アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

« ようやくゲット! | トップページ | 苦情 »

2006年5月19日 (金)

アイデンティティー

私のブログには、最近だんなさんのことは書いていませんが、
実は同じ同業者です。
まぁ、部署や働いている建物は違いますけどね。

それでも仕事上、私の上司とも色々とやりとりがあるんですね。

だんなさんは、仕事関係の人達に非常に評判が良く、
私は「その仕事が出来る○○さんの奥さん」
という目でも職場で見られていると思います。

まぁ、別にライバル視とかは、全然していませんけどね。
私は、出世欲って全然ないし・・・・。
ただ、だんなさんの顔に泥を塗らないように(おおげさですが・・・)
それなりに気は使っているつもりです・・・(汗)

昨日、だんなさんと仕事のやりとりをしている上司からこんな事言われました。

「pinguさんのだんなさん、電話の声がいつもと違ったようだけど風邪なの?
pinguさん、栄養あるものを食べさせて、風邪をひかさないようにしないとね。」

何だかその言葉を聞いて、なんていったらいいか分からないけど、
私はすごく、違和感を覚えました。

上司は、善意で言っているのは分かるんだけど・・・・。

そもそも、相手は大の大人なのに、「食べさせる」って?
だんなさんが風邪をひいたら「奥さんのせい」?

(また、私の得意な(?)被害妄想が始まった・・・( ; ゚Д゚))

よく、逆のパターンもありますよね。
だんなさんだけが働いている家庭で、夫婦ゲンカの際に

「誰が喰わせていると思っているんだ!!!」
(今時、そんな事を言う人っていないかな?)

「食べさせる」とか言う表現、何か変。
同じ対等な人間なのに・・・・。
それとも、そう思う私が変なのかな?

でも、共働きでも、まだまだ周囲の意識は

男の人→仕事
女の人→仕事、育児、家事

のような気がします。

でもね、

私はいったい何なの???
奥さんであり、王子の母親であり、そして、正職員として組織で働く一社会人。

どれも私なんだけど、何だかよく分からなくなった・・・。
(え?私って頭悪い???)

でも、もし逆の立場だったら???
私が風邪気味だったとして、
上司は、私のだんなさんに
「pinguさんに栄養あるものを食べさせてね。」って言うのだろうか?


男女平等とか唱えても、やっぱり、まだまだ違う。

まぁ今ここで「フェミニズム」について、どうこう言うつもりはないし、
私もそこまで、「女性の地位向上云々」って熱く語るつもりはないんだけどね。

(もともと、ゆるーい人間なので( ; ゚Д゚))

だけど、むかーしブログのコメントにも書いてあったんだけど、
夫婦ってやっぱり、どうしても対等になろうと思うと無理が生じるのかな?

奥さんは、どんなに外で仕事をしていても、それが家族の為に働いていても、
家のこと、子どもの事は放棄出来ない。

おっとは???
仕事が忙しくても、妻も仕事しているから、
「今日は夕ご飯の支度があるので残業出来ません」っていう男の人って
一体、どれくらいいるのかな?

働く主婦が、仕事の付き合いで遅くまで飲んでいたら、
「子どもやだんなさんはほったらかしでいいの?」ってみんな思うのに、

男の人が遅くまで飲んでいるのは、よくある光景。

まぁ、そんなこと言い出したらキリがないけどね。

私自身の考えは、
「夫婦共働きの場合、キッチリ役割を最初から決めないで、
時間が空いている方が家の事をする。」
それが一番、いいと思っているんだけど、

でも、どっちも忙しい場合は???
旦那さんは、いくらでも「仕事が忙しい」を口実に出来るけど、
働く主婦は、忙しくてもバランスよくやらないといけない。

何だか、最近、自分の役割について、ふと考えてしまって、
自分が一体何なのか分からなくなる。

アイディンティティーの喪失ってやつ・・・・。

そういうことが積もりに積もって、ストレスになるんだなぁ。


もっと、話し合わないといけないって分かっているんだけど・・・。

« ようやくゲット! | トップページ | 苦情 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うちの業界は先頭きって男女平等!!なんて唱えてるけわりに女性役員も少なし、女性職員なんて蚊帳の外。
さらさら平等になるつもりないけど、あまりにも格差があり
すぎて、一体私達は・・・何?
家庭でも家政婦扱いはぶち切れるわね(-_-メ)
>私自身の考えは、「夫婦共働きの場合、キッチリ役割を最初から決めないで、時間が空いている方が家の事をす
る。」それが一番、いいと思っているんだけど、
さんせー!!私も同感です!

コメントご無沙汰してました。

男女共同参画、なんて言っても、所詮家事は女性がするもの、っていう観念は変わってないよね。
未だに男性は仕事を理由に、堂々と家事、育児に非協力的な姿勢をとれるのだけれど、女性はそれをやったらすぐに批判されてしまう。
私もずっと疑問を感じています。
なので娘の結婚相手は、自然と家事・育児を一緒にやっていってくれるような男性がいいなと願っているのですが…。(私はそれで失敗しましたので(笑))

男性と女性は体力や性格、考え方が基本的に違うと思います。
なので、仕事をこなすにしても、それぞれ得意分野が違うと思う。
男性が力仕事や営業職が得意なら女性は正確さが求められる事務職が得意だったりする。
男女平等ってそこを理解せずに言うから上手く回らないんだと思います。
女性が職場で軽く扱われがちなのって、そこんとこ勘違いしてる人が多いからなのではないでしょうか。

pinguさん こんにちは。
pinguさんのダンナさまくらいの年齢(30代後半?かな)の方なら、もう少し家事・育児に参加しているのかと思っていました。

“求む!猫村さん”の記事にも書いてあったよね。
  >疲れた身体に鞭打って、王子のお迎えで幼稚園       へ。
   そして、夕食の買出しにスーパーへお買い物。
   手抜きだけど、夕ご飯の準備にお洗濯・・・・。

   だんなさんの方が先に家に帰っていてくつろいでい      るし。
   おまけに
   「ご飯は?」って・・・・・。

   「台所見たら分かるでしょっっっ!!!」

これじゃあ、怒り爆発ですよね。ハァー・・・
わかります、わかります。

    >そもそも、相手は大の大人なのに、「食べさせ       る」って?
     だんなさんが風邪をひいたら「奥さんのせい」?

「食べさせる」って表現変です。変です。
大人が風邪をひいたら、自分の自己管理が悪いからです。だ~れのせいでもないです。自分のせいですよ。

仕事・家事・育児で忙しいのに、オットの世話ませできませんよ~っ。
(暇でも、出来んが・・・)

pinguさんは正社員で働いているんだから、一人で抱え込みすぎだよ。
これじゃあ、心身共に疲れちゃうと思います。
無理しすぎないようにね。


なみさん、コメントありがとうございます。
同じワーキングマザーのなみさんなら、このもやもやを分かち合えると思っていました。
私もね、別に「男女平等っっ!!!」て熱く唱えるつもりはないの。
でも、最近、何だか腑に落ちないことが多くて・・・。
>「さらさら平等になるつもりないけど、あまりにも格差があり
すぎて、一体私達は・・・何?」
本当に、一体私達は・・・何?って思ってしまう。どこにも安らげる場所がないよ・・・。


はなさん、コメントありがとうございます。
>「男女共同参画、なんて言っても、所詮家事は女性がするもの、っていう観念は変わってないよね。」
うん、うん。本当にそうですよね!
私は家事が上手じゃないし、手抜きばかりなので、あまり偉そうな事は言えないってずっと思ってきたけど、何かもう疲れちゃった・・・。
最近、「結婚って一体何だろう?」とまで
思ってしまいます・・・。


あばたさん、コメントありがとうございます。
あばたさんのコメントどおりだと思います。
私も記事で言葉足らずだったと反省していますが。
男性は男性、女性は女性の役割というか、
得意分野って確かにありますよね。
力仕事はまだまだ女性は男性にはかなわないし、
細かい作業は、女性の方が得意とか。
同じ土俵に上がる気はさらさらない。
だけど、最近、いろんな事に疲れてしまって、
つい、愚痴を言ってしまいました・・・。


YOUさん、コメントありがとうございます。
すっごくうれしかったです。
うちのだんなさんは、30代後半よりも少し若い世代です(;・∀・)
うーん、結婚当初はそうでもなかったけど、
でも、どんどんだんなさんの仕事の方が忙しくなってくると、「妻である私がやって当然」って感じになってきました・・・。
>「「食べさせる」って表現変です。変です。
大人が風邪をひいたら、自分の自己管理が悪いからです。だ~れのせいでもないです。自分のせいですよ。」
疑問を感じていたのが私だけじゃなくてよかった・・・。
何か、もう結婚そのものに疲れてきた気がします・・・。

自分がいっぱい、いっぱいだと、心に余裕がある時の自分とは違った言動や思考をしたなー、って自分自身を振り返って思い出しました。私がいっぱい、いっぱいだった頃、私の欲しいもの(物ではなく‘人’だったり、‘状況’だったり‘地位’)を持ってる良い友達に冗談で甘えたこと言われた時、なんか、「甘えるんじゃねー」と言わないけどなんだかスゴク腹がたったのを覚えてる。なんで、意地悪とかされたこともない友達に腹がたったのか。
Pinguさんも、今、大変だから「はぁ?ダンナ?? 子どもの面倒見る上にダンナの面倒も見れっていうの??ごはん作っているでしょ、ごはん!!で、なにか!!文句ある?」と プチ切れ、頭によぎったのでは?。たぶん、PINGUさんも、いっぱいいっぱいな状態でなければ、また違うように受け止めることができたかもしれないね。
ところで、Pinguさんは息子さんにどういう教育する?結婚について。いや、先日、職場の人と集まった時、50代の大学生ひとり息子を持つ母親は「だからね、わたし息子に料理だけはきちんとする人を嫁にしなさいって口すっぱく言ってるのよ」と。一方、30代の小学生のひとり息子をもつ母親は「え~、私は何でも自分で出来るようにならないと、お嫁さん来ないよ!って家事は出来るようにするつもり」と。
話はそれたけど、結婚生活って難しいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127414/10134310

この記事へのトラックバック一覧です: アイデンティティー:

« ようやくゲット! | トップページ | 苦情 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム