アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

« 密着!L'Arc~en~Ciel ASIALIVE 2005 | トップページ | 慢性頭痛の苦痛 »

2006年1月 6日 (金)

ハリーポッターと炎のゴブレット

お正月は、主人の実家に帰省していましたが、「映画に行きたい(´Д`;)」と募る欲望が抑えられず、でも、主人の実家にいるしぃと躊躇していると、同じ映画好きの主人が
「映画見に行きたいね」
おぉ!!鶴の一声!!! (使い方、何か間違ってるかも?(;・∀・))
息子はおじいちゃん、おばあちゃんと遊ぶのに夢中なので、3時間くらいなら大丈夫だろうと主人と久々に映画デートをしました。
あのですね、主人と私はあまり共通の趣味がないんですよ。
あると言えば、映画鑑賞と、旅行と食べ歩きくらい?(これで十分??)

観た映画は、タイトルどおり「ハリーポッターと炎のゴブレット」です。
HarryPotterandGobletofFire_Poster1_2

何か、いまさら感が(;・∀・)
11月26日公開だもの。コアなファンはもう観てるよねー(;・∀・)

こう見えて(ブログだから見えないって汗)私、ポッタリアン(ハリポタファン)なのです。
原作は、日本語訳が出ている5巻まで読破済みでございます。

だから、ストーリーとか結末知っているんですよね(;・∀・)

ここからは、ストーリーの内容を含むので、今から映画を見る方は観ないほうがいいかもです。

p原作の4巻に当たる「炎のゴブレット」は上下2巻になっていて、かなり長いです。
それを3時間弱の映画でまとめるってどうだろうってかなり懸念はしていました。
もう、これは原作と映画は別物として観た方がいいですね。

私は、原作で「クリスマスダンスパーティ」の場面が大好きなので、あのシーンをどう映像化するのかがとっても楽しみでした。なんて言ったって、原作では「ハーマイオニー」がとっても美しくドレスアップして、みんな
「あれ、誰だ?」ってなるんですから。
あと、ハリーの初恋の相手「チョウ・チャン」も登場します。(原作では3巻のクィディッチの試合でちょっと出てきます)
この場面で、登場人物の恋愛模様が描かれるんですよ!!

あと、最後にとうとう「名前を言ってはいけないあの人」が姿を現します。
そのシーンをどう映像化するのかドキドキでした・・・。

観た感想・・・・。
とにかくスピーディでした。あれだけの長い原作を3時間弱にまとめるから仕方ありませんね。
息つく間もない展開の速さでした。原作はカットされていた部分もたくさんありましたね。
最初のクィディッチワールドカップの場面は想像以上でした。

あと、三大魔法学校対抗試合がホグワーツで行われるんですが、対戦相手のボーバトン魔法アカデミーとダームストラング学院の登場のシーンはとっても良かったです(・∀・)イイ!
新しい配役について、私個人の感想は、ダームストラング代表のビクトール・クラムがイメージと違った・・・。
ビクトリア人という設定なんですが、私には中東方面の方に見えて・・・(;・∀・)
(そういえば、今話題の琴欧州はブルガリア出身だぁ!)

あと、ハリーの初恋の相手の「チョウ・チャン」も私的には、ちょっとイメージと違った(;・∀・)
原作ではね、学校でも有名な美少女という設定なんですよ。でも名前からして中国系なので、
私の脳内で勝手に「チャン・ツィー」(SAYURIの主人公の中国女優さん)を若くして、もっとおとなしくしたようなイメージを作り上げていました(;・∀・)
私的には、ハーマイオニーの方ががカワイイ(;・∀・)

三大魔法学校対抗試合のシーンは見ていてとってもハラハラしました。魔法使いと言えど、あんな危険な競技に未成年を出場させていいのか!と言いたかったです(;・∀・)

最後に「名前をいけないあの人=ヴォルデモート卿」の復活のシーン
原作のダークな雰囲気はよく出ていたと思います。
ただ、ヴォルデモート卿にも期待しすぎた・・・・。

ハリーポッター演じる「ダニエル・ラドクリフ」くん。1作目から見ていますが、演技がとってもうまくなったなぁと思いました。ただ、1作目はあんなに可愛かったのに、もう青年ですね(;・∀・)
Tシャツで寝ているシーンの二の腕がたくましかった(決して萌えた訳ではありません(;・∀・))

あと、ハリーの入浴シーン(汗)が必要以上に長かったような(;・∀・) 最後は少し悲劇でした。内容は知っていたけど、ハリー役のダニエルくんの熱演に泣かされました。

5作目もダニエルくんがハリーを演じますが、6作目からは出演するか分からないと本人が雑誌で言っていましたね。何でもずっと、ハリーポッターを演じていて、自分自身とハリーポッターの区別が分からなくて混乱した時期があったと昔の雑誌に書いてありました。
確かにそうかも知れませんね。彼にとって、一番自我が確立される時期に周りからはずっと「あっ!ハリーポッター」と言われたら、そうなるかも・・・。
でも、私は完結の7巻までダニエルくんに演じてもらいたいなぁー。

(その頃は、主役3人組は実年齢何歳だぁ??) 5作目も上下2冊分あり、今作より長いので、果たして映画でどうまとめるんだろう??

実は、ロンひいきの私。ロンのどこか子どもっぽいところ(今回は親友のハリーに嫉妬したりします)とか、鈍感なところとか、本当に憎めない奴ですね。人間味があるし。(魔法使いだけど(汗))
演じるルパート・グリントくんも雑誌のインタビューを読む限り、好青年です。

最後の感想として、1,2作は子どもも楽しめるファンタジー映画でしたが、4作目あたりからは、もう小さい子ども向けではないですね。
ヴォルデモート卿が、闇の帝王が復活してしまったのですから・・・・。

そうそう!遂に6巻の日本語訳版が今年の5月中旬に発売されますね!!
今から楽しみぃ♪
しかし、作者のインタビューでは、6巻でも誰かが死ぬらしいです。
もう誰も殺さないで!!!特に私の好きなキャラだったらショックだなぁ(´Д⊂グスン

でも、最初は6巻の邦題が「ハリーポッターと混血の王子」だったのに、「ハリーポッターと謎のプリンス」に変わっている∑( ̄□ ̄;)ナント!!
まぁ、「混血」という表現が国によっては、差別的なニュアンスになるそうなので仕方ないけど・・・。
何か、ダサい(´Д`;)

もちろん、予約しますけどね(;・∀・) 人気blogランキングへ クリックお願いします(;・∀・)

実は今回、ロンの双子の兄が髪が伸びてかっこよくなっていて、そこに萌えた私って・・・・(;・∀・)

« 密着!L'Arc~en~Ciel ASIALIVE 2005 | トップページ | 慢性頭痛の苦痛 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

pinguさん、コメントせずにはいられませんでした(笑)
なぜって私もすっかりハリポタファン!
まだ観てないのにしっかり読んじゃったよ^^;。
「ハリーポッターと炎のゴブレット」を観に行こうか迷ってるのよ~。もちろん子連れなんだけどもね。吹き替えの。
でも一足先に観た私の妹も、もう大人向けに変身してるって言ってからね~。
でもうちのYUIのハリポタ好きはとどまるところを知らない・・・。もう大好きなのですよ!朝から晩までハリポタ漬け/(-_-)\
だから、行ったらそれなりに喜ぶんじゃないかと思って・・・。
っで、妹が言うにはヴォルデモート卿役があの人だとは!って言ってたのよねー。教えてくれないのだ。誰だ?気になる~っ!
ダニエルくん
>ハリーポッターを演じていて、自分自身とハリーポッターの区別が分からなくて混乱した
ってウケた~(笑)役者さんってやっぱりそうなるんだね?魔法使いになった気分なのかな?区別つかなくなるなんて経験してみたいね~(笑)

共通の趣味あるじゃないですか'▽'*)♪
私達夫婦も映画鑑賞は共通の趣味ですよ。
お正月に映画観に行くつもりでしたが・・・
どーしても観たい。と、言うのがなくて
結局は観に行きませんでした。
ハリポタも観たいけど1・2しか観てないので^^;

ダニエルkunの成長は凄いよね!!
子供の成長って早い早い・・・
私も最後までダニエルkunにハリーを演じて貰いたいな。
主人公が変わると違和感あるしね。

この間テレビで「賢者の石」をやってましたが、今と比べるととっても幼くてかわいい♪
最初のころは、子供の成長を考えるとそんなにシリーズ化は出来ないだろうと言われてましたが、いまだに楽しませてくれますよね。

ん?今、頭の中にいつまでも少女役を演じれる森光子さんの顔が浮かんでしまいました。(笑)
夢を壊すようなコメントですみません(oωo*)

ハリポタは全部映画で観ていてDVDも全巻持ってるんだけど・・・
今回は・・・・・
家族会議で『あらしのよるに』に負けてしまって・゚・(ノД`)・゚・
DVD待ちになっちゃった!

御夫婦だけで観にいったなんて素敵・*:.☆

それにしてもハリポタの3人・・・大人になったよね~。

こんばんにゃ=^^=
ハリポタ観ましたか~いいなぁ。。
そういえば、先日本屋さんへ立ち寄ったときに、ハリポタの新刊予約が始まってましたよ~^^
とっても、気になります~♪

このコメントに対するお礼を忘れていました(;・∀・)
ジュンさん、ジュンさんのところは親子でハリポタファンですものね!!!
ジュンさんとお会いして、ハリポタ話(他のお話もですが)で盛り上がりたいなぁー。YUIちゃんも一緒にね。
ヴォルデモート卿を見たら感想を聞かせてね(;・∀・)

アンさん、コメントありがとうございます。アンさんご夫婦も映画鑑賞が趣味なんですよね。やはり、「炎のゴブレット」は「アズカバンの囚人」をDVDで見てからの方がいいかな?
でも、もうハリー達3人組は、1,2の頃と比べると、格段と成長していますよ!!!

あばたさん、コメントありがとうございます。
賢者の石のダニエルくんって本当に子どもらしくてかわいいですよね!!
子どもの成長って早いわー(^_^;)
しかし、森光子さん、恐るべし!!
ですよね(^_^;)
本当にわ、若いわー!

かおりんさん、コメントありがとうございます!!
うちは逆!!ハリポタを見たから、「あらしのよるに」の映画を見る時間がない・゚・(ノД`)

うさねこさん、コメントありがとうございます。
そうそう、今年の5月にハリポタの新刊が出るんですよ!!!
私も今から楽しみです(*^_^*)
映画は、原作ファンとしては、はしょってるなーという感じが否めないけど、それでも迫力ありました!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127414/8006162

この記事へのトラックバック一覧です: ハリーポッターと炎のゴブレット:

« 密着!L'Arc~en~Ciel ASIALIVE 2005 | トップページ | 慢性頭痛の苦痛 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム