アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

« のだめカンタービレ~ドラマ第1話 | トップページ | ランニングハイ »

2006年10月17日 (火)

たったひとつのいのち

ここ2,3日のニュースは、心が痛むニュースばかりでした。

「自殺」に関するニュースが多かった気がします。
私は、精神的に危うい部分があるので、
「他人が自ら命を絶った」という内容のニュースは、
わざと見なかった。
わざと聞かなかった。

私の心の奥の奥に隠している、
恐ろしい感情が表に出てきそうだから・・・。

参照「堕ちた月曜日」

でも、ふたつ、頭から離れないニュースがありました。

ひとつは、
「恋人を去年の電車脱線事故で亡くした女性が後追い自殺」したニュース。

初めて聞いた時、とっても切なかった。

亡くなった女性にとって、去年の事故で失った恋人は
本当にかけがえのない存在だったのでしょう。

大切な人が突然逝ってしまったら、後を追いたいと思ってしまう気持ち、
分からなくはないです。

例え、周りの人に
「今、あなたが後を追っても、天国で会えませんよ。」と説得されたとしても・・・。
「彼の分まであなたが生きて。」と言われたとしても・・・・。

遺書にもあったと記憶していますが、その女性は
「生きる希望」そのものを失ってしまったのでしょう。

でも、私には全く面識のない方だけど、生きていてほしかったです。

たったひとつしかないいのち・・・・。

私は、時々「死」について、考えることがあります。

誰も「死後」の世界を本当には知らない。

天国があるのか、地獄があるのか、
それとも、全くの無なのか、

どれも確証はありません。

でも、思うのです。
肉体は、滅んでも魂は残るとしたら・・・・。

人生をもがいて、あがいて悩みながら生きた最期が
「絶望」だなんて、
そんなの悲し過ぎます。

「絶望」の中にいる人は、もうこれから先の希望など考えられなくて、
「死」を思うのでしょう。

でも、私は信じているんです。

いつまでも続く「絶望」はないって・・・・。

いつまでも続く「暗闇」はないって・・・・。

自分自身にそう言い聞かせながら、
今までここまで生きてきたから。

亡くなった女性が、「絶望」だけを抱えて人生を終えた事がすごく悲しいです。

もうひとつ。

「教師のイジメが要因で中2生徒が自殺したニュース。」

学生がイジメが原因で死を選ぶニュースは、
胸が痛くなるくらい多いけれど、

子どもを守る立場の教師が、子どもを「死」を決意せざるを得ない程に追い詰めたことが事実なら、絶対に絶対に許せない。

ここにまた、私は世の中の歪みを見た気がします。

このニュースは、怒りと悲しみ以外に言葉が出ません。

実際に日本は、「自殺大国」とも言われているくらい、
自ら命を絶つ人が多いのが現実です。

もう、自ら命を絶つ人たちを
「弱い人たち」と切り捨てたり、
タブー視したり出来ない事態になってきています。

社会も、この問題に取り組みつつあります。

私自身、弱い人間だから、
「コノヨカラ、キエテシマイタイ」
衝動がある事も事実です。

でも、死んだらそれこそ、もうやり直す事は出来ない。
「絶望」から這い上がる事も出来ない。
再び、「希望」を見出す事も出来ない。

だから、私は今まで生きてきた。

今この時にも、自らのいのちを消したいと思っている方がたくさんいると思います。

でもどうか、目の前の「絶望」にとらわれないでほしいです。

どんなにみっともなくてもいいから、
どこまで、逃げたっていいから、

いのちさえあれば、
いつか必ず「絶望」から逃れられる日が来るから。

たったひとつのいのち。
なくしたら、もう二度と戻っては来ない。

なくしたら、もう二度と笑う事も出来ないから・・・・。

暗い記事でゴメンなさい。
でも、どうしても書きたかったから・・・・。
誰かに、伝えたいと思ったから・・・・。

人気blogランキングへ

« のだめカンタービレ~ドラマ第1話 | トップページ | ランニングハイ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

しょっちゅう希死念慮を抱いてしまう私としても自殺のニュースは見ていて複雑です・・・。以前病院で働いてた頃にODをした学生さん、ハイターをのんだ主婦の患者さん等様々な方にお会いしました。意識がはっきりしたときのその方々の複雑な表情は忘れられません。看護者の私達、患者さんのご家族もなんて声をかけてよいのやらわかりませんでした。「自殺なんてあかんよ」なんて簡単に言えるわけもなく・・・それはご本人も充分わかってることなんで。うーん、うまくは言えませんが精神科医のDrが書いたコラムに一生の運は決められていて誰もが同じだけの運を持っていて、悪いことばかりは続かないと。嘘かホンマかわかりませんけどね(^^;そう信じたいです。教育者と同じく医療者である(あった、ですね)私も気をつけたいです、言葉の重さに

pinguさん、
ありがとう。

pinguさん、こんにちは♪
こういうニュースを聞くと母は必ず
「アホやな~。死ぬ気になったら何でも出来るやろうに・・・」って言います。
「自分一人で大きくなったと思てるのやろか・・・」とも言います。
私もそう思います。
私の命は私だけのものではなく、生み育ててくれた両親やこれから生まれるであろう子供や、そして私に関わる全ての人や物と分かち合ってるモノだと思います。
それを自分一人の判断で無くしてしまうなんて・・・
人の命はそんなに軽くないです。
生きたくても生きることの出来ない人のことを考えて欲しいです。
そういう人の絶望感って計り知れないと思うのです。

Pinguさんが勇気を持って訴えてくださる言葉が多くの人に届きますように。

こんばんはpinguさん。

ホントに最近自殺された方についてのニュースが多いですよね。
特に、子供達やpinguさんもお書きになってる事故に遭った方の婚約者の女性など、他人から見ればまだまだ未来も可能性も沢山ある命が絶たれている。
私も自ら命を絶つ事について…というか過去・現在・未来についての考え方について思う所があるので、記事に書こうと思います。

都合で、トラックバックできなくしてあるので、pinguさんの記事にはトラックバックできません。もしかしたらリンクさせて頂くかもしれないので、もし記事の内容に不都合がありましたら、遠慮なく仰って下さいね。
よろしくお願いします。

yochiさん、コメントありがとうございます。
yochiさんは、病院に勤務されていたんですね。
>「「自殺なんてあかんよ」なんて簡単に言えるわけもなく・・・それはご本人も充分わかってることなんで。」
本当にそうなんですよね。自殺を選んでしまう人達も本当に死にたい訳じゃない。死ぬ事が良いって思って、そんな道を選んでいるんじゃないんですよね。
>「一生の運は決められていて誰もが同じだけの運を持っていて、悪いことばかりは続かないと。」
本当にそう思いたいですね。ありがとうございます。


あきさん、コメントありがとうございます。
あきさん、無理しないでね。
私は、いつもあきさんの事を思っているからね。

あばたさん、コメントありがとうございます。
>「私の命は私だけのものではなく、生み育ててくれた両親やこれから生まれるであろう子供や、そして私に関わる全ての人や物と分かち合ってるモノだと思います。」
そう言い切れるあばたさんは、愛情に溢れた素敵な女性だと改めて思いました。
>「Pinguさんが勇気を持って訴えてくださる言葉が多くの人に届きますように。」
あばたさん、いつも本当にありがとう。

ゆうづきさん、コメントありがとうございます。
ゆうづきさんとはいろんな面で近い部分があると感じています。
幼少時の事。今、現在の肉親との関係。
考え方など・・・・。
後で、記事をゆっくりと読ませてくださいね。

私は、自殺も“病死”だったと思うようにしています。
そうでないと、残された方も、亡くなった方も辛すぎる。
“病死”だと考えてみても、残された方はなんとか救う手立てはなかったものと悩み続けるのでしょうね。。。
“死にたい”って思っている時はまだまだ希望があるって事かも。死にたいという希望。。。言い換えればそれはもっと良く生きたいという事かな?
本当に“死”を選んだ方のどうしようもない“心の闇・絶望感”は、生きている私には理解が及ぶものではないのでしょうね。。。
仕事で、21歳の大学生の男の子が亡くなったご葬儀の担当になった事があるんだけど、今、思い出しても泣けてきちゃいます。
親御さんの悲しみは察するに余りあります。
それでもお父様は「○○なりに最後まで、最後まで頑張って一生懸命生きたのだと思います」って涙ながらに言ってました。
一人暮らしをしていたから、それはそれはショックだったと思います。
できるる事ならなんらかの手立てで、死に至る病からの回復をして欲しいものです。


youさん、コメントありがとうございます。
>「私は、自殺も“病死”だったと思うようにしています。そうでないと、残された方も、亡くなった方も辛すぎる。」
私も同じ考えです。自殺者のほとんどは、鬱を患っていると聞きます。そういう観点からすると、
本当に「病死」の一種と思いますね。
>「本当に“死”を選んだ方のどうしようもない“心の闇・絶望感”は、生きている私には理解が及ぶものではないのでしょうね。。。」
その事についても、youさんと全く同感です。
この件については、本当にyouさんと同じ意見を持っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127414/12313716

この記事へのトラックバック一覧です: たったひとつのいのち:

« のだめカンタービレ~ドラマ第1話 | トップページ | ランニングハイ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム