アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

« 笑えない時・・・。 | トップページ | 笑顔 »

2006年8月31日 (木)

人間なんて・・・。

「人間なんて、ララ~ラ~ラララ~」
って歌、知っています?

何か昔、「ちびまる子ちゃん」をテレビで観た時に、
まる子ちゃんがこの歌を歌っているのを聞いて、

「えらくシュールだけど、インパクトのある歌だな
( ; ゚Д゚)」

頭にこびりついて、離れなかった事を覚えています。

でも実は、今の私の心境はまさに、この歌のとおりです・・・・。

少し前にネットで騒ぎになった、このニュース覚えていますか?
女流作家が動物殺しをエッセーで告白
読んで不快になる方もいらっしゃると思うので、エッセーの詳しい内容は、
上記のリンク先をご覧下さい。

私もこのエッセーの内容は、ネットで読みました。
そして、とっても不快な気持ちになりました。

私はこの作家の本を何冊か読んだことがあるだけに、
余計に残念な気持ちになりました。

この作家は「社会に対する責任として動物の子殺しを選択した。」
と書いています。

「避妊手術のほうが、殺しという厭なことに手を染めずに済む」と書き、

「『生』の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した。
もちろん、それに伴う殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである」
と最後に結んでいます。

本人は、正論を言っているつもりでしょうけど、
おかしくないですか?

これって人間に例えると、子どもを育てられないカップルが避妊をしないで、
生まれた赤ちゃんを殺すのと同じと考えるのは、私の考えが浅いからですか?

「この世に生まれた命を殺す」事ほど、残酷な事ってないと思いますが・・・。

命が増えて困るのなら、屁理屈こねないで、命が増えないようにすればいいじゃないですか?
社会に対して責任が取れないなら、最初から動物を飼わなければいい。
それだけの事じゃないですか?

私は動物が好きです。特に猫が大好きです。
でも、相手にはちゃんと命があるのだから、その重みを考えると、
ずぼらな私は、責任を持って飼う事が出来ませんでした。

ただ6歳の王子は、犬を飼いたがっているので、もう少し大きくなったら、
命の重さ。動物を飼う責任を十分に教えたいと思います。

その上で、「責任を持つから、それでも飼いたい」というのなら、
その時に、また考えようと思っています。

人間も犬も猫も、命の大きさは同じです。
動物は人間と会話が出来ないだけであって、人間同様感情があります。

でも何か人間は、大きな勘違いをしている気がします。(私も含めて)

この地球、いや宇宙で人間が一番、偉いと思っている。
確かに人間は、他の生き物と比較して、遥かに高度な知能を授かった。

その知能は、さまざまな文明を生み出した反面、無意味な争いを繰り返して、
地球を破壊し続けている。

人間以外の生き物は、ただ自分達の種を守るために、生存競争を繰り返して、
そこには、確かに弱肉強食という過酷な現実もあるけれど、
あくまで、それは自然の流れに沿ったもの。

でも、人間はどうだろう?
自然の流れに逆らって、今まで破壊を繰り返したツケが来ている。

また人間の住む地球自体、宇宙から見たら、ちっぽけなのに、
「冥王星、降格」やら「冥王星、格下げ」ってさ。

ただ、遠い星を発見した学者の功績は、すごいと思う。

冥王星を発見した当時は、きっと世界は沸いたでしょう。
(その当時、私は生きていないから分かんないけど)

でも、「天文学者」達から冥王星は惑星の定義から外れるから、
今度は、「格下げ」

「さよなら、冥王星」って・・・・orz
おいおい・・・。冥王星、消滅してないんですけど・・・(´Д`;)

人間は、いつのまにか宇宙も自分達のものと思っているの?

宇宙から見たら、人間なんて本当にちっぽけなのにね。

人気blogランキングへ

なーーぁんて、地球に優しい事を実践していない口だけの私が、
超偉そうな事を言ってみました(;・∀・)

私ももっと謙虚に、 そして地球に優しく生きてみよう。
(最後に、動物を飼っている方が読んで、不快な文章だったらゴメンなさい。)

« 笑えない時・・・。 | トップページ | 笑顔 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
メンタルな病気を持ちつつ、でも、とりあえず日々を
過ごしているかりんと申します。

女流作家のコラム、私もネットで見て愕然としました。
言葉を難しくしてるだけで、言ってることは、矛盾。
飼い猫だって、子猫取り上げられて、それが猫のため
なんて(TT)

そうそう、アニメや漫画も大好きです。
これからも時々寄らせてくださいませ。

pinguさん こんばんは。
体調のほうは如何ですか?

「人間なんて、ララ~ラ~ラララ~」
もちろん知っています。
今、“つま恋コンサート”の記事書きました^^;


うちには犬(雑種)が2匹いて、親子なんだけどね。
避妊手術をしてなかったので、アッという間に妊娠しちゃってね。で、1匹だけ貰い手がなかったのでそのまま飼っているの。だから2匹いっぺんに避妊手術をしたんだけどね。
当時3年生の息子が「1回だけ、1回だけ子どもを産ませてあげて、それから手術して」って必死に頼んだのね。
でも、貰い手がないと困るからって説得したんだけど、その事も何故かずっとひっかかっています。
これも人間の傲慢なのかしら?
でも、とにかく授かった命は大切にしてほしいです。
(人口中絶の問題も含めて)

>でも何か人間は、大きな勘違いをしている気がします
ほんとにそうですね。生に対して、傲慢になっているっていうか。。。
もう少し人間であるという事に謙虚な姿勢で生きたいです。

デザイン変わったのですね。
「次の日ケロリ」っていうのはいいですね(^^*

こんなことを、あの作家さんが書いてたなんて知りませんでした。
ショックです。
直木賞をとった「山妣」とかって母子の愛を描いてたんじゃないのですか?私の思い違いだったのでしょうか。

命あるものは生きる権利を持っています。
それを奪い去る権利は誰にも無いはず。
ましてや勝手な思い込みで・・・
ネコはあなたの手から逃れようとあがきませんでしたか?生きたいと思っていたんじゃないですか?

手を差し伸べる・・・皆が安心して生きることの出来る・・・人も動物も草木も・・・そんな世の中にしようと・・・手を差し伸べることは出来なかったのでしょうか・・・。

こんにちは。

例の女流作家の記事は私も読みました。不快感を覚えたような気がします。やっぱり生まれてきた命は大事にするのがこの世の基本かなと思っています。
みんながこれを守っていれば争いも起こらないんじゃないかとも思います。
でもこれがなかなか簡単じゃあないみたいです。でも私たちだけでも頑張って、守っていけたらと思います。☆§^。^§

テンプレ、かわいいですね。

子猫殺しの話、小説だと思っていたら、事実だったんですね。唖然としました。信じられないですね。
この世に生まれた命こそが尊いのに…。
生まれてきた子猫を殺すなんて、猫好きの私には想像したくもありません。
少なくとも、子供達にこういう情報を聞かせたくはないですね。

遅ればせながら・・・我が家も犬飼ってます。オスですが、去勢手術しています。手術することも人間の傲慢と言う考えもあるでしょうが、育てられない命を産み出して殺すほうがよほど傲慢だと思うので。猫の子殺し、新聞で読んで、胸が悪くなりました。

かりんさん、始めまして!
当ブログにお越しいただき、感謝です!!
>「言葉を難しくしてるだけで、言ってることは、矛盾。飼い猫だって、子猫取り上げられて、それが猫のためなんて(TT)」
本当におっしゃるとおりだと思います。
>「これからも時々寄らせてくださいませ。」
うれしいです!是非、またお越し下さいね!


youさん、コメントありがとうございます。
この記事を、実際に動物を飼っておられる方が読んだら、嫌な思いをするだろうなと
例の作家のエッセーの件を取り上げるのは悩んだんです。
でも、私の中のモヤモヤが消えなくて・・・。
>「でも、とにかく授かった命は大切にしてほしいです。」
そうですよね。動物だって命があるんだもの。
生まれてきた命を奪う事を正当化するのは、
それこそ、人間の傲慢ですよね・・・。
>「もう少し人間であるという事に謙虚な姿勢で生きたいです」
分かっているけれど、それを実践するのって、難しいですよね・・・・。


あばたさん、コメントありがとうございます。
読んで、不快になったでしょう?
ゴメンなさいね。
この作家のエッセーの件、とりあげてよかったのか、今も思っています。
>「命あるものは生きる権利を持っています。それを奪い去る権利は誰にも無いはず。」
そうですよね・・・・。
あばたさんのコメントには、全ての生きるものへの愛が溢れていますね。
私も改めて、考えさせられました。

s-makoさん、いつもコメントありがとうございます。
s-makoさんも例のエッセーを読まれたんですね。
>「やっぱり生まれてきた命は大事にするのがこの世の基本かなと思っています。」
そうですよね。でも、この基本が人間は出来ずに争いを繰り返して、自然を破壊しているんですよね・・・。

はなさん、コメントありがとうございます。
私の書いた記事で不快な思いをさせてしまったらゴメンなさいね。
どうやら、これは小説ではないようです。
悲しいけど・・・。
>「少なくとも、子供達にこういう情報を聞かせたくはないですね。」
本当に、王子には絶対に聞かせたくないです。これが正しい事と子ども達が思ったら悲しいですよね・・・。


kiroro23さん、コメントありがとうございます。
kiroro23さんは、犬を飼っているんですね。
私の記事で不快に思ったらゴメンなさいね。
>「育てられない命を産み出して殺すほうがよほど傲慢だと思うので」
本当にそのとおりだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127414/11708760

この記事へのトラックバック一覧です: 人間なんて・・・。:

« 笑えない時・・・。 | トップページ | 笑顔 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム