なのだ・・・。

その事に今まで気付かなかった私っていったい・・・orz

2007年7月22日 (日)

再会

21日の土曜日の出来事です。

私が今年の3月まで一緒に仕事をした
「仲間たち」
と再会を果たす事が出来ました。

前の職場で私の後任の子の結婚式が
私の住んでいる市で会ったようで、
結婚式の後に大好きな人たちに会う事が出来ました。

今年、3月まで一緒に仕事をしてきた上司、後輩。
仕事仲間であるにも関わらず、
私が一番自分らしくいられた人たち。

その人たちがどれだけ私にとって大切な存在だったかを書いた記事のひとつ。
「お誕生会」(←今年3月の私の記事です。)

確かにゆるい部分もあったかも知れないけれど、
それでも、みんな仕事を真剣にやっていたし、
素晴らしい女性上司のもと、
課のチームワークも最高だった。

本当に仲間であり、私にとっては同士だった。

4月になって仕事環境が変わって、
3月までの環境のあまりの違いに、
「適応障害」っぽくなった私。

だから、当時の上司から
「21日に会いましょうという」というメールが来た時は、
うれしくてたまらなかったのと同時に
会うのが怖い気持ちもあった。

きっとみんなに会ったら、
私はあの頃に戻りたくてたまらない
気持ちを抑えきれなくなる・・・。

時間よりも少し遅れての再会。

「pinguさんっ!!!元気そうね!
よかった!!!」

まるで、何年ぶりかに会う母親のように
(実際に実の母親以上の存在だった。)
私を見る、当時の上司の姿を見て、
私も満面の笑みだった。うれしかった。
でも、心の中で叫んだのも事実。

(本当は、皆さんと離れてから
私は、ずっと元気じゃなかったです・・・。)

でもそんなこと、言えるわけもなく・・・。

4ヶ月半ぶりの再会は、私をあっという間に
幸せだった当時に戻してくれた。

もと上司は私の隣で何回も言っていた。
「pinguさんに会えて本当によかった!」
と。
大好きな後輩たちも変わらなかった。
でも楽しい時間はあっという間に過ぎて行った。

どうしてだろう?
再会できて、すごくうれしかったのに、
幸せだったのに、

あれからひとりになると、泣いてばかりいる。
さっきもお風呂の中でずっと泣いて、
王子には泣き顔を見られないように必死だったし、

家族が寝て、ひとりになった今は、
ずっと昨日の事を思い出して、
泣きながらキーボードを打っている。

私が家族よりも誰よりも私らしくいられた人たち。
その人たちと一緒に仕事が出来た日々は私の心の宝物。

そんな経験が出来ただけでも私は幸せで、
それがもう過去であったとしても、
私はもう前を向いて生きていかないといけないのに、
過去にしがみついている・・・。

また、あの人たちと一緒に仕事がしたい。
同じ空間を過ごしたい。
でも、それはもう叶わないから・・・。

もう二度と戻らない日々を想って、
再会出来た喜びと、
もうあの頃には戻れない切なさで胸が痛い・・・。

「また会いましょうね。」
そう言って私たちは別れた。

きっと・・・
また、会えるよね?

まだ、涙が止まらない・・・。

2007年7月21日 (土)

ソラニン

「ソラニン」
というマンガを読んだ。

先週、行った本屋でたまたま目について、
お店の人の「お奨めコメント」に惹かれて買ったんだけど、
読み終えて、買ってよかった。
21z4zfaxtbl

<STORY>
大学を卒業して1年が過ぎ、OA機器メーカーのOL・井上芽衣子は
あることを実感するようになっていた。
「わたしは社会人には向いていない」。
とはいえ、自分に特別な才能がないと自覚してしまった今となっては、
もはや人生のレールを外れる勇気もないというのが現実。
多少辛くても、頑張ってつつましく生きていくしかないのだと、
彼女は今日も会社へ向かうのだったが・・・。
芽衣子の恋人・種田はバンド活動と会社の両立に苦しみ、
他のバンドメンバーもそれぞれ大学や仕事との間で悩み苦しむ。
そんな彼らの日常と葛藤を巧みに描いている。

簡単に言えば、
大学というぬるま湯から飛び出して社会に出た若者の
悩み、葛藤を描いた作品。

自分がしたいのはいったい何か?
自分は本当に幸せ?

こんな悩みに直面した事がある人なら、
多かれ、少なかれ共感出来る作品だと思う。

私にとっては、
痛いくらいだった・・・。

・・・って、私、社会に出てもう何年も経って、
子どももいるのに、社会人2年目のモラトリアムな若者に
共感しまくりってもしかして、ヤバい???

もしかして、私は全然大人になりきれていない?
でも、だからこそこのマンガに共感するのかも。

生きる事にともなって生じる
痛みや悲しみ、葛藤を
作者はまだ若いのに、サラッと描いています。

「俺は幸せだ。
本当に?」


と、
自分に泣きながら問いかける種田を見るたびに
心が苦しくなる私です。

この「ソラニン」映画化するそうです。
配役とかどうなるんだろう?
著しくイメージが損なわれないといいんだけど・・・。

2007年7月20日 (金)

ブルーな金曜日

今日、仕事でまた理不尽なクレーム電話を受けた。
電話の相手は、私よりも100倍も口が達者で、
私は電話口で見えない相手に押されっぱなしだった。

結局は、上司に代わってもらったけれど・・・。

そして一度、習ったはずの仕事をミスった。

クレーム先に向いていたイライラが
無能な自分自身に向かった。
自分が嫌で自分に呆れて仕方なかった・・・。

極め付けが、
金曜の勤務時間が終わった後の会議。
苦痛だった・・・。

退社して車を運転しながら何とも言えないくらいに
心が曇ってきて、気分転換に何か買い物しようと思った。

でも気持ちが凹み過ぎて、
結局は何の購買意欲も沸かなかった。

みんなそうだと思うけど、仕事って大変だな・・・。

慣れないと言っても、もう今の仕事に就いて、
3ヶ月半なんだから、いつまでも甘えてなんかいられない。

でも私は仕事を始めてから、本格的に鬱状態になり、
精神的に不安定になっている。
これは今に限った事じゃなくて、
社会人になりたての頃からのこと。

それでも、ここまでなんとかやってきたんだ。
今、投げ出すわけにはいかない。

でも、どこかで仕事のストレスを発散しないとな・・・。

新人で、まだ子どももいない頃は
カラオケ行ったり、映画観に行ったり、
それなりにストレス解消していたけれど、
私も今は一応、人の親なわけで・・・。

今は王子が癒しになってくれているけれど、
本音の本音は、子育ても正直、
ツライなと思う時もなくはない。

そんな鬱積したやり場のない思いを
ネットに吐き出すしか、今の私には術がない。

配偶者?あぁ、同居人のことか・・・。
今夜は飲み会だってさ。
でも正直、ホッとしている自分がいる。
そこに愛はあるのかい?
もし、あればもっと私は
イキイキしていただろうね・・・。

私、なにしてるんだろう?
私、何の為に生きているんだろう?
私の目標はなんだろう?
私は今、しあわせ?

何度、自問自答しても
答えの出ない迷路の中にいる。

本当は、食べていけるだけのお金があるだけ、
癒してくれる子どもがいるだけ
幸せなのに・・・。

それなのに、
どうしてこんなに虚しいんだろう?

こうやって、日々が過ぎていく。

私よりも心身ともに大変な人は
世の中に数え切れないほどたくさんいる。

明日の食べるものにとりあえず苦労はしない
日本という平和(本当に平和かどうかは微妙だけど)
な国に住んでいるというのに、

どうして、私はいつも不安で虚しいんだろう?

2007年7月19日 (木)

わるいこと

今日、学童保育から王子を迎えて家に帰ってくるなり、
王子がなんの前触れもなく
「ごめんなさいっ!!!」
と謝ってきた。

状況をまったく飲み込めない私は
???
だったが、
学校の担任の先生からの連絡ノートで真相判明。

なんでも、
「小学校の近くで道路に向かって石を投げて遊んでいる
一年生らしき児童を見かける。
危ないので、気をつけてほしい。」

という地域住民からの苦情が学校側に届き、
調べたら・・・・・

なんと、
うちの王子とその友達というではないか!!!

ΣΣ(゚д゚lll)

担任の先生からは、
「○○くんがお友達と
道路で石を投げて遊んでいるそうです。
人や車にあたると非常に危険です。
本人は十分に反省しているようですが、
まだ、お家の方には言っていないとのことなので、
ご家庭でも十分に話し合って下さい。」


頭ごなしに叱るよりも、ここは石を投げて人や車に
あたったらどうなるかと冷静に王子に話をした。

王子は終始、泣きそうな顔でうつむいて
時々、うなづいていた。

私は正直、ショックだった。
例え、まだ1年生でも自分が何かをしたら、
その結果、どうなるか少しは理解できる子と思っていた。

つい、友達と一緒で
調子にのってしまったのかもしれない。

でも、調子にのってしまったからでは
済まないことも多々ある。

たとえば、あくまで例えですが、
「万引き」とかも、友達がやっていて、
自分も調子にのって、ついやってしまったでは
全く、理由にならない。

高学年になって、そんなことがないように
今で

「わるいこと」
については、しっかりと教えなくちゃな・・・
としみじみと思った・・・。

「根はいい子」でも
子どもは、つきあう友達とかちょっとしたことで
すぐに方向が変わってしまう事がある。

この子はもう、保育園児でも幼稚園児でもない。

もう少し、私もしっかりしないとな・・・。

人の親って難しいな。

ひとりの人間を育てるって、それこそ
仕事より、ずっとずっと難しいな。

夢なんかみない

目が醒めた後、
夢はただの夢だと気付いて、
虚しくなった。

だったら、もう
最初から
夢なんて見ない。

2007年7月18日 (水)

病み上がり

金曜日から私を襲った微熱は、
ずっと37℃~37,5℃を行ったり、来たりしてたけれど、
日曜日の夜に40度近い高熱
にはね上がってしまったので、
翌日の月曜日は、病院へ。
・・・といっても「海の日」で祝日なので、
一般の病院は開いておらず、救急病院へ行くはめに・・・。

すると、
なんと診察に2時間待ち・・・orz。

高熱と頭痛で他の風邪症状はなかったので、
いろんな検査をしたけれど、結局どの検査もマイナスで
熱さましだけをもらって帰ってきた。

せっかくの貴重な連休だというのに、
ずっと病人で寝てばかりいた私。

世の中は昨日から動き始めていたけれど、
昨日も熱がひかない私は一日仕事を休んで、
かかりつけの内科へ。

なんらかの感染症でしょうということで、
風邪薬プラス抗生物質を処方される。

こんなに熱が続いたのって、何年ぶりだろう?

一瞬は、本当に「私、入院するかも?」
って思ったくらいだもの(大袈裟www)

でも、
熱があると人間ってなんの気力もなくなるね。

もともと無気力な私だけど、
好きな本も読めず、好きな音楽すら聴く気になれず、
まるで、冬眠した動物のように横になるだけだった・・・。

思考は、どんどん悪い方向に考えて、
夜中に急に悲しくなったり、
不安になったりして泣いたりして・・・。

私が唯一、続けられるこのブログすら
書く気力が全く出なかった・・・。

結局私は世間様よりも多く連休をいただいて、
(と言っても、ずっと寝ていたけれど)
今日から、仕事に復帰した。

まだ、完全には本調子じゃないけれど。
まだ、身体もだるいし、
薬の影響ですごく眠いけれど。

それでも、今日から私はまた
自分の存在証明の為にここに想いを綴る。

心身ともに弱すぎる私だけど、
これからも、弱い自分を見つめて生きていきたい。

そういえば・・・

今日、4日ぶりくらいにお化粧したけれど・・・

病み上がりってこんなにも

お化粧のノリが悪いものなの???

2007年7月15日 (日)

微熱

「台風一過」って言葉を昔は
「台風一家」と勘違いして、
「どんな家族やねんっ!」
とひとりで心の中で突っ込んでいたpinguです。

それは、どうでもいいんですが・・・
台風が近付いていた時は低気圧の影響で
頭が痛かったのですが、
台風が去った今でも、体調がすぐれません。

37℃前半の微熱がかれこれ、2日以上続いています。
食欲もありません。

だけど、風邪症状の
鼻水、咳、くしゃみとかはないんです。

でも、休日なので病院も開いていないので、
市販の風邪薬を飲んで、ずっとおでこに
「熱さまシート」を貼って過ごしています。

「微熱」について、ネットで検索すると、

風邪はもちろんの事、他には
「妊娠初期がどーたら・・・」とかありましたが、
それは、私はマジで100%ないと断言できるので(汗)
ほかの症状を探すと、一番多いのが

ストレス・・・。

今の時代、何でもかんでもストレスが原因なのか?

でも、心当たりはあり過ぎる程ある。

4月に今の仕事に変わって、家も変わって
大きく環境が変わってから、私は未だに
新しい環境に慣れずにいる。
もちろん、慣れようと努力はしているんだけど・・・。

何かのせいにするのはよくないけれど、
今の環境になってから、
私はあまりいい事がない気がする。
(だったら、自分でよくするように努力せいっ!って
怒られますね・・・。)

家庭でも・・・・
もちろん、王子はかわいい。
だけど・・・。

でも、なんだろう?
私は何かを無理やり心の奥にしまい込んで、
心を押し殺して、
無意識のうちにストレスを溜め込んでいる気がする。

正直なところ、
仕事と家庭がストレス・・・。

でも、この二つからは逃れる事なんて
出来ないじゃない・・・。

世の中の多くの人たちもそういう人ってきっと
たくさんいるんだろうな。

自分の心の中に溜め込まないで、
上手にストレス発散しないと、
いつか私は本当に壊れてしまうかも知れない。

私の今の本音・・・。

何かが足りない。
満たされない。
虚しい。
寂しい。

それって、
単なる我がままだと分かってるけれど・・・。

明日は連休最終日。
微熱も治って少しでも元気になれたらいいのにな・・・。

2007年7月14日 (土)

台風4号

7月としては、過去10年で最大級の
「台風4号」
が日本上陸です。

実は、私は台風が上陸するところに住んでいます。

私の住んでいる家(アパート)は、
幸いにも、被害はなかったのですが、
ニュースを見ると、
電柱が倒れていたり、
信号が壊れたり、
車が横転したり、
川が氾濫していたりと、
本当に怖いです。

風雨も本当に強くて、自然の猛威をまざまざと
感じましたね。

ところで、私は低気圧になると、頭痛をはじめとした
身体の不調をあちこちに感じる人間です。

今日も一日、頭は痛いし、身体中が痛くて
心身ともに辛かったです・・・。

でも、私は全然幸せですよね・・・。

今回の台風は今から、九州、近畿、東海へと進みそうですが、
こんなに強力な台風だと、どんなに未然に台風対策をしても、
必ず、いろんな被害が出ます。

死者やけが人が出ない事を祈るのはもちろんなんですが、
身体は無事でも、
やっと建てたマイホームが壊れたり、
もうすぐ収穫の農作物が壊滅状態というニュースを聞くのは辛いです。

お家が壊れたニュースを聞くと、
「やっと念願のお家を作ったのに、もしかしたらローン組んで作ったお家かも
知れないのに、それが一瞬のうちに壊れてしまうなんて・・・。」
と思ったり、

農作物が壊滅状態というニュースを聞くと、
「農家の人たちにとっては、死活問題だよね・・・。
やっと丹精込めて作った農作物なのに・・・。
この人たちの生活、大丈夫なのかな?
サラリーマンには分からない苦労がたくさんあるんだろうな。」

とか思っちゃう・・・。

一生懸命に築きあげたものが、
一瞬で壊れてしまうのは、あまりにも儚くて、悲しい。

でも、台風などの自然災害は誰も悪くないだけに、
被害を受けても、どこにその怒りや悲しみをぶつけていいのか
わからないだろうな・・・。

今から、この台風は本格的に日本列島を北上します。
台風の進路に住む方は、どうかお気をつけて下さいね。

私は、あんまり身体が痛いので、さっき熱を計ったら
37,5℃だった。

これは、早く寝るべき?

明日返さないといけないけれど、
まだ見ていない映画のDVDがあるんだけどな・・・。
(アニメじゃないよっ!!!)

2007年7月13日 (金)

さよなら絶望先生

「絶望した!」

すぐに世の中に絶望するpinguですが、
上の台詞はpinguの言葉ではありません。

つい、最近まで一生懸命読んでいたコミック
「さよなら絶望先生」の主人公
「糸色望先生」の口癖です。
31p6w2058gl

何で、「絶望先生」なのかというと、
苗字が糸色(いとしきと読む)
名が「望」だから・・・。

ほら・・・くっつけて読むと「糸色望」
もう、生まれもって「絶望」と生きていく
定めの先生なのです(;・∀・)

本当に、その名に恥じない(?)くらいすぐに絶望する
超ネガティブ人間。
(そんなネガティブ人間が高校教師をしているのも不思議ですが・・・)

で、絶望先生は世の中の不条理にことごとく絶望して、
何度も自殺未遂を試みたりする。

なのに、生徒が助けようと逆に間違って首を絞めちゃったら
「死んだらどーする?」

ま、生徒曰く
「先生は心の弱い大人」で、
究極の「かまってチャン」なんです。

もうね、私ね、「絶望先生」に

シンパシー感じまくり!!!!!

「絶望」を感じるツボがおんなじなんだもの・・・・。
「心が弱い大人」なところも同じだし、
「かまってチャン」なところも一緒。

で、なんといっても
メガネに品のある和装姿。

何気に
「萌えキャラ」

なんですもの・・・・。
(結局は、そこかいwww)

あと「絶望先生」のキャラだけでなく、作者の自虐センスも
超共感www
シュール過ぎる、毒を含んだ笑い。
そして、「分かる!分かる!」と頷きたくなる
時事ネタが満載。

この作者さんと私って、すっごく似てるんじゃね?
ってか、超気が合う気がする・・・。
(って私が勝手に思い込んでいるだけだが・・・。)

欲を言えば、舞台となる高校は共学なのに、
登場人物は圧倒的に女子生徒が多い事
(;・∀・)
もっと、かっこいい男子生徒だし(ry・・・

そういえば、最近からアニメ化されたそうですね。
しかーし、

私の住んでいる地域では、アニメ放送されていない・・・orz

アニメが放送されない地域に住んでいることに

「絶望したっ!!!」

2007年7月11日 (水)

個人面談

今日は、王子の学校で
「個人面談」
なるものがありました。

正直、こんな「面談」というのは、
<子どもが受験生になってから>
と勝手に思い込んでいたので、
「え?まだ小1なのに?」
と一瞬だけびっくりしましたが、
私も王子の学校での様子が知りたかったので、
いい機会でした。

まず学習面から。
担任の先生曰く、
文字の読み書きや計算が正確で早い。
とのこと。

さすが、
私のDNAを受け継いでいるだけの事はあるわー。

(;・∀・)

読書もとっても好きで、
休み時間も学校の図書館で借りてきた本を
一人で読んでいるらしい。

また、お絵かきも好きで、これまた
休み時間に一人で絵を描いているとの事。

ひとりか・・・。

前に、私が
「学校では休み時間に何してるの?」
と聞いたら
「ひとりで本読んだり、絵を描いているよ!(゜∀゜)」

と平然と答えていたので、
「お友達とは遊ばないの?ひとりで寂しくない?」
と聞いたら、
「ううん。」という返事。

私だったら、休み時間にひとりって苦痛だけどな・・・。
(少なくとも、私の学生時代はそうだったけど・・・。)

担任の先生も、気になったようで
「○○くん、休み時間はお友達とお外で遊んできていいんだよ。」

と声を掛けたそうですが、逆に王子に
「なんで?」と言わんばかりの( ゚Д゚)?
という顔をされたらしい・・・。

良くも悪くもマイペースな王子( ; ゚Д゚)

で、生活面はというと、

「与えられた事はきちんとするが、
逆に指示されないと何をしていいか分からずにボーっとしている。」

ΣΣ(゚д゚lll)!!

例えば、給食当番の時とかに自分の役割がよく分からなくて
ぼけーっとつっ立っている事が多いらしい( ; ゚Д゚)

やっぱり、私のDNAを受け継いでいるわ・・・orz

私も仕事で自分の役割が分からずに
オロオロする事、未だに多いもの(゚Д゚;)

良くも悪くもやっぱり、私そっくりだわさ。
外見だけじゃなく、中身も・・・。

ただひとつの違いは、私は絵を描くのが苦手なのに、
王子は絵を描くのが好きということ。

070711_15110001

教室の後ろに貼られていた、
「運動会の絵」

欠点は少しずつ直しながら、
好きな事はどんどん
伸ばしていってあげたいな。

こんな事を思いながら、
学校からの帰りに一緒にスーパーへ行ったら、
レジ待ちの時に、突然

「おっぱい!」
って言いやがった(゚Д゚;)

私とそっくりな王子だけど、
私は、そんな品性に欠ける言葉は公衆の面前では言わないぞ!
ヽ(`Д´)ノ
 

2007年7月 9日 (月)

頭痛

月曜日は、何かにとりつかれたように
絶不調なpinguです。

何とか、仕事には行きましたが、
仕事中、すっごく
頭が痛くなった・・・・。

半分はやさしさで出来ているバ○ァリンも
私にはやさしくないので、
最近は、イ○に乗り換えたのですが、
どの頭痛薬も私には、やさしくしてくれないようです
(´Д`;)

マジで、頭がギューっと締め付けられる痛み。
これ、「緊張型頭痛」
っていうんだけど、
私、常にこの頭痛と付き合っているんだわ・・・。
本当は、付き合いたくなんてないのに。・゚・(ノД`)

特に首筋から後頭部が締め付けられるようです・・・。

正直仕事もきつかったけれど、
王子の病気でしょっちゅう休んでいるので、
何とか定時までは頑張りましたが・・・。

この頭痛って、原因はぶっちゃけ
ストレス
なんだよね・・・。

ストレスを取り除かないと、治らないってわけか・・・。

私は、他人が何とも思わない事も緊張したり、
ストレスに感じたりするからな・・・。

今も、いろんなことで悩んだり・・・。

でも、来月はいろいろと気分転換する予定です。
それで、私の鬱積したものが晴れるといいな。

2007年7月 8日 (日)

鉄コン筋クリート~DVD

私がずっと待ち望んでいたアニメの映画がようやくDVD化されたので、
即、Amazonで購入しちゃいました。

「鉄コン筋クリート」

51dagkj5kl_aa240__1 本当に本当に大好きなお話なんです!!!

実は今年の1月頃に原作コミックは読んでいて、
その時も原作に対する感想をブログで
あつーく語っていました(汗)↓
「鉄コン筋クリート(当時の私の記事)」

原作の感想でもあらすじは書いているのですが、再度おさらい。
<STORY>
義理と人情とヤクザの「地獄」の街<宝町>を根城に
自由に飛び回る「ネコ」=2人の少年「クロ」と「シロ」。
二人は支えあいながら生きていくが、
宝町には「ネズミ」と呼ばれるヤクザ等の介入により、
<再開発>という名目の暴力と退廃が押し寄せる。
彼らは変わりゆく宝町で、生き抜く事が出来るのか?

原作の絵は、正直きれいではないんですが、
(多少、グロさもある。)
映画化されたこのアニメは、とにかく、絵がキレイでした。
で、あの「クロ」と「シロ」に命が吹き込まれ、その声を
「クロ」=二宮和也。「シロ」=蒼井優
が担当していたんですが、本当によくもまぁ、
あの原作のイメージどおりにやってくれた!と感激しました。
特に「シロ」の声を演じた「蒼井優」
あの可憐な女優さんが、
完璧に「シロ」という少年になり切っていましたね。

あらすじにも書いたとおり、舞台の「宝町」は、
無国籍で、混沌としていて、退廃しつつあって、
そんな街でまだ小学生くらいの少年達が保護者もなく、
互いに支えあって、時に暴力を生きる糧にしている様は、
正直、今の日本では想像つかないです。
でも、どこかよその国では本当にありそうだけど・・・。

「クロ」は、力では誰にも負けない。
誰よりも強いけれど、
でも実は誰よりも脆く弱い部分を持っている。

「シロ」は、「クロ」に支えられて守られているだけの
弱い子に見えるけれど、
でも実は誰よりも純粋で強い部分を持っている。

強さと脆さ。
絶望と希望。

人間が誰でも持っている相反する二つの部分を
「クロ」と「シロ」は、併せ持つ。

互いが互いを支えることによって、生きてきた二人だったが、
ある事件で二人が引き離されることにより、
その心のバランスは脆くも崩れる。

壊れたのは、実は強いはずの「クロ」だった。
そして物語の後半で、
「イタチ」という名の闇の存在が出現する。

実は「イタチ」は、「クロ」のもうひとつの闇の人格で、
「クロ」を執拗に闇の世界に引き込もうとする。

「偽善など捨て去れ。
闇の中にこそ、真実がある。」と。
「クロ」が相反する二つの人格と戦う場面は少し抽象的でしたが、
その部分は私は凄く引き込まれ、
哲学的な匂いさえ感じました。

「クロ」がもうひとりの闇の人格との戦いの果てに見つけたもの。
そこに全てのこたえがある気がしました。

このお話には、好きな台詞もたくさんあります。

「悪口とか言ってるとね、心のここんとこ、
カサカサになるんだもん。」

(byシロの台詞)

「誕生こそ、消滅の始まりなのだよ。」
(byヤクザのネズミの台詞・・・ここは、涙もの。)

混沌と退廃と虚無の世界の中で少年が見つけた
ひとつの希望と真実。

とにかく私は、このお話に出会えてよかった。
「クロ」と「シロ」に出会えてよかった。

 

つかの間の至福

070708_14410001

ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

パフェなんてかれこれ、
1年以上食べてなかったお!!!!!

ちょwww
ギザ、オイシスwww
(注:しょこたんのブログではありません
( ; ゚Д゚))

もちろん、王子と私で半分こ♪

なんか、いつものpinguのブログと
趣きが異なりますが、

ちょっと、気を抜くと、
「ブルーマンデー症候群」
が襲ってくるので、ちょっと無理矢理
テンションあげてみました(´Д`;)

はっ!!!Σ(゚Д゚)
これでは、痩せないではないか・・・・。

2007年7月 7日 (土)

07年7月7日

今日って考えたらスゴイ日ですね。
7年7月7日って、こうもが続くと
なんか、すっごく「いいこと」
起こりそうな気がしてましたが、
(ちなみに今日はウルトラセブンがメトロン星人と
歴史的和解をしたそうです。
ま、どーでもいいですが・・・。)

今日の私は一日中、
アレルギー性鼻炎に悩まされて、
年に一度の織姫と彦星の逢瀬に想いを馳せる余裕も
なかったです( ; ゚Д゚)

本当に、私の周りにだけ季節はずれのスギ花粉が
大量に舞い降りてきたようで、
非常に涙目な一日でした・・・。

そうだよねー。
今日は、七夕だったんだよねー。

お願い事かぁぁ・・・。(遠い目)

なんかここ最近、無気力で
ときめきや感動を!
と思って、本とか買っても
本を読む気力すらない・・・。
(マンガは読んでいるけど( ; ゚Д゚))

願いかぁ・・・。

もちろん、人が願いをもつ事は素晴らしい事だし、
その願いを生きる糧に出来ると思うけれど、

今の私は、
願いを持つことが怖い気がする。
かといって、
願いも何もない人生なんてつまらない・・・。

という非常に
矛盾した想いの中で生きている。

ちなみに、まだ真っ白な心の王子の
今年の願い事は・・・。

「一輪車に乗れますように!」

( ; ゚Д゚)
ちょwwwまww

王子ぃ・・・
この前の運動会で上級生が華麗に
一輪車に乗っているのを見て、
憧れたんだろうけど・・・

たしか、君は

まだ、
自転車にも乗れないんだよ(´Д`;)

2007年7月 6日 (金)

回復

昨日の記事で王子が

「急性扁桃腺炎」

で、40℃の熱を出した
と書きました。

が、今朝になると、37,2℃。
本当に
微熱
と呼ぶにふさわしい熱でしたが、元気だったので、
登校させました。

保健室からの呼び出し覚悟で
(;´Д`)

でも、今日一日、私の携帯は
一度もラルクの着うたを鳴らすことなく無事に終わりました。

子どもの回復力って驚異的
Σ(゚Д゚)


でも、元気になってよかったぁぁ・・・。

こうやって、
病気に対する抵抗力をつけていってもらいたいなぁ。

それに反して、
私は、毎日疲れてる(;´Д`)
ユンケル飲んでも、ゼナを飲んでも、
もはや気休めにしか過ぎない(´Д`;)

本当は、もっとブログに書きたい事あるんだけどな。
最近、読んだマンガの事とか・・・(゚Д゚;)
(この歳にして、オタク街道まっしぐらな私・・・( ; ゚Д゚))

ダメだ・・・orz
今夜は疲れて、これ以上書けません・・・。

金曜日の夜なのに、ビールを飲む気力すらナッシング。

はっ!(゚Д゚)
明日は、07年7月7日じゃありませんか?
皆さん、明日までに何かお願い事考えておかないと!

 

2007年7月 5日 (木)

40℃

昨日の水曜日の事ですが、
いつものように、夕方に仕事を終えて、
王子を学童保育に迎えに行くと、
王子の様子がいつもと変・・・。

明らかに元気がない・・・。

家に着くと、
「おなかが痛い」

と訴え、熱を計ると38,5℃。

熱はどんどんと上がり始め、しまいには
40℃。

いくら、王子の熱には慣れているとはいえ、
さすがに40℃はきつい・・・。

その時は既に夜だったので、
近所の救急病院に連れて行った。

私としては、熱の方が気になっていたのだが、
お医者さんは(明らかに私より若い研修医だった。。。
腹痛ばかり診て、

「こんなにおなかが痛がるのは便がたまっているからでしょう。」
と言い、なんと・・・
かんちょ(以下、略)することに・・・。
(お食事中の方がいたらゴメンなさいm(__)m)
それでもおなかの痛みは治らない・・・。

なんか、やたら検査ばかりで時間は過ぎていき、

結局、その夜は熱さましの座薬をもらって帰ってきたけれど、

夜の9時に診察に行って、家に着いたのが夜中の1時・・・
(;´Д`)

王子は病院で寝てしまったが、私はなんか非常に疲れたぞ・・・。

今朝になっても熱は38℃の前半だったので、
王子は学校を休ませて、私も一日仕事を休んだ。

本当は今日は、仕事忙しい日だったけれど、
仕事は誰かが変われても、
王子の母親を代われる人はいないから・・・。

昨日の救急では、心もとなかったので、
再び、かかりつけの病院に行った。

すると、診断は

「急性扁桃腺炎」
とのこと。
扁桃腺炎は、突然40℃を超える熱が出ることも珍しくない。

午後になると王子も元気になったけれど、
扁桃腺炎に罹るのってこれで何回目だ?

気管支炎になったり、扁桃腺炎になったり、
もうすぐ7歳になるのに、どうして王子はこんなによく
熱を出すんだろう?

こんなによく熱を出すのなら、
扁桃腺の手術とかした方がいいのかな?

なんか、私もぐったりして
午後は気が抜けたように眠ってしまった。

病弱な子ども。
同じく、体力のない私。
心から頼れる人もいない中、
私はこれからも、今の仕事(フルタイム勤務)を
続けられるんだろうか?

この前のミスを取り戻すべく、
仕事を頑張ろうと思った矢先の王子の病気。

私、精神的に強くならないといけないって分かっているけれど、
正直、またちょっと弱気になりそう・・・。

 

2007年7月 3日 (火)

大失敗

今日は、仕事で月に2~3回ほどまわって来る
窓口当番。

これが、また私には憂鬱な仕事で、
窓口当番の前の日は、必ずと言っていいほど眠れない
(;´Д`)

午前中は、特にミスもなく終わったんだけど、

問題は午後3時頃発生した・・・。

詳しく思い出すのもつらいし、
あまりにも私のバカっぷりをここに書くのもつらいので、
詳しいミスの内容は書けませんが、

とにかく、ミスを知った瞬間は
顔面蒼白・・・・。

「どうしよう・・・。
お客さんに迷惑掛けて、
上司や同僚にも迷惑かけちゃう・・・。」


本当に泣き出したい気持ちだった。
でも、泣いて解決するわけじゃないし、
もちろん、泣きませんでしたが・・・。

何とか、
他の同僚の機転で事なきを得ましたが、

また、自信喪失です・・・。

退社までお礼とお詫びを言うだけで、
まともに同僚も顔も見ることが出来ず、

家に帰っても、
「今、考えたら、何であの時に
あんな判断をしてしまったんだろう?」
ととにかく、振り返っては反省する事しきり。。。

まぁ、大したことにはならなかったので、
これから同じミスはしないように気をつければいいと
気持ちを切り替えられればいいんだけど・・・。

今度こそ、私の無能さが全職員に
露呈されてしまったという恥ずかしさと、

あんな判断ミスをしてしまった自分自身への
怒りにも似た気持ち・・・。

それでも、明日も明後日も仕事は続く。
この大失敗の事を忘れずに、でも、

明日から、また気持ちを切り替えていきたい。

生き抜く

とにかく、大人になったら、
仕事に子育てに追われて、
子育てだけでも悩みは多いのに、
ここに来て、仕事の悩みも増えつつある。

でも、仕事で悩んだり、
大変な思いをしているのは私だけじゃない。

仕事をしている人はみんな大変な思いを抱えながら、
時には身体や心を蝕まれながらも、
それでも生活のために、身を削って働いている。

きっと、わたしなんてまだまだ甘い方だと思う。

私なんて、散々、
このブログで弱音吐きまくっているもん・・・。

仕事で頑張っている人、
頑張り過ぎて、身体を壊している人。

どうか、無理しないで。

生活のための仕事とはいえ、
それで心身を壊したら、それこそ
本末転倒と思う。


と、言う私も・・・・・

明日の仕事がイヤでこの時間になっても
まだネットに逃げているんだけど・・・・
(;´Д`)

2007年7月 1日 (日)

運動会

全国的にまだ梅雨空の中、
今日は、王子の通う小学校の
「運動会」
でした。

全国的にお天気悪いのですが、
私の住んでいる所は、運動会日和でした。

王子、明らかに
いつもとテンション違う・・・。

で、当日にも関わらず、
玄関を出て、いきなり
ズテッ!!!!
と転ぶ始末・・・orz

オイオイ・・・・
今日が本番なのに、かけっことか大丈夫かよぉ。
(;´Д`)

この転倒で、王子のテンションも急降下_| ̄|○

テンション下がった王子の顔( ; ゚Д゚) ↓
070701_08080001でも、普通に歩いているし、まぁ大丈夫でしょ・・・。
と王子を集合場所に行かせて、
私は応援の場所取り。

ちなみに王子たち1年生が出場する競技は、
全校生徒が開会式と閉会式で行う体操と、

かけっこと玉いれ。

プログラムどおり運動会は始まり、親達は競って、
我が子を写真やビデオカメラに収めようと必死。

070701_09000001

しかしだ、学年ごとにゼッケンの色は違うけれど、
みんな同じ体育着に帽子なんだもん・・・。
なかなか、王子を探せない( ; ゚Д゚)

あ、いた!
決め手は、靴よりも、


( ゚Д゚)ポカーンとあいているお口(;・∀・)
実は王子は、いつも口があいている・・・。

(だから、すぐ体調崩すんだよな・・・。)

開会式が終わって、1年生最初の競技のかけっこ。

070701_09550001

右から2番目が王子・・・
ってわかんないか。
けっこう、接戦だったんだけど、
ゴールしてみると・・・・



ビリ・・・・・( ; ゚Д゚)

でも、ゴール瞬間の表情は、
ビリながらも
すごくいい表情だった。

だが、ゴールの決定的瞬間は、肉眼で見たかったので、
写真は撮れなかった(´・ω・`)
かけっこが終わった王子の表情。
070701_10040001

ちょっと、苦笑い???
でも、「頑張ったね」
と側に行って声を掛けたら
ニコッとしていました。

で、次の競技は玉いれ。
一回戦は、各自赤と白の玉を持って、かごに入れて、
2回戦はとにかく、時間まで玉をかごに入れ続ける形式らしい。
070701_10250001

玉いれ競技直前の王子の表情。
で、玉いれ競技開始っ!!!
070701_110000010001

なんか、王子、
かごに入れきれなかったっぽい・・・。

この玉いれは、クラス対抗なのですが、
(といっても、3クラスしかない・・・。)

まず、一回戦が終了して、結果発表。
ちなみに王子は、1年2組。

1位・・・3組さんっ!

わーいヽ(´ー`)ノ!!!とはしゃぐ3組の子たち。

2位・・・・1組さんっ
わーいヽ(´ー`)ノ!!!

3位・・・・2組さんっ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
2組、ガッカリ・・・・_| ̄|○

気を取り直して、2回戦。

1位・・・・・1組さん!
ヽ(´ー`)ノ

2位・・・・・3組さん!
ヽ(´ー`)ノ

3位・・・・2組さんっ!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

またかよっ!

この2組だけに漂う空気が何故か、私はおかしくなって
笑ってしまった( ; ゚Д゚)

でも、2組さんも頑張ってたよーーー!!!

玉いれが終わると、あとは上級生の騎馬戦とか
フォークダンスなどの競技。

王子は、私のところに来て、

「お弁当まだぁぁーーー。」

そう、運動会と言えば、子どもにとって一番の楽しみは
お弁当。

やっとお弁当タイムになったけれど、

私、確実に
場所取りを間違えたっぽい・・・。

超暑いし、砂ぼこりがぁ・・・orz
来年は、もっと日陰に場所を取るもんっ!

午後は、上級生のリレー。

で、最後は全校生徒による
「めざまし体操」(←めざましテレビでおなじみの)

全ての日程が終了したのは、午後2時半くらい。

王子、かけっこはビリだったけれど、
クラス対抗の玉いれも2組はビリだったけれど、

でも、すべてが終わったその表情は
やり遂げた満足気な表情でホッとしました。


しかし・・・・・・・・
私はというと・・・・・

あまりの暑さに
(日焼け止め塗りたくって、帽子も目深にかぶっていたけど)

熱中症寸前になった・・・orz

約束

日付が変わった昨日の土曜日。
本来は、週休2日で小学校もお休みなのですが、

実は翌日(今日ね)、王子の小学校で
「運動会」
が行われるので、そのリハーサルの為、
王子は登校しました。

いつもの平日なら、
授業が終わったら王子は学童保育に行くのですが、
今日は、土曜日ということもあり、
お昼前には下校とのこと。

「帰りは一人で帰れる?」
と聞くと、不安そうな王子。

本当は、学童保育に行く途中で友だちと家の前まで来た事もあり、
一人で帰れない訳ではないのです。

実は、小学校と家は歩いて5分ちょいの距離だし
(;・∀・)

でも、やっぱりまだ一年生だし、
一人で帰すのは私も不安だったので、

「じゃあ、授業が終わる時間に迎えに行くね。」
と王子と約束しました。

でも、授業が終わって下校する時間がいまいち
ハッキリしなかったのです。
ランドセルの中を見ても、
下校時間について記載されているプリントなかったし。

で、学校に電話してみると、
「一年生は12時30分に終わります。」
との返事だったので、

私も「12時過ぎに家を出ればいいか。」
と思って、12時15分頃に家を出ようとすると、

「ピンポーン」
と玄関の呼び鈴の音。

と同時にもの凄い勢いで
「ドンドンドン!!!!!」
とドアを叩く音。

すぐに王子と分かりました。

「え?12時半に終わるのでは・・・。」
と思いつつ、ドアを開けると、
そこには、息を切らして、
必死に何かをこらえている王子が立っていました。

「ご、ごめん・・・。
こんなに早く帰ってくると思わなかった・・・。」

でも、私が何を言っても、
王子にとっては言い訳にしか聞こえないだろう。

すると、必死にこらえていた感情が爆発したかのように
王子は玄関先で泣き出した。

(王子の名誉の為にも書きますが、最近はほとんど
泣くことなどなかった。決して泣き虫な子じゃない。)

「ごめんね。」
私は、ただ謝って彼を抱き締める事しか出来なかった。

しばらくすると、王子はいつもの元気を取り戻したが、
泣いた理由を聞いたら、
一人で帰ることが不安だったことじゃなくて、
迎えに来ると約束した私が来ていなかった事が
悲しかったとのこと・・・。

私は、王子との約束を破ってしまった・・・。
たとえ、行き違いだったとしても・・・。

(私、電話の12時30分と10分を聞き間違えたのだろうか?
でも、もっと早く家を出ればよかった・・。)

つらかった。

でも、私よりも王子の方が
頼れる母親に約束を破られたという思いで
ずっとずっとつらかったのだろう・・・。

こういうことが積み重なって、
穢れのない真っ白な王子のこころに
大人に対する不信感が生まれないように
これから気をつけなくては・・・。

ちなみに昨日の土曜日の学校からの宿題は

「運動会の前なので、いっぱい寝ること」

今日の王子の涙を忘れずに
私も運動会に備えて、もう寝なくちゃ・・・。

月がきれいな夜

070630_20460001携帯で撮ったので、
あんまりきれいじゃないや
(;・∀・)

私は、「月」を見るのが好きです。

太陽よりも月が好き。
いや、太陽も好きだし、
太陽の光りがないと、生きる全てのものは
生きていけないけれど。

今の私には、太陽はあまりに眩し過ぎる。

闇に光る月の方が好き。

月には、なんか不思議な魔力みたいなものを
感じる。

そして、月はなんでもお見通しのような気がする。

私が隠し続けている弱さも、
月は見通している気がする。

それでも、月を見ていると不思議と心が落ち着くんだ。


離れていても、
同じ月を見ていたいな。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム