アクセス解析

Amazon


東京事変「深夜枠」

深夜枠+珍プレー好プレー(DVD)【同時購入特典"東京事変 手旗インシ"付】

東京事変Discovery [DVD]

BEST HIT AKG

東京コレクション

20th L’Anniversary LIVE -Complete Box-(完全生産限定盤) [D

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

子育てブログ

病気ブログ 難病(特定疾患)

天気予報

ブログパーツ
byできるじゃん

« ワーキングマザー、夕方の独り言 | トップページ | 夏バテ »

2005年8月24日 (水)

私がワーキングマザーになった時

今日は、私がワーキングマザーになった時の話をしたいと思います。

私は主人と平成11年に結婚しました。
その時は、すぐに子どもが欲しいとかは考えていませんでした。
だけど、結婚後、まもなく私は新しい命を授かりました。

おめでたが分かった時、私は正直、「嬉しい」気持ちより、「困惑」の気持ちでした。
(実は病院で妊娠を告げられたとき、何故か私は倒れてしまった(-_-;))
当時は、今よりも仕事も忙しかったし、自分が未熟者だということは、自分で良く分かっていたので、
仕事を続けながら、子育てをする自信が全くなかったのです。

主人とも相談して、仕事を辞めようと思いました。
でも、私の仕事はかなり、安定した仕事なので、
周囲からは、「仕事を辞めるのもったいない」
「辞めるのはいつでも出来るんだから」
「仕事しながら子育てしている人、周りにたくさんいるでしょ」
等等言われ、これで辞めるに辞められなくなり(意志の弱い私です(-_-;))
とりあえず、1年の育児休暇をとりました。

育児休暇をとって、ずっと家で子どもと過ごしていると、子どもとの時間が大切になり、
そのまま、退職したいと思いました。
でも、今度は主人が「せっかく、育児休暇をもらっているのに、そのまま辞めるなんてダメだ。
とりあえず、育児休暇が終わったら、職場復帰して、それでダメだったらその時、退職を
考えよう」と言われました。

そして、1年後に職場復帰。
当時は忙しい職場で、自分だけが保育園のお迎えで定時に退社することも
うしろめたかったし、1歳当時の息子はよく熱出すし、
もう、限界だ!!と思いました。

でも、次の職場の異動先が私の他にもワーキングマザーが多く、子持ち主婦に理解がある部署だったので、
何とか、仕事を続け、その後も異動がありつつ、何とか今に至っています(^_^;)

いまだに「もう、仕事辞めたい!!」と何度も思います。
実際に、定年まで働ける自信もありません。
でも、辞めるのはいつでも出来るけど、
いったん、仕事を辞めたら、(もう歳も歳だし・・・)再就職も難しいので、
もう少し頑張ってみようと思いながら、休み休み仕事をして、現在にいたっております(^_^;)

何か長文で読みにくくてすみません(-_-;) 

« ワーキングマザー、夕方の独り言 | トップページ | 夏バテ »

育児」カテゴリの記事

コメント

始めまして 読ませていただいました
子育てと仕事 主婦の仕事 大変かとは思いますが 頑張って下さい
いつの日か 続けて良かったと思う日がきますよ

こんにちは。

常々、働きながら子育てなんてスゴイなぁ~って思ってたの。
私は引越ししたって理由をつけて仕事もしてないし、子供もいないし。
子供はpinguさんのところみたいに、思わず授かってくれたら受け入れることができるんだろうけど、
今はまだ自信ないんです…
じゃあ、一体いつになったらいいのか?って言われるとそれもわからないんだけど…

仕事は逆に、再就職しやすい職種なため、
「いつでもいいや」なんて安心しきってて腰が上がりません。
一応「9月からは働く」って宣言してたんだけど、就職活動してないし。(笑)

結婚するまではフルタイムで仕事していて、
それで生活していかなければならなかったら
働くのが当たり前だと思ってた。
仕事に行きたくなくっても、行かなくちゃ暮らせないしって思ったら辛い仕事も頑張れた。
当時は仕事にそれなりの目標もあったしね。

結婚前に転職して新しい職種を経験して
前よりすんごく楽なのに、自分には向いてないなぁって思ったらとても辞めたくなってしまって、結婚を機にパートに変更しました。

週に3回ほど、しかも午前中のみだからとってもとっても楽チンなはずなのに、
何故か以前より仕事に行きたくなくなっちゃって…
仕事の前日は頭痛がしたり機嫌が悪くなったりしてました。
「自分が働かなくっても暮らしていける」って甘えがあるのかもね。

で、そんなこんなで今も再就職を渋っているわけです。
怠け者で申し訳ない…って思います。

こんな私が言うのもなんですが、
子供や家族のこと以外にもいろんな引き出しを持っている方が素敵だと思うのです。
だんな様もそう考えて仕事するのを勧められるのではないかなぁと思ったりします。
って全然説得力ないか。(笑)

長くなってしまってゴメンナサイ。

こんばんは。私の場合は同居なので、多分、核家族の方よりは仕事を続けていくうえでは恵まれているかもしれません。でなければ、今の職場でワーキングマザーは考えられないです。私の住んでる福井は、共働き率NO.1なので、いいのか悪いのか、ほとんどの人がワーキングマザーなんですよ。上の方のコメントのように、続けてよかったとおっしゃってる先輩もたくさんいるので、私もできるだけ続けていくつもりです。でも、人生をコーディネートするのはpinguさん次第。一番幸せだと思えるような選択でいいと思います。

そうだったんですねぇ。
私はずっと独身でしかも、実家ぐらし。仕事は、忙しいというより、プレッシャーが大きくて、彼氏はいないけど、彼氏ができて結婚して子どもができるなんていったら、更なるプレッシャーで息が詰ってしまいそうです。確かに再就職は難しいけど、あまり頑張りすぎると、心が弱ってしまう場合もあるので、再就職は難しくなるけど、専業主婦とかパートへの切り替えも考えてもいいのではないかなぁというのが感想です。
だけど、こういった問題は、あとあと、後悔が残ってはいけないので、体や心やお金や子どもの事を良く考えてから、自分で決めるのが一番かなぁと思いました(^^)☆


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127414/5612264

この記事へのトラックバック一覧です: 私がワーキングマザーになった時:

« ワーキングマザー、夕方の独り言 | トップページ | 夏バテ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

SEKAI NO OWARI「RPG」

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』

ザ・バックホーン「罠」

THE BACK HORN /閉ざされた世界

THE BACK HORN / 戦う君よ

魔法少女まどかマギカ マミさんのテーマ

魔法少女まどか☆マギカ 音楽集

魔法少女まどか☆マギカ さやか&杏子

魔法少女まどかマギカ

Vamps - EVANESCENT(PV)

最近のトラックバック

エニアグラム