アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

« 出会いと再会 | トップページ | 忍び寄る・・・。 »

2006年11月29日 (水)

DEATH NOTE デスノート the Last name

ようやく、観て来ました!!!!!!!!

5687036_2060054570 「DEATH NOTE デスノート the Last name」

「このノートに名前を書かれた人間は、死ぬ。」

強烈なキャッチコピーと、
その奇想天外な「死のノート」という発想。

そして、
「予測不可能」な展開・・・・。

私はこの原作のコミックを読んで、
その世界観に本当にハマりました。

原作の世界観をこよなく愛している
「デスノマニア」です。

そして、主人公の「夜神月」と対峙する天才探偵「L」
心から愛してやみません(イタイ・・・・。)

原作の大ファンとしては、映画化にあたり多少の不安
(原作のイメージが損なわれないか・・・とか) 
はありましたが、「L」を演じる松山ケンイチさんが、
本当に原作のイメージどおりだったので、一日も早く、スクリーンで

動くL、甘いものを食べるL、
月を追い詰めるLを見たかったのです
(;・∀・)

325401thumb004 ←実写版「L」(〃▽〃)

そして・・・・・、


原作とは異なる衝撃の結末とは?????

以下、映画の感想はネタバレを含みますので、続きに書きます。
↓↓↓

この映画は、6月に上映された前編と、現在公開中の後編の2部構成です。

しかし・・・。
じ、実は、私は前編を観る機会を逃してしまったのです。゚(゚´Д`゚)゚。
でも、前編を観ていなくても、原作を読んでいれば、
違和感なくストーリーに入っていけました。

普通、原作ありきの映画化って、イメージが異なったりと
違和感を感じたり、物足りなさを感じたりする事って多くないですか?

でもこの「デスノート」は、映画も本当に上手く作られていると思いました。

最初、主人公の「夜神月」が藤原竜也って、何かイメージが・・・・、
って思っていたのですが、
(原作の月は、頭脳明晰で美少年だけど、超腹黒い・・・・。)

藤原竜也の夜神月もよかったです。

この物語のキーマンのひとり、「弥海砂」を演じた戸田恵梨香ちゃんも、
難しい役をよく演じていました。
(すっごく、可愛かった!)

それに、何と言っても松山ケンイチが演じた「L」

あー、言葉では言い表せない・・・・・。

原作のコミックは全12巻あり、
映画では省いている部分もたくさんあったのですが、
映画の構成がよかったです。うまく、繋げていました。

そして、誰も知らない衝撃のクライマックスへ・・・・・。

泣きました。
そして、私個人的には、原作よりも納得した形で終わりました。


原作では、どんどん狂気へと突き進んでいって、
腹黒かった月に対しても、
実写では、感情移入すらしてしまいました。

「犯罪者をデスノートで粛清して、新世界の神になる・・・・。」

月のこの思想は、原作では最後まで理解出来なかったし、
今でも、私は月の考えには、同調出来ないけれど、

だけど、
「正義」ってなんでしょうね?

私も実は、思っています。

罪なき、弱い命を己の欲望の為に奪う(子供とか)犯罪者は、
「死刑」もやむを得ないと・・・・。
ただ、その裁きについては、きちんと「司法」という手続きを経ないといけない。

決して一個人の独断で、人を裁いてはいけない・・・・。

個人が神という存在になれば、待ち受けるのは、
ただの独裁世界。

でも月の最初の気持ちは被害者が泣き寝入りしてしまう犯罪を憎み、
法律の限界に無力感を感じていた。

映画の中で印象的な場面のひとつですが、

月が「法律は、人を救ってはくれないじゃないか!」
というニュアンスの事を言うのですが、

ある人間が
「法律は、未完成な人間が作ったものだから。」

というセリフ・・・・。何だか、考えさせられました。

そして、月を追い詰めるL・・・・。

映画を観て、ますますLが好きになりました。

人気blogランキングへ

061129_22480001 名前を書いただけで、人を殺せる
「死のノート」

もし、死神があなたの目の前にそのノートを落としたら、
あなたは、どうしますか?

私は・・・・・・
怖くて、持つ事も出来ないと思う・・・。

しかし、原作どおり、いやそれ以上に甘いものを貪るLを思い出して、
その日の夜は、甘いものが食べたくなって仕方なかった・・・・。
 

« 出会いと再会 | トップページ | 忍び寄る・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

えっ、ラスト、原作と違うの!?
観に行かなきゃ!!!!!

デスノート手に入れたら・・

とりあえずキム・ジョンイルの名前書いとくー
で、焼却処分するー!

こんにちは。

「デスノート」~名前を書いただけで人が死ぬなんて~恐ろしい筋書きなんですね。生まれたら一度は死なないと終わらないのだけど、まだ生きれるのに殺されるのって考えただけでもゾッとします。映画と原作は違うらしいですが、pinguさんはどちらが良かったですか?また教えてね。(*^^)v

うちの姉ちゃんもデスノヲタクなんです(´▽`;)
私もマンガの方にチャレンジしましたが、難しくて途中でリタイヤしてしまって。。。意味が分からない訳じゃないんですよ?
興味あるんですけど疲れちゃって(笑)
また借りてみます。

あんなノートがあったら絶対病んでしまうと思うんです。正義のつもりだったけど一般的に見ると極悪人なわけですよね。
深いですね~
では。

見たい見たい!!
デスノート前編はテレビで見て、すっかりハマりました。

後編、楽しみなのでpinguさんのネタバレは読んでませ~ん(笑)

pinguさん、こんにちは♪
ね、ね、ね、ヨカッタでしょ~~~d(o^v^o)b
pinguさんに負けず劣らず、最近イタイ人になってます。
この話させたら一晩中でも語れる自身があります(笑)
松山ケンイチ”L”。最高でしょ。原作とはまた違う魅力もあったりして、ぞっこんです。

ラストはpinguさんと同じく納得のラストでした。泣いちゃったけど・・・
でも、Lと同じように愛する、ニアとメロの出番が無い(泣)って思ってたら・・・ニアのお面をイメージさせる場面があったり、ラストはメロのように板チョコを齧りながら、ニアのようにチェスをしているLがいて・・・かなり感動してしまいました。

「正義とは優しさ」
これもLの言葉。
凄く説得力あります。
これで、きまりです。

先こされたー
明日見に行こうと思ってるんだけどねー
007みたいから どうしようか考え中!
月は腹黒くったって好きなんだよねー
なんていったって「顔」がいいもん(笑)

ばくちゃん、コメントありがとう!
そーなのよ!ラストはね、原作とちょっと違うの。でも、原作の持ち味は損なわれていなかったよ!!!
ぜひ、ばくちゃんも今すぐ映画館へGO!
でも、ばくちゃんったら、キム○○○○を
なんて、恐ろしい事を・・
(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

s-makoさん、コメントありがとうございます。そうなんですよ。名前を書いただけで(その人間の顔を認識しないとダメなんですが)人間が死ぬ恐ろしいノートを巡るストーリーです。
でも、中身がいろいろと考えさせられる事ばかりで、犯罪者を裁くことについて、正義について、死についてなど、本当に奥が深い話で私は大好きなんです。
原作も映画もどっちも好きですね。

はるさめさん、コメントありがとうございます。
はるさめさんも時間があったらお姉さんから借りて読んでみてね。
>「あんなノートがあったら絶対病んでしまうと思うんです。正義のつもりだったけど一般的に見ると極悪人なわけですよね。」
そうそう、主人公はまさにそうなんですよねー。ありえない話なんだけど、すっごく考えさせられたよ・・・。

はなさん、コメントありがとうございます。
テレビで放映されていた「前編」をご覧になったんですね!!!
面白かったでしょう???
って、私「デスノマニア」のくせして、前編を観ていないんですよー(´Д⊂グスン
後編、すっごくよかったので、ぜひお時間があったら、映画館でご覧になって下さいね。

あばたさん、コメントありがとうございます!
あばたさんも「デスノマニア」になったのね
うれしーーーーい!!!!!
すっごく、面白いでしょう???!!!!
>「この話させたら一晩中でも語れる自身があります(笑)」
私もっっ!!!!
あばたさんと「デスノート」について、一晩語り合いたいよぉぉぉ!!!!!
>「松山ケンイチ”L”。最高でしょ。」
もう大好きですよーーー!!!!
ラスト、泣けたよねーーー。
もう一回、いや2回でも3回でもまた映画館で観たいなぁぁぁ。
早くDVD出ないかなぁぁぁーーー!!!

ayaさん、コメントありがとうございます。
へへっっ!!!先に見ちゃったよー!
ayaさんは「月」派なんだよねー。
私は、「月」の腹黒い顔を見るのが大好きなのだ(;・∀・)(原作のね)
でも、映画の「藤原竜也」の夜神月、よかったよーー!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127414/12872430

この記事へのトラックバック一覧です: DEATH NOTE デスノート the Last name:

« 出会いと再会 | トップページ | 忍び寄る・・・。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム