アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

« 悪い癖 | トップページ | 夜の闇 »

2006年3月 4日 (土)

皇女和宮~歴史を旅して

今日の「世界ふしぎ発見」で
「皇女、和宮」のことが取り上げられていました。

「和宮」については、江戸時代末期の幕末を語る上で、ある意味欠かせない人物かも知れません。
また、日本史にあまり興味がない方でもあのドロドロしたドラマ「大奥」にも出ていたので、そっちの方で知っている人も多いかも・・・・・。
(確か安達祐美ちゃんが演じていた)

「和宮」は江戸時代の末期に天皇の娘として生まれながらも、
当時の政治の混乱に巻き込まれ、 「公武合体」という名のもとに、天皇家から将軍の妻として、政略結婚させられました。
(昔は政略結婚自体、多かったけどね。好きな人がいても、無理やり他の人のところへ嫁がされるの)

13代将軍家茂と結婚するんだけど、最初は政略結婚だったのに、二人の間には、本当の愛が芽生えます。

お互いに、愛し合い、思いやっていたんだけど、
不幸なことに家茂将軍は、21歳の若さで病死します。
確か、旅先で亡くなったようで、死の知らせと共に、和宮の元には、今は亡き夫からの贈り物(着物)が届けられるんです。

そこの再現シーンで、ドラマでも映画でもないのに、不覚にも泣いてしまいました。

将軍亡き後、和宮は自分のふるさとでもある京に帰ることも出来たのに、和宮は江戸城に留まります。
亡き夫の供養の為に・・・・。

確かその時の和宮はまだとても若かったと思う。
なのに、その決意を思うと、何だか胸が熱くなりました。

そして、歴史の渦が彼女を飲み込みます。

「討幕運動」が激化して江戸城が陥落寸前となるんですが、

そこに和宮が、京へ何度も手紙を送るんですね。和宮のおかげで江戸城は、明渡しだけで済んだのかもしれない。

今風に言ったら「和宮、グッジョブ!!!」っていったところでしょうか。
(って誰も言わないか( ; ゚Д゚))

でも、その和宮も32歳という若さで病に倒れます。
病の床で、和宮は長年自分に使えていた侍女を呼んでこう言うのです。

「自分の亡骸を亡き夫家茂の墓のそばに埋めてほしい」と・・・・。
・゚・(ノД`)

今、和宮は生涯愛し続けた夫のそばできっと、安らかに眠っているでしょう。

何かね、32歳という短い生涯だったけど、激動の人生だったかも知れないけど、
この人ってきっと幸せだったんだなーって思った。

人をここまで愛し抜いて、そして、強い信念を持って生きて・・・。

私はそんなふうにきっと、生きられないな・・・・。

私ね、実は学生の時はちょっとした日本史オタクだったんですよ。

何かね、昔の人の生き様を知るのが好きだったんです。

今は忙しくて、日本史に関する本は読んでいないけど、
今日、「皇女和宮」の事をテレビで見て、私の歴史オタク心に火がついたって感じ(笑)

現在っていうのは、過去の積み重ねであって、過去の数え切れない人々の血と汗と涙で
現在があるんだよね。

そして、未来を作っていくのは私たちでもあるんだ。
なぁーんて、私は何にも出来ないけどさ。

でも、人間の歴史って血の流し合いだよね・・・・。

人気blogランキングへ

« 悪い癖 | トップページ | 夜の闇 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

pinguさん、こんにちは!
私もこのての歴史物のお話好きですよー。
日本の歴史には弱いのだけど、最近では中国の歴史にハマッたりしていました。
そういった政略結婚などの辛い人生を送った、数々のエピソードありますねぇ、日本でもヨーロッパでも・・・。
歴史の紐をといていくほど、人間の感情の運びなどは昔も今も変わらないものだと思ったりします。
そう、今現在も歴史の一部になっていくんですよね。
そう考えると、歴史の人物達のように、私たちは一生懸命生きてるのかどうか・・・考えさせられますね。

ジュンさん、コメントありがとうございます。
うわぁぁぁ!!!
ジュンさんと趣味が一緒なんてうれしい!!!
私ね、日本史が好きでね、特に歴史の影で支えた女の人の歴史を読むのが好きなんですよ!!
そうそう、今現在も歴史の一部になっていくんですよね。
>歴史の人物達のように、私たちは一生懸命生きてるのかどうか・・・考えさせられますね。
考えた!!考えた!!
いつか、ジュンさんと歴史の話をしてみたいな!!

私も日本史大好きです。皇女和宮のテレビは見てないんですが(^_^;)
今、kissっていう漫画雑誌で「とはずがたり」(鎌倉時代の古典)の漫画を連載してて、ネットでいろいろ調べたりしてはまってます(^_^)v

うつママさん、お久しぶりです。
来て下さってありがとうございます。
体調はいかがですか??
同じ日本史好きなんですね。
鎌倉時代の古典かぁー。面白そうですね。
結構、歴史漫画もみて、「あさきゆめみし」はもちろん、あれなんだったかなー「聖徳太子」の漫画もありましたよね。
あと、「大化の改新」の頃の漫画も。
あー、何か読んで見たくなったナー。
また、うつママさんのブログにもオジャマしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127414/8944420

この記事へのトラックバック一覧です: 皇女和宮~歴史を旅して:

« 悪い癖 | トップページ | 夜の闇 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム