アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

« 親子遠足 | トップページ | 私を蝕むもの »

2006年4月17日 (月)

いま、会いにゆきます~ふたたび

日曜の夜に、テレビで放映されていましたね。

「いま、会いに行きます」

何で、今の時期に放映なんだろう??

この物語は、「梅雨の季節」に見てこそ、
より深みを増すのになぁとか思いつつも、

もちろん、観ましたよ。

なんていったって、pinguは
「いま、会いに行きます」の大ファンなので!!!!!!!

原作、映画共に大好きです。

ほら、このブログの左下にアフリエイトなんかもしちゃってるし!!!!!

「いま、会い」の信者と言っても過言ではないくらいです( ; ゚Д゚)

pinguって、いろんなものの信者だな・・・・。

「HYDE」に「椎名林檎」に「ハチミツとクローバー」に・・・・( ; ゚Д゚)

んで、「いま、会いに行きます」についての感想を・・・。

実は、この「いま、会いにいきます」については、
pinguがブログを始めたばかりの去年の8月にも、恥ずかしながら記事に書いたんです。
(/ω\)

「映画:いま、会いにいきます」

初めて、映画のレビューをその時に書いたんだけど、
何か自分の過去記事を読み返すと、(/ω\)ハズカシーィ

まぁ、相変わらずpinguの涙腺は、ずっとゆるみっぱなしだった。

ひとりで見ていたら、きっと号泣してただろう・・・・。

今回は、王子も「これって、ママが天国に行くお話なの?」って少しは理解してましたが、
王子は、すぐに飽きたみたい( ; ゚Д゚)

この物語。あり得ないといえば、あり得ないかも知れない。

(でも、未来を予知する人間ってもしかしたら、本当に存在するかも。
ノストラダムスみたいに・・・・。)

この物語は、読み手、見る側の置かれている状況によって、
感想が全然違うかも知れない。

現在、恋愛真っ只中っていう人は、澪と巧の純愛に泣けるだろうし、
(澪と巧のシーンは、あんまり感情移入しなかった。
あぁ、運命の人かぁ・・・・くらいな・・・)

子どもがいる人は、澪と佑司の親子愛に泣けるだろう。
(私は、後者の澪と佑司の親子愛にずっと泣いた。)

私には、リアルで佑司と歳格好が同じな息子がいるから・・・・。

しかも、佑司の髪型って、ちょっと前の私の王子の髪型と全くといっていいほど同じ!!

歳も1歳違い!!!!!!!!

もう、感情移入しまくりっっ!!!!!

別れが来る事を知っているから、家族の幸せな場面も泣けたし、

澪が自分がもうすぐ、消える運命にあることを知って、
息子、佑司の誕生日のケーキを佑司が18歳になるまで、12年間分の予約をするところでも泣いた。

で、あの別れのシーン、

澪が佑司に向かって、

「素敵な大人になってね。
(原作では、「ママは見届けることが出来ないけど」・・・のセリフもあり)」で、
私の涙腺は決壊寸前だった。


私がもしも、澪の立場だったら・・・・

自分の未来を知ってしまったら、
自分が28歳で死ぬという運命を前もって、知ってしまっても、

その人生を選択しただろうか???

私も澪同様、かわいい王子に巡り会えた。

王子をこの世に迎え入れる為ならば、

私もたとえ、早く死ぬ運命が待っていようとも
その人生を選択するだろう。

私たちは、「死」の時間と場所を選べない。

たとえ、短い人生でも、澪は本当に幸せだっただろう。

人はいかに長く生きたかではなく、
短くてもいかに、その人生を生きたか・・・・
じゃないかな・・・と。


やっぱり、pinguは、この物語が好きです。

意外(?)にも、この物語の作者は、男性なんですよね。

澪は世の男性の理想像なのかな?

映画で澪役を演じた「竹内結子」
個人的にはそんなに好きでもないけど、

この映画に関しては、本当に神演技だったと思う。

中村獅童の巧も原作のイメージを壊すことなく、すごくよく演じていた。

( ゚д゚)ハッ!そういえば、この二人、リアルで結婚したんだよね!!!!!

人気blogランキングへ

余談ですみませんが、pinguは今、髪が伸びて、
映画の澪(竹内結子)と同じ髪型になっている(ボソッ)

いや、竹内結子に似ていると言いたい訳ではなく・・・( ; ゚Д゚)

« 親子遠足 | トップページ | 私を蝕むもの »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪お久し振りです。中々、顔を出せなくて・・・。
でも、そう言えば『タグふれ』やってたなぁ、って思い出して、
タグふれから飛んで来ました♪
今、mixiに再入会したんだけど、辞めたい気持ちで一杯で、
全くアクセスしてないあたし。
良かったら、又、遊びに来てね♪
ブログの感じ、随分変わったよぉ。

因みに、話は全く違うけど、あたしのところでは、
『恋におちたら』の再放送してんの♪ツヨポン主演だから
見逃すわけが無い (苦笑) 明日もあるから、楽しみ♪
じゃあ、又、遊びに来るねぇ (*^-^*)

このお話のイメージはやっぱり初夏。
何故、今、放映なんでしょうね。
竹内結子さんが出産後、ひさびさの復帰だからかな~。

このお話、心温まりますよね。
優しい空気が全体に流れてて。
雨嫌いな私が、雨もいいかな~て思ってしまいました(笑)

栞さん、お久しぶりです!!!!
なかなか、栞さんのブログに行けなくてゴメンね(>_<)
mixiに再入会したんだ!!!
でも、辞めちゃうの???
まぁ、私もいろいろとあるけどね。
今度、栞さんのブログに遊びに行くね!!


あばたさん、コメントありがとうございます!!!!
そうそう、やっぱり、梅雨か梅雨明けの初夏のイメージですよね。
桜の季節に「ひまわり満開」って・・。
え?竹内結子って本格的に復帰するんだ???
このお話は、私にとっての大切な宝物です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127414/9628812

この記事へのトラックバック一覧です: いま、会いにゆきます~ふたたび:

« 親子遠足 | トップページ | 私を蝕むもの »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム