アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月30日 (木)

忍び寄る・・・。

今日で11月も終わりですね。
何だか、すっごく焦る。
何だか、すっごく切なくなる・・・・。

1週間前に東京に行って、現実を忘れて
とっても、リフレッシュしてきました。

大好きなL'Arc~en~CielのLIVEに行って、
大好きな「デスノート」の映画を観に行って、
大好きなお友達に会って、

すっごく、幸せだった。
今も、幸せなんだけど・・・・。

現実は、いつまでも私を甘やかしてはくれない。

子どものこと。
仕事のこと。
体調不良。
そして・・・・。

忍び寄る、不安、焦り。

楽しかった時には感じなかった疲れが
久しぶりに私を襲う。

こんな夜は、何も考えずに早く眠ろう・・・・。

人気blogランキングへ

12月・・・・・。
さよならの時が、刻々と近付いてくる・・・・。
 

 

2006年11月29日 (水)

DEATH NOTE デスノート the Last name

ようやく、観て来ました!!!!!!!!

5687036_2060054570 「DEATH NOTE デスノート the Last name」

「このノートに名前を書かれた人間は、死ぬ。」

強烈なキャッチコピーと、
その奇想天外な「死のノート」という発想。

そして、
「予測不可能」な展開・・・・。

私はこの原作のコミックを読んで、
その世界観に本当にハマりました。

原作の世界観をこよなく愛している
「デスノマニア」です。

そして、主人公の「夜神月」と対峙する天才探偵「L」
心から愛してやみません(イタイ・・・・。)

原作の大ファンとしては、映画化にあたり多少の不安
(原作のイメージが損なわれないか・・・とか) 
はありましたが、「L」を演じる松山ケンイチさんが、
本当に原作のイメージどおりだったので、一日も早く、スクリーンで

動くL、甘いものを食べるL、
月を追い詰めるLを見たかったのです
(;・∀・)

325401thumb004 ←実写版「L」(〃▽〃)

そして・・・・・、


原作とは異なる衝撃の結末とは?????

以下、映画の感想はネタバレを含みますので、続きに書きます。
↓↓↓

続きを読む "DEATH NOTE デスノート the Last name" »

2006年11月28日 (火)

出会いと再会

東京から帰ってきて、本格的に日常生活に戻りつつあるpinguです。

東京への旅では、何人かのお友達にお会いしました。

そのうちの二人が、初めて会うお友達。
ブログやmixiのお友達です。

でもね、ネットのお友達とお会いするのは、
これが初めてじゃないんです。

ブロガー歴1年4ヶ月の私は、今までも何回か
ブログで知り合ったお友達とお会いしました。

よく、世間では実際は会った事のないネットのお友達と会うって
「出会い系?初めて会うのって、
危ないんじゃないの?」

と、思われがちですが、

ブログを何回か読んでいると、
その人の人物像が分かるっていうか、
どういう人なのか、だいたい分かったりしませんか?

今までも、
ブログのお友達と実際にお会いしても
ブログで受けた印象どおりで、
初めて会った気がしなかったです。

それに、ブログでその人の本音に接しているからでしょうか?

初めて会ったとは思えないほど、気が合って
話が尽きないこと!!!!

今回初めてお会いしたのは、
まず同じワーキングマザーのあきさん。

すっごく、きゃしゃで優しい方でした。
苦労もたくさんしたけれど、それだけ人の痛みが分かる方というか、
同じワーキングマザーとして、共通の悩みも抱えていて、

初めてお会いするけれど、
お互いのブログを通してコメントを何回もやりとりしているので、
話が尽きる事がありませんでした。

あきさん、会えてよかった。
これからも、お互いに無理せずに、
少しでも肩の力を抜いて生きていこうね!

次の日に会ったのが、
リアル友(同じブロガー)の「yoko」繋がりで
友達になったばくちゃん。

彼女とは、ネットのお友達になってまだ日も浅かったのですが、
本当に昔からのお友達のように、気があうこと!

リアルの世界でもあることですが、
ブロガーって、コメントを通じてブロ友の友達とも仲良くなれちゃうんですよね!

私もそういう繋がりでブログの友達になった人がたくさんいます。

なんかいいよねー。こういう人との繋がりって。

ばくちゃん、東京ドームまで一緒に来てくれてありがとう!
また、来年会おうね!

あと、再会もありました。

私はこのブログは、リアルの知り合いには
ほんの数名にしか教えていないんですよ。

そのうちの1人が高校時代からの親友で、
今は結婚して関東に住んでいる子。
(もう「子」っていう歳でもないけど・・・)
本当に彼女は、全く毒を持っていない慈愛のかたまりのような人。
笑顔が本当に素敵なひと。

彼女とは、実際には4~5年ぶりに会うのに、
ブログやメールで常に近況を知らせあっているからか、
全然、空白を感じませんでした。

私の知っている彼女は、高校時代からいつも聖母のような笑顔で、
時を経ても、その笑顔がそのままだった事がとってもうれしかった。
私の悩みを真剣に聞いてくれて、ありがとう。

会えて本当によかったよ!
そして、ずっと友達でいれくれて本当にありがとう。
これからも、よろしくね。

あと、L'Arc~en~CielのライブであったJekyllさん。
ネットのお友達で最初に会ったのが、Jekyllさんでした。
また、来年のラルクのツアーでお会いしましょうね!!!

あと、今回残念ながらお会いできなかったお友達の方々へ。

またpinguは、そちらへ行くので、
その時に会えるのを楽しみにしていますよ
(´∇`)!!!

人気blogランキングへ

こういった人との出会い、繋がりを大切に
これからも生きていきたいなぁぁ。

 

2006年11月27日 (月)

L'Arc~en~Ciel 15th L'Anniversary Liveレポ(11月25日)

楽しかった東京への旅も終わり、日常生活戻ったpinguです。

しかーし、
まだ、ぽわーんと幸せな余韻に浸っておりまする・・・。
(´∇`)

L'Arc~en~Cielの15thLIVE・・・・。
本当に、最高でした!!

LIVEは25、26日の二日間、東京ドームで行い、
二日で11万人を動員したとのこと。
Σ(゚Д゚)

でも、本当に観客がたっくさんで、
入場も、退場もあまりの人の多さに倒れそうなくらいでしたもの
(;・∀・)

LIVEは、演出がまず面白かったです。
15周年という事で、

「東京ドーム」という名のタイムマシーンに乗って、
過去にタイムスリップするという粋な演出!

で、まず最初にやった曲があの幻の曲っっ!!!
「The Fourth Avenue Cafe」
!∑(゜∀゜)

うれしかったぁぁぁ!!!

だって、大好きな曲だけど、ラルクにとっては、
「幻の曲」だったから・・・。

で、hydeが本当に色っぽかったです
(〃▽〃)

今日一日、Yahooのニュースとかで
「ラルクご奉仕ライブ」

って、あったんですけどね、

理由は、hydeがMCで

「今年は15周年でみんなには、本当に感謝しています。
(うろ覚え・・・)今回は、
みんなにご奉仕させていただきます。
ご主人様、次の曲に行ってもいいでしょうか?

と言っていたから(ノ´∀`*)

あー、だんだん長く、そして、
イタくなってきそうなので( ; ゚Д゚)

続きのライブ感想を読みたい方は、こちらをドゾ(;・∀・)
↓↓↓

続きを読む "L'Arc~en~Ciel 15th L'Anniversary Liveレポ(11月25日)" »

2006年11月25日 (土)

ラルクライブ@ 東京ドーム

ラルクライブ@    東京ドーム

行って来ました。
東京ドーム!!!

もちろん、ラルクのライブ参戦ですっ!!
いやあ、スゴかったですっっ!!
楽しかったです!

第一印象。
hyde
色っぽすぎる!!!で、演出がスゴかったです!
ラルクは、すごいバンドだけど、
究極のエンターテイナーと思いましたね〜。

とにかく、魅せてくれました!!!

hydeだけじゃなく、メンバー皆が本当に楽しそうでした!

私も、幸せなひとときを送る事が出来ました!

あとですね〜

すっごい、サプライズが!!

あ、でも、2日目もあるので(私は25日のみの参戦ですが)

詳細は、家に帰ってから、後日、ライブレポ書きますっ!!

2006年11月24日 (金)

東京タワーの下で

東京タワーの下で

只今、東京です。

東京タワー、キミにも見せたいな。
夜のライトアップされた東京タワーは、やはり、とてもきれいで、
幻想的で、
いつまでも皆が憧れる日本の中心だと思いました。

地方に住んでいる私にとって、
東京はやはり、刺激的で、
魅力的な場所です。

大切なお友達にも会えました。

今、笑っている友達が
いつまでも、笑顔でいられますように。
泣いている友達の涙が
早く乾きますように。

2006年11月23日 (木)

東京へ

22日は全国的にお天気悪くなかったですか?
私の住んでいるところも、非常にお天気が悪かったので、
頭痛、肩こり持ちの私は、

一日中、頭が痛くて、倒れそうでした。゚(゚´Д`゚)゚。
(ちょっと、オーバー・・・・。)
でも、低気圧になると、
途端に後頭部辺りが痛くなるんですよ・・・・。


もう、「歩く天気予報」です・・・・( ; ゚Д゚)

こんな不健康なpinguですが、やると決めたらやります。

明日から、東京へ行きます!!!

目的は・・・・
これ。

「L'Arc-en-Ciel 15th Anniversary Live @ TOKYO DOME 」

ふだんは、ダラダラ生きているpinguですが、
好きなものに対する情熱は、すごいみたいです。

・・・・自分のこういう部分に最近気付きました
(;・∀・)

何かね、
「出来る時に、やれる時に出来る事、やれる事はやりたい!」
って思っているんですよ。

多分にどっか、刹那的な気持ちがあるからだと思うけれど。

未来への不安を、現実を一生懸命生きる事によって、
払拭したいんですよ。

せっかく、地方から上京するのだから、
会いたいお友達にも会ってきます!

本当は、日本全国ブログのお友達に会う旅をしたいのですが・・・・。

関西や東北、北海道、中国、四国方面の方、
いつかお会いしましょうね!

(え?誰も会いたくない???)

人気blogランキングへ

時間があったら、携帯から更新するかも?!

では、いってきますっっ!!!
 

2006年11月22日 (水)

ウルトラマンマニア

今回のタイトルの記事は、もちろん
我が王子の事でございます。

このブログにも何回も書いているので、
何回も読んで下さっている方は、とっくにご存知だと思いますが・・・。

6歳の子どもって、こんなにも凝り性なの?
それとも、うちの王子がマニアックなだけ?
って思うくらいに、
「ウルトラマンマニア」です(;・∀・)

まず、おうちにあるコレクションの数々・・・。

061022_11480001_1 060715_13460001_1 061022_12130001_1

しかも、王子は私に
クイズを出してくるんですよ・・・・。

「○○なウルトラ戦士はだれ?」

こんなにもマニアと一緒にいるにも関わらず、
私が知っているウルトラ戦士といえば

初代ウルトラマン、帰って来たウルトラマン、
ウルトラマンタロウ、ウルトラマンセブン、
ウルトラマンゾフィー、ウルトラマンエース、ウルトラマン80、ウルトラマンネクサス、
ウルトラマンコスモス、ウルトラマンマックス。
んで、今、テレビで絶賛放映中なのが、
「ウルトラマンメビウス」

え?これだけ知っていたら十分???

でもね、皆さん知っていました?

これら、たくさんのウルトラ兄弟って、
みんなウルトラの父とウルトラの母から
生まれたと思っている方、多くないですか?

チッチッチッっっ!!!
それが、違うんですよ~。

本当にウルトラの父と母から生まれた直系は、

「ウルトラマンタロウ」だけらしいです
ΣΣ(゚д゚lll)

何か、知ってはいけない事を知ってしまった気分・・・・・。

話は戻って・・・・。

王子の出すクイズって、だんだんマニアックになって、
私も本当に分からないんですよ・・・・(;・∀・)

で、王子に「ヒント出して!」って言ったら

「大きいの(・∀・)!」

「え?大きい?ビック?そんなのいないよね?( ; ゚Д゚)」

「ブッブ~!グレイトでしたぁ!」

Σ(゚Д゚)

6歳にして、グレイトの意味を知っている事自体に驚き
Σ(゚Д゚)

他にも

「力のあるウルトラ戦士は?」
「パワードでしたぁぁ!!」

王子、すごっっ!!!
ママ、完全に負けているよ( ; ゚Д゚)

でも、本当に王子が興味あるのは
「ウルトラマン」オンリーらしいです。

他のヒーローものでも、「仮面ライダー」には
見向きもしない・・・・。

そんな王子は・・・・、


典型的なB型です(;・∀・)

でも、最近の戦闘もののヒーローってイケメンくんが多いですよね~。

今の「ウルトラマンメビウス」
「ヒビノ・ミライ」クン
もかなりのイケメン(;・∀・)

Photo2_001 この人。

人気blogランキングへ

今、流行のイケメン俳優さんで

「速水もこみちさん」
よくテレビとかCMで見ますね~。

しかしっっ・・・・

リリーフランキーさんの「東京タワー」を
来年の月9でもこみちさん主演でドラマ化って・・・・・orz。

た、たしかにもこみちさんは、かっこいいけれど
あの「ボク役」は、激しく合わないと思うのは

私だけですか???

映画版の「東京タワー」はオダギリジョーさん主演らしいけれど、
オダギリさんは、演技の幅が広い役者さんだから、
大丈夫と思っていますけれど・・・。
 

2006年11月21日 (火)

笑うかどには・・・。

月曜日は、いつも調子の悪いpinguです(´Д`;)
しかも、今日(あ、もう昨日だ)は、仕事中にも関わらず、
日中から、すっごく眠い・・・。
立ったまま、眠れるくらい眠かったよ・・・( ; ゚Д゚)
さらに、微熱もあった感じ・・・。
ここ最近は、ずっと軽い風邪症状が続いているんですよ
(´Д`;)
でも、寝込むほどではないので、
日常生活はそのまま送っているんですけれど・・・。

そんな状況だから、笑顔にもなれない(´Д⊂グスン

ところで、話はちょっと飛びますが・・・・。

昨夜の「スマスマ」のゲストにあの
「新庄剛志元選手」が出ていましたね~。

プロ野球には、正直あまり興味のないpinguなので、
(プロ野球ファンの方、ごめんなさいっっ!!!)
「新庄選手」の事も、とりたててファンと言う訳では、ないんですが、

彼のキャラクターは、本当に奇特だなぁと昔から思っていました。

彼が阪神から大リーグに移籍した時、
多額の収入が保障されていたにも関わらず、
現状に甘んじることなく、先の見えない、保障もない未知の世界に飛び込んだ時は、
私もいろいろと考えさせられました。

新しい事に足を踏み入れる事を極度に恐れる私に、
当時の新庄選手の決断は、眩しかった・・・。

私と対極にある(比較するのもおこがましいけれど・・・)
新庄選手の生き方が、うらやましかったです。

その後の彼の活躍は、皆さんの方がご存知でしょう。

野球選手としては、型破りなスタイルだったけれど、
ファンを大切にして、やるときは、やる。
何か、テレビで観ていて、清々しかったです。

それにしても、ふつー、やるか?
「SHINJO引退記念キャンペーン」
って・・・・。

でも、昨夜の「スマスマ」で、新庄選手はしきりにこう言っていたんです。

「いつも、笑顔でいれば幸せが来る。」
って。

あぁ、本当にこの人は、前向きでプラス思考な人なんだなぁって
思いました。

引退に関しても、全く後悔はないと言っていた、新庄選手は
本当に笑顔で、清々しかったです。

野球でも、野球以外の話題でも、私たちをアッと言わせ、
楽しませてくれた、新庄選手。

これから、またどんな事をして、世間をアッと言わせるのか
楽しみです。

「笑うかどには、福来たる」
を本当に実践した人ですね。

人気blogランキングへ

新庄選手がゲスト出演した、「スマスマ」の名物コーナー
「ビストロスマップ」

あれを観るたびに、

「私がゲストになったら、何を注文しようかな?」
って、真剣に考えてましたよ(;・∀・)
 

2006年11月20日 (月)

街のいろ

日曜日、買い物に出掛けた。

もう、行く先々のお店が
「クリスマスムード」一色だった。

考えてみれば、それもそのはずだ。
もう11月も20日になる。
クリスマスまで、あと1ヶ月と少しだ。

私は、クリスマスの飾り付けやら、
その雰囲気が大好きなんだけど、
今年は、何だか違う・・・・。

クリスマスが近づいている事が、
うれしくない・・・・。

まぁ、正確には、
クリスマスが近づく事で、
今年も終わりが近付いている事を実感したくないのだ。

まだ、今年が終わって欲しくない・・・。

そう思った私の目に留まったのが、
「忘年会」で使用するゲームの数々・・・。

私は思わず、その場にうずくまった。
ものすごい、焦燥感に襲われた・・・。

でも、私がその歩みを止めても、
時間は無情に進み、
街は確実にそのいろを変えていく・・・。

どんなに、私があがいても・・・・。

でも、私がこんなやり場のない焦燥感の中にいても、
王子にとっては、楽しみなクリスマス。

売り場に所狭しと陳列された、おもちゃを見ては
ものすごく、はしゃいでいた。

「ママ、クリスマスツリーだよ!!!」

061119_15580001 「今年も、サンタさんにお手紙書きたーーい(・∀・)!!」

実は、去年もクリスマスのプレゼントのお願いで、
サンタさんにお手紙を出したのだ。

え?サンタさん?
本当にいますよ!!!

去年のクリスマス、おうちに来てましたもんっっ!!!

で、サンタさんにお手紙を書く為に、
レターセット買っちゃった(;・∀・)

061120_00050001

人気blogランキングへ

王子に「サンタさんにどのプレゼント、お願いするの?」
って聞いたら、

「(ウルトラマンの)不滅の怪獣セット!!」

Yuusuke530thumb1163504927309845 これ・・・。

「じゃあ、ママからのプレゼントは何がいい?」
って聞いたら・・・・・

「不滅の怪獣セット2!!!」

∑( ̄□ ̄;)

思わず、口にしちゃいますた・・・。

「チョット!チョットチョット!!!」
( ; ゚Д゚)

 

2006年11月19日 (日)

自然の摂理。

只今、「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ 」
にハマっているpinguです。

ドラマを観る前に!
と原作を読んで、号泣して、
昨夜のドラマでまた、泣いてしまいました・・・。

まぁ、原作を読んでから、ドラマを観ると、
多少の物足りなさ
(あ、あの部分はしょってる・・・とか、あのキャストは・・・とか)
があった感は否めませんが・・・(;・∀・)

原作、ドラマと「東京タワー」に触れて、
しみじみと感じているのが、

「親は子よりも先に逝く。」
ということ・・・・。

考えれば、これは「自然の摂理」であり、
「当たり前の事」なんだけど、

みんな、この事に底知れぬ恐怖と不安を感じて、
目を逸らして、生きている・・・。

(そういった内容の事を著者のリリーフランキーさんも原作で書いていましたね。)

私の両親は、まだ健在です。
でも離れて暮らしており、あまり会うこともありません。

いつか、別の機会に書きますが、
特に母親とは、昔からいろいろとあって、
正直、距離を置いています。

でも、健在とは言っても、
もうそれなりに歳をとっていて、
いつ、病気に罹ってもおかしくありません。

私も、おぼろげながら頭の片隅で、いつもぼんやりと思っています。

「母が死んだらどうしよう・・・。
いつかは、逝くけれど、今、逝ったら、私は絶対に後悔する。
でも母とは、近づいたら、いつも傷つけあう関係・・・。
親孝行ってどうしたらいいのか分からない・・・・。」

でも、母も父も、私が突然死でもしない限りは、
自然の摂理に従って、
私より先に逝くのは確実なのです。

逆に、私は、王子の母親でもあります。

「東京タワー」の原作でも、ドラマでも
「オカン」は、こう言います。

「マー君(主人公のボクの事)のいる場所が自分の居場所。」
(多少、セリフは違うかも知れないけれど、ニュアンスはそんな感じ・・・)

まず、そこで泣けました。
私も同じだから・・・・・。

子どもの頃から、「居場所」のなかった私がやっと見つけた居場所。
それは、王子の側。

「東京タワー」のオカンは、癌に罹り、
最期は、苦しい治療を受けた。

病気で苦しんで死ぬのと、事故か何かで苦しむ間もなく死ぬのと
どっちがいいか?

以前の私だったら、何の条件もなしに絶対に
「事故か何かで苦しむ間もなく死にたい。」
って思った。

でも、今はあの「オカン」のように、
例え、苦しんだとしても、
王子に看取られて逝きたい。

王子の立場からすると、ツライかも知れないけれど、
王子よりも、私が先に逝くのが自然の摂理だから・・・。

まだ6歳の王子は、ドラマを観ながら泣いていた私の涙の意味も分からずに
ずっとずっと笑顔で遊んでいた。

あの笑顔が、ずっと私の側にあるならば、
私は、幸せだよ・・・・。

人気blogランキングへ

「東京タワー」のオカンのように、
料理上手にならなくちゃ!!って思った。

で、王子に「ママの料理で何が好き?」
って聞いたら・・・

「ラーメン(・∀・)!!!!」

∑( ̄□ ̄;)

これは、本格的に料理のレパートリーを増やさなくては・・・・(゚Д゚;)
(一応、お湯を入れて3分のラーメンではないけれど・・・・。)
 

 

2006年11月18日 (土)

東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~

もう、誰もが知っているベストセラー。
リリー・フランキーさん
「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~」

459404966401_aa240_sclzzzzzzz_

とっても、今さらなのですが、先ほど読み終えました。
リリー・フランキーさんといえば、
テレビで拝見する、
「超脱力系」なコラムニスト、イラストレーター。

そんなイメージでした。

ま、それはそれで事実なのでしょうが、
この小説を読んで、私のリリーさんに対する、認識が180℃変わった
と言っても、過言ではありません。

読み終えて、涙と共に、一種の清々しさすら感じています。
「感動した」という言葉でこの気持ちを表現するのは、
薄っぺらいと思うほどです。

もう、既に読んでいる方もたくさんいらっしゃると思いますが、
今から読む人、内容はまだ知りたくない人もいらっしゃると思うので、
感想は、続きに書きます。

続きを読む "東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~ " »

ささやかな・・・。

キミと今、読んでいる本が同じだと偶然、知った。

同じものを読んで、
同じ世界観の中で、

離れていても、
同じ事に感動している・・・・。

それだけでも、幸せ。

人気blogランキングへ

2006年11月17日 (金)

無駄なことでも・・・。

今年の「流行語候補」が発表されましたね~。
みなさんの予想は、どんな言葉ですか?

私は、絶対にこれは来ると思っていましたよ。

「イナバウアー」
2月のオリンピックの時期には、
実際にこれ
真似した人も秘かに多かったのでは?
え?私?
もちろん・・・・・
真似しましたよ・・・・(;・∀・)

たぶん、いや、絶対に間違っていたと思うけれど・・・・。

あと、今、私の中でちょっと遅れてきたブームが

「チョット・チョットチョット」(ザ・たっち)

何か、あの双子見ていると
癒されるのですよ・・・・。

まぁ、今年もいろんな言葉が流行った訳ですが、

最近、ちょっと私的にツボにハマった言葉(?)があるんです。

「無駄と思える事も、実は大切なんだ」
要約すると、よく分かんないですね(;・∀・)

落語の話らしいのですが、
無駄な事が嫌いなある人が、
無駄だと思うことを全て省いて、
しまいには、奥さんも無駄と思って、別れて、
最後は、自分自身の存在も無駄と思って、
結果、自殺してしまった・・・・。
という、逸話。

あ、これは、とある人から聞いた話なんですが、
聞いた時は、
「ふーん」
としか、思わなかったけれど、
後から思い出して、
何だか、私の中でジワジワと来たんですよ。

今、自分が経験している事に、
無駄な事なんて、ないんだなぁ。

無駄と思える事でも、実は、
自分の中で成長の糧になっているんだなぁ。

って。

この話を教えてくれた人には、秘かに感謝してます。

大切な事を教えてくれて、ありがとう。
(もし、これ読んでたら、勝手に記事にしてゴメンなさい(´Д`;))

人気blogランキングへ

しかし、私を悩ませている首の痛みと肩こり・・・・。
これは、例外的に本当に無駄と思えるのだが・・・(´Д`;)
 

2006年11月16日 (木)

Surprise!!!

日付が変わって、もう昨日の事になりますが、
非常にサプライズな一日でございました。

まず、
西武ライオンズの「松坂投手」

大リーグを目指しているのは、野球オンチの私でも知っていましたがね、

レッドソックスというアメリカの球団が
(それくらいは、いくら野球オンチのpinguでも知っている(´Д`;))
な、な、∑( ̄□ ̄;)ナント!!

日本円で60億円もの金額で、交渉権を落札したってぇぇ
Σ(゚Д゚;

60億円って、言われても、
一般ぴーぽーな私は、ピンと来ないorz
世界一周旅行に何回行けるの?とか、
軽井沢に別荘、いくつ建てられるの?とか
んな事を考えてしまう・・・・(;・∀・)

でも、すごいねーー。松坂くん。
それだけ、能力を評価されたって事でしょ?

まだ、若いし、頑張ってほしいわー。

そして、家に帰って、だらーっとサッカーを見ていたら、

突然の「津波警報」!!!
すっごく、びっくりした・・・・。

北海道や東北、関東の警報地区に住んでいる方々、
被害に遭われませんでしたか?

その後の報道では、人的被害は聞かれないので、
少し安心していますが、心配です・・・・。

津波、大丈夫だったかな・・・って思って、ネットを見ると

「藤原紀香結婚!!!」
Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

だ、だれと?

噂のミュージシャンと???
と思っていたら、
お笑いの陣内智則さんと?!

えぇぇ???

芸能ネタには、昔から詳しかった私でさえ、
二人が付き合っていたなんて知らなかったよぉぉ
Σ(゚Д゚)
(と言う割には、IZAMと吉岡美穂の結婚にもビックリしたけど・・・・)

世の男性陣は、どんな感想をお持ちでしょうかねぇ?
某掲示板でも、すごい数のスレッドがたっていますが・・・。

どうか、紀香たん、(友達でもないのに図々しい・・・)
私に「永遠の愛」っていうものを見せて下さいませ。

でも、私にとって、一番のサプライズは・・・・
061115_220900010002
「王子、幼児画コンクールで入賞」
の賞状をもらう!!!!

でも、入賞は知っていたので、
サプライズでもないか・・(;・∀・)


ご、ごめんなさいっっ!!!
これが書きたいが為に、今回の記事を書きました(´Д`;)

しかも、かなり、ためました・・・・・。

人気blogランキングへ

ちなみに、入賞した絵はこれ。

061115_22100001  

タイトル
「どっちがおもいかな?」

2006年11月15日 (水)

連鎖

今、ニュースを見聞きするたびに、
目に耳に入って来る

「いじめ自殺」

福岡の事件を機に、今現在までに何人の若い尊いいのちが
自らのいのちを絶ったのだろうか?

このニュースを見聞きするたびに苦しい・・・・。

私も昔、「いじめられっ子」でした。

転校生だったから、特に目立ったのでしょう。
最初は、チヤホヤされていたけれど、
気が付けば、ばい菌扱いされて、みんなから無視されました。

私も、当時、親には言えなかった。
父は、単身赴任で家にいなかったし、
母は、精神的に不安定で、これ以上心配をかけられないと思ったから・・・・。

でも、私の場合はいつの間にか、いじめ問題は解決していました。

だけど、今のいじめは、昔と違って、非常に陰湿である気がします。
そして、誰でも「いじめ」のターゲットになりうる・・・。

昔から、「いじめ」は存在したし、周りがどんなに努力しても
いじめがこの世から100%消えることはないのかも知れません。

でも、ここ最近の「いじめ」による子どもたちの自殺は異常です。

私、思うんです。
「自殺」は連鎖すると・・・・。

今から20年前に「岡田有希子さん」というアイドル歌手が飛び降り自殺しました。
その時も、彼女の「後追い自殺」が問題になりました。

今回も、ニュースを見聞きして、
同じ境遇にある子どもたちが、
「自分も・・・。」
と思って実行してしまったような気がしてなりません。

事実を報道する事は大切です。
でも、あまりにも、センセーショナルに、
報道するのはいかがなものでしょうか?

自殺を考える人は、ただでさえ、感受性が強いと思います。

そういう人が、テレビやネットを見て、ずっと「自殺問題」を見聞きしていたら、
絶対に影響を受けないとは言い切れないのではないでしょうか?

あと、影響力のある某知事の
「ファイティングスピリットがないと、
一生どこへ行ってもいじめられるんじゃないの」

との発言・・・・。

いじめにあって、苦しんで、苦しんで、心が弱りきっている人が聞いたら
どう思うでしょうか?

「いじめ」は、相手の人権を無視して、心をボロボロに傷つけて、
時に、死に追いやってしまう・・・・
これは、もう犯罪と言っていいと思います。

そして、子どもをいじめから救うのは、
最終的にはやっぱり親だと思います。

すべて、学校、教師任せにしてはいけない。

子どもが学校で「いじめ」にあって、学校に行きたくないって言えば
無理して、学校に行かす必要はないって思うのですが・・・。

一番の最善の策は、親と学校側がうまく連携していること。

これが出来ている学校って一体、どれくらいあるのだろうか?

何か、ダラダラと書いてしまいましたが、
もうこれ以上、いじめによって、未来ある命が奪われてはいけない。

もしも、今、「いじめ」で苦しんでいる人がこれを見ていたらこう言いたい。

「あなたを今、苦しめている学校、クラス、部活がこの世の全てじゃない。
あなたは、あなたであるだけで価値がある。
あなたを苦しめているものから、逃げる勇気も必要だよ。
逃げることは、決して負けじゃないんだよ。」

人気blogランキングへ

2006年11月14日 (火)

あるお笑い芸人の死

昨日から風邪をひいて、体調がすこぶる悪いpinguです。
それでも、今は昨日よりは良くなってきましたが・・・。

ところで、「鼻エンジン」ってコンビ、聞いたことがありますか?
「鼻エンジン」では聞き覚えなかった私ですが、

「フォークダンスDE成子坂」なら、
あ!聞いたことある!
とすぐに反応しました。

だって、その昔
「タモリのボキャブラ天国」
が大好きで、外出中はビデオに撮ってまでみていたくらいでしたから・・・・。

その「フォークダンスDE成子坂」で以前、活躍し、
現在は「鼻エンジン」というコンビで活躍していた
「村田 渚」
さんという若手芸人さんが
亡くなった事は、ネットやテレビで知っている方もいらっしゃるでしょう。

連絡が取れなくなった事を不審に思った事務所の方がマンションの管理人さんと一緒に
自宅マンションへ行って、自宅の布団でうつぶせのまま、
息絶えていた村田さんを発見したそうです。

たったひとりで、誰にも看取られる事なく、亡くなったのです。
しかも、まだ35歳の若さでした。

彼の事、ほとんど知らないと言っていい私ですが、(成子坂時代は知っていましたが)
あまりにも、孤独で寂しい最期にとってもショックを受けました。

せめて、最期に誰かの顔を見たかったでしょう・・・・。
親とか、友人とか、コンビの相方とか・・・。

村田さんは、10日までラジオ等の仕事をしていたそうです。
その時に頭痛等の体調不良を訴えていたそうです。

死因は、「くも膜下出血」です。

比較的、若い人でも罹る恐ろしい病気です。

私の身近ではいませんが、芸能人では、
何名かこの病気で突然いのちを落とした人がいます。

一番、衝撃だったのが、三谷幸喜ファミリーだった
「伊藤俊人」
さん。
飄々とした名わき役だったのに、突然の死に当時、
すごくショックを受けたのを覚えています。

あと、シンガーの「DOUBLE」

昔は、姉妹ユニットだったけれど、初期の段階で姉のSACHIKOさんが、
「くも膜下出血」で急逝してから、ひとりで活動している事は、
ご存知の方も多いでしょう。

また、ガクトが昔在籍していた
「MALICE MIZER」のドラマーも
「くも膜下出血」で急逝しています。

芸能界でも、この病気でいのちを落とした方がたくさんいるのだから、
一般の方は、本当にこの病気で亡くなった方も多いのでしょう。

ものすごく、怖い病気です・・・・。

村田さん、紆余曲折を経たけれど、最近では、
「M-1 グランプリ」でもいい線行っていたのに、
志半ばで、しかも、たったひとりで、ものすごく無念だったでしょう・・・・。

相方さんも、ものすごくショックだと思います・・・・。

本当に、
「人間はいつ死ぬか分からない・・・。」

という事を思わせる事ばかり・・・・。

でも、志半ばでも、彼は最期まで自分の好きな事を出来て、
きっと幸せだったよね?

生きている者は、いのちがあるうちに後悔ないように
生きていかなくては・・・・。

村田さん、天国でも向こうの人々を笑わせて下さいね。

合掌。

人気blogランキングへ

 

2006年11月12日 (日)

絵画教室

先週の火曜日の事なんですが、
王子の通う幼稚園で

「親子絵画教室」
なるイベントがありました。

なんでも、有名なイラストレーターさんを招いて、
親子で互いの似顔絵を描き合おうっ!!!

みたいな・・・・。

王子とは違って、全く絵心がない私は、
正直、最初
「えぇぇーーー(´Д`;)」
と思っていました・・・・。
しかも、平日の午前中だし・・・・。
2時間弱と聞いていましたが、
また、有給休暇使うのかぁ・・・とも。
(幼稚園は、保育園と違って、親が参加する行事が多いです。)

でも、こんな親が参加する行事に親が来ないと、
子どもはどんな思いだろう?

次から次へと来るお母さん達を見て、
「ボクのママは、来ない・・・・(´・ω・`)ショボーン」
という思いはさせたくなかった。

で、結局は、参加しましたよ。

私の姿を見て、ニッコリ微笑む王子を見て、

「あぁ、やっぱり来てよかった」
と思いました。

でも、ひととおり説明を聞いても、
真っ白な画用紙を前に、

王子も私も、どこから手をつけていいのか分からない
(´Д`;)

王子は、最近は絵を描き慣れているはずなのに、
何故か、

「どこから描いたらいいの?
何色で描いたらいいの?」

と気にする事しきり。

講師のイラストレーターさんは、
「自由に好きな色を使って描いていいんだよ。」
と言ってくれましたが・・・・。

極端な話、
顔は肌色、髪は黒という既成概念をとっぱらって
心に感じたまま描けと。

でも、そー言われたら、余計に悩む母子
(´Д`;)

王子、本当に悩み、色、間違えたぁと言いながらも
完成させた絵がこれです。

061107_22090001 「ボクのママ」
王子作。

まぁ、似てると言えば似ているかな?

え?私が描いた絵?

それは、まぁ、置いておいて・・・・。

人気blogランキングへ

アジカンの曲に「絵画教室」ってあるんですが、

「闇雲に塗るキャンパスにイメージがないから
ドス黒く塗るだけ。
去年、三回の分割で買った画材では未来など描けません。」
(アジアンカンフージェネレーション「絵画教室」より抜粋)

今の私には、この歌詞のように、未来など描けないけれど、

王子には、真っ白なキャンパスに
どんどん、どんどん、未来を描いてほしい。

 

2006年11月11日 (土)

無垢

金曜日の夜のことですが、
職場のヤング達の飲み会に
私も王子を連れて参加しました。

あ、私もヤングですが、なにか?
( ゚Д゚)

・・・・ていうか、ヤングって死語?
(死語という言葉自体が死語か?)

何か、最近心の中は色々なモヤモヤがあって、
飲んで、いろんなものを発散したかったんですよ(´Д`;)

でも、王子のお父さんは出張で不在だったので、
「王子がいると、あんまり飲めないな・・・。」
思いつつも、
王子は、既に私の同僚と私以上に仲良しなので、
あんまり、案じる事もなく連れて行きました。

すると・・・・。

案の定、大人達に囲まれても、全く物怖じせず
みんなに(特に女性に・・・・)
愛嬌を振りまく王子(;・∀・)


本当に彼の社交性がうらやましい・・・・。

061110_190300010001 キレイなおねえさんの隣で
ハイポーズ!!

本当に私の同僚とは分け隔てなく
懐いている王子ですが、

その中でも、王子が特に懐いている男子職員がいて、
王子は、ずーっとその同僚にくっついて、
ウルトラマンや怪獣の話をしていたので、

ママは、心置きなく、
美味しいビールをいただけました(;・∀・)

嫌な顔せずに、王子の相手をしてくれた同僚に心から感謝
(;・∀・)

そんな王子の様子を見ていた別の同僚が

「6歳にもなると、生意気になる子も多いけれど、
王子くんは、本当に素直でいい子に成長しているね。」

と言ってくれたのが、本当に嬉しかった。

私は手の凝ったスゴイ料理も出来ないし、
どちらかと言えばだらしなくて、
精神的にも不安定なダメ母なのですが、

そんな母のもとでも、素直な子に育ってくれているのが本当に嬉しいし、
本当にこの子は、私の誇りです。

王子がいるので、すぐに帰るつもりだったのですが、

流れで、カラオケまで行くことに・・・・。
(まぁ、私だけだったら迷いなく、カラオケ行っていましたがね
(;・∀・))

同僚たちも気を遣ってくれて、一生懸命
「アニソン」の項目から
「ウルトラマンの歌」
を検索して・・・・

061110_23090001

王子、初カラオケ!!!
本当に一生懸命に歌っていました(;・∀・)


後から、王子に
「何が一番、楽しかった?」
って聞いたら


「ウルトラマンの歌を歌った事!!!!」
だって。

人気blogランキングへ

飲み会の席で、どういう流れでそうなったのかは忘れたけど、

王子がひとりのほっぺ(多分、女子(;・∀・))に
チューしたんですよ(´Д`;)

そしたら、他の同僚に

「王子くん、僕にはチューしないの?」
と言われて、

博愛精神(?)に満ちた王子は、

その場にいた全員のほっぺに
チューしてました( ; ゚Д゚)

本当に、真っ白で無垢な王子のこころ。

何にも変えられない宝物だよ・・・・。

 

2006年11月10日 (金)

結婚ってなに?

職場の後輩の男の子(独身)が
最近、私によく聞いてくる事がある。

「pinguさん、結婚って何ですか?」
「pinguさん、結婚の意味って何ですか?」

∑( ̄□ ̄;)
そんなに、結婚願望強いのかよ・・・・。

でも、申し訳ないけれど、今の私には答えられないよ。

だって、私自身が

「結婚の意味」
について、分からなくなって、
今まさに悩んでいるんだもん・・・・。

私も若かりし独身時代は、(今も若いつもりですが(;・∀・))
結婚願望が異常に強かったです。

でも、今思うと、ただ、
「結婚式がしたい。」
「ウェディングドレスが着たい。」とか
「ひとりで生きていくのはいや。」
そんな、幼稚過ぎる考えが強かったのかも知れない。

そして、「結婚をゴール」と考えていた。
それがそもそもの間違いだった。

ゴールなんかじゃなくて、逆に、
今まで環境の違う赤の他人が、
一緒に生活するスタートなんだよね・・・・。


そして、結婚=「永遠の愛」という
幻想を勝手に抱いていた。

本当にそれは、今となれば、まさに
私にとっては、幻想に過ぎなかった・・・・。

もちろん、何十年と連れ添っても愛し合っているご夫婦もたくさん
いらっしゃいます。
カップルによっては、きっと「永遠の愛」も存在するんでしょう。

でも、私にとっては・・・。

周囲にも、お互いに歳を取っても配偶者を褒めて、
仲むつまじい御夫婦もいます。
私が巡回しているブログでも、旦那さんや奥さんへの愛を惜しみなく
書き綴っている記事もよく目にします。

そんな話を見聞きしていると、
私、うらやましくなる。
だって、私には、もう言えないし、
もう書けないから・・・・。

いつから、私は、変わってしまったんだろう?

嫌いになった訳ではない。
でも、何かが変わってしまった・・・。

今は、正直、王子のお父さんとして一緒に生活している。

このままじゃ、ダメだ・・・・。

努力?
私から話し掛けるように努力はしている。
仕事であった出来事を一生懸命に話している。
調子が悪い時はそう言っている。
何かして欲しいときは、言える範囲で言っているつもり。

でも、何かダメだ・・・・。

どっかで息が詰る。閉塞感を感じる。
だから、家族が寝静まった夜に、
私は一日で一番の安らぎを感じるのだ。

所詮、結婚って「忍耐」なのかな?

全てをリセットするほどの、決定的な亀裂もないから、
リセットは、しないけれど、

夫婦って、どちらかが死ぬまで一緒に連れ添うんだよね。

何か考えられない・・・。
あーーーー、
このままじゃダメだ・・・・。

何とかしなくちゃ・・・・。

私がもっと、もっと努力しないといけないのかな?

だんなさんは、いい人です。彼に非などありません。
仕事も頑張っているし、暴力も全くないし、
ギャンブルとかも全くない。
本当にいい人です。

なのに、私はどうしてなんだろう?

ひとりで生きていくのはイヤと思っていたのに、
ずっと一緒に生きていくのは、息苦しいなんて、

なんて、私は我がままで自分勝手で
矛盾した人間なんだろうか?

私って、最悪だ・・・。

もっと、
思いやりの心を持たないとダメだ・・・・。


でも、一番に考えないといけないのは王子の事。
王子にとって、一番良い道を選択しなくては・・・。


人気blogランキングへ

誰か、教えてください。


「結婚って一体、何ですか?」

 

2006年11月 9日 (木)

いまを生きる

前回の「訃報」の記事について、
たくさんのコメント、ありがとうございました。

今まで、祖母や叔父、仕事で一緒だった上司の死には直面した事がありました。

その時々で、やはり「身近な死」についてショックを受け、
私なりに思うところはありました。

ただ、私と歳の近い、いとこの急逝は、私自身、
まだ気持ちの整理が付きません。

臨終に立ち会った訳でもないし、お通夜にも行けなかったので、
まだ実感が沸かないというのが正直な気持ちです。

ただ、従姉妹が亡くなっても、この世界は続く。
私の従姉妹だけじゃない。
つい最近の北海道の竜巻でも、多くの方が亡くなった。

世の中、日々、命は失われ、
それでも世界は続き、明日が訪れる。

私だって、いつかは死ぬ。
それがいつかは、分からないけれど。

病気に罹り、余命を予め知って、逝くのか、
従姉妹のように、突然逝くのか、
それは解からない。

でも、いのちに、時間に
限りがある事だけは確かなのだ。

いまを大切に生きなくちゃ。

少し前に、
「社会人として、人の親として、大人として
もう、本心に従って、生きる事は出来ない。」
と書いた。

確かにそうだし、これからも、
自分を、何かを守る為に、
気持ちのままには、生きる事は出来ないけれど、

後悔する生き方はしたくないな。
と思った。

じゃあ、どうしたいの?と聞かれたら、
具体的には、答えられないけれど・・・・。

私は、今は幸せです。

でも、
王子との絆については、
自分の中で、終わることがないって
それだけは、確信があるけれど、

それ以外の事については、
いつか、終わる。

終わりが来る。
その事についても、確信があるのです。

だから・・・・
終わりが来るからこそ、

いまという時を大切に
慈しんで、心に刻んで生きようと

あらためて、そう思っているのです。

人気blogランキングへ

2006年11月 7日 (火)

訃報

私のいとこにあたる、お姉さんが
急逝したとの知らせを受けた。

私の住むところからも、お姉さんの故郷からも
離れたところに長い間、住んでいたが、
そこで、不慮の事故に巻き込まれたらしい・・・。

もちろん、一報を受けて、
すごく驚いた。
すごくショックを受けた。

ここ何年も会っていなかったけれど、
彼女は私よりも5つ上で、
5つだけ年上で、
到底まだ「死」が訪れる年齢ではなかった。

長い間、重い病気で療養しているとかだったのなら、
多少の覚悟は、胸中で出来たのかも知れないけれど、
元気で暮らしているとばかり思っていたお姉さんの訃報は、
ただ、ただ驚くしかなかった。

今も信じられない。
茫然自失とは、この事をいうのだろうか?

お姉さんとは、私が子どもの頃、
時々遊んでもらった。
とても、聡明で頭がよく、
親戚の中でも自慢のお姉さんだった。

周囲の期待に応えるべく、お医者さんになったけれど、
その進路が、お姉さんの本当の意思だったのかどうか、
当時は、分からなかった。

でも、とっても頑張り屋さんだった。

遠方での事故ということで、
そこで既に密葬を済ませたとの事。

もう、二度と優しかったお姉さんには逢えない・・・。

やっぱり、こうして現実を書いている今も
信じられない・・・。

お姉さんの顔を一生懸命に思い出そうとしているけれど、

どうしてだろうか?
思い出すことが出来ない・・・。

自慢の娘を突然失った、おじさん、おばさんの事を考えると、
胸が潰れそうだ・・・・。

「人には、いつか必ず死が訪れる」って
私自身が常に思っていたことなのに、

いざとなると、その事実を受け入れられない・・・。

お姉さんの人生は、幸せだったのだろうか?

もう、お姉さんの口からそれを聞くことは出来ないけれど、
せめて、死の直前まで幸せだったと思いたい・・・。

まだ、私自身の心の整理がつかないけれど、

お姉さんが生きる事が出来なかった分、
私、生きていかなくちゃ・・・・。
と思った。

死後の世界が存在するならば、
今は心から、冥福を祈りたい・・・。

2006年11月 6日 (月)

展望

ここ2、3日の記事では、
自分自身を卑下したり、
しまいには、絶望感すら吐き出してしまって、
読む人を心配させたり、不快に思わせてしまったりして
すみませんでした。

まぁ、不器用な人間なんですよ。
私って奴は・・・。

根は、子どものように単純で
(本当に精神年齢も低いんですが・・・)
自分に正直な人間なんです。
(まぁ、色んな意味で・・・)

実は、思っている事とか
すぐに顔に出ちゃったりとかするし(´Д`;)

でも、いつまでも

自分の気持ちに正直に生きていくことは
いろんな面で、不可能な事も多々あるわけで・・・。

精神面が成長しないまま、社会人になり、
家庭を持って、親になったので、
ちょっとした事で、つまづいて、
精神的にバランスを欠いてしまうのです。

でも、内面の葛藤をここに吐き出して、
皆さんから優しいコメントやアドバイスを受けると、
何とか、まだ生きていけそうです。

で、根は単純なので、

王子の笑顔を見て、
好きなアーチストのCDやLIVEのDVDを観ているうちに、

気が付けば、何とかなっていたりするものなんです。

そう簡単には、成長出来るものじゃないけれど、

まぁ、もう少し肩の力を抜いて、
もう少し、自分を慈しみながら生きていきたい。

それが、今の私の
「展望」
(え?ダメ?( ; ゚Д゚))

実は、これが私の究極の理想形だったりして・・・。

061105_15310001 ←おなじみの「リラックマ」

いや、よだれまでは
さすがに垂らしませんが( ; ゚Д゚)

まぁ、いっつも、こんなふうに
だらーーーーっとは出来ませんけどね・・・・。

メリハリつけつつ、生きていきます・・・。

人気blogランキングへ

あ、
3連休、気が付けば
何にもしないうちに終わっちゃった( ; ゚Д゚)

 

フィードバックファイル

私のブログの左側に、以前から
アフィエイトしていましたが、

ASIAN KUNG-FU GENERATION(以下、アジカンと記載)の
ニューアルバム「フィードバックファイル」 が
10月末に発売されました!!

B000i5yadk01_pe20_ou09_scmzzzzzzz_v38962

だいぶ、以前に予約していたので、
発売日かその次の日には、アルバムが手元に届いたのですが、
じっくり聴き込んでから、感想は書こうかなぁって思っているうちに
今夜レビューを書く気になりました(;・∀・)

このアルバムは、今までアジカンが発売したシングル曲の
カップリング集です。

いわば、「裏ベスト盤」みたいなものですね。

私は、アジカンにハマったのが、ごく最近で
しかもアルバムしか買っていなかったので、
ほとんど、新曲ばかり聴いたような感じでしたね。
(4曲目のサイレン(c/wの方)だけは、PVで見聴きしていましたが)

アジカンファンの中では、
「c/wもクオリティがかなり高い」ともっぱらの噂でしたが
(ファンなら、アジカンに限らずみんなそう言うか(;・∀・))

いやぁぁぁーーーー!!!
よかったです!!

しかも、c/wの曲だけでなく、未発表の曲
(3曲目の「絵画教室」と9曲目の「堂々巡りの夜」)が
2曲含まれていたし、

LIVEの時に撮った曲が、5曲もあって、
それがまた、臨場感があるのーーーー!!!

また、初回限定版
「DVD付き」!!!

これが、
超おいしかったっっ!!!

だって、LIVE映像だよ?
5曲も入っていたんですよ?

普通、CDの初回限定版に付いて来るDVDって
多くても2曲くらいしか入っていないじゃないですか?

もう、アジカンに少しでも興味のある方は、
ぜひぜひお勧めですっっ!!!
(特に初回限定版を!)

特に私が好きな曲は
「絵画教室」「サイレン(C/WVersion)」
やっぱり、ゴッチの歌詞に共感ですね!

「芽生えてしまった感情を分かってるくせに放棄して
自分で作った感情に浸らないでよ。
プラスマイナスの勘定で量っているうちに
心まで染まってしまったその色は
君じゃないだろ。」
(「絵画教室」歌詞より抜粋)

「サイレン」は、既に世に出たシングルVersionもあって、
それも大好きなのですが、
このアルバムの「サイレン」も大好き。
何でも、ゴッチが女性視点で書いた歌詞だとか。

もう、この歌詞が

え?私のこと?
って思えてきて・・・・。

(って、同じことをミスチルの歌を記事にした時も書いたっけ
(;・∀・))

「闇をかき分け差し込む光。

今も消えない明日への焦り。
理由もなく止まないその痛み。

誰かどうか見つけて
開かない白い羽。

いつかきっと崩れて
私なんか消えるんだ、きっと。

あなたに出会ったその理由も
分からないまま世界が終わる。」

(「サイレン」歌詞より抜粋)

あと、アジカンといえば、
11月から(ってもう今月だよ( ; ゚Д゚))
初のアリーナツアーが始まるんですよっっ!!!

一番近い、福岡のLIVEに行こうと思ったら・・・・。


11月25日(土)・・・・(´Д`;)

じ、実は・・・・。
この日は、L'Arc~en~Cielの東京ドームLIVEだった・・・
orz


私が二人いたらなぁぁぁ(´Д`;)

人気blogランキングへ

2006年11月 5日 (日)

Lies and Truth 

リアルな日常の私。
自分の本心を偽って生きている。

だから、苦しい。
だから、どこかで、無理が出てくる。

だから、どんなに疲れていても、
毎晩、この場所で、
本当の気持ちを吐露しないと、
自分自身のバランスを保てなくなるのだ。

私、嘘つきなの?

周囲の人間にも。
自分自身に対しても?

でも、大人として世の中を生きていくには、
本心を押し通しては、生きていけない時がある。

例え、自分の本心と逆だとしても、

そうしないと、社会人として、
家庭を持つ人間として、生きていけない。

でも、この場所で吐き出している事は
紛れもない、私の真実の叫び。

そして、

王子に対する愛情。
それも、真実だと胸を張って言える。

それだけが
今の私のプライドなのだ。

人気blogランキングへ

諦めるって。

心の中に
いろんな感情が芽生えてしまっても、
それを全て、叶える事は
もう、出来ない。

ならば、何かを
自分の心に芽生えた感情を切り捨てるしか
ないのだ。

たとえ、それが
痛みを伴う事であっても・・・。

大人として、「生きる」って
そういうことなんだろう。

人気blogランキングへ

2006年11月 3日 (金)

静かなる絶望

11月2日のことですが、
仕事で、上司との面談があった。
(私だけじゃなく、職員全員に行われた面談だけど)

そこで、これから仕事をする上でのビジョンとかを聞かれた私は、
一瞬、頭の中が真っ白になった。

私には、将来のビジョンがない・・・・・。

面談の場では、何とか取り繕ったけれど、
正直なところ、
仕事で、これから先、何がしたいというビジョンとか、
そういう意欲が、私には何もなかった。

そのことに、
私自身が愕然としてしまったのだ・・・。

きっと、社会人なら誰でも持っている将来のビジョンが私にはない。

「もっと、自分のスキルを磨かなきゃ。」
漠然とは思っているけれど、

実際に「じゃあ、具体的に何がしたいの?」と聞かれて、
何も展望を持っていなかった自分自身に絶望してしまったのだ。

私は、何のために働いているの?

家庭の収入をもっと、増やすため。

もし、将来何かがあって、王子と母子家庭になったとしても、
王子を大学までは進学させるだけの経済力は持っていたいから。

実のところ、ただそれだけなのだ。

でも他のみんなは、もっと自分を持って、
誇りを持って生きているに違いない。

これから、こんなスキルを身につけて、
こういうプロジェクトを持って・・・とか、
きっと、みんな前向きに仕事をしているんだ。

私、自分が情けない。

一旦、自己嫌悪に陥ったら、私の悪い癖で
私の自己嫌悪は、自己否定に繋がり、
そして、これからの人生に絶望感すら感じてしまった。

王子と平穏な暮らしをしたい・・・。
本音はただそれだけなの。

でもそれだけじゃ、
仕事を持ついち社会人として失格に思えてきて、

自分のこれからの生き方をどうすべきなのか・・・って
悶々とひとりで悩み始めてしまった。

もともと、
キャリア志向など最初からなかった。

ただ、親から自立する為には、大学を卒業したら、
何が何でも就職しないといけなくて、
運よく今の職場に就職しただけ。

結婚したら、子どもが出来たら、
仕事を辞めて専業主婦になりたいと思ったけれど、

おっとの「仕事を続けてほしい」という言葉と、
周囲の「いまどき、女性も仕事を続けないとダメだ。」
という言葉と、
おっとと対等でありたいという半分は変な意地と、

何かがあった時の為に、
「働けるうちは働こう」というその気持ちだけ。

でも、考えてみたら、私、何も持っていない。
スキルも、将来の仕事に対するビジョンも・・・。

ならば、今からでも、仕事に対するビジョンを持てばいいだけの話。
何も悲観する事でもない。

なのに、全てを悲観的に考えてしまう私は、
自己嫌悪から抜け出せず、また自ら泥沼にハマった。

自己嫌悪から自己否定に思考が行ってしまった私の行き着く先は、
「こんな人間、価値がない。消えたい。」
多分、鬱もかなり入ってきていると思う。

もし、読んでいて不快に思ったらゴメンなさい。

仕事を持っていない人に対する他意は、全くないの。
人の人生や価値観は、本当に人それぞれって思っているから。

これは、あくまで私自身の問題。

私は、自分を好きになれない自分です。
自己評価もかなり低いです。

自分がダメに思えたら、それこそ

「こんな自分、早く消えちゃえ。」
と思って、10代からずっと、ずっと生きてきました。

そんな私が縁あって、王子の母となり、
王子の為に、何があっても、
消えずに生きると決めたけれど、

そんな思考だと、将来、王子が私の手から離れた時、
きっと、私はまた「生きがい」を失くす。

私は、もっと自分自身の為に生きないといけない。
解かっている。

でも、今のままだと、
自分自身の為に生きるという気力が沸いて来ない。

そんな自分に対して、
「静かなる絶望」が襲ってくる。

怖いんです。
生きる意欲がどんどん低下しているようで
自分が怖いんです。

おっとには、それとなく言ったけれど、
私の言い方が、わざと深刻にならないように言ったせいか、
あまり、相手も深刻には受け止めていないようです。

本当は、怖くてたまらない。
叫びだしたいくらいに・・・・。
「誰か助けて・・・・。
弱すぎる私を支えて欲しい。」

でも、きっと他の誰にでも、
私の叫びは届かない。理解すらされない。

単なる負け犬の遠吠えだ。

焦り、不安、焦燥感、絶望・・・・・。

誰にも届かなければ、
誰にも受け止めてもらえなければ、

自分自身で、乗り越えるしかないのだ。

自分が決して、消えたりしないように。
自分でちゃんと、しなくては・・・・。

王子の為に。
自分自身の為に・・・。

人気blogランキングへ

強くならなきゃ・・・。

もっと自分を持たなくちゃ・・・。
 

夢の中ならば、
決して、叶わない事も叶う。

逢いたいひとに逢える。

夢と分かっていても、
このまま覚めないでと、
夢の中の私が、心からそう思った。

でも、所詮、
夢は夢のままで・・・・。

現実に叶わない事は、
所詮、叶わないのだ。

目が覚めた時、

とてつもなく、切なくて・・・。
虚しくて・・・・。

このまま、
目覚めなければよかった・・・。

でも、私は生きてる。

現実の中で・・・・。

ちゃんと、
現実を見据えなきゃ・・・・。

人気blogランキングへ

2006年11月 2日 (木)

光と影

夢の中に、怪獣が出てきているらしく、
寝言で怪獣の名前を言っている王子の頭をそっと撫でた。

王子が私に幸せを運んでくれた。

王子が私の光となっている。

それだけで、十分幸せなのに、
悩みなど、何もないはずなのに・・・・。

愛する王子の頭を撫でて、
幸せな私がいる一方で、
どうしようもない、感情に支配されてしまう
もうひとりの私がいるのだ。

光と影・・・・。

常に私の心には、
相対する二つの面がある・・・。

幸せだけを感じていたいのに、
こたえの出ない、訳の分からない感情が
私の心から消えない。

プラスとマイナス。
光と影。

光に包まれたかと思ったら、
突然、闇に堕ちて・・・。

でも、闇に堕ちても、
その中で、また光を見つけて・・・。

私の心は、その繰り返し・・・。

生きている限り、私は
いや、人は皆、

その狭間で揺れながらも、
生きていくんだろう・・・・。

人気blogランキングへ

何か抽象的な文章で、すみません・・・・。

 

2006年11月 1日 (水)

My Sweet Angel

月曜日の事なんですけどね・・・。

王子が私に向かってこう言ったんです。

「ママ、顔が青いよ。」

え?( ゚д゚)
何か、青いものが顔についているのかな?

と思って、慌てて鏡を見ても、
何も、青いものは顔に付着していない・・・。

「どこに?ママの顔には何にもついていないよ。」

すると、
「ほら!」
と、私の目のあたりを指指す王子。

あ、
王子は、顔に青いものが付着していると言いたかったんじゃない。

私の顔色が悪い事を彼なりに訴えていたんだ・・・・。

確かにその時、私の気分は最悪だったから・・・・。

王子の気持ちに気付いたとき、

私は、自分の心身の不調も忘れて、
王子を抱きしめたかった。

この子は、いつでも私を見てくれている。

たとえ、私が世界中から見放されても、
この子は、私の側にいてくれる・・・・。

本当に王子が愛しいです。

061030_02410001


人気blogランキングへ

今日から11月ですね。

月日が流れるのが、とても怖いけれど、
この子と一緒なら、きっと乗り越えられる。
 

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム