アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

« 息子の面接 | トップページ | 例え・・・。 »

2006年2月19日 (日)

罪と罰

ただでさえ、日曜の夕方は鬱になるのに、今日はこんなDVDを観た。

「深紅」

B000BQ5L2U (ストーリー)

ある殺人事件が産み落とした被害者と加害者の娘。
家族を惨殺され、自分だけ生き残ってしまった少女は、家族に対する罪悪感で心からの笑顔が作れなくなる。
一方、幼い子供までの命を奪った父親の罪を自分が犯した罪のように感じ続ける少女。この決して癒す事が出来ない傷を持った二人の少女が成長し、出会ってしまう時、どんな運命に導かれるのだろうか。

あまりに重いストーリーなので、いつものようなレビューにはしません。

ちなみに、この原作者は、この話を書いた後、自らの命を絶っています。

この映画の中で、一家殺人というおぞましいシーンが出てきます。
ただ、その大罪を犯した加害者も、もともとの悪人ではなかった・・・。
その加害者が取り返しがつかない大罪を犯すシーンで、恐怖とは違った感情で涙が溢れてとまりませんでした。

私たち、いや少なくても私と私の身近な人間は、
殺人や傷害、強盗という大罪は今のところ、犯していません。

でも、命を奪うような大罪は犯さなくても、人の心を傷つけるような罪は、誰でも犯しているでしょう。
私だって、今まで生きてきた人生の中で、きっとたくさんの人の心を傷つけた。

もしかしたら、私自身が気が付かずに、傷つけた人もたくさんいるかも知れない。
「無知ほど罪はない」という言葉を聞いたこともある。

私は自分という人間を過少評価していたから

「私なんかの言葉や態度で傷つく人なんているわけない」と思っていた。
でも、それがそもそもの罪だった。

犯罪を犯せば、償わないといけない。

罪を犯せば、罰を受ける。

私は、「誰も傷つけたくない」といって、他人との接触をなるべく避けてきた。

でも、これからも生きていく以上、それは避けられない事かも知れない、いや、きっと避けられないことなんだ。

でも、目に見えない罪を犯した場合には、
心を傷つけるという罪を犯したら、いったいどうやって償えばいいんだろうか?

人気blogランキングへ

何か重い記事でごめんなさい・・。

 

« 息子の面接 | トップページ | 例え・・・。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ここ数日読んでなかったpinguタンのエントリ、
まとめ読みしたよー。いつもながら読み応えアリ!
ここへ来ると、立ち止まっていろんなこと考えさせてもらえるのよね。
すごく有意義な時間を過ごさせてもらってるよ。

さて、人の心を傷つけたらって話。
よくあるよね、意図せず傷つけることも傷つけられちゃうことも。
つまり、他人と触れ合う以上それはお互い様なんだけど、
少なくとも故意にするようなことだけはしたくないね。

以前ね、仲良しだと思ってた職場の同僚から、もんんんのすっごい辛らつな言葉がいっぱい詰まった長ーいメールを貰ったことがあるんだ。見事なほど私に刃を向けてたw
内容を簡単に言うと、「ずっと前から大っ嫌いでした。この機会に言いたいことを全部言わせて貰うけど、返事は一切受け付けません。」というもの。
読んだときはそりゃもう人間不信のどん底に落ちたし、ここまで書かせちゃうほど、知らず知らずその人に嫌な思いをさせてたのかって自分を責めた。
でもね、最後は「こういう人にはなりたくないや。」って思ったなぁ。

人との付き合いってほんとに難しいけど、開き直らなきゃやってらんないよ。「ごめん」で済むならそれでよしだし、それで済まない相手なら、せめて相手の視界から消えてあげることじゃないかな。

ぐさん、コメントありがとう!!!
すっごい重い内容でごめんね( ; ゚Д゚)

誰だって、わざと人を傷つけたくはないよね。
でも、何十年も人生、生きていれば知らないうちに誰かを傷つけてしまうこともあるよね・・・。

ぐさんの経験、ショックだね・・。
仲良しだと思っていた人からならなおさらだよね。
ぐさん、嫌な事を思い出させてしまってゴメンネ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127414/8745136

この記事へのトラックバック一覧です: 罪と罰:

« 息子の面接 | トップページ | 例え・・・。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム