アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

« 焦り | トップページ | I'll never forget you »

2007年3月26日 (月)

愛についての考察

明日からの1週間、本当に頑張らないといけないのに
夜中、眠れない。

眠れない夜は、余計な事ばかり考える。

私という人間は、見た目と反して、
内面はかなり屈折していて
(ブログを読んでいる方はご存知と思いますが)
時々、とことん自分を痛めつける事によってでしか、
自分自身の存在を確かめることが出来ない。

本当に自虐的な人間。
(くだけて言えば、ドMとも言う・・・。)

そんな私は、私を愛しているんだろうか?

自分の存在をなかなか好きになれない。
子どもの頃からそうだった。

その理由が大人になってから、おぼろげなく解かった。

親との関係。
子どもの私は、親にとって「いい子」じゃないと、
愛されなかった。認めてもらえなかった。

「いい子」じゃないと、愛されない。
ありのままの私だと、愛されない。

そんな不安を常に抱えて、私は生きてきた。

大人になった今も私は
ありのままの私に自信が持てなくて、
常に仮面をかぶっていた。

そんな私は、もしかしたら、
自分自身も、他人のことも
心の底からは愛せない人間なのかもしれない。


だけど、王子の事は愛してる。

王子への愛だけは、真実だと思いたい。

でも、私が子どもの事に感じた思いを
王子には味あわせたくないと、
少し、溺愛し過ぎかもしれない。

私は、愛し方も解からない。

愛って、一体なんだ?

人気blogランキングへ

« 焦り | トップページ | I'll never forget you »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

すごく似ています。だからこそ、前からこさせていただいて、たまに書き込みさせていただいちゃっているのかもしれません。
かたや、もっと大きな学生の女子の子供持ちなのですが・・・(^^;)
やはりね、いままでのいろんなことで、やはり、子供溺愛型?になっちゃったかもしれません。でも、自分でこれは子供に注ぎすぎ?ってたまに拍車をかける、その気持ちがあれば、大丈夫な様な気がします。
私自信、幼い頃の親とのやりとりというよりは・・・一方的な親の押し付けにあれくらい幼い子は普通耐えうることなどできるか?という程の思い出がどっと押し寄せてることがあったりするんです。 そんなキツイことは我が子にはしない。子供の気持ちもわかりたい。離れて否定ばかり言う親でなく、子供に近くありたい・・・。 しかし、それはかまいすぎということか? で、今はできるだけ子供と時間的距離を置く状態にしてたりしますが。。。 やはり、春・夏・冬休みに彼女がお休みだと家にいられるわけで、時間あるたびついつい構ってしまいます。 ま、そのうち子供は段々と時間かけながらもどうしても自立していってしまうから、今はいいかぁ(^^;)ってとこです。

そう。自分を等身大で受けとめて、
その等身大の自分を認めてやるって
難しいですよね。
だいたい、誰なら等身大の自己評価してるんだか
外からはさっぱりわかりませんしね。

ただ、自己否定が強いのは、自分でもわかってたし
pinguさんと同じように、そこでひっかかって
子どもとの距離がべたべたしすぎるんじゃないか、
旦那との関係も安定しないんじゃないかと思って
相談サイトに行ってみたり、カウンセリング受けたり
しました。
相性によっては、ひどい経験するだけで、納得できなくて
傷つけられただけで終わったりしました。
でも、案外合うな〜という方に出会って、いろんな手法で
自分を客観視する訓練をうけながら、
旦那の不実も欠点も事実として受け入れられるようになって、
その上で、自分のために、自分の責任で、
道を選びとれるようになった気がします。
ある程度誰でも、子育てに自分の子ども時代の癒しを
求めるところはある。
けれど、子どもを癒しにつかい過ぎてはいけないって
自分を癒すのは別に自分でやらなきゃって
そこも発見でしたね。
なので、自分の感性に目をむけて、自分の好きなもの
いっぱい楽しんだりしてます。
自分の行動でよくできたこと1日一つ書いておくとか、
改善すればもっと得するかもなポイント
(悪いとこではない)を日記で整理したりとか。
ゆっくりでいいから、自分を等身大で認める訓練に
着手できるといいですよね。

お久しぶりです。
私も身近な人や、自分自身が中々好きになれません;

自分の存在がどうしようもなく許せなくなることがあります。

でも、pinguさんってそんなに悪いことしてますか?

どの日記を見ても、pinguさんが悪いとは思えません。

そんなに自分を責めないでほしいです。

いつも王子君の事を第一に考えているし、
頑張りやなお母さんなのに。。。


あたしもM。笑

親との関係が、未だに上手に築けてなぃょ。
だから多分、男性に対しての接し方とか、見方とか、
すごくすごく偏ってるんだと思う。

でもさ。
 
いぃじゃんソレ。ダメ?
 
それも一つの個性であって、pinguちゃんやあたしを
作る一つの要素じゃなぃ?
 
愛なんて人それぞれで、人がいればその分だけ愛の形?や
想ぃはいろいろで。

アイシテル。王子を力いっぱぃ愛してる。
 
それでいぃんじゃなぃの?
 
あたしは落ちてるpinguちゃんも、明るぃpinguちゃんも
好きだけどな。
人間って不安定に出来てるょね。とっても不完全。
だから、誰かと一緒にいることを選んだり、何かに
すがったりするんだょ、きっと。

nijiさん、コメントありがとうございます。
>「一方的な親の押し付けにあれくらい幼い子は普通耐えうることなどできるか?という程の思い出がどっと押し寄せてることがあったりするんです。」
これ、私の幼少期そのものです。
今でも、親の側では緊張します。
>「そんなキツイことは我が子にはしない。子供の気持ちもわかりたい。離れて否定ばかり言う親でなく、子供に近くありたい・・・。 」
ここも私と全く同じですね。でも、どうか子どもは将来、自立したひとりの人間であったほしいです。

朝霧さん、コメントありがとうございます。
本当に朝霧さんのコメント一字一句に納得です。
>「子どもを癒しにつかい過ぎてはいけないって
自分を癒すのは別に自分でやらなきゃ」
本当にそのとおりですよね。
納得です。
>「自分を等身大で認める訓練」
これって、私の当面の課題です。

はるさめさん、コメントありがとうございます。
来てくださって本当にうれしいです。
私、ここに書けない様な悪い事していますよー。
って犯罪はしていませんが・・・。
なんでだろう?母親から常に
「お前は親不孝者の極悪人」って言われた事がトラウマになって、自分が罪深い人間と思うようになったのかも・・・。
もっと、自分を好きになりたいなー。
といいつつ、心の奥底では自分のこと本当は好きなのかも知れない。自分で自分がわからんのです・・・。

ばくちゃん、コメントありがとう。
ばくちゃんもM?
仲間だぁ☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ
>「それも一つの個性であって、pinguちゃんやあたしを作る一つの要素じゃなぃ?
愛なんて人それぞれで、人がいればその分だけ愛の形?や想ぃはいろいろで。」
あ!何だか、目から鱗だ(゚Д゚)
もっと、ありのままの自分を受け入れるようにしなくちゃね。ありがとう!

多分、小学校になればクラブとかで友達が唯一になってきたり、中高校は部活で遅くなって、その時間内に勉強だけでない成長や、帰りも遅めになり、学友との時間が増えたり。。。そんな中で段々小さな自立はあると思いますよ。 土、日だって友達と街へいったり。大人になれば異性とのおつきあい。。。それまでの小さな時期は家庭の暖かさをじゅうぶんかんじとってくれれば、成長過程ものびやかにできると思うし。
子供の方で緩やかにでも成長してくれていってくれるものね。
夫の実家で親とも同居していますが、あんな大きい子供にしろ嫁の私は「どろぼう猫」呼ばわりされたり、そんな立場の私を理解しないで夫は親との同居から離れてくれないしお母さん思いすぎて親子とも自立してないかんじ。 そんなかんじで子供が親になった年代でもお互い自立できない大事にならないことだよなぁ、って日夜思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127414/14405164

この記事へのトラックバック一覧です: 愛についての考察:

« 焦り | トップページ | I'll never forget you »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム